ハタ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハタ科
Epinephelus maculatus.jpg
シロブチハタ Epinephelus maculatus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: スズキ目 Perciformes
亜目 : スズキ亜目 Percoidei
: ハタ科 Serranidae
亜科
本文参照

ハナダイ亜科 Anthiinae
ハタ亜科 Epinephelinae
ヌノサラシ亜科 Grammistinae
Liopropomatinae
セルラヌス亜科 Serraninae

ハタ科学名Serranidae)とは、スズキ目スズキ亜目 Percoidei の下位分類群。およそ450 種の魚が含まれ、スズキ亜目の中でも大きな科の一つである。

概要[編集]

3つか4つの亜科に分けられ、60以上の属と450種ほどが知られる。アカハタ、マハタクエタマカイなどのいわゆるハタ類に加え、ハナダイサクラダイヌノサラシなども含む多種多様なグループである。

熱帯から温帯の海に分布し、浅い海の岩礁やサンゴ礁に多く生息するが、マングローブなどの汽水域に侵入する種類や、水深200m以深の深海に生息する種類もいる。

体の外見は亜科によって大きく異なる。体の大きさも数cmほどのハナダイ類から2mを超えるタマカイまで変異に富んでいる。体色や模様も、種類や成長の度合いによって多彩である。

多くの種類が雌性先熟の性転換を行うことが知られている。若い個体はメスが多く、成熟して大型になった個体ではオスの割合が増える。

すべての種類が肉食性で、他の魚類や甲殻類頭足類などを捕食する。大型のハタ類はサメ類と並ぶ有力な捕食者で、岩礁やサンゴ礁の食物連鎖で上位に立つ。

利用[編集]

多くの種類が食用に漁獲され、特にハタ類は高級食材として扱われるが、シガトキシンなどのシガテラ毒を体内に蓄積するバラハタオオアオノメアラなどもいるので注意が必要である。また、ヌノサラシ類はふつう食用にされない。

香港広州ではハタ類は「石斑魚」(セッパーンユー)と総称され、主に蒸し魚揚げ物などに加工されて食べられる。近年は、中国全土の大都市にも運ばれて消費されるようになったため、養殖が盛んに行われている種もあるが、養殖が難しい種もあり、香港では絶滅を危惧して、減少している種を食べないよう呼びかけが行われている。ハタ科の魚の内、香港で最も珍重されるのは「老鼠斑」(ロウシューパーン)と称されるサラサハタで、次いで「紅斑」(ホンパーン)すなわちキジハタ、「東星斑」(トンセンパーン)すなわちスジアラである。

分類[編集]

ハタ科はさらにハナダイ亜科、ハタ亜科、ヒメコダイ亜科、ヌノサラシ亜科に分けられるが、ヌノサラシ亜科はヌノサラシ科としてハタ科と別に分類することもある。ここでは各亜科の代表的な属と種類を挙げる。

ハナダイ亜科 Anthiinae[編集]

キンギョハナダイ Pseudanthias squamipinnis

ハナダイ亜科(学名:Anthiinae)は、20 属170 種ほどが知られる。全長40cm ほどになるアカイサキを除けばほとんどの種類が小魚で、全長15cm を超える種類は少ない。体は赤、ピンク、紫、水色、黄色など鮮やかに彩られている。サンゴ礁や岩礁に群れで生息する。口は小さく、小型甲殻類や魚卵などの動物性プランクトンを捕食する。美しい魚だが一般に飼育は難しい。

なお、カワリハナダイシキシマハナダイはハナダイ亜科の魚とよく似ているが、それぞれスズキ目・スズキ亜目・カワリハナダイ科 Symphysanodontidaeシキシマハナダイ科 Callanthiidae で、ハナダイ亜科とは分類が異なる。

セルラヌス亜科 Serraninae[編集]

セルラヌス属(ヒメスズキ属) Serranus scriba

セルラヌス亜科(学名:Serraninae)は、ヒメコダイ亜科ともいい、13 属75 種ほどが知られる。大部分は東太平洋大西洋に分布していて、日本近海ではやや深い海の砂泥底にヒメコダイ属の魚が分布するのみである。

ハタ亜科 Epinephelinae[編集]

ハタ亜科(学名:Epinephelinae)は、マハタ亜科ともいい、いわゆるハタ類が分類される。26 属190 種ほどが知られる。口が大きく、下あごが上あごより前に突き出る。成魚の大きさは全長10cm そこそこの種類から、全長2m を超える大型種まで様々である。単独で生活し、ほとんどの種類は海底近くをあまり離れない。食用や観賞用として利用される種類を多く含む。

ヌノサラシ亜科 Grammistinae[編集]

ヌノサラシ亜科(学名:Grammistinae)は、ヌノサラシ科(学名:Grammistidae)として別の科に分類することもある。8 属20 種ほどが知られる。体型はハタ亜科の魚によく似るが、全長は10-30cm ほどにしかならない。敵に襲われると皮膚からグラミスチンというを含んだ粘液を分泌して身を守る。この粘液は石鹸のように泡立つため、この亜科の魚を総称して ソープフィッシュ(Soapfish) という英名もある。一般に食用にはされない。

Liopropomatinae[編集]

Liopropomatinae

  • Bathyanthias
  • Jeboehlkia
  • Liopropoma - メニーラインパーチ Liopropoma multilineatum
  • Rainfordia - フラットヘッドパーチ Rainfordia opercularis

関連項目[編集]