豊後水道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
豊後水道(画面中央の豊予海峡より南の海域)
豊後水道
手前が関崎で左手奥が佐田岬。右手の島は高島

豊後水道(ぶんごすいどう)は、九州大分県四国愛媛県に挟まれた水道である。北で瀬戸内海伊予灘)、南で太平洋日向灘)に接する。ただし、豊後水道北部を瀬戸内海に含めることもある。また、愛媛県に近い水域を宇和海(うわかい)と呼ぶ。

豊後水道が最も狭くなった部分が、大分県大分市(旧佐賀関町)の関崎と、愛媛県伊方町(旧三崎町)の佐田岬の間の豊予海峡であり、その海峡の幅は約14kmである。

かつてはニタリクジラまたはカツオクジラ(現在でも土佐湾に定住する)を始め多くのクジラが見られたとされ[1]、現在でもハンドウイルカミナミハンドウイルカハセイルカの3種類のイルカが定住する[2]

水深再測量[編集]

2009年(平成21年)10月3日海上保安庁に豪船籍のLNGタンカーから海図に記載のない浅い地点があると通報があった。同庁が直後に航行者に対して航行警報を発するとともに、同月12日に測量船「海洋」を緊急派遣し測量した結果、従来海図上で水深約90m程度とされていた地点に直径約400mの地形的な高まりが発見され、最も浅い部分で水深約35mと判明。同月22日に新たに水深が判明したことと、あわせて船舶航行の安全性に問題はないことが発表された[3][4]

発見された海域周辺は1940年(昭和15年)に測量されたが、当時の技術的制約によりこの地点の存在は知られていなかった。

就航している航路[編集]

※便数は、2009年10月現在。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ (著)宮脇 和人 「鯨塚からみえてくる日本人の心―豊後水道海域の鯨の記憶をたどって」
  2. ^ 豊後水道桂丸. “イルカの回遊情報”. 2015年2月1日閲覧。
  3. ^ 豪 タンカーのシーマン・シップ~船舶からの通報により、豊後水道で新たな浅所を発見~ (PDF) 海上保安庁、2009年10月22日告知
  4. ^ 豊後水道:「水深90m」実は「35m」 海図更新へ 毎日新聞2009年10月22日閲覧

外部リンク[編集]