ドラム (潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Drum SS-228 in Mobile.jpg
艦歴
発注 1940年6月12日[1]
起工 1940年9月11日[2]
進水 1941年5月12日[2]
就役 1941年11月1日[2]
退役 1946年2月16日[2]
除籍 1968年6月30日[2]
その後: 1969年4月14日に売却後博物館船として公開
性能諸元
排水量 1,526トン(水上)
2,410トン(水中)
全長 307 ft (93.6m)(水線長)
311 ft 9in (95.02m)(全長)
全幅 27.3 ft (8.31 m)
吃水 17.0 ft (5.0 m)
機関 フェアバンクス・モース38D-1/8 10気筒ディーゼルエンジン 4基
エリオット・モーター発電機2基
最大速 水上:20.25 ノット (37 km/h)
水中:8.75 ノット (16 km/h)
航続距離 11,000カイリ(10ノット時)
(18.5 km/h 時に 20,000 km)
試験深度 300 ft (90 m)
乗員 士官、兵員70名(平時)
士官、兵員80 - 85名(戦時)
兵装 (竣工時)3インチ砲1基、機銃
(1943年3月)4インチ砲1基、20ミリ機銃2基[3]
(1945年7月)5インチ砲2基、40ミリ機関砲、20ミリ機銃[4]
21インチ魚雷発射管10基

ドラム (USS Drum, SS-228) は、アメリカ海軍潜水艦ガトー級潜水艦の一隻。艦名はドラムと呼ばれるドラミング音を発するスズキ目の魚類数種に因む。ガトー級潜水艦の中で最も早く竣工し、かつ真珠湾攻撃前に竣工した唯一の艦であり、同級の実質的な「一番艦」である。ドラムは現在、アラバマ州モービルで博物館船として公開されている。

艦歴[編集]

ドラムは1940年9月11日にメイン州キタリーポーツマス海軍工廠で起工する。1941年5月12日にトーマス・ホルコム英語版夫人によって進水し、ロバート・H・ライス艦長(アナポリス1927年組)の指揮下、1941年11月1日に就役する。1942年になって真珠湾に回航され、4月に一度ミッドウェー島への航海を実施し、真珠湾に戻ってきた。

第1、第2の哨戒 1942年4月 - 9月[編集]

水上機母艦瑞穂(1940年)

4月17日[5]、ドラムは最初の哨戒で日本近海に向かった。5月1日23時20分、ドラムは御前崎沖の遠州灘で中型艦船に対して魚雷を2本発射し、1本が命中[5]。続いて駆逐艦と思しき艦艇に対しても魚雷を1本発射したが命中せず[6]、間を置いて魚雷を3本発射したが、これも命中しなかった[5]。この「中型艦船」は水上機母艦瑞穂であり、瑞穂は翌2日4時16分に沈没した[7]。瑞穂の沈没は、第二次世界大戦における日本海軍軍艦の喪失第一号であった。続く5月9日には、北緯34度10分 東経136度30分 / 北緯34.167度 東経136.500度 / 34.167; 136.500潮岬近海で輸送船西寧丸(大連汽船、4,916トン)に対して魚雷を4本発射し、実際には1本も命中しなかったものの[8]、ドラムは撃沈を報じた[注釈 1]。5月13日には、北緯34度40分 東経139度14分 / 北緯34.667度 東経139.233度 / 34.667; 139.233神子元島70度12海里の地点で、石炭を搭載して秦皇島から川崎に向かっていた輸送船昭南丸拿捕船/川崎汽船委託、5,356トン)を撃沈[9][10]。5月25日にも野島崎沖で室蘭に向かっていた輸送船喜多方丸栗林商船、2,380トン)を撃沈した[11][12]。5月28日にも北緯35度40分 東経141度05分 / 北緯35.667度 東経141.083度 / 35.667; 141.083犬吠埼沖で特設巡洋艦粟田丸日本郵船、7,397トン)に対して魚雷を5本発射したが、全て回避された[11][13][14]。帰途にはミッドウェー海戦に参加し、ミッドウェー島のはるか西方で哨戒を行った[15]。6月12日、ドラムは56日間の行動を終えて真珠湾に帰投した。

7月10日、ドラムは2回目の哨戒でトラック諸島方面に向かった。この哨戒ではトラック諸島在泊の日本艦艇の行動監視と、トラック諸島とラバウルおよびカビエン間の交通路を遮断する任務に就いた。7月22日午前にはポンペイ島近海で病院船高砂丸大阪商船、9,315トン)を発見[16]。夕方に入り北緯07度05分 東経158度23分 / 北緯7.083度 東経158.383度 / 7.083; 158.383の地点で輸送船を発見し、魚雷を2本発射したが命中しなかった[17]。8月6日に北緯06度53分 東経152度04分 / 北緯6.883度 東経152.067度 / 6.883; 152.067の地点で輸送船に対して魚雷を3本発射して1本が命中と判断され[18]、4,000トン級輸送船撃破と評価された[19]。8月17日にも南緯02度48分 東経150度36分 / 南緯2.800度 東経150.600度 / -2.800; 150.600ステフェン海峡英語版南口付近で神風型駆逐艦と思しき艦艇に対して魚雷を3本発射したものの命中せず、爆雷攻撃によりアンテナ機器が破損した[20]。結局、54日間行動して戦果は無かった。9月2日、ドラムは54日間の行動を終えてミッドウェー島に帰投した[21]

第3、第4の哨戒 1942年9月 - 1943年1月[編集]

9月23日、ドラムは3回目での哨戒では日本近海に向かった。10月7日、ドラムは横浜港へ向かう日英交換船鎌倉丸(日本郵船、17,498トン)を確認[22]。翌10月8日10時15分には、北緯34度06分 東経136度22分 / 北緯34.100度 東経136.367度 / 34.100; 136.367尾鷲沖で5隻の貨物船からなる門司行きの船団を発見[23]。ドラムは船団の左側から攻撃し、輸送船へいぐ丸(大阪商船、5,641トン)に魚雷3本を命中させて撃沈した[24][25]。翌10月9日には北緯33度27分 東経136度01分 / 北緯33.450度 東経136.017度 / 33.450; 136.017勝浦沖で輸送船八幡山丸(鶴丸汽船、2,461トン)を撃沈[23][26]。10月13日にも北緯35度06分 東経140度23分 / 北緯35.100度 東経140.383度 / 35.100; 140.383の地点で5,000トン級輸送船に対して魚雷を3本発射するが、直後に爆雷攻撃を受ける[27]。10月20日には北緯34度09分 東経136度46分 / 北緯34.150度 東経136.767度 / 34.150; 136.767大王崎沖で輸送船隆南丸(松本正一、5,106トン)を撃沈した[28]。10月25日も北緯34度16分 東経136度58分 / 北緯34.267度 東経136.967度 / 34.267; 136.967の地点で中型輸送船に対して魚雷を2本発射したが命中せず[29]、2日後の10月27日にも北緯35度05分 東経140度11分 / 北緯35.083度 東経140.183度 / 35.083; 140.183の地点で6,700トン級大型輸送船に対して魚雷を二度ずつ計4本発射[30]。11月8日、ドラムは46日間の行動を終えて真珠湾に帰投[31]。艦長がバーナード・F・マクマホン少佐(アナポリス1931年組)に代わり、次の哨戒までに SJレーダーが装備された[32]

11月29日、ドラムは4回目の哨戒で日本近海に向かった。この哨戒では、豊後水道機雷を敷設する任務を命じられた。その途中の12月12日、ドラムは北緯32度04分 東経142度30分 / 北緯32.067度 東経142.500度 / 32.067; 142.500八丈島の東海上で、約2週間前に竣工したばかりで駆逐艦時津風の護衛を受けトラック諸島に九九式双発軽爆撃機を輸送する途中の軽空母龍鳳を発見する。龍鳳は、前日に横須賀を出撃したものであった[33]。ドラムは前部発射管のうち4つを開き[注釈 2]、龍鳳に向けて発射。うち1本が龍鳳の右舷艦橋下に命中したが、龍鳳は辛うじて横須賀に引き返すことが出来た[33]。その後、12月16日夜には沖の島沖で水雷艇の攻撃を受ける[34][35]。翌12月17日に推定位置北緯32度49分 東経132度13分 / 北緯32.817度 東経132.217度 / 32.817; 132.217の豊後水道に予定通り機雷を敷設したが[34]、12月20日深夜には都井岬沖で敷設艇怒和島に発見され、攻撃された[36][37]。1943年1月5日夜には再び沖の島沖で敷設艇夏島に護衛された特設運送船千山丸(大連汽船、2,775トン)[38]をタンカーと思って攻撃したものの、取り逃がした[39][40]。1月13日にもドラムは北緯31度26分 東経142度39分 / 北緯31.433度 東経142.650度 / 31.433; 142.650の地点で4,000トン級輸送船に対して魚雷を3本発射したが、鋭いスクリュー音を探知したため確認を行わず、その約20分後には全ての音源が消え去っていた[41]。1月24日、ドラムは56日間の行動を終えて真珠湾に帰投。その後、3月11日まで真珠湾でオーバーホールに入った[3]

第5、第6の哨戒 1943年3月 - 7月[編集]

備砲を4インチ砲に換装後のドラム

3月24日、ドラムは5回目の哨戒でビスマルク諸島方面に向かった。4月3日にナウル島の写真偵察を実施[42]。4月9日、ドラムは北緯00度32分 東経150度05分 / 北緯0.533度 東経150.083度 / 0.533; 150.083のラバウル沖で4隻の中型輸送船と1隻の護衛艦からなる輸送船団を発見し、魚雷を3本発射[42]。魚雷は1本が輸送船に命中してこれを撃沈した。撃沈後、ドラムは反響音がなくなるのを確認して浮上して周囲を捜索[42]。すると、1艘の救命ボートを発見し、生存者を救助して尋問した所、船の名を「OYAMA-MARU TOKYO」、すなわち陸軍輸送船雄山丸(馬場商事、3,809トン)であると答えた[42]。尋問後、救命ボートに20ミリ機銃弾240発を打ち込んで沈めた[43]。間もなく別の輸送船団を北緯01度19分 東経150度04分 / 北緯1.317度 東経150.067度 / 1.317; 150.067の位置に探知し、翌4月10日未明に船団最後尾の輸送船に対して魚雷を3本発射[43]。この攻撃で5,000トン級輸送船を撃沈したと判断され[44]、やがて輸送船団はどこかに去っていった[43]。4月14日には北緯01度29分 東経148度28分 / 北緯1.483度 東経148.467度 / 1.483; 148.467の地点で4つの目標を探知し、やがてその中には小型輸送船がいることがわかる[45]。ドラムは時間をかけて先回りして輸送船団を待ち伏せ、夕刻にやっと攻撃態勢に入ることが出来たが、折り悪く哨戒機を発見して深海に潜航せざるを得なかった[45]。しかし、この哨戒機は爆弾を投下せず、その理由として哨戒機は目標を撃沈したと思い込んだのか、味方と間違えたか、浮上してくるのを待っているnいずれかだろうと考えられた[45]。夜半に浮上したが、周辺には何もなかった[45]。4月18日には北緯01度55分 東経148度24分 / 北緯1.917度 東経148.400度 / 1.917; 148.400ビスマルク諸島沖で特設運送船(給兵)日春丸(日産汽船、6,380トン)を発見し、魚雷を4本発射して2本命中させ、日春丸は航行不能となる[46]。続いて魚雷を2本発射するも命中せず、三度目の攻撃で魚雷を2本発射し、ようやく日春丸を撃沈した[46]。5月13日、ドラムは47日間の行動を終えてブリスベンに帰投した[47]

6月7日、ドラムは6回目の哨戒でビスマルク諸島方面に向かった。6月17日、ドラムは南緯02度03分 東経153度44分 / 南緯2.050度 東経153.733度 / -2.050; 153.733の地点でレーダーにより3つの目標、駆逐艦朝凪に護衛された第1142船団を探知し、やがて、その姿を確認する[48][49]。ドラムは魚雷を4本発射し、うち3本が特設運送船妙高丸(板谷商船、5,086トン)に命中してこれを撃沈した[50]。しかし、この哨戒で挙げた戦果は妙高丸撃沈のみであった。7月7日から8日にかけては北緯00度37分 東経148度13分 / 北緯0.617度 東経148.217度 / 0.617; 148.217の地点で目標を探知するが、その目標とは病院船だった[51]。7月14日には南緯01度24分 東経147度59分 / 南緯1.400度 東経147.983度 / -1.400; 147.983の地点で4隻の輸送船団を発見するが、攻撃には至らなかった[52]。7月26日、ドラムは51日間の行動を終えてブリスベンに帰投した[53]

第7、第8の哨戒 1943年8月 - 12月[編集]

日枝丸

8月16日、ドラムは7回目の哨戒でビスマルク諸島およびニューギニア方面に向かった。8月27日午後、ドラムは南緯01度49分 東経149度37分 / 南緯1.817度 東経149.617度 / -1.817; 149.617の地点で輸送船団からのものと思しき煙を発見し、日が暮れてからの浮上攻撃に決する[54]。日付が8月28日に変わってのちに、浮上して魚雷を4本発射[55]。潜航の後魚雷を2本発射した直後に先に発射した魚雷が3本命中する音が聞こえ[55]、この攻撃で特設運送船山霧丸(山下汽船、6,438トン)を撃破した[56]。8月29日朝にも南緯01度32分 東経145度59分 / 南緯1.533度 東経145.983度 / -1.533; 145.983の地点で輸送船に対して魚雷を3本発射したが、いずれも命中しなかった[55]。この後、ドラムはニューギニア沿岸部に移る[57]。9月8日午後、ドラムは南緯02度48分 東経141度46分 / 南緯2.800度 東経141.767度 / -2.800; 141.767の地点[58]パラオからウェワク行きの輸送船団を発見し、魚雷を3本発射[59]。魚雷は1本が輸送船第十三博鉄丸(西海汽船、1,134トン)に命中して第十三博鉄丸は瞬時に沈没した[58]。しかし、ジャイロコンパスに異常を来たしたため哨戒を打ち切り、9月29日から10月2日までツラギ島で応急修理を行った[60]。10月6日、ドラムは51日間の行動を終えてブリスベンに帰投[61]。艦長がデルバート・F・ウィリアムソン少佐(アナポリス1927年組)に代わった。

11月2日、ドラムは8回目の哨戒でビスマルク諸島およびカロリン諸島方面に向かった。11月11日、ドラムは北緯00度20分 東経148度35分 / 北緯0.333度 東経148.583度 / 0.333; 148.583の地点で3隻の大型船からなる輸送船団を発見し、魚雷を6本発射[62]。うち2本が目標に命中したものと判断された[62][注釈 3]。11月17日昼前、ドラムは3条の煙を発見して潜航し、北緯01度48分 東経148度24分 / 北緯1.800度 東経148.400度 / 1.800; 148.400のラバウル北西300海里の地点で特設運送船日枝丸日本郵船、11,621トン)に対して魚雷を4本発射し、1本が命中[63]。日枝丸は約4時間後に沈没した[64]。11月22日には、北緯02度53分 東経141度36分 / 北緯2.883度 東経141.600度 / 2.883; 141.600の地点で3隻の輸送船団を発見して魚雷を4本発射[65]。直後から爆雷攻撃に見舞われ、司令塔区画に損傷があった[66]。ドラムは翌11月23日に真珠湾に針路を向けた[66]。12月5日、ドラムは34日間の行動を終えて真珠湾に帰投。司令塔の再改装工事を受けるため、メア・アイランド海軍造船所で2度目のオーバーホールに入った[67]。オーバーホールを終えたドラムは、3月29日に真珠湾に戻った[67]

第9、第10、第11、第12、第13の哨戒 1944年4月 - 1945年4月[編集]

4月9日、ドラムは9回目の哨戒で小笠原諸島方面に向かった。しかし、この哨戒で攻撃の機会は一度もなかった[68]。5月31日、ドラムは50日間の行動を終えてマジュロに帰投[69]。艦長がモーリス・H・リンズコフ少佐(アナポリス1938年組)に代わった。

6月24日、ドラムは10回目の哨戒でパラオ方面に向かった。7月4日午後、ドラムはファイス島の精製所に対して4インチ砲と20ミリ機銃による艦砲射撃を行った[70]。パラオの周囲で哨戒し[71]、7月22日に北緯07度05分 東経131度52分 / 北緯7.083度 東経131.867度 / 7.083; 131.867の地点で500トンから700トン程度の小型タンカーに対して魚雷を4本発射するが、命中しなかった[72]。7月29日には北緯09度18分 東経133度20分 / 北緯9.300度 東経133.333度 / 9.300; 133.333の地点でサンパンを浮上砲戦で撃沈し[73]、「チョウノ・ナツモリ」と「ケイエイ・シモチ」という2人の日本人を捕虜とした[74]。8月14日、ドラムは51日間の行動を終えて真珠湾に帰投した[75]

9月9日、ドラムは11回目の哨戒でソーフィッシュ (USS Sawfish, SS-276) およびアイスフィッシュ (USS Icefish, SS-367) とウルフパックを構成しフィリピン方面に向かった。途中でサイパン島に立ち寄った後、スリガオ海峡に針路を向ける[76]。9月28日にガー (USS Gar, SS-206) と会合した後、「船団大学」ことルソン海峡に向けて移動を開始する[77]。10月17日以降、ドラムらはシャーク (USS Shark, SS-314) 、シードラゴン (USS Seadragon, SS-194) 、ブラックフィッシュ (USS Blackfish, SS-221) からなる別のウルフパックと合流した[78]。10月22日には、北緯19度33分 東経118度52分 / 北緯19.550度 東経118.867度 / 19.550; 118.867の地点で志摩清英中将の第二遊撃部隊から分離行動中の駆逐艦初春初霜若葉と思しき3隻の駆逐艦を発見[79]。10月23日、ドラムのウルフパックはルソン島北端ボヘヤドール岬の西方海域で大船団を発見する。これはマニラを10月20日に出航し高雄に向かっていたマタ30船団で、指揮艦である駆逐艦春風の名前を取って別名「春風船団」と呼称されていた[80]。23日17時30分のソーフィッシュによる特設運送船君川丸(川崎汽船、6,863トン)撃沈によって攻撃が開始された。攻撃にはスヌーク (USS Snook, SS-279) も加わった。ドラムは10月23日中には攻撃を行わなかったが[81]、日付変わって10月24日になってから攻撃圏内にマタ30船団の艦船が入ってきた。1時30分に浮上状態で艦尾発射管から魚雷を4本発射するが、いずれも命中しなかった[82]スヌーク (USS Snook, SS-279) から戦闘状況の報告を受けた後、ドラムは新たな攻撃位置を捜し求めるが、護衛艦が高速で走り回っており隙をうかがえない[83]。7時頃にようやく目標を定め、約1時間後に魚雷を4本発射[84]。魚雷は輸送船信貴山丸三井船舶、4,725トン)に2本以上命中してこれを撃沈した[84][85]。2日後の10月26日、ドラムらのウルフパックは10月26日早朝、バブヤン諸島西方でマニラに向かっていたモマ05船団を発見した。ドラムは北緯19度30分 東経120度44分 / 北緯19.500度 東経120.733度 / 19.500; 120.733の地点で輸送船大彰丸(大阪商船、6,886トン)に向けて魚雷を発射し命中。兵士とガソリンを搭載していた大彰丸は大爆発を起こして沈没した。次いで6時5分には北緯19度07分 東経120度42分 / 北緯19.117度 東経120.700度 / 19.117; 120.700の地点で輸送船大博丸(大阪商船、6,886トン)に向けて魚雷2本を発射し命中。8時40分に爆発物を搭載していた船体前半部分が誘爆を起こし脱落した[86]。11月8日、ドラムは59日間の行動を終えてマジュロに帰投[87]。艦長がフランク・M・エディ少佐(アナポリス1937年組)に代わった。

12月7日、ドラムは12回目の哨戒で東シナ海に向かった。しかし、この哨戒では12月30日に北緯29度48分 東経129度11分 / 北緯29.800度 東経129.183度 / 29.800; 129.183の地点で、タカ406船団に対して魚雷を6本発射し命中しなかった攻撃が、哨戒唯一の戦闘であった[88][89]。1945年1月17日、ドラムは42日間の行動を終えてグアムアプラ港に帰投した[90]

2月11日、ドラムは13回目の哨戒で東シナ海に向かった。期間の後半では第58任務部隊マーク・ミッチャー中将)に対する救助等の支援を行った。4月2日、ドラムは51日間の行動を終えて真珠湾に帰投[91]。ドラムは3度目のオーバーホールで5インチ砲2基を装備し[4]、真珠湾での訓練の後、8月9日にミッドウェー島から14回目の哨戒に備えてサイパン島に向かったが、8月15日に戦争が終わり哨戒は打ち切られた。

戦後・博物館船[編集]

ドラムはサイパン島を去り、真珠湾とパナマ運河地帯を通過してポーツマスに向かった。その後1946年2月16日に退役し、1947年3月18日からワシントンD.C.のポトマック川海軍司令部で予備役艦隊の一部として係留され、1967年まで保管された。その後は1967年から1969年までバージニア州ノーフォークの予備役艦隊で保管された後、ドラムは1969年4月14日に戦艦アラバマ委員会に寄贈された。

ドラムはアラバマ州モービルに曳航され5月18日に到着し、7月4日から一般公開された。1986年にはアメリカ合衆国国定歴史建造物に認定される[92][93]。当初は戦艦アラバマ (USS Alabama, BB-60) の後方に係留されたが、1998年に襲来したハリケーン・ジョージ英語版の高波によって破損したため、現在では陸上の船台の上に展示されている。2005年8月29日にはハリケーン・カトリーナが襲来し、ドラムはアラバマ同様に損害を被った。修復の上、ドラムの見学ツアーは2006年1月9日に再開された。

ドラムは13回の哨戒の内、第2回、9回、12回、13回が成功として記録された。ドラムは第二次世界大戦の戦功で12個の従軍星章を受章した。15隻の敵艦を沈め、総トン数は80,580トンに上る。これはアメリカ海軍潜水艦の中で8番目の記録である。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ #Roscoe p.533 では船名を "Unknown Maru Cargo 4,000e(トン) 33-48N, 136-08E"と撃沈扱いにしている。
  2. ^ 残りには機雷を搭載(#Blair p.335)。
  3. ^ アメリカ側の記録では、「ドラムはこの攻撃で日枝丸を撃破し、11月17日に再度日枝丸と遭遇して撃沈した」というニュアンスの記述がある(The Official Chronology of the U.S. Navy in World War II Chapter V: 1943” (英語). HyperWar. 2012年1月20日閲覧。)。当時、丁四号輸送に従事していた日枝丸が雷撃を受け損傷したのは日本側の記録にもあるが、その日付は11月4日であり(#丁四号p.25)、またドラムは11月4日には攻撃行動を起こしておらず(#SS-228, USS DRUM, Part 1p.162)、少なくとも11月4日に日枝丸を撃破した潜水艦はドラムではない。

出典[編集]

  1. ^ #海と空p.170
  2. ^ a b c d e #Friedman
  3. ^ a b #SS-228, USS DRUM, Part 1p.83
  4. ^ a b #高須p.87
  5. ^ a b c #SS-228, USS DRUM, Part 1p.3
  6. ^ #SS-228, USS DRUM, Part 1p.3,5
  7. ^ #横防戦1705(1)p.43
  8. ^ #横鎮1705p.7
  9. ^ #横鎮1705p.8
  10. ^ #横防戦1705(2)pp.12-15
  11. ^ a b #横鎮1705p.9
  12. ^ #横防戦1705(3)pp.39-40, p.43
  13. ^ #SS-228, USS DRUM, Part 1p.7
  14. ^ #横防戦1705(4)pp.18-20
  15. ^ #Blair p.240
  16. ^ #SS-228, USS DRUM, Part 1p.22
  17. ^ #SS-228, USS DRUM, Part 1p.23,29
  18. ^ #SS-228, USS DRUM, Part 1p.24,30
  19. ^ #SS-228, USS DRUM, Part 1p.39
  20. ^ #SS-228, USS DRUM, Part 1p.26,30
  21. ^ #SS-228, USS DRUM, Part 1p.27
  22. ^ #SS-228, USS DRUM, Part 1p.44,52
  23. ^ a b #SS-228, USS DRUM, Part 1p.52
  24. ^ #伊勢防1710pp.14-15
  25. ^ #野間p.46
  26. ^ #伊勢防1710pp.15-17
  27. ^ #SS-228, USS DRUM, Part 1p.46,53
  28. ^ #伊勢防1710pp.23-24
  29. ^ #SS-228, USS DRUM, Part 1pp.48-49, p.54
  30. ^ #SS-228, USS DRUM, Part 1p.49,54
  31. ^ #SS-228, USS DRUM, Part 1p.50
  32. ^ #SS-228, USS DRUM, Part 1p.62
  33. ^ a b #横防戦1712p.41
  34. ^ a b #SS-228, USS DRUM, Part 1p.64
  35. ^ #呉防戦1712pp.31-32
  36. ^ #呉防戦1712pp.38-40
  37. ^ #SS-228, USS DRUM, Part 1p.65
  38. ^ 大日本帝國海軍特設艦船DATA BASE 千山丸” (日本語). 戸田S.源五郎. 2012年1月19日閲覧。
  39. ^ #呉防戦1801pp.3-4
  40. ^ #SS-228, USS DRUM, Part 1p.67,71
  41. ^ #SS-228, USS DRUM, Part 1p.68,71
  42. ^ a b c d #SS-228, USS DRUM, Part 1p.82
  43. ^ a b c #SS-228, USS DRUM, Part 1p.85
  44. ^ #SS-228, USS DRUM, Part 1p.91,98
  45. ^ a b c d #SS-228, USS DRUM, Part 1p.86
  46. ^ a b #SS-228, USS DRUM, Part 1p.87
  47. ^ #SS-228, USS DRUM, Part 1p.88
  48. ^ #四根1806p.24,30
  49. ^ #SS-228, USS DRUM, Part 1pp.105-106
  50. ^ #SS-228, USS DRUM, Part 1p.106
  51. ^ #SS-228, USS DRUM, Part 1pp.109-110
  52. ^ #SS-228, USS DRUM, Part 1pp.110-111
  53. ^ #SS-228, USS DRUM, Part 1p.113
  54. ^ #SS-228, USS DRUM, Part 1p.133
  55. ^ a b c #SS-228, USS DRUM, Part 1p.134
  56. ^ The Official Chronology of the U.S. Navy in World War II Chapter V: 1943” (英語). HyperWar. 2012年1月19日閲覧。
  57. ^ #SS-228, USS DRUM, Part 1p.135
  58. ^ a b #第十三博鉄丸
  59. ^ #SS-228, USS DRUM, Part 1pp.136-137
  60. ^ #SS-228, USS DRUM, Part 1pp.137-141
  61. ^ #SS-228, USS DRUM, Part 1p.141
  62. ^ a b #SS-228, USS DRUM, Part 1p.164
  63. ^ #SS-228, USS DRUM, Part 1p.166
  64. ^ #郵船戦時上p.398
  65. ^ #SS-228, USS DRUM, Part 1p.169
  66. ^ a b #SS-228, USS DRUM, Part 1p.170
  67. ^ a b #SS-228, USS DRUM, Part 1p.196
  68. ^ #SS-228, USS DRUM, Part 2p.11
  69. ^ #SS-228, USS DRUM, Part 2p.5
  70. ^ #SS-228, USS DRUM, Part 2pp.23-24, p.43
  71. ^ #SS-228, USS DRUM, Part 2pp.25-33
  72. ^ #SS-228, USS DRUM, Part 2pp.29-30, p.42
  73. ^ #SS-228, USS DRUM, Part 2pp.32-33, p.43
  74. ^ #SS-228, USS DRUM, Part 2p.33
  75. ^ #SS-228, USS DRUM, Part 2p.34
  76. ^ #SS-228, USS DRUM, Part 2pp.56-57
  77. ^ #SS-228, USS DRUM, Part 2pp.57-58
  78. ^ #SS-228, USS DRUM, Part 2p.59
  79. ^ #SS-228, USS DRUM, Part 2p.60,68
  80. ^ #木俣敵潜1989p.130
  81. ^ #SS-228, USS DRUM, Part 2p.60
  82. ^ #SS-228, USS DRUM, Part 2p.61, pp.75-76
  83. ^ #SS-228, USS DRUM, Part 2p.61
  84. ^ a b #SS-228, USS DRUM, Part 2p.62
  85. ^ #駒宮(1)p.55,60
  86. ^ 大博丸はこの後、浮いていた後半部分を曳航され10月30日にラポック湾サンフェルナンド港近辺の浅瀬に座礁の末、11月9日に台風で全損となった(#野間p.410)。
  87. ^ #SS-228, USS DRUM, Part 2p.66
  88. ^ #四護1912p.11
  89. ^ #SS-228, USS DRUM, Part 2pp.117-118
  90. ^ #SS-228, USS DRUM, Part 2p.108
  91. ^ #SS-228, USS DRUM, Part 2p.140
  92. ^ Butowsky, Harry A. (May 1985) (PDF). National Register of Historic Places Inventory-Nomination: USS DRUM (SS-228). National Park Service. http://pdfhost.focus.nps.gov/docs/NHLS/Text/86000086.pdf 2012年1月20日閲覧。 
  93. ^ Accompanying 4 photos, 1 exterior and 3 interior, from 1985. (PDF, 1.48 MB)

参考文献[編集]

  • (issuu) SS-228, USS DRUM, Part 1. Historic Naval Ships Association. http://issuu.com/hnsa/docs/ss-228_drum_part1?mode=a_p. 
  • (issuu) SS-228, USS DRUM, Part 2. Historic Naval Ships Association. http://issuu.com/hnsa/docs/ss-228_drum_part2?mode=a_p. 
  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • Ref.C08030317600 『自昭和十七年五月一日至昭和十七年五月三十一日 横須賀鎮守府戦時日誌』。
    • Ref.C08030360700 『自昭和十七年五月一日至昭和十七年五月三十一日 横須賀防備戦隊戦時日誌』。
    • Ref.C08030360900 『自昭和十七年五月一日至昭和十七年五月三十一日 横須賀防備戦隊戦時日誌』。
    • Ref.C08030361000 『自昭和十七年五月一日至昭和十七年五月三十一日 横須賀防備戦隊戦時日誌』。
    • Ref.C08030361100 『自昭和十七年五月一日至昭和十七年五月三十一日 横須賀防備戦隊戦時日誌』。
    • Ref.C08030415100 『自昭和十七年十月一日至昭和十七年十月三十一日 伊勢防備隊戦時日誌』。
    • Ref.C08030362400 『自昭和十七年十二月一日至昭和十七年十二月三十一日 横須賀防備戦隊戦時日誌』。
    • Ref.C08030367100 『自昭和十七年十二月一日至昭和十七年十二月三十一日 呉防備戦隊戦時日誌』。
    • Ref.C08030367300 『自昭和十八年一月一日至昭和十八年一月三十一日 呉防備戦隊戦時日誌』。
    • Ref.C08030251000 『自昭和十八年六月一日至昭和十八年六月三十日 第四根拠地隊司令部 第二海上護衛隊司令部 戦時日誌』、pp. 22-32。
    • Ref.C08030463000 『武装商船警戒隊戦闘詳報 第二〇二号』、pp. 20-21。
    • Ref.C08030142900 『自昭和十八年十一月一日至昭和十八年十一月三十日 第二海上護衛隊司令部戦時日誌』。
    • Ref.C08030052500 『昭和十八年十一月十日 丁四号輸送部隊任務報告』。
    • Ref.C08030144200 『自昭和十九年十二月一日至昭和十九年十二月三十一日 第四海上護衛隊沖縄方面根拠地隊戦時日誌』。
  • 深谷甫(編)「写真 米国海軍」、『増刊 海と空』、海と空社、1940年
  • Roscoe, Theodore. United States Submarine Operetions in World War II. Annapolis, Maryland: Naval Institute press. ISBN 0-87021-731-3. 
  • 財団法人海上労働協会(編) 『復刻版 日本商船隊戦時遭難史』 財団法人海上労働協会/成山堂書店、2007年(原著1962年)。ISBN 978-4-425-30336-6
  • 防衛研究所戦史室編 『戦史叢書62 中部太平洋方面海軍作戦(2)昭和十七年六月以降朝雲新聞社1970年
  • 日本郵船戦時船史編纂委員会 『日本郵船戦時船史』上、日本郵船、1971年
  • Blair,Jr, Clay (1975). Silent Victory The U.S.Submarine War Against Japan. Philadelphia and New York: J. B. Lippincott Company. ISBN 0-397-00753-1. 
  • 木俣滋郎 『日本空母戦史』 図書出版社、1977年
  • 駒宮真七郎 『続・船舶砲兵 救いなき戦時輸送船の悲録』 出版協同社、1981年
  • 駒宮真七郎 『戦時輸送船団史』 出版協同社、1987年ISBN 4-87970-047-9
  • 木俣滋郎 『敵潜水艦攻撃』 朝日ソノラマ1989年ISBN 4-257-17218-5
  • 高須廣一「米潜水艦のウエポン・システム」、『世界の艦船』第446号、海人社、1992年、 pp. 84-89。
  • Friedman, Norman (1995). U.S. Submarines Through 1945: An Illustrated Design History. Annapolis, Maryland: United States Naval Institute. pp. pp .285–304. ISBN 1-55750-263-3. 
  • 野間恒 『商船が語る太平洋戦争 商船三井戦時船史』 野間恒(私家版)、2004年
  • 林寛司(作表)、戦前船舶研究会(資料提供)「特設艦船原簿/日本海軍徴用船舶原簿」、『戦前船舶』第104号、戦前船舶研究会、2004年

外部リンク[編集]