秩父丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Chichibu Maru.jpg
船歴
建造所 横浜船渠
起工 1928年2月6日
進水 1929年5月8日
竣工 1930年3月10日
喪失 1943年4月28日
性能諸元
総トン数 17,526 トン
載貨重量 7,778 トン[1]
排水量 22,560 トン(満載)
全長 177.77 m[2]
178.0 m[1]
登録長 170.69 m
型幅 22.56 m
登録深 12.95 m
喫水 8.67 m(満載時平均)
6.10 m(空荷時平均)
主機 B&W式ディーゼル機関 2基
出力 20,313馬力(最大)[1]
15,500馬力(計画)[1]
速力 20.56ノット(最大)
17ノット(航海)
乗員 323名[1]
乗客定員 一等243人、二等90人、
三等500人、予備3人
同型船 浅間丸龍田丸
備考 要目は原則として『昭和十四年版 日本汽船名簿』記載の1939年時点のもの[3]

秩父丸(ちちぶまる)は、日本郵船が保有した貨客船である。日本郵船の保有船大刷新の目玉である浅間丸型客船の1隻として1930年に建造され、当時の日本に数少ない本格的客船となった。姉妹船揃って北米航路に就航し、「太平洋の女王」と称された。1939年鎌倉丸(かまくらまる)と改名。太平洋戦争中は日本海軍に徴用され、軍用輸送船のほか戦時交換船としても活動したが、1943年4月にアメリカ海軍潜水艦の攻撃を受けて沈没した。

建造の経緯[編集]

1920年代後半、日本郵船は、北米向けの太平洋航路の刷新のため、新造船による保有船の大規模な更新を進めていた。本船を含む浅間丸型は、その目玉として建造が計画された。商業的に見ると各国の大型客船と同様に採算が難しかったが、客船重視の日本郵船の経営理念や、戦時の徴用を意図した国防上の強い要請もあって建造が決まった。

後に「秩父丸」となる浅間丸型2番船は、はじめ川崎造船所に発注された。ところが、基本設計などが終わった段階で、金融恐慌の影響により川崎造船所が経営難で操業継続に支障をきたしたため、横浜船渠での建造に変更された。当時の横浜船渠は7000トン程度までの中型船の建造実績しかなく、本船が初めての大型船建造の経験となった。20人以上の技師や工員をヨーロッパに出張させるなどして材料調達や研究に取り組み、1928年(昭和3年)2月6日に5号船台で起工、1929年(昭和4年)5月8日に無事に進水式を終えた。「秩父丸」と命名されて艤装が進み、同年12月24日に試運転、各種試験航海を経て翌1930年(昭和5年)3月10日に竣工した。総工費は1193万円を要した[4]。船名にちなんで、船橋内には秩父神社の神霊が奉安されている。

「秩父丸」は「浅間丸」「龍田丸」と基本的に同設計であるが、姉妹船2隻が主機にスルザー社製ディーゼルエンジンを使用しているのに対し、バーマイスター・アンド・ウェインen, B&W)社製のディーゼルエンジンを採用した点で異なっている。「秩父丸」用のB&W式ディーゼル機関は、1925年に同規模のスウェーデン客船「グリップスホルム」(17,993総トン)で同型の採用実績があった。建造所が変更になった際、B&Wディーゼルの経験が無い横浜船渠は主機の変更を要望したが、日本郵船の大株主である三井物産がB&Wからの輸入を担当していたことや、大幅な輸入価格値引きがあったことから、そのまま搭載が決まった。この搭載主機の違いから「秩父丸」は太い一本煙突となり、姉妹船2隻が2本煙突であるのと外観上で顕著な違いを生じている[5]

姉妹船2隻より500トン余り大きな17,526トンという総トン数は、竣工当時の日本客船としては最大で、その後も1988年ふじ丸が竣工するまで58年にわたり日本客船史上最大の地位を保ち続けた。

運用[編集]

太平洋横断航路への就航[編集]

1930年4月4日、「秩父丸」は、横浜サンフランシスコを結ぶ北米向け太平洋横断航路に就航した。「浅間丸」から半年後れで、「龍田丸」よりは20日ほど早い。浅間丸型客船は3万総トン以上もある大西洋航路の客船に比べると小型で、同時期に太平洋航路に投入されたイギリス客船「エンプレス・オブ・ジャパン」(en, カナダ太平洋汽船:26032総トン)やアメリカ客船「プレジデント・クーリッジ」(en, ダラー・ライン:21936総トン)などのタービン機関搭載のライバルと比べても規模や速力で見劣りしたが[6]、日本では画期的な豪華客船ということで「太平洋の女王」と称された。「秩父丸」は順調に航海を重ね、1938年(昭和13年)7月6日には姉妹船2隻に先駆けて太平洋横断100回を記録した[4]。なお、サンフランシスコ航路は命令航路とされ、多額の補助金を投じて運航されている。

1939年(昭和14年)1月18日に、「秩父丸」は「鎌倉丸」と改名している。改名の背景には、1937年の内閣訓令第3号によるローマ字公式表記の変更にあった。従来のヘボン式では“Chichibu-Maru”の表記であったのが、訓令式では“Titibu-Maru”になるところ、乳首を意味する英語の俗語“Tit”と通じることが問題となった。1938年2月にいったんは訓令式に船名表記が変更された後、特例としてヘボン式表記に戻すことが逓信省から認められたが、最終的に船名変更を余儀なくされた。改名に伴い、秩父神社の神霊と替わって、鎌倉宮の神霊が船橋内に奉安された[7]

日米の外交関係悪化により、1941年(昭和16年)7月、サンフランシスコ航路は休航となった[8]

戦時中の行動[編集]

1941年(昭和16年)8月17日付で「鎌倉丸」は日本海軍に徴用された。特設運送船となった「鎌倉丸」は、太平洋戦争勃発後、主に南洋諸島方面への人員や重要物資の輸送任務に従事した。航空母艦への改装候補でもあったが、船齢がやや古いことやディーゼル主機で速力に余裕が無いことを考慮して見送られた[9]。優れた速度を生かせば敵潜水艦の攻撃を回避できると期待されたことや高速護衛艦の不足から、護送船団には加入せず単独航海をすることが多かった[7]。自衛用の武装として、船首と船尾の砲座に火器が据えられたほか、敵潜水艦や魚雷のスクリュー音を探知するための水中聴音機も装備されていた[10]

交換船としての航海を終えて横浜へ帰着した「鎌倉丸」。シドニー攻撃戦死者の遺骨を出迎えるため、埠頭に人々が集まっている[11]

戦時中の特別な任務では、1942年(昭和17年)に日英交換船として本来の客船らしい航海を行っている。第1回日米交換船では日本側から「浅間丸」が参加していたが、日英交換船では「鎌倉丸」が「龍田丸」とともに日本側を担当することになった。7月25日に一時的に海軍から徴用解除された「鎌倉丸」は、舷側に日の丸、船体各所に交換船であることを示す白十字の識別塗装を施され、船尾と上部構造物側面には白十字の識別標識が取り付けられた[12]。船体は上部が白色、下部が黒色の平時に近い塗装となっている[13]。8月10日に乗客を乗せずに横浜から出航、上海でイギリス領事館関係者や民間抑留者ら敵性外国人903人を収容、シンガポール(当時の日本側呼称は昭南)でもイギリス人3人を乗船させた[7]。ただし、大内健二によれば乗船者総数は910人である[12]。航海は順調で、9月8日(大内によれば8月28日)に交換地である中立国ポルトガル領ロレンソ・マルケス(現在のマプト)に到着、乗客を下船させた。同地で待機していたイギリス側の客船「シティ・オブ・カンタベリー」から新任領事館員等と日本人合計867人、タイ王国人4人、ドイツ外交官2人、捕虜援助物資および特殊潜航艇によるシドニー港攻撃で戦死した日本兵の遺骨を引き取ると、9月11日(大内によれば9月2日)に帰途に就いた。シンガポールで日本人450人とタイ人4人が下船、香港で捕虜援助物資約1000トンを陸揚げした後、10月8日(大内によれば9月27日)に横浜へ無事に到着した[7][12]

交換船としての任務を終えた「鎌倉丸」は、1942年10月15日から再び海軍徴用船となり、従前と同じ輸送任務に従事した。そして、1943年(昭和18年)4月15日に神戸からバリクパパンへ向け出航したのが最後の航海となった。最初の経由地高雄を経てマニラに寄港するまでは護衛艦が随伴したが、低速だったため本船も13ノットに速力を落とさなければならなかった。マニラからは護衛を断って単独航海に切り替え、安全と見られていたスールー海に入り18ノットでバリクパパンを目指した[14]。4月28日午前2時頃、パナイ島ナソ岬南西30海里(北緯10度18分・東経121度44分)付近に差し掛かったところで、浮上接近してきたアメリカ潜水艦「ガジョン」の雷撃を受け、魚雷2発が右舷に命中した[15]。日本側乗員は攻撃を受けるまで「ガジョン」を察知できず、被雷後に自衛用の砲を発砲している。浸水は救命艇を降ろす間もなく急速に進み、約5分後に船首を棒立ちさせて沈没した。生存者は海面に残った救命艇2隻と伝馬船1隻などを頼って漂流したが、単独航海であったため遭難に気付かれず救助が遅れた。5月2日に捜索中の日本海軍機が救命艇を発見、特設砲艦「木曽丸」「武昌丸」と特設掃海艇「第2京丸」によって救助活動が行われたが、マニラ出港時の乗船者約2500人(主に海軍の軍人・軍属。女性150人を含む)のうち収容された生存者は465人だけであった[14]。大内健二によれば乗員を含む死者は2176人で、太平洋戦争中の日本輸送船で13番目に死亡人員が多い事例となった[16]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『船の科学』1979年7月号 第32巻第7号、46頁
  2. ^ 『七つの海で一世紀 日本郵船創業100周年記念船舶写真集』、74頁
  3. ^ 逓信省管船局(編) 『昭和十四年版 日本汽船名簿(内地・朝鮮・台湾・関東州)』 逓信省管船局、1939年、内地在籍船の部5頁、アジア歴史資料センター(JACAR) Ref.C08050073000、画像20枚目。
  4. ^ a b 『日本郵船戦時戦史 上』、272-273頁。
  5. ^ 野間(2008年)、187頁。
  6. ^ 野間(2008年)、188-189頁。
  7. ^ a b c d 『日本郵船戦時戦史 上』、274頁。
  8. ^ 大内(2004年)、150頁。
  9. ^ 野間(2008年)、245頁。
  10. ^ 廣谷吉信 「鎌倉丸沈没 比島沖漂流五日間」『平和の礎―軍人軍属短期在職者が語り継ぐ労苦(恩欠編) 第8巻』 平和祈念特別事業基金、31頁。
  11. ^ 情報局(編) 『写真週報 243号』 内閣印刷局、1942年、JACAR Ref.A06031083800、画像13枚目。
  12. ^ a b c 大内(2004年)、158-159頁。
  13. ^ 大内(2004年)、162頁。
  14. ^ a b 『日本郵船戦時戦史 上』、275-276頁。
  15. ^ Robert J. Cressman, The Official Chronology of the US Navy in World War II, Events of the Year 1944, Annapolis: MD, Naval Institute Press, 1999.
  16. ^ 大内(2004年)、339頁。

参考文献[編集]

  • 大内健二 『商船戦記―世界の戦時商船23の戦い』 光人社NF文庫、2004年。
  • 日本郵船株式会社 『日本郵船戦時船史 上』 日本郵船、1971年。
  • 日本郵船グループ 「客船黄金時代の幕開け」『YUSEN 613号』 日本郵船グループ、2008年。
  • 野間恒 『増補 豪華客船の文化史』 NTT出版、2008年。
  • 船舶技術協会『船の科学』1979年7月号 第32巻第7号
  • 日本郵船株式会社『七つの海で一世紀 日本郵船創業100周年記念船舶写真集』1985年

外部リンク[編集]