那珂 (軽巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese cruiser Naka.jpg
艦歴
発注 1920年計画
起工 1922年6月10日 横浜船渠
進水 1925年3月24日
就役 1925年11月30日
その後 1944年2月17日に戦没
除籍 1944年3月31日
性能諸元 (竣工時)
排水量 基準:5,195トン
常備:5,595トン
全長 162.46m
全幅 14.2m
吃水 4.8m (常備)
機関 パーソンズ式オールギアードタービン4基4軸 90,000馬力
最大速 35.3ノット
乗員 440名
装甲 水線64mm、甲板29mm
搭載機 1機
兵装
竣工時 50口径14cm単装砲7門
61cm連装魚雷発射管4基8門
40口径8cm単装高角砲2門
6.5mm単装機銃2挺
九三式機雷56個
1941年12月 50口径14cm単装砲7門
61cm4連装魚雷発射管2基8門(九三式酸素魚雷16本)
九六式25mm連装機銃2基4門
保式13mm四連装機銃1基4門
7.7mm単装機銃2挺
呉式二号三型改一射出機1基
水上機1機
1943年4月 50口径14cm単装砲6門
61cm4連装魚雷発射管2基8門(九三式酸素魚雷16本)
八九式12.7cm連装高角砲1基2門
九六式25mm三連装機銃2基6門
九六式25mm連装機銃2基4門
九三式13mm連装機銃1基2門
九四式爆雷投射機1基
爆雷投下軌条2基
呉式二号三型改一射出機1基
水上機1機
21号電探

那珂(なか)は、日本海軍軽巡洋艦川内型軽巡洋艦の3番艦。艦名は栃木県茨城県を流れる那珂川に因んで命名された。


艦歴[編集]

川内型の2番艦として1922年6月10日に横浜船渠で起工されたが、1923年9月1日の関東大震災で被災、建造途中の船体を大きく損傷した。そのため、解体の上川内型3番艦として改めて起工し、1925年11月30日に就役した。その際に、艦首形状をスプーン型からダブル・カーブド型に改めている。

1927年8月24日、島根県美保関沖で行われた夜間無灯火演習において巡洋艦「神通」と駆逐艦」が衝突、それを避けようとして駆逐艦「」の左舷後部に衝突し両艦ともに大破した(美保関事件)。

1937年日華事変時においては第2艦隊に所属し作戦活動に従事した。 1941年には姉妹艦の「神通」と共に雷装の強化が行われ、九三式酸素魚雷の発射能力を得た。

1941年11月26日、那珂は第4水雷戦隊(司令官:西村祥治少将)の旗艦となった。太平洋戦争緒戦では、高橋伊望中将率いる第3艦隊の一員としてフィリピン南部への侵攻に参加し、陸軍第48師団を運ぶ輸送船を護衛した。その際、米陸軍航空軍の攻撃により軽微な損傷を受けた。

1942年1月、第4水雷戦隊は蘭印への侵攻に割り当てられ、呉第2特別陸戦隊坂口支隊タラカンおよびバリクパパンへ送る船団を護衛した[1]。1月24日、バリクパパンで部隊を上陸させている時、悪天候のため浮上中であったオランダ海軍の潜水艦K-XVIIIオランダ語版が那珂に対して魚雷4本を発射したが、命中しなかった。西村提督は第4水雷戦隊の那珂と駆逐艦に対しK-XVIIIの追跡を命じたが失敗に終わり、その間にアメリカ海軍第5任務部隊の駆逐艦4隻が、護衛のいなくなった船団を攻撃して輸送船を撃沈した。

1942年2月末、ジャワ島占領のためジャワ島東部へ陸軍第48師団と坂口支隊を輸送することとなり、第五戦隊(重巡洋艦「那智」「羽黒」「妙高」)、第2水雷戦隊(旗艦:神通)、第4水雷戦隊(旗艦:那珂)などからなる護衛艦隊がその護衛についた[2]

2月27日、輸送艦隊はマカッサル海峡を南下してジャワ海を航行していた。連合国軍のABDA艦隊はこれを迎撃すべくスラバヤを出撃したが、連日の戦闘配置により乗員の疲労が高まっていたこともあり、カレル・ドールマン司令官は補給のため一旦艦隊をスラバヤへ帰投させることにした。12時5分(現地時間。以下同じ)、「那智」の水偵が連合軍艦隊を発見し、日本艦隊に位置を通報した。第四水雷戦隊も輸送船団の護衛を「若鷹」に任せて、敵艦隊に向かう第五戦隊に合流しようとしたが、連合軍艦隊が輸送船団の攻撃に向かっているのか、帰投しようとしているのか判断しかねており、第四水雷戦隊は反転して一旦輸送船団護衛に戻った。

連合軍艦隊はスラバヤに入港しようとしたところで日本軍船団発見の報を受けて反転、上空触接していた「那智」機がその動きを日本艦隊へ送信し、日本艦隊は敵艦隊との会敵予想針路を取った。第四水雷戦隊は那智機の電報を受信するのが遅れ、船団護衛を第二十四駆逐隊司令に任せると、第五戦隊・第二水雷戦隊の後を追って予想会敵地点へ向かった。

16時ごろ、第四水雷戦隊が戦域に到着した。四水戦は距離15,000mで一斉に27発の魚雷を発射したが、命中しなかった。連合軍艦隊が態勢を立て直すために変針したのを見て、第五艦隊司令官高木少将は全軍突撃を下令し、四水戦が真っ先に突撃を始めた。旗艦「那珂」は連合軍艦隊に距離12000mまで近づくと魚雷4本を発射して避退した。四水戦の子隊である第二駆逐隊・第九駆逐隊は肉薄攻撃をかけるために突撃した。第九駆逐隊は距離5000mまで近づいて魚雷を発射したが、これらは命中しなかった。しかし、ドールマン少将が英重巡「エクセター」を避退させるために英駆逐艦「エレクトラ」ほか2隻に攻撃を下令し、「エレクトラ」は煙幕を抜けたところで「神通」以下から集中砲撃を受けて轟沈した。「エレクトラ」の反撃の一弾が第九駆逐隊旗艦「朝雲」に命中し、損傷した。

スラバヤ沖海戦はその日の日没後、および3月1日にも戦闘があったが、これらには那珂および四水戦は関わっていない。

3月、ジャワ島とセレベス島の間の海域の哨戒任務に就いた。3月14日、クリスマス島攻略部隊の旗艦となった。攻略部隊は第16戦隊(軽巡洋艦「長良」「名取」)、第9駆逐隊(駆逐艦「峯雲」「夏雲」)、第22駆逐隊(「皐月」「水無月」「文月」「長月」)、第16駆逐隊(「天津風」「初風」)および給油船「あけぼの丸」、輸送船「君島丸」「球磨川丸」で構成された[3]。攻略作戦中の4月1日、クリスマス島沖において潜水艦シーウルフ」 (USS Seawolf, SS-197) の雷撃を受け航行不能となった。「名取」によってジャワ島バンタム湾へ曳航されてそこで応急修理を受け、自力でシンガポールへ航行した後、修理を受けるために4月に日本へ帰投した。舞鶴海軍工廠にて修理、近代化改装を行い、5番主砲が撤去され、跡に12.7cm連装高角砲1基が搭載された。

1943年4月1日に戦線復帰。同日「五十鈴」と那珂で第14戦隊(第4艦隊所属)が新編され、那珂は4月2日にその司令官伊藤賢三少将の将旗を掲げた[4]。内南洋に進出するため那珂は4月25日に空母雲鷹冲鷹を護衛して横須賀を離れ、4月30日にトラック諸島に到着[5]。5月から6月の間ヤルートへ進出した[6]。6月22日からは那珂と五十鈴はトラックからナウルへの兵員輸送を行った[7]。続いて那珂は7月17日からはトラックからミレへ[8]、8月25日からは重巡洋艦高雄、駆逐艦海風、涼風とともにトラックからラバウルへの輸送任務に従事した[9]。9月は3日から兵員輸送をおこなう日枝丸、富士山丸をトラックからクェゼリンへ護衛し、クェゼリン到着後はマロエラップへの兵員輸送に従事[10]。12日には潜水艦による攻撃を受けた第六一三三船団の救援に向かった[10]。19日からはミレ、ウオッゼへの兵員輸送をおこなった[11]

10月21日、「那珂」と「五十鈴」は上海で陸軍部隊を乗船させた。10月23日、輸送船団は東シナ海で米潜水艦「シャード」の攻撃を受けた。10発の魚雷が発射されたが、いずれも当たらなかった。11月3日、輸送船団はカビエンの北60海里の地点で米第13空軍B-24爆撃機に攻撃され、「那珂」は至近弾による攻撃を受けた。輸送船団は11月5日にラバウルに到着したが、ちょうどその日にラバウル空襲があり、「那珂」は爆撃機の至近弾によりわずかに損傷した。11月23日、タラワへの増援部隊の輸送のためポナペを出発した。しかし、タラワはすでにアメリカ軍により陥落しており、上陸することはできなかった。

1944年2月16日夕方、米潜水艦「スケート」の雷撃により航行不能となった「阿賀野」の救援のためにトラック島を出港したが、途中で「阿賀野」沈没の連絡を受けてトラックに引き返した。その帰途の17日未明、米海軍第58任務部隊がトラック島を空襲した。「那珂」は南へ迂回して攻撃を避けながら入港しようとしていたが、トラック島の西方35海里で航空母艦バンカー・ヒル」 (USS Bunker Hill, CV-17) および「カウペンス」 (USS Cowpens, CV-25) 艦載機部隊に攻撃された。午後2時頃、魚雷と爆弾を受けて北緯07度15分 東経151度15分 / 北緯7.250度 東経151.250度 / 7.250; 151.250の地点で沈没、240人が戦死した。末沢慶政艦長を含む210人は哨戒艇に救助された。

那珂は1944年3月31日に除籍された。

歴代艦長[編集]

艤装員長[編集]

  1. 井上肇治 大佐:1925年4月15日 -

艦長[編集]

  1. 井上肇治 大佐:1925年11月30日 -
  2. 中村亀三郎 大佐:1926年12月1日 -
  3. 三戸基介 大佐:1927年4月5日 -
  4. 毛内効 大佐:1927年11月1日 -
  5. 伴次郎 大佐:1928年12月10日 -
  6. 南雲忠一 大佐:1929年11月30日 -
  7. 山田定男 大佐:1930年12月1日 -
  8. 山本弘毅 大佐:1931年12月1日 -
  9. 園田滋 大佐:1932年12月1日 -
  10. 後藤英次 大佐:1933年11月15日 -
  11. 阿部嘉輔 大佐:1934年11月15日 -
  12. 醍醐忠重 大佐:1935年5月25日 -
  13. 五藤存知 大佐:1935年11月15日 -
  14. 阿部孝壮 大佐:1936年12月1日 -
  15. 中邑元司 大佐:1937年8月2日 -
  16. 河野千万城 大佐:1937年12月1日 -
  17. (兼)宮里秀徳 大佐:1938年11月15日 -
  18. 高間完 大佐:1938年12月15日 -
  19. 秋山輝男 大佐:1939年11月15日 -
  20. 伊集院松治 大佐:1940年10月15日 -
  21. 田原吉興 大佐:1941年8月11日 -
  22. 中里隆治 大佐:1942年7月10日 -
  23. 高木伴治郎 大佐:1942年10月1日 -
  24. 今和泉喜次郎 大佐:1943年3月25日 -
  25. 末沢慶政 大佐:1944年1月7日 -

同型艦[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Klemen, L (1999-2000). “The capture of Tarakan Island, January 1942”. Forgotten Campaign: The Dutch East Indies Campaign 1941-1942. 2013年10月8日閲覧。
  2. ^ Klemen, L (1999-2000). “The conquest of Java Island, March 1942”. Forgotten Campaign: The Dutch East Indies Campaign 1941-1942. 2013年10月8日閲覧。
  3. ^ Klemen, L (1999-2000). “The Mystery of Christmas Island, March 1942”. Forgotten Campaign: The Dutch East Indies Campaign 1941-1942. 2013年10月8日閲覧。
  4. ^ 日本軽巡戦史、467-468ページ
  5. ^ 日本軽巡戦史、469ページ
  6. ^ 日本軽巡戦史、469-470ページ
  7. ^ 日本軽巡戦史、471-472ページ
  8. ^ 日本軽巡戦史、473ページ
  9. ^ 日本軽巡戦史、475ページ
  10. ^ a b 日本軽巡戦史、476ページ
  11. ^ 日本軽巡戦史、479ページ

参考文献[編集]

  • 木俣滋郎、『日本軽巡戦史』、図書出版社、1989年

画像集[編集]