マカッサル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マカッサル
Kota Makassar
インドネシアの旗
Makassar coa.png
市章
位置
スラウェシ島の地図、南スラウェシ州(ピンク)の州都の位置図
スラウェシ島の地図、南スラウェシ州(ピンク)の州都
座標 : 南緯5度8分 東経119度25分 / 南緯5.133度 東経119.417度 / -5.133; 119.417
行政
インドネシアの旗 インドネシア
  南スラウェシ州
 市 マカッサル
市長 Ilham Arief Sirajuddin
地理
面積  
  市域 175.77 km2
人口
人口 (2000年現在)
  市域 1,130,384人
その他
等時帯 インドネシア時間 (UTC+8)
市外局番 0411
公式ウェブサイト : www.visitmakassar.net

マカッサルインドネシア語Kota Makassar)は、インドネシアの都市。旧名はウジュン・パンダン(Ujung Pandang)。スラウェシ島の南部に位置し、南スラウェシ州州都である。

ゴワ=タッロ(マカッサル)王国時代の17世紀前半から後半にかけては、交易中継港として大いに栄えた。現在は人口が約120万人でインドネシア7番目の大きさである。また、東インドネシア地域の中心的な都市でもある。元々、都市の名前はマカッサルであるが、1971年にウジュン・パンダンに改名され、1999年に元の名前に戻された。

経済[編集]

街は南スラウェシの主要な港で、定期的な国内および国際的な輸送路を有している。 定期的な長距離配送のためのピニシ船 (Pinisi boat) を呼ぶ重要港として国内では知られている。 植民地時代、街は大量に輸出されていたマカッサル油で有名であった。 マカッサルコクタンは柔らかい黒の色相であり、黄褐色あるいは茶色の基調に輝き、精巧なキャビネットやベニア板を作成するために非常に珍重されている。

交通[編集]

ハサヌディン国際空港

歴史[編集]

最初のヨーロッパ人居住者はポルトガルの船員であった。 16世紀初頭、マカッサルは東インドネシアの貿易の中心であり、東南アジアの島の中で最も大きな都市のひとつであった。 マカッサルの王は、すべての街の訪問者が商売を行う権利を主張し、自由貿易の政策を維持した。またオランダがこの街において専売会社を設立する試みを阻止した。 その上、宗教的に寛容な姿勢を見せ、イスラム教徒でさえもこの地域における支配的な信奉者となり、キリスト教や他宗教信者も街において貿易を行うことが可能であった。 これらの魅力が、マカッサルが香辛料諸島での貿易において、遠方から来るヨーロッパ人やアラブ人の商人の価値のある拠点として、またマレー人の働き場として重要な中心地となった。

教育[編集]

ハサヌディン大学

姉妹都市[編集]