マレー人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マレー人
Malay
Melayu
ملايو
マラッカのエンリケハムザ・ハスハン・トゥア
ハサナル・ボルキアDato Latマハティール・ビン・モハマド
サルマ・イスマイルシティ・ヌルハリザSurin Putsuwan
Sheikh Muszaphar ShukorTunku Abdul RahmanPengiran Anak Sarah
1行目: マラッカのエンリケハムザ・ハス英語版ハン・トゥア英語版

2行目: ハサナル・ボルキアLat英語版マハティール・ビン・モハマド
3行目: サルマ・イスマイル英語版シティ・ヌルハリザ英語版スリン・ピッスワン英語版

4行目: シェイク・ムザファ・シュコアトゥンク・アブドゥル・ラーマンペンギラン・アナク・サレハ英語版
総人口

約2億7800万人

居住地域
多数派地域
マレーシアの旗 マレーシア 14,749,378人 (2010年推定) [1]
ブルネイの旗 ブルネイ 261,902人 (2010年推定) [2]
少数派地域
インドネシアの旗 インドネシア 8,789,585人 (2010年推定) [3][4]
タイ王国の旗 タイ王国 3,354,475人 (2010年推定) [5][6]
シンガポールの旗 シンガポール 653,449人 (2010年推定) [7]
言語
マレー語インドネシア語ジャウィ語タイ語英語
宗教
イスラム教スンナ派(約99.9%)

マレー人とは、本来はマレー半島スマトラ島東海岸、ボルネオ島沿岸部などに住んでマレー語を話し、マレー人と自称する人々(民族)のことを指し、マレー語ではムラユ Melayu と呼ぶ。漢字では馬来人と表記した。移住により南アフリカの人種構成にも影響を与えた。

広義にはマレーシアシンガポールブルネイインドネシアフィリピンなど東南アジア島嶼部(マレー諸島)の国々に住む人々の総称であるが、これは人種的な意味(マレー人種)で用いることが多い。

さらに広義には、オーストロネシア語族とほぼ同じ意味で、台湾の先住諸民族(高砂族など)、ミクロネシアの諸民族、ポリネシアの諸民族、マダガスカル人なども含めて「マレー系」と呼ばれることもある[要出典]が、正確さに欠ける言い方である。

サブグループ[編集]

マレー人はインドネシアにおいて、他の民族集団に囲まれて居住している。マレー人はインドネシアにおいて最も広範囲に広がっている民族の一つで、この図では緑色をマレー人、その他マレー系民族集団を濃い緑または薄い緑で記している。この図からはマレー人がスマトラ島の東海岸とカリマンタン島の沿岸部に居住しているのが判る。
集団名 歴史上の地域 主な居住地域
バンカ・ブリトゥン・マレー
Bangka Belitung Emblem.svg
 バンカ・ブリトゥン州
バンコク・マレー[8][9] Seal Bangkok.png ミンブリー区ノーンチョーク区Seal Pathum Thani.png ラムルークカー郡英語版
ムアンパトゥムターニー郡Seal Ayutthaya.png アユタヤ県
ブンクル・マレー
Bengkulu coa.png
 ブンクル州
ブラウ・マレー英語版
Coat of arms of Berau Regency.svg
 ブラウ県英語版
ブルネイ・マレー[10][11][12][13] ブルネイの旗 ブルネイ
ラブアンの旗 ラブアンサラワク州の旗 サラワク州サバ州の旗 サバ州
ブギス・マレー[14]

[15]
(マレー人に同化したブギス族

  • リンギ・スルタン国(1700年-1777年)
  • セランゴール・スルタン国(1745年-現代)
セランゴール州の旗 セランゴール州ジョホール州の旗 ジョホール州パハン州の旗 パハン州
Riau COA.svg リアウ州Lambang Riau Kepulauan.jpeg リアウ諸島州
ダイリ・マレー
  • アサハン・スルタン国(1630年-1946年)
  • ダイリ・スルタン国(1630年-現代)
  • ランガット・スルタン国(1568年-現代)
  • スルダン・スルタン国(1728年-1946年)
North Sumatra coa.png
 北スマトラ州
ジャンビ・マレー
Prov.Jambi.svg
 ジャンビ州
ジャワ・マレー[14][15]
(マレー人に同化したジャワ人
ジョホール州の旗 ジョホール州セランゴール州の旗 セランゴール州
ペラ州の旗 ペラ州ケダ州の旗 ケダ州
ジョホール・マレー[11][12][13] ジョホール州の旗 ジョホール州
ケダ・マレー英語版[11][12][13][16] ケダ州の旗 ケダ州プルリス州の旗 プルリス州ペナン州の旗 ペナン州
ペラ州の旗 ペラ州Seal Satun.png サトゥーン県Seal Trang.png トラン県
Seal Krabi.png クラビー県Seal Phuket.png プーケット県Seal Phang Nga.png パンガー県
Seal Ranong.png ラノーン県Seal Nakhon Si Thammarat.png ナコーンシータンマラート県
Seal Phattalung.png パッタルン県Seal Songkhla.png ソンクラー県Seal Yala.png ヤラー県
Flag of Tanintharyi Division.svg
 タニンダーリ管区
クランタン・マレー英語版[11][12][13]
  • チ・トゥ王国英語版(1世紀-6世紀)
  • クランタン・スルタン国(1267年-現代)
  • ジェムバル・スルタン国(1638年-1720年)
クランタン州の旗 クランタン州
Loloan Malay ジュンブラナ県
マラッカ・マレー[11][12][13] ムラカ州の旗 ムラカ州
ミナンカバウ・マレー[14][15]
(マレー人に同化したミナンカバウ人
  • ヌグリ・スンビランの首長領(1773年-現代)
ヌグリ・スンビラン州の旗 ヌグリ・スンビラン州セランゴール州の旗 セランゴール州
パハン・マレー[11][12][13]
  • パハン・スルタン国(1470年-現代)
パハン州の旗 パハン州
パレンバン・マレー
South Sumatra COA.svg
南スマトラ州
パタニ・マレー[11][12][13]

Seal Pattani.png パッターニー県Seal Yala.png ヤラー県、 ナラーティワート県
Seal Songkhla.png ソンクラー県Seal Krabi.png クラビー県ケダ州の旗 ケダ州
クランタン州の旗 クランタン州

ペラ・マレー[11][12][13] ペラ州の旗 ペラ州
ポンティアナック・マレー
  • ダンジュンプラ王国(880年-1590年)
  • Matamスルタン国(1590年-1948年)
  • ポンティアナック・スルタン国(1771年-1950年)
  • サンバス・スルタン国(1675年-1944年)
West Kalimantan Emblem.svg
 西カリマンタン州
リアウ・マレー
  • リアウ-リンガ・スルタン国(1824年-1911年)
  • ビンタン・スルタン国
  • シアク王国英語版(1725年-1949年)
  • プララワン・スルタン国(1791-1946年)
  • Kuntu Kamparスルタン国(1234年-1933年)
  • イドゥラギリ・スルタン国(1298年-1963年)
  • ロカン・スルタン国(1569年-1940年)
Riau COA.svg
 リアウ州Lambang Riau Kepulauan.jpeg リアウ諸島州Lambang Kabupaten Lima Puluh Kota.png リマプルコタ県英語版
Lambang Kabupaten Pasaman.png パサマン県英語版
サラワク・マレー英語版
  • サラワク・スルタン国(1598年-1641年)
サラワク州の旗 サラワク州
シンガポール・マレー シンガポールの旗 シンガポール
スリランカ・マレー スリランカの旗 スリランカ
タミアン・マレー
  • Bukit Karang Kingdom(1023年-1330年)
  • ベヌア・タミアン・スルタン国(1330-1528年)
Aceh coa flag.png
 アチェ・タミアン県英語版
トレンガヌ・マレー[11][12][13]
  • トレンガヌ・スルタン国(1708年-現代)
トレンガヌ州の旗 トレンガヌ州

脚注[編集]

  1. ^ Economic Planning Unit (Malaysia) 2010
  2. ^ CIA World Factbook 2012
  3. ^ Badan Pusat Statistika Indonesia 2010
  4. ^ Figure obtained based on the percentage of Malays in 2000 census and the total Indonesian population in 2010 census
  5. ^ CIA World Factbook 2012
  6. ^ World Directory of Minorities and Indigenous Peoples 2005
  7. ^ CIA World Factbook 2012
  8. ^ Umaiyah Haji Omar 2003
  9. ^ Umaiyah Haji Omar 2007
  10. ^ IBP USA 2007, pp. 151–152
  11. ^ a b c d e f g h i Colling 1973, p. 6804
  12. ^ a b c d e f g h i Mohd. Aris Hj. Othman 1983, pp. 1–26
  13. ^ a b c d e f g h i M. G. Husain 2007, pp. 16, 33, 34
  14. ^ a b c Gulrose Karim 1990, p. 74
  15. ^ a b c Joseph & Najmabadi 2006, p. 436
  16. ^ Majlis Kebudayaan Negeri Kedah 1986, pp. 19–69

関連項目[編集]