パハン州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Flag of Malaysia.svg
マレーシアの州
ڨهڠ دار المعمور
Pahang Darul Makmur
パハン州の旗
州旗
ISO 3166-2: MY-06
州歌 Pahang State Anthem
パハン州の位置
州都 クアンタン
王都 ペカン
政党 国民戦線
 - スルターン Sultan Ahmad Shah
 - 首席大臣 Adnan Yaakob
歴史  
 - FMS 連邦加入 1895年 
 - 日本統治時代 1942年 
 - マラヤ連邦加入 1948年 
面積
 - 総面積 35,964 km²
人口
 - 2005年 調査 1,372,500 人
 - 人口密度 38.2/km²
HDI  (2000年) 0.770 ()
国際電話番号 09a
05b
03c
国際郵便番号 26xxx to 28xxx
ナンバープレート C
ウェブサイト: http://www.pahang.gov.my
a Pahang except Cameron Highlands and Genting Highlands
b Cameron Highlands
c Genting Highlands

パハン州(ラテン文字:Pahang, ジャウィبهانج )は、マレーシアの行政区画)の一つである。

概要[編集]

マレー半島部のおける最大の州。中国語では「彭亨」と記される。 人口はおよそ129万人。

州都はクアンタン(Kuantan)。

州の大半を熱帯雨林に覆われており、マレーシアで最も有名な国立公園・タマン・ネガラジャングルは1億3000万年前から形成され、無数の動植物が棲息している。

州政府の地方行政区分[編集]

地方自治体[編集]

観光[編集]

観光はマレーシアの主要産業の一つで、パハンではゲンティン・ハイランド(Genting Highland) やフレイザーズ・ヒル(Fraser's Hill)、キャメロン・ハイランド(Cameron Highland) といった高原リゾートとチェラティン(Cheratin)やテロッ・チェンペダ(Teluk Chempedak) のようなマリンリゾートの両方が存在する。