ラブアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラブアン
Labuan
لابوان
納閩
—  連邦直轄領  —
Wilayah Persekutuan Labuan

座標: 北緯5度19分13.16秒 東経115度12分40.42秒 / 北緯5.3203222度 東経115.2112278度 / 5.3203222; 115.2112278
連邦直轄領 1984年4月16日
行政
 - 管轄 Perbadanan Labuan
 - Pengerusi Dato' Ahmad Phesal Talib
面積
 - 計 85km2 (32.8mi2)
人口 (2009年)
 - 計 90,000人
 - 人口密度 1,058.8人/km² (2,742.3人/mi²)
等時帯 MST (UTC+8)
ウェブサイト http://www.pl.gov.my/
ラブアン島の地図
フィナンシャルパーク

ラブアン (Labuan) は、マレーシア連邦直轄領の一つで、サバ州の沖合い南シナ海に浮かぶ

マレー語でラブアンは「良港」を意味し、正式には連邦領ラブアン (Wilayah Persekutuan Labuan) と称する。中国語では納閩と記される。

島の中心はバンダル・ラブアン (Bandar Labuan) で、首都クアラルンプールボルネオ島最大の都市コタ・キナバルと国内線やフェリーで結ばれている。

もともとリゾート地として人気があったが、1990年マレーシア連邦政府によりオフショア会社法が制定され、ラブアン・オフショア金融サービスセンター (LOFSA) が設立された。現在マレーシアのオフショア金融センターないし租税回避地として東南アジアや中東の注目を集めている。

歴史[編集]

交通[編集]

空港[編集]