ペナン州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペナン州
Pulau Pinang
بينانج
槟城
பினாங்கு
—    —

標語:Bersatu dan Setia
賛歌:Untuk Negeri Kita
ペナン州の位置
座標: 北緯5度24分 東経100度14分 / 北緯5.400度 東経100.233度 / 5.400; 100.233
州都 ジョージタウン
行政
 - 与党 人民連盟
 - 州知事 Tuan Yang Terutama Abdul Rahman bin Haji Abbas
 - 州首相 林冠英 (Lim Guan Eng)
面積
 - 計 1,046.3km2 (404mi2)
人口 (2009年)[a]
 - 計 1,578,000人
 - 人口密度 1,508.2人/km² (3,906.1人/mi²)
人間開発指数
 - HDI (2009) 0.851 (high)
国際郵便番号 10000 - 19500
国際電話番号 +604
ナンバープレート P
イギリスによる割譲 1786年8月11日
日本による占領 1942年
マラヤ連邦 1948年
独立 1957年8月31日
ウェブサイト http://www.penang.gov.my
^[a] ペナン島が 2,542.66人/km²、スブラン・プライが 1,099.60人/km²
ペナン島とスブラン・プライ
ペナン

ペナン州マレー語:Pulau Pinang、英語:Penang、中国語:檳城)は、マレーシアの一つである。

南北24キロメートル、東西15キロメートルのペナン島、東洋屈指の長大橋ペナンブリッジ英語版で結ばれる対岸のマレー半島部分のスブランプライ英語版にて構成される。

マレー語発音の「プラウ・ピナン」(Pulau Pinang)とは、「檳榔樹 Pinang Pulau」を意味する。

歴史[編集]

  • 7世紀頃 - モンスーン貿易の経路にあり、インド・アラブ方面、中国方面からの商人が寄港するようになる。
  • 16世紀頃 - インドより出たポルトガルの商人が寄航するようになる。
  • 17世紀頃 - マラッカ海峡の北側の玄関口として様々な国の船舶が通る。
  • 1786年 - シャムの攻撃を恐れたクダ王国英語版は、イギリスのフランシス・ライト英語版による提案にこたえて、イギリスがクダ王国に軍事援助することと引き換えにイギリス東インド会社ペナン島を賃貸した。この後、現在のペナン島を「プリンス・オブ・ウェールズ島」と改名、イギリス東インド会社の拠点として発展した。イギリスはイギリス人とマレー人の間の存在として華僑インドのセポイといった移民を増やす政策を行った。
  • 1791年 - シャムが隣国のパタニ王国(現在のタイ深南部三県)まで攻めて来たため、クダ王国は軍事援助の約束に従ってイギリスに派兵を要求したが断わられた。ここにイギリスはクダ王国を5年間も騙し続けていた事が発覚した。そのため、クダ王国は10,000人からなる大軍によるペナン島回復戦を計画したが、事前にフランシス・ライトに察知され、ペナンを取り返すどころか対岸の拠点スブランプライを奪われてしまい、ペナンをイギリスに明け渡すことになった。
  • 1824年 - イギリス・オランダ両国にて、マラッカ海峡を中心とする地区の勢力範囲を定めた英蘭協約を締結。(イギリスはスマトラ島西海岸のベンクーレン英語版とオランダのマラッカを交換し、ペナン、シンガポール・マラッカのいわゆる海峡植民地が完成)
  • 19世紀終盤 - イギリスによるマレー半島全土の植民地体制が整う。
  • 1941年 - 太平洋戦争勃発。日本イギリスからペナンを含むマレー半島全土とシンガポールを奪取。
  • 1945年 - 第二次世界大戦終戦。
  • 1957年- -マラヤ連邦の独立。
  • 1960年代 - 自由港の地位を失う。そのため地域経済が低迷し、失業者が街中にあふれる事となった。
  • 1980年以降 - 東西交易の舞台から、工業地帯への変貌を遂げる。

地理[編集]

州政府の地方行政区分[編集]

地方自治体[編集]

政治[編集]

ペナン州は元々クダ州の土地であったが、イギリスにだまし取られてしまった歴史のため、独自の王(スルタン)を持たない。そのためマレーシア国王が州首相と協議して任命する任期4年の知事(ガバナー)が置かれる。知事は儀礼的存在であり、州政府の長は州議会の多数会派(与党)から選ばれる州首相である。

産業[編集]

ペナンは「東洋の真珠」や「インド洋のエメラルド」とも呼ばれ[1]、古くからマレーシア有数のリゾート島である。一方で、対岸のバターワースはポート・クランと並ぶマレーシア屈指の港であり、バターワースやバヤンレパス空港周辺は外国資本の企業も数多く進出するマレーシアの工業の拠点となっている。

交通[編集]

空港[編集]

鉄道[編集]

ペナン島内にLRT鉄道建設の構想がある。

港湾[編集]

ジョージタウンとバタワース間には、フェリーが24時間運航している。

また、インドネシアメダンクダ州ランカウイ島と間にも定期航路がある。

バス[編集]

島内は数社のバス会社によってくまなく網羅されている。

ペナン島と本土主要都市間やシンガポール・タイとの間にも高速バスが運行している。

道路[編集]

ペナンブリッジを経由して、半島部を縦断する南北高速道路とつながっており、クアラルンプールを経由しシンガポールへ結ばれている。

現在ペナン島内やウェレスレーの道路建設が急ピッチで行われている。

脚注[編集]

  1. ^ 例えばJTBにおける表現