秋風 (駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
IJN Akikaze departing Yokosuka Taisho 12.jpg
艦歴
計画 1917年度(八四艦隊案
起工 1920年6月7日
進水 1920年12月14日
竣工 1921年4月1日
その後 1944年11月3日戦没
除籍 1945年1月10日
要目
排水量 基準:1,215トン
公試:1,345トン
全長 102.6メートル
全幅 8.92メートル
吃水 2.79メートル
機関 ロ号艦本式缶4基
パーソンズタービン2基2軸
38,500馬力
速力 39ノット
航続距離 14ノットで3,600カイリ
燃料 重油:395トン
乗員 154名
兵装 45口径12cm単装砲4門
6.5mm単装機銃2挺
53.3cm連装魚雷発射管3基
(魚雷8本)
1号機雷16個

秋風(あきかぜ)は、日本海軍駆逐艦峯風型の9番艦である。

艦歴[編集]

三菱長崎造船所で建造。一等駆逐艦に類別され、横須賀鎮守府籍に編入。

日中戦争支那事変)に際して、1938年(昭和13年)以降は華中の沿岸作戦に参加。

太平洋戦争大東亜戦争)では、南方で輸送、海上護衛作戦に参加。1944年(昭和19年)11月3日、第三十駆逐隊として弾薬輸送任務にあたる航空母艦隼鷹」等を護衛中、ルソン島サンフェルナンド西方でアメリカ海軍潜水艦ピンタド」(USS Pintado, SS-387)の雷撃を受け戦没した。

駆逐艦秋風虐殺事件[編集]

1943年(昭和18年)3月18日、ニューギニアの戦いにおいて日本軍が進出したニューギニア島東部(東部ニューギニア)から、一大拠点であるニューブリテン島ラバウルへ向け現地の在住民間人(女子供を含む民間人たる外国人)を「秋風」にて移送中、艦上において乗員がその全員を処刑・虐殺した戦争犯罪

北東部ニューギニアは古くはドイツ植民地帝国植民地であり(ドイツ領ニューギニア第一次世界大戦によるドイツ敗戦以降は同島南東部を領有していたオーストラリア委任統治領となる)、現地には宣教師や農園主等としてドイツ人ら欧米各国人が入植していた。被害者の内訳は以下の通り。

戦後、連合国は本事件を調査。ニューギニア方面を担当する当時の第八艦隊司令長官三川軍一海軍中将および、参謀長大西新蔵海軍少将B級戦犯に指名するが、事件当時の艦長である佐部鶴吉海軍少佐以下主要士官は既に戦死し、また「秋風」自体も乗員諸共に戦没しているため、事件当事者不在により三川・大西は不起訴に終わっている。

なお、日本海軍は洋上虐殺だけでも重巡洋艦利根」(ビハール号事件)や「伊号第八潜水艦(ほか多数の潜水艦)」等が多数の事件を起こしているが、何れも乗船を撃沈され退船した連合国輸送船(商船)の乗員を、洋上ないし艦上にて一方的に処分・処刑したものであった。「秋風」艦上において処刑された被害者はそういった捕虜ではなく現地人であった民間人であり、かつ女子供や同盟国人を含むため、それら船員の虐殺事件とは性格を大きく異にする。

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』228-229頁による。

  • 山本松四 少佐:1921年4月1日 -
  • (心得)山本弘毅 少佐:1923年11月10日 -
  • 清水長吉 少佐:1924年12月1日 - 1925年12月1日[2]
  • 伊藤長 少佐:1925年12月1日 - 1929年2月1日[3] ※1926年12月1日より予備艦
  • 津田源助 少佐:1929年2月1日 -
  • 平塚四郎 少佐:1929年11月1日 - 1931年12月1日 同日より予備艦
  • (兼)田原吉興 少佐:1931年12月1日 -
  • (兼)有賀幸作 少佐:1932年2月12日 -
  • 大江覧治 少佐:1932年12月1日 -
  • 小田操 少佐:1933年11月1日 -
  • 中村健夫 大尉:1934年8月10日 -
  • 山代勝守 少佐:1934年11月1日 -
  • 山本皓 少佐:1935年11月1日 - ※1937年3月20日より予備艦
  • 赤沢次寿雄 少佐:1937年12月15日 -
  • 青木久治 少佐:1938年3月5日 -
  • 有本輝美智 少佐:1938年12月15日 -
  • 東日出夫 少佐:1939年11月15日 -
  • 森卓次 少佐:1941年4月10日 -
  • 佐部鶴吉 大尉:1942年10月25日 -
  • 山崎仁太郎 少佐:1943年8月10日 - 1944年11月3日戦死

脚注[編集]

  1. ^ Series MP742/1, item number 336/1/1444, "Akikaze Massacre", National Archives of Australia, <http://naa12.naa.gov.au/scripts/Imagine.asp>
  2. ^ 『官報』第3982号、大正14年12月2日。
  3. ^ 『官報』第627号、昭和4年2月2日。

参考文献[編集]

  • 『丸スペシャル』第51号 日本の駆逐艦Ⅱ、潮書房、1981年。
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9
  • 海軍歴史保存会編『日本海軍史』第7巻、発売:第一法規出版、1995年。