卯月 (睦月型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Uzuki.jpg
艦歴
建造所 東京石川島造船所
起工 1924年1月11日
進水 1925年10月15日
竣工 1926年9月14日(第二十五号駆逐艦)
喪失 1944年12月12日
除籍 1945年1月10日
要目(計画)
排水量 基準:1,315トン、常備:1,445トン
全長 102.72m
全幅 9.16m
吃水 2.92m
機関 ロ号艦本式缶4基
艦本式タービン2基
2軸、38,500馬力
速力 37.25ノット
航続距離 14ノットで4,500海里
燃料 重油450トン
乗員 154名
兵装 45口径三年式12cm単装砲4門
留式7.7mm機銃2挺
61cm3連装魚雷発射管2基6門
(八年式魚雷12本)
爆雷投射器
爆雷12個

卯月(うづき)は日本海軍駆逐艦睦月型駆逐艦の4番艦である。艦名は旧暦4月のこと。艦名は初代神風型駆逐艦の「卯月」に続いて2代目。姉妹艦「睦月」の沈没に伴い、睦月型駆逐艦は卯月型駆逐艦と改定された[1]

艦歴[編集]

1923年(大正12年)度計画艦。東京石川島造船所で建造され1926年(大正15年)9月14日に竣工、佐世保鎮守府に所属した。当初は「第二十五号駆逐艦」という艦名であり、一等駆逐艦に類別され、1928年(昭和3年)8月1日に「卯月」と改名された。

1937年(昭和12年)からの支那事変により中支、南支方面に進出する。また仏印進駐作戦に参加した。1940年(昭和15年)11月15日、「卯月」は第30駆逐隊から第23駆逐隊に転出、かわりに「望月」が第23駆逐隊から第30駆逐隊に編入された。

太平洋戦争開戦時は第1航空艦隊・第2航空戦隊・第23駆逐隊(菊月、夕月、卯月)に所属していた[2]。緒戦はグアム島攻略作戦の船団護衛に従事する。その後、ラバウル方面、ラエサラモアブーゲンビル島モレスビーの各攻略作戦に参加した。5月4日のツラギ島攻略作戦中に23駆僚艦/姉妹艦「菊月」が撃沈された事にともない、「卯月」はMO攻略部隊から除かれ、ナウルオーシャン攻略部隊に編入された[3]。その攻略作戦も旗艦/敷設艦「沖島」が撃沈されたり、米空母出現の報告もあって、5月15日に中止された。

1942年(昭和17年)5月25日、第23駆逐隊の解隊にともない「卯月」は第30駆逐隊に編入され、同隊は定数4隻(睦月、弥生、望月、卯月)を回復する[4]。一旦佐世保港へ帰港して整備したあと、再びソロモン諸島に進出した。6月下旬、「卯月」、第29駆逐隊(追風、夕月)、第21駆潜隊、第23駆潜隊は、軽巡洋艦「夕張」の指揮下、ガダルカナル島へ進出する輸送船団護衛部隊に加わった[5]。7月上旬、ガダルカナル島攻略作戦に参加した。ラバウルに帰投後、第18戦隊(天龍、龍田)の指揮下で東部ニューギニア攻略作戦に参加する[6]。7月22日、ニューギニア島ブナで米軍大型爆撃機のべ100機の反復攻撃を受け輸送船「綾戸山丸」が被弾して擱座、救援のため接近した「卯月」も至近弾をうけ死傷者16名を出し、ラバウルへ避退した[7]。8月6日、軽巡洋艦「龍田」、「卯月」「夕月」、駆潜艇2隻は輸送船3隻(南海丸、幾内丸、乾陽丸)を護衛してラバウルを出撃、ブナへ向かった[8]。8月7日、米軍はガダルカナル島に上陸、ガダルカナル島の戦いが始まる。「龍田」「卯月」「夕月」は輸送船団の護衛任務を続け、ラバウル停泊中だった軽巡「天龍」「夕張」、駆逐艦「夕凪」のみ第八艦隊旗艦「鳥海」や第六戦隊と合流してガダルカナル島へ突入した(第一次ソロモン海戦[9]。8月9日、ラバウルへ戻る。8月10日、「卯月」は米潜水艦に撃沈された重巡洋艦「加古」乗組員救助のために出動、8月11日早朝に舟艇3隻と共にシンブリ島へ到着し、同島に上陸していた加古生存者650名を救出した[10]。8月22日、「卯月」はラバウルで糧食や弾薬を搭載し、ガダルカナル島の日本軍守備隊へ輸送するよう下令される[11]。25日、ガダルカナル島に到着するが爆撃により損傷、佐世保海軍工廠で12月まで修理を行った。なお姉妹艦「睦月」が第二次ソロモン海戦で、「弥生」がラビ攻略作戦従事中に撃沈された事にともない「卯月」がネームシップとなり、睦月型は『卯月型駆逐艦』と変更された[1]

12月1日、「睦月」「弥生」を喪失した第30駆逐隊は解隊された[12]。修理完成後の12月12日に横須賀港を出港、空母「冲鷹」を護衛してトラックへ進出する。その後コロンバンガラ輸送作戦に参加したが、米潜水艦から雷撃されて損傷した「南海丸」を護衛中、同船と衝突して航行不能となる[13]。「卯月」は第27駆逐隊「有明」に曳航されていたが「有明」は空襲により中破、そこで第17駆逐隊「谷風」が「卯月」を曳航し、「長波」に護衛されてラバウルへ帰投した[14]。「南海丸」は「浦風」に護衛されてラバウルへ戻った。 翌1943年(昭和18年)1月5日に同地で爆撃を受けさらに損傷、トラックまで後退しそこで6月まで修理、7月より佐世保で本格修理を実施した。なお3月31日、第30駆逐隊は睦月型3隻(卯月、望月三日月)という戦力で再編成された[15]。だが「三日月」は7月29日に、「望月」は10月24日に撃沈され、第30駆逐隊は一時的に「卯月」のみとなった。「卯月」は同年10月に佐世保を出港しラバウルへ進出、同方面で輸送作戦に従事した。10月31日、単艦でブカ方面へ輸送任務従事中、米軍艦隊(巡洋艦4、駆逐艦8)と遭遇、被弾したが逃げ切る事に成功した[16]。11月2日のブーゲンビル島沖海戦では輸送隊として参加するが、米軍と直接交戦する事はなかった。

11月24日、「卯月」は駆逐艦「大波」、「巻波」、「天霧」「夕霧」と共にブカ島への輸送作戦に従事した。だがアーレイ・バーク大佐率いる米軍第23駆逐部隊(駆逐艦5隻)に迎撃され、「大波」「巻波」「夕霧」を撃沈される。「卯月」も被弾したが重大な損傷を受けることはなく、無事に帰投する事ができた。翌1944年(昭和19年)1月には一旦佐世保へ帰港、3月以降はサイパンへの船団護衛に従事した。

3月上旬、第11水雷戦隊司令官高間完少将座乗の軽巡洋艦「龍田」以下、駆逐艦「野分」「朝風」「夕凪」「卯月」「平戸」は東松2号船団を護衛、サイパン・グアム方面への船団護衛任務に就くことになった。3月13日未明、旗艦「龍田」および輸送船「国陽丸」は米潜水艦「サンドラス」 (USS Sand Lance, SS-381) の雷撃により沈没する(国陽丸沈没3時29分、龍田沈没15時36分)。「卯月」と択捉型海防艦「平戸」は米潜水艦に対し爆雷攻撃を行い、この間に高間司令官は「龍田」から第4駆逐隊「野分」に移乗した[17]。その後も「卯月」は各方面への輸送船団を護衛した。6月18-20日のマリアナ沖海戦には補給部隊の護衛で参加する。6月20日、補給部隊は米軍機動部隊艦載機の攻撃を受け油槽船「清洋丸」「玄洋丸」が被弾炎上。「卯月」は「玄洋丸」を、第17駆逐隊「雪風」は「清洋丸」を、それぞれ自沈処分とした。その後は船団護衛で内地シンガポール間、内地マニラ間を往復した。10月30日、空母「隼鷹」、軽巡洋艦「木曾」、第30駆逐隊(夕月秋風、卯月)という編制で佐世保を出発、ブルネイ・マニラ方面へ向かう[18]。11月3日、「秋風」は米潜水艦の雷撃により撃沈された。隼鷹輸送隊は11月10日にマニラに到着すると「木曾」を分離。12日、レイテ沖海戦から生還した重巡洋艦「利根」・駆逐艦「時雨」を加えて日本へ向かった[19]。途中で米潜水艦に襲撃されるも、各艦とも被害はなかった。11月16日、内地帰投。

1944年(昭和19年)12月9日にマニラを出港しオルモック輸送作戦第9次作戦に参加するが12日にオルモック湾で魚雷艇PT490等と交戦し沈没した。13日、卯月型の最終艦「夕月」は損傷し駆逐艦「」によって処分される。「卯月」「夕月」の沈没をもって睦月型(卯月型)全12隻は全て喪われた。

1945年(昭和20年)1月10日、駆逐艦「卯月」は帝国駆逐艦籍より除籍された[20]。 全隻を喪失した卯月型は艦艇類別等級別表より削除される[21]。また全滅した第30駆逐隊も解隊された[22]

最終時兵装[編集]

1944年(昭和19年)8月31日の調査によると本艦の兵装は12cm単装砲2門、61cm3連装魚雷発射管1基、25mm3連装機銃2基、同連装2基、同単装6基、単装機銃座2基、八一式爆雷投射機2基、爆雷投下軌条2基、13号電探1基となっている。(『日本駆逐艦物語』p267,p280による)

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』252-253頁による。階級は就任時のもの。

艤装員長[編集]

  1. 郷田喜一郎 中佐[23]

艦長[編集]

  1. 郷田喜一郎 中佐:1926年9月14日 - 1927年12月1日
  2. 吉田庸光 中佐:1927年12月1日 -
  3. 五藤存知 少佐:1928年7月11日 - 7月23日[24]
  4. 山下深志 中佐:不詳 - 1928年12月10日[25]
  5. (兼)鈴木田幸造 中佐:1928年12月10日[25] - 1929年11月1日[26]
  6. 山本正夫 少佐:1929年11月1日[26] - 1930年12月1日[27]
  7. (兼)西岡茂泰 少佐:1930年12月1日[28] - 1931年12月1日[29]
  8. 杉浦嘉十 少佐:1931年12月1日 - 1933年11月15日
  9. 清水利夫 少佐:1933年11月15日 - 1934年10月22日[30]
  10. (兼)杉野修一 少佐:1934年10月22日[30] - 12月15日[31]
  11. 倉永恒記 少佐:1934年12月15日 - 1935年10月10日
  12. 井上良雄 少佐:1935年10月10日 - 1936年12月1日
  13. 岡部三四二 少佐:1936年12月1日 -
  14. 鈴木保厚 少佐:1937年12月1日 -
  15. 清水逸郎 少佐:1938年3月5日 -
  16. 石井励 少佐:1938年12月15日 -
  17. 氏家忠三 少佐:1939年11月15日 -
  18. 西村正夫 少佐:1940年11月15日 -
  19. 竹内仁司 少佐:1942年5月15日 -
  20. 渡辺芳郎 大尉:1943年5月25日 -

脚注[編集]

  1. ^ a b #内令昭和17年10月(1)pp.1-2『内令第千八百二十三号 艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス|昭和十七年十月一日 海軍大臣嶋田繁太郎|駆逐艦一等ノ部中「睦月型」ヲ「卯月型」ニ改メ同項中「睦月、」ヲ削リ、同吹雪型ノ項中「、朝霧」ヲ削ル』
  2. ^ #編制(昭和16年12月31日現在)p.2『第二十三驅逐隊|菊月、夕月、卯月』
  3. ^ #戦史叢書南東方面海軍作戦(1)251頁
  4. ^ #内令昭和17年5月(3)p.39『内令第九百三十一號 駆逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十七年五月二十五日 海軍大臣嶋田繁太郎|第二十三駆逐隊ノ項ヲ削ル|第二十九駆逐隊ノ項中「追風」ノ上ニ「夕月、」ヲ加フ|第三十駆逐隊ノ項中「望月」ノ下ニ「、卯月」ヲ加フ』
  5. ^ #戦史叢書南東方面海軍作戦(1)380-381頁
  6. ^ #戦史叢書南東方面海軍作戦(1)395頁
  7. ^ #戦史叢書南東方面海軍作戦(1)400頁
  8. ^ #戦史叢書南東方面海軍作戦(1)409頁
  9. ^ #戦史叢書南東方面海軍作戦(1)410頁、430頁
  10. ^ #昭和17年8月加古戦闘詳報p.12『翌11日早朝駆逐艦卯月及呉鎮守府第三特別陸戦隊舟艇三隻ノ救援ヲ受ケ「カビエン」ニ輸送「メウェパセージ」停泊中ノ六戦隊僚艦ニ収容セラレタリ』
  11. ^ #戦史叢書南東方面海軍作戦(1)554頁
  12. ^ #内令昭和17年12月(1)p.4『内令第二千二百十一號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十七年十二月一日 海軍大臣嶋田繁太郎|第三十驅逐隊ノ項ヲ削ル』
  13. ^ #昭和17年9月~第8艦隊日誌(3)p.70『12月南洋部隊被害|卯月|12-25|衝大破』
  14. ^ #昭和17年9月~第8艦隊日誌(3)p.62『卯月、南海丸|12-25 26|第二回第四次「ムンダ」輸送ノ為出発ノ所「セントヂョウヂ」海峡ニ於テ南海丸敵潜水艦ノ雷撃ヲ受ケ(一本)之ヲ護衛中ノ卯月ト衝突、卯月航行不能トナル。有明卯月ヲ曳航谷風護衛ノ下ニ帰投中敵機ノ爆撃ニ依リ有明中破、谷風代リテ曳航長波護衛ノ下ニRRヘ帰投ス、南海丸ハ浦風(1200以後鶴見W21護)ノ下ニRRニ帰投ス』
  15. ^ #内令昭和18年3月(3)p.47『内令第五百二十五號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十八年三月三十一日 海軍大臣嶋田繁太郎|第二十九驅逐隊ノ項ノ次ニ左ノ一項ヲ加フ||第三十驅逐隊|三日月、望月、卯月|』
  16. ^ #昭和18年7月~3水戦日誌(4)p.67『(ニ)卯月(10月31日敵大巡ノ砲撃ニヨル)左舷前部ニ小破孔3(何レモ長サ10糎幅5糎以下)』
  17. ^ #昭和18年12月~11水戦日誌(3)pp.10-11『13日/0314龍田国陽松雷撃ヲ受ク(八丈島ノ247度40浬)船団ハ緊急右45度一斉回頭ンテ回避(略)0630一時将旗ヲ野分ニ移揚ス船団ハ青ヶ島ノ南方ヲ経テ第二航路ヲ取ル野分一戦速ニテ船団ニ追及平戸卯月ハ制圧ヲ続行ス(以下略)』
  18. ^ #昭和19年6月~第30駆日誌(3)p.4『10月30日/夕月、卯月、隼鷹、木曽護衛「ブルネイ」ニイ向ケ佐世保発(作戦緊急輸送)秋風馬公ニ向ケ大島出港|31日/秋風、夕月卯月ニ合同ス』
  19. ^ #昭和19年6月~第30駆日誌(3)p.13『12日/1100時雨ト共ニ隼鷹筑摩護衛「マニラ」出港』
  20. ^ #秘公報昭和20年1月(2)pp.8-10『内令第二九號|横須賀鎮守府在籍:軍艦厳島/呉鎮守府在籍:軍艦八十島/舞鶴鎮守府在籍:軍艦神鷹/右帝国軍艦籍ヨリ除カル|横須賀鎮守府在籍:駆逐艦曙、駆逐艦満潮、駆逐艦朝雲、駆逐艦山雲、駆逐艦野分、駆逐艦早霜、駆逐艦秋霜、駆逐艦若月、駆逐艦霜月/呉鎮守府在籍:駆逐艦浦風、駆逐艦島風/佐世保鎮守府在籍:駆逐艦秋風、駆逐艦 卯月、駆逐艦夕月、駆逐艦初春/舞鶴鎮守府在籍:駆逐艦長波、駆逐艦濱波、駆逐艦沖波、駆逐艦岸波/右帝国駆逐艦籍ヨリ除カル(以下略)昭和二十年一月十日海軍大臣』
  21. ^ #秘公報昭和20年1月(2)p.2『内令第一六號 艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス 昭和二十年一月十日 海軍大臣|軍艦、巡洋艦二等ノ部中「八十島」ヲ、同航空母艦大鷹型ノ項中「神鷹、」、同敷設艦ノ部中「、厳島」ヲ削ル 駆逐艦、一等峯風型ノ項中「、萩風」ヲ、同「卯月型 卯月、夕月」ヲ、初雪型ノ項中「曙、」ヲ、同初春型ノ項中「初春、」ヲ、同満潮型ノ項中「満潮、朝雲、山雲、」ヲ、同不知火型ノ項中「、浦風」「、野分」ヲ、同夕雲型ノ項中「長波、濱波、沖波、岸波」「、早霜、秋霜」ヲ、同秋月型ノ項中「、若月、霜月」ヲ、同「 島風」ヲ削ル(以下略)』
  22. ^ #秘公報昭和20年1月(2)p.7『昭和二十年一月十日海軍大臣|第二駆逐隊ノ項中「早霜、秋霜」ヲ削ル|第四駆逐隊ノ項ヲ削ル|第七駆逐隊ノ項中「曙、」ヲ削ル|第十七駆逐隊ノ項中「浦風、」ヲ削ル|第二十一駆逐隊ノ項中「初春、」ヲ削ル|第三十駆逐隊及第三十一駆逐隊ノ各項ヲ削ル|第四十一駆逐隊ノ項中「霜月、」及「、若月」ヲ削ル』
  23. ^ 『日本海軍人事手帳(?)』による
  24. ^ 『日本海軍人事手帳(?)』による
  25. ^ a b 『官報』第587号、昭和3年12月11日。
  26. ^ a b 『官報』第854号、昭和4年11月2日。
  27. ^ 『官報』第1179号、昭和5年12月2日。
  28. ^ 『官報』第1179号、昭和5年12月2日。
  29. ^ 『官報』第1478号、昭和6年12月2日。
  30. ^ a b 『官報』第2344号、昭和9年10月23日。
  31. ^ 『官報』第2389号、昭和9年12月17日。

参考文献[編集]

  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • Ref.C13072000700 『巻1 追録/第2類 編制(昭和16年12月31日現在 10版 内令提要追録第10号原稿巻1)』。
    • Ref.C12070162900 『昭和17年4月~6月内令2巻/昭和17年5月(3)』。
    • Ref.C12070165700 『昭和17年10月~12月内令4巻止/昭和17年10月(1)』。
    • Ref.C12070166700 『昭和17年10月~12月内令4巻止/昭和17年12月(1)』。
    • Ref.C12070176000 『昭和18年1月~4月内令1巻/昭和18年3月(3)』。
    • Ref.C12070503600 『自昭和20年1月.至昭和20年8月秘海軍公報/1月(2)』。
    • Ref.C08030571500 『昭和17年8月7日~昭和17年8月10日 軍艦加古戦闘詳報』。
    • Ref.C08030022700 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(3)』。
    • Ref.C08030106100 『昭和18年7月1日~昭和18年12月2日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。
    • Ref.C08030126900 『昭和18年12月1日~昭和19年5月31日 第11水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。
    • Ref.C08030127000 『昭和18年12月1日~昭和19年5月31日 第11水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。
    • Ref.C08030127100 『昭和18年12月1日~昭和19年5月31日 第11水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。
    • Ref.C08030149800 『昭和19年6月1日~昭和19年12月13日 第30駆逐隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書 南東方面海軍作戦(1) ガ島奪還作戦開始まで』 朝雲新聞社、1971年9月。
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史 第7巻』(第一法規出版、1995年)
  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第10巻 駆逐艦I』(光人社、1990年) ISBN 4-7698-0460-1
  • 福井静夫『福井静夫著作集第5巻 日本駆逐艦物語』(光人社、1993年)ISBN 4-7698-0611-6
  • 日本造船学会『昭和造船史 第1巻』(原書房、1981年、第3刷)ISBN 4-562-00302-2
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。
  • 『日本海軍人事手帳(?)』