藤波 (駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
松崎艦長と藤波
艦歴
計画 1939年度(マル4計画
起工 1942年8月25日
進水 1943年4月20日
就役 1943年7月31日竣工
その後 1944年10月27日戦没
除籍 1944年12月10日
性能諸元
排水量 基準:2,077t
公試:2,520t
全長 119.3m
全幅 10.8m
吃水 3.76m
主缶 ロ号艦本式缶3基
主機 艦本式タービン2基2軸 52,000hp
最大速力 35.0kt
航続距離 18ktで5,000浬
燃料 重油:600トン
乗員 225名
武装(新造時) 50口径12.7cm連装砲 3基6門
25mm機銃 Ⅱ×2
61cm4連装魚雷発射管 2基8門
九三式魚雷16本)
爆雷×18乃至36

藤波(ふじなみ)は、日本海軍駆逐艦夕雲型の11番艦である。

艦歴[編集]

1939年度(マル4計画)仮称第127号艦として藤永田造船所で建造。1943年(昭和18年)4月20日に竣工して一等駆逐艦に類別され、舞鶴鎮守府籍となる。

竣工後、早波とともに訓練部隊の第十一水雷戦隊(木村進少将・海軍兵学校40期)に編入[1]瀬戸内海に回航され訓練を受けた後、8月20日付で涼波、早波を加えて第三十二駆逐隊が編成される[2]。翌8月21日、駆逐艦、涼波、早波とともに横須賀に回航され[2]戦艦山城を護衛して8月27日に瀬戸内海に帰投した[3]。9月30日付で第三十二駆逐隊は第二水雷戦隊高間完少将・海兵41期)に編入されるが[4]、引き続き第十一水雷戦隊の指揮を受けた[5]

10月15日、藤波以下第三十二駆逐隊は軽巡洋艦龍田、戦艦山城、伊勢とともに丁三号輸送部隊を構成して佐伯を出撃。トラック諸島に到着後、10月23日と27日にはポンペイ島への陸軍部隊輸送に2回従事した[6]。11月3日にトラックに帰投後、直ちにラバウルに進出。しかし、ラバウルでは連日空襲を受け、11月11日には涼波が沈没した。トラックへの退却の途中、アメリカ潜水艦スキャンプ (USS Scamp, SS-277) の雷撃で航行不能となった軽巡洋艦阿賀野の救援にあたった[7]。トラックに帰投後はクェゼリン環礁およびウォッジェ環礁への緊急輸送作戦に参加した[8]。輸送作戦終了後の12月4日には遊撃部隊とは分離してサイパン島への輸送に任じ[9]、サイパン島とトラック間での船団護衛を行った後、戊二号輸送部隊に加入して第五戦隊(橋本信太郎少将・海兵41期)、重巡洋艦利根とともにカビエンへの輸送作戦を行った[10]

1944年(昭和19年)1月10日、満潮とともに戦艦大和を護衛してトラックを出港し、1月15日にに帰投[11]。整備の後、横須賀行きの130乙船団を護衛[12]。2月4日からは第二海上護衛隊の指揮下に入り[12]、2月6日にはトラック行きの3206船団を護衛して館山を出港[12]。しかし、トラックを目前にした2月16日、3206船団はアメリカ潜水艦タング (USS Tang, SS-306) の攻撃を受けて暁天丸(拿捕船、6,854トン)が沈没した。対潜掃討を行った後船団を追ったが、トラック西方沖に到達した所でトラック島空襲で飛来してきた第58任務部隊マーク・ミッチャー中将)の艦載機の一群につかまり、辰羽丸(辰馬汽船、5,784トン)と瑞海丸(東亜海運、2,812トン)を失った。トラックに到着後、2月20日にパラオに下がる工作艦明石春雨とともに護衛してトラックを出港し、2月24日にパラオに到着した[12]。しかし、パラオにもアメリカ機動部隊の空襲の危機(パラオ大空襲)が迫ってきたため、3月29日に第二艦隊栗田健男中将・海兵38期)第四戦隊および戦艦武蔵とともにパラオを出港してダバオに向かった[13]。しかし、出港直後に武蔵がアメリカ潜水艦タニー (USS Tunny, SS-282) の雷撃で損傷。満潮、白露とともに武蔵の護衛にあたり、4月3日に呉に帰投した[14]。その後上海に移動し、マニラハルマヘラ島行きの竹一船団の護衛に就く[15]。護衛任務終了後、タウイタウイで第二艦隊に合流。6月19日のマリアナ沖海戦では丙部隊(第三航空戦隊、第二艦隊。栗田健男中将)に属した。海戦後、6月22日に中城湾に立ち寄った後[16]、翌23日に玉波とともに出港してマニラを経由し、昭南に回航された[17]。7月2日、昭南からマニラ経由で日本に向かう旭東丸飯野海運、10,051トン)の護衛に玉波とともにあたった[18]。ところが、7月7日にアメリカ潜水艦ミンゴ (USS Mingo, SS-261) の雷撃で玉波が沈没する。同日にマニラに到着後[19]、7月10日に夕凪とともに旭東丸、給油艦速吸を護衛してマニラを出港し[19]サンベルナルジノ海峡を経由して[20]7月17日に呉に帰投した[21]

8月10日、ヒ71船団を護衛して伊万里湾を出港。同船団はタンカー帝洋丸(日東汽船、9,849トン)、旭東丸、速吸、かつての交換船であった帝亜丸帝国船舶、元フランス船アラミス/日本郵船委託、17,537トン)など輸送船およびタンカー合わせて20隻の船舶を、空母大鷹以下8隻の艦艇で護衛していた[22]馬公で加入船の顔ぶれを少し改めた後、8月17日朝に出港[23]。しかし、バシー海峡からルソン島沿岸に至るまでの間に3隻のアメリカ潜水艦、ラッシャー (USS Rasher, SS-269) 、ブルーフィッシュ (USS Bluefish, SS-222) 、スペードフィッシュ (USS Spadefish, SS-411) の猛攻を受け、大鷹、速吸、帝亜丸、帝洋丸、陸軍特殊船玉津丸大阪商船、9,589トン)が沈没して大混乱に陥った。なんとかマニラに到着して船団を再構成し、8月25日に出港。しかし、マニラから新たに加わったタンカー旭邦丸(飯野海運、10,059トン)が故障を起こして船団から一時脱落し、再合流するまで旭邦丸の護衛にあたった[24]。船団は9月1日に昭南に到着[24]。その後、リンガ泊地で第二艦隊に合流した。

10月18日、捷一号作戦発動に伴って栗田中将の第二艦隊はリンガ泊地から出動し、ブルネイ湾英語版で補給の後、10月22日に出撃した。10月24日からのレイテ沖海戦では第一部隊に属して戦闘に参加。10月25日、航行不能となった重巡洋艦鳥海の乗組員を救助後、鳥海を雷撃処分して単艦でコロン島に帰投することとなった。その途中の10月27日、早霜がセミララ島の浅瀬に擱座して航行不能との報を受け救援に向かったが、第38任務部隊(マーク・ミッチャー中将)の艦載機の攻撃により、カラミアン諸島北方のシブヤン海で戦没。藤波、鳥海ともに1人の生存者もいなかった。早霜はその後放棄され、後に米軍の調査を受けるが、早霜の船体がその後どうなったかは定かではない。

歴代艦長[編集]

艤装員長[編集]

  1. 松崎辰治 中佐:1943年7月1日 -

艦長[編集]

  1. 松崎辰治 中佐:1943年7月31日 - 1944年10月27日戦死

脚注[編集]

  1. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030126100, pp.39
  2. ^ a b 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030126200, pp.23
  3. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030126200, pp.27
  4. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030126300, pp.23
  5. ^ 『第二水雷戦隊戦時日誌』C08030101200, pp.10
  6. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030126400, pp.6
  7. ^ 『第二水雷戦隊戦時日誌』C08030101400, pp.11,12
  8. ^ 『第二水雷戦隊戦時日誌』C08030101400, pp.12
  9. ^ 『第二水雷戦隊戦時日誌』C08030101800, pp.14
  10. ^ 『第二水雷戦隊戦時日誌』C08030101800, pp.14,15 、C08030102000, pp.12
  11. ^ 『第二水雷戦隊戦時日誌』C08030102000, pp.12
  12. ^ a b c d 『第二水雷戦隊戦時日誌』C08030102100, pp.10
  13. ^ 木俣『日本戦艦戦史』339、341ページ
  14. ^ 木俣『日本戦艦戦史』341ページ
  15. ^ 駒宮, 163ページ
  16. ^ 木俣『日本戦艦戦史』401ページ
  17. ^ 『(旭東丸)戦時日誌』C08030644600, pp.15,16
  18. ^ 『(旭東丸)戦時日誌』C08030644600, pp.16
  19. ^ a b 『(旭東丸)戦時日誌』C08030644700, pp.10
  20. ^ 『(旭東丸)戦時日誌』C08030644700, pp.20
  21. ^ 『(旭東丸)戦時日誌』C08030644700, pp.12
  22. ^ 駒宮, 225ページ
  23. ^ 駒宮, 226ページ
  24. ^ a b 駒宮, 228ページ

参考文献[編集]

  • 第十一水雷戦隊司令部『自昭和十八年七月一日昭和十八年七月三十一日 第十一水雷戦隊戦時日誌』(昭和18年4月1日~昭和18年11月30日 第11水雷戦隊戦時日誌(2)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030126100
  • 第十一水雷戦隊司令部『自昭和十八年八月一日昭和十八年八月三十一日 第十一水雷戦隊戦時日誌』(昭和18年4月1日~昭和18年11月30日 第11水雷戦隊戦時日誌(3)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030126200
  • 第十一水雷戦隊司令部『自昭和十八年九月一日昭和十八年九月三十日 第十一水雷戦隊戦時日誌』(昭和18年4月1日~昭和18年11月30日 第11水雷戦隊戦時日誌(4)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030126300
  • 第十一水雷戦隊司令部『自昭和十八年十月一日昭和十八年十月三十一日 第十一水雷戦隊戦時日誌』(昭和18年4月1日~昭和18年11月30日 第11水雷戦隊戦時日誌(5)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030126400
  • 第二水雷戦隊司令部『自昭和十八年九月一日至昭和十八年九月三十日 第二水雷戦隊戦時日誌』(昭和18年6月14日~昭和18年11月11日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030101200
  • 第二水雷戦隊司令部『自昭和十八年十一月一日至昭和十八年十一月三十日 第二水雷戦隊戦時日誌』(昭和18年6月14日~昭和18年11月11日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030101400
  • 第二水雷戦隊司令部『自昭和十八年十二月一日至昭和十八年十二月三十一日 第二水雷戦隊戦時日誌』(昭和18年12月1日~昭和19年2月29日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030101800
  • 第二水雷戦隊司令部『自昭和十九年一月一日 至昭和十九年一月三十一日 第二水雷戦隊戦時日誌』(昭和18年12月1日~昭和19年2月29日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030102000
  • 第二水雷戦隊司令部『自昭和十九年二月一日 至昭和十九年二月二十九日 第二水雷戦隊戦時日誌』(昭和18年12月1日~昭和19年2月29日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030102100
  • 特設運送艦旭東丸『自昭和十九年七月一日至昭和十九年七月三十一日 戦時日誌』(昭和19年6月1日~昭和19年9月30日 特設運送艦旭東丸戦時日誌(1)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030644600
  • 特設運送艦旭東丸『自昭和十九年七月一日至昭和十九年七月三十一日 戦時日誌』(昭和19年6月1日~昭和19年9月30日 特設運送艦旭東丸戦時日誌(2)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030644700
  • Theodore Roscoe "United States Submarine Operetions in World War II" Naval Institute press、ISBN 0-87021-731-3
  • 財団法人海上労働協会編『復刻版 日本商船隊戦時遭難史』財団法人海上労働協会/成山堂書店、1962年/2007年、ISBN 978-4-425-30336-6
  • 木俣滋郎『日本戦艦戦史』図書出版社、1983年
  • 木俣滋郎『日本水雷戦史』図書出版社、1986年
  • 駒宮真七郎『戦時輸送船団史』出版協同社、1987年、ISBN 4-87970-047-9
  • 雑誌「丸」編集部『ハンディ版 日本海軍艦艇写真集17 駆逐艦 初春型・白露型・朝潮型・陽炎型・夕雲型・島風』光人社、1997年。
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9
  • 海軍歴史保存会編『日本海軍史』第7巻、発売:第一法規出版、1995年。
  • J. T. McDaniel(編)"U.S.S. Tang (SS-306) American Submarine War Patrol Reports" Riverdale Books Naval History Series、2005年、ISBN 1-932606-05-X

関連項目[編集]