第一航空戦隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大日本帝国海軍
大日本帝国海軍旗
官衙
海軍省
軍令部
艦政本部
航空本部
外局等一覧
地方組織
鎮守府
警備府
要港部
艦隊
連合艦隊
北東方面艦隊
中部太平洋方面艦隊
南東方面艦隊
南西方面艦隊
第十方面艦隊
支那方面艦隊
海上護衛総司令部
海軍総隊
他作戦部隊
海軍航空隊
海軍陸戦隊
主要機関
学校一覧
歴史・伝統
日本海軍の歴史
日本海軍の軍服
その他
階級一覧
艦艇一覧
兵装一覧
 表示ノート編集履歴 

第一航空戦隊(だいいちこうくうせんたい)とは、日本海軍機動部隊の一翼を担った部隊である。略称は一航戦

概要[編集]

1928年(昭和3年)4月に試験的に「赤城」「鳳翔」と第6駆逐隊の「」「」で編成され、1929年(昭和4年)4月より第一艦隊に常備となった。当時の「赤城」「加賀」は艦載機搭載数が少なく、「鳳翔」を含めた3隻のうち2隻が交代で編成したが、1931年度には水上機母艦能登呂」も加わっている。「赤城」「加賀」の大改装が終わり、「龍驤」が竣工すると、「赤城」単艦・「加賀」単艦・「鳳翔」+「龍驤」の3チームで2個航空戦隊+予備艦のローテーションが組めるようになった。

編成当初より、旧式の駆逐艦を組み込んだ。発着艦に失敗した艦上機パイロットの救出作業に当たり、「トンボ釣り」と呼ばれた。しかし太平洋での作戦行動は遠距離となり、旧式の駆逐艦では随伴が不可能と判断され、真珠湾攻撃を前に戦隊から除外された。以後は航続力のある新型駆逐艦で別系統の水雷戦隊を組んで機動部隊全体の護衛・トンボ釣りを担当することになった。第三艦隊の第10戦隊が好例である。

第二次上海事変を皮切りに日中戦争にも参加した。太平洋戦争開戦時の第一航空戦隊は、「赤城」「加賀」と第7駆逐隊の駆逐艦3隻で編成されていた。

太平洋戦争開戦時の指揮官は第一航空艦隊の司令長官南雲忠一海軍中将が直率。真珠湾攻撃・ラバウル攻略・ポートダーウィン空襲・セイロン沖海戦ミッドウェー海戦などに参加。なおセイロン沖海戦には「加賀」は参加していない。

1942年(昭和17年)6月のミッドウェー海戦で「赤城」「加賀」が沈没したため解隊されたが、7月に「翔鶴」「瑞鶴」「瑞鳳」を中心とした部隊として再建された。

1943年(昭和18年)4月のい号作戦ならびに11月のろ号作戦に艦載機のみが参加したが、目立った戦果もなく大損害を受けて事実上壊滅。戦力再建ははかどらず、以後は錬度の回復どころか定員さえ満たせない状態であった。

1944年(昭和19年)3月に「大鳳」が完成し第一航空戦隊に入ったため、「瑞鳳」が第三航空戦隊に編入された。

その後1944年6月のマリアナ沖海戦で「翔鶴」「大鳳」が潜水艦の攻撃で沈没したため解隊。「瑞鶴」は第三航空戦隊に編入され、囮部隊(小沢部隊)の旗艦としてレイテ沖海戦に参加した。

1944年8月に完成した「雲龍」「天城」をもって再度第一航空戦隊は編成されたが、搭載予定の601空はマリアナ沖海戦後の再編途上、また母艦自体も練成中であることから作戦投入可能になるのは44年末と想定されていた。

だが10月に起こった台湾沖航空戦で601空は機材・搭乗員を抽出し消耗、母艦も訓練未了であったためレイテ沖海戦に第一航空戦隊は参加せず内地待機となった。

11月に入りレイテ沖海戦後解隊された第二航空戦隊の残存艦「隼鷹」と「龍鳳」、また新たに完成した「葛城」「信濃」が第一航空戦隊に編入された。 しかし「信濃」は完成直後に潜水艦の攻撃で沈没、「隼鷹」「龍鳳」「雲龍」は南方への輸送任務に投入されたが「隼鷹」が潜水艦の攻撃で大破、「雲龍」も沈没し輸送任務からは外された「天城」「葛城」の2隻が再編中の601空と共に瀬戸内海で訓練を続けていた。

1945年(昭和20年)1月に入っても第一航空戦隊の訓練は続いていたが、2月に入り「大和」が第一航空戦隊に編入された一方、艦艇用燃料の払底に伴い「龍鳳」「天城」「葛城」は任務を解かれ呉軍港周辺に繋留、搭載していた601空も基地航空隊に改編されたことで空母部隊としての活動を終了、第一航空戦隊は「大和」沈没後の4月20日に解隊された。

編制[編集]

  • 1928年(昭和3年)12月10日 解隊


  • 1929年(昭和4年)4月1日 再編(第一艦隊所属)
  • 1937年(昭和12年)12月1日 第一艦隊復帰時の編制(第一艦隊所属)
  • 1940年(昭和15年)11月15日 第二艦隊編入時の編制(第二艦隊所属)
  • 1941年(昭和16年)4月10日 第一航空艦隊新編時の編制(第一航空艦隊所属)
    • 赤城、加賀
    • 第7駆逐隊:
  • 1944年(昭和19年)4月1日 戦時編制制度改定後の編制(第三艦隊所属)
  • 1945年(昭和20年)4月20日 解隊

歴代司令官[編集]

関連項目[編集]