如月 (睦月型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Kisaragi II.jpg
艦歴
建造所 舞鶴工作部
起工 1924年6月3日
進水 1925年6月5日
竣工 1925年12月21日(第二十一号駆逐艦)
喪失 1941年12月11日
除籍 1942年1月10日
要目(計画)
排水量 基準:1,315トン、常備:1,445トン
全長 102.72m
全幅 9.16m
吃水 2.92m
機関 ロ号艦本式缶4基
艦本式タービン2基
2軸、38,500馬力
速力 37.25ノット
航続距離 14ノットで4,500海里
燃料 重油450トン
乗員 154名
兵装 45口径三年式12cm単装砲4門
留式7.7mm機銃2挺
61cm3連装魚雷発射管2基6門
(八年式魚雷12本)
爆雷投射器
爆雷12個

如月(きさらぎ)は日本海軍駆逐艦睦月型駆逐艦の2番艦である。艦名は旧暦2月のこと。艦名は初代神風型駆逐艦の「如月」に続いて2代目。

艦歴[編集]

1923年(大正12年)度計画艦。舞鶴工作部で建造され、1925年(大正14年)12月21日に竣工、佐世保鎮守府に所属した。当初は「第二十一号駆逐艦」という艦名であり、一等駆逐艦に類別され、1928年(昭和3年)8月1日に「如月」と改名された。

1937年(昭和12年)からの支那事変により中支、南支方面に進出する。

1941年(昭和16年)12月8日 太平洋戦争の開戦により、日本軍は中部太平洋方面ではウェーク島グアムの攻略を開始した。「如月」は第6水雷戦隊第30駆逐隊に所属し、第6水雷戦隊旗艦である軽巡洋艦「夕張」等と共にクェゼリン環礁を出撃しウェーク島攻略に向かった。

1941年(昭和16年)12月11日 艦隊はウェーク島への艦砲射撃を開始したが、アメリカ軍の反撃は激しく、4時3分には駆逐艦「疾風」が海岸にある砲台からの砲撃により撃沈された。5時37分、「如月」はウェーク島ピーコック岬の南でF4F ワイルドキャット戦闘機機銃掃射AN/M2 12.7mm機銃)を受け、さらにF4F 戦闘機から投下された100ポンド(約45キロ)爆弾1発が命中[1]魚雷(資料によっては爆雷)が誘爆し、 艦橋と二番煙突の半分、マストを吹き飛ばし、しばらくすると艦は二つ折れになって[1]、5時42分に爆沈した。 1942年(昭和17年)1月10日、除籍。

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』250頁による。

艤装員長[編集]

  1. 松田鹿三 中佐:1925年9月18日 -

艦長[編集]

  1. 松田鹿三 中佐:1925年12月21日 - 1926年12月1日
  2. 有馬直 中佐:1926年12月1日 -
  3. 加藤仁太郎 中佐:1927年12月1日 -
  4. (兼)金桝義夫 少佐:1928年12月10日 - 1929年4月23日[2]
  5. 松永貞市 少佐:1929年11月1日 -
  6. 井原美岐雄 少佐:1930年12月1日 - 1931年5月20日
  7. 阪匡身 少佐:1932年2月21日 -[2]
  8. 前川新一郎 少佐:1934年11月15日 -[2]
  9. 白浜政七 少佐:1935年10月31日 -
  10. 山下鎮雄 少佐:1936年12月1日 -
  11. 小倉正身 少佐:1937年12月1日 -
  12. 太田良直治 少佐:1938年12月15日 -
  13. 前川二三郎 少佐:1939年11月1日 -
  14. 山上亀三雄 少佐:1940年11月15日 -
  15. 小川陽一郎 少佐:1941年10月1日 - 12月11日戦死

脚注[編集]

  1. ^ a b 田村、104ページ
  2. ^ a b c 『日本海軍人事手帳(?)』による

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 海軍歴史保存会『日本海軍史 第7巻』(第一法規出版、1995年)
  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第10巻 駆逐艦I』(光人社、1990年) ISBN 4-7698-0460-1
  • 日本造船学会『昭和造船史 第1巻』(原書房、1981年、第3刷)ISBN 4-562-00302-2
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。
  • 『日本海軍人事手帳(?)』