疾風 (2代神風型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese destroyer Hayate Taisho 14.jpg
艦歴
発注 大正12年度艦艇補充計画
起工 1922年11月11日
進水 1925年3月23日
就役 1925年12月21日
その後 1941年12月11日戦没
除籍 1942年1月10日
性能諸元
排水量 基準:1,270t 公試:1,400t
全長 102.57メートル
全幅 9.16メートル
吃水 2.92メートル
機関 ロ号艦本式缶4基
艦本式タービン2基2軸
38,500 SHP
速力 37.25ノット
航続距離 14ノット/3,600カイリ
燃料 重油:420トン
乗員 154名
兵装 45口径12cm単装砲4門
一〇年式53cm連装魚雷発射管3基
(魚雷10本)
留式7.7mm機銃2挺
爆雷18個

疾風(はやて)は、日本海軍駆逐艦神風型(2代目)の7番艦である。この名を持つ日本海軍の艦船としては神風型駆逐艦 (初代)「疾風」に続いて2隻目。

艦歴[編集]

石川島造船所で建造され、1925年(大正14年)12月21日に竣工した。最初は「第十三号駆逐艦」という艦名であり、一等駆逐艦に類別された。その後、1928年(昭和3年)8月1日に「疾風」と改名された。

太平洋戦争開戦初頭のウェーク島攻略戦に参加。その戦いの最中の1941年(昭和16年)12月11日ウェーク島近海で作戦を実行中、ウェーク島海岸にある砲台による砲撃を受け沈没し、太平洋戦争における日本軍最初の戦没艦となった。艦尾から艦全体に黒煙が広がったかと思えば[1]、200メートルぐらいの水柱を上げ[2]、これらが姿を消した頃には疾風の姿はなかった。

1942年(昭和17年)1月10日、除籍。

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』245-246頁による。階級は就任時のもの。

艤装員長[編集]

  1. 神山忠 中佐:1925年8月25日[3] - 12月1日[4]
  2. 三木太市 中佐:1925年12月1日 - 1925年12月21日

駆逐艦長[編集]

  1. 三木太市 中佐:1925年12月21日 -
  2. 中円尾義三 少佐:1926年12月1日 - 1928年12月10日
  3. (兼)園二郎 少佐:1928年12月10日[5] - 1929年11月1日[6]
  4. 津田源助 少佐:1929年11月1日 - 1930年12月1日
  5. 江口松郎 少佐:1930年12月1日 - 1932年1月11日
  6. 中津成基 少佐:1932年1月11日 - 1932年4月1日
  7. (兼)上田光治 少佐:1932年4月1日[7] - 7月11日[8]
  8. (兼)小田操 少佐:1932年8月5日[9] - 11月15日[10]
  9. (兼)佐藤寅治郎 少佐:1932年11月15日 -
  10. 天野重隆 少佐:1933年5月17日 - 1934年11月1日
  11. 中原義一郎 少佐:1934年11月1日 - 1936年6月20日
  12. 田口正一 少佐:1936年6月20日 - 1937年1月15日[11]
  13. (兼)北野亘 少佐:1937年1月15日[11] -
  14. 山田盛重 少佐:1937年7月13日 -
  15. 飛田健二郎 少佐:1937年11月15日 -
  16. 中杉清治 少佐:1938年12月15日 -
  17. 松枝司蔵 少佐:1939年12月1日 -
  18. 中川実 少佐:1940年10月15日 -
  19. 高塚実 少佐:1941年7月25日 -

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 佐藤、208ページ
  2. ^ 田村、104ページ
  3. ^ 『官報』第3903号、大正14年8月26日。
  4. ^ 『官報』第3982号、大正14年12月2日。
  5. ^ 『官報』第587号、昭和3年12月11日。
  6. ^ 『官報』第854号、昭和4年11月2日。
  7. ^ 『官報』第1575号、昭和7年4月2日。
  8. ^ 『官報』第1659号、昭和7年7月12日。
  9. ^ 『官報』第1682号、昭和7年8月8日。
  10. ^ 『官報』第1765号、昭和7年11月16日。
  11. ^ a b 『官報』第3009号、昭和12年1月16日。

参考文献[編集]

  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9