追風 (2代神風型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
追風
艦歴
発注 大正12年度艦艇補充計画
起工 1923年3月16日
進水 1924年11月27日
就役 1925年10月30日
その後 1944年2月18日戦没
除籍 1944年3月31日
性能諸元
排水量 基準:1,270t 公試:1,400t
全長 102.57メートル
全幅 9.16メートル
吃水 2.92メートル
機関 ロ号艦本式缶4基
艦本式タービン2基2軸
38,500 SHP
速力 37.25ノット
航続距離 14ノット/3,600カイリ
燃料 重油:420トン
乗員 154名
兵装 45口径12cm単装砲4門
一〇年式53cm連装魚雷発射管3基
(魚雷10本)
留式7.7mm機銃2挺
爆雷18個

追風(おいて/おひて)は、日本海軍駆逐艦神風型(2代目)の6番艦である。この名を持つ日本海軍の艦船としては神風型駆逐艦 (初代)「追風」に続いて2隻目。

艦歴[編集]

1925年(大正14年)10月30日に、浦賀船渠で竣工。当初の艦名は第十一号駆逐艦で、1928年(昭和3年)8月1日に「追風」と改称した。

緒戦のウェーク攻略作戦に参加。ラバウル攻略作戦、スルミ攻略作戦、サラモア攻略作戦などに参加。その後は主に船団護衛に従事する。1944年(昭和19年)2月17日トラック北方で沈没した軽巡「阿賀野」の乗員を救助したが、自身も翌2月18日トラック島空襲の際、トラック環礁北水道で米海軍機の魚雷を受け船体を二つに折られて戦没。1944年3月31日除籍。

時が流れた1985年(昭和60年)2月28日に、トラック北水道南東約10km、バラ島北西約4kmの水深73mの海底に正立状態で横たわる船体が確認された。船体は船体中央で分断され、艦首側が艦尾側の近くで約140°艦尾側を向いた状態で沈んでいる

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』244-245頁による。

艤装員長[編集]

  1. 彭城昌国 中佐:1925年4月1日 -

艦長[編集]

  1. 彭城昌国 中佐:1925年10月30日 -
  2. 志賀忠一 少佐:1926年10月15日 -
  3. (兼)木村昌福 少佐:1929年5月10日 - 9月5日
  4. (兼)井原美岐雄 少佐:不詳 - 1929年11月30日[1]
  5. 江戸兵太郎 少佐:1929年11月30日 -
  6. 福田勇 少佐:1931年11月2日 -
  7. (兼)中津成基 少佐:1932年3月10日 - 4月1日
  8. 小田操 少佐:1932年8月5日[2] -
  9. 佐藤寅治郎 少佐:1932年11月15日 -
  10. 中村謙治 少佐:1934年11月15日 -
  11. 大原利通 少佐:1935年11月21日 -
  12. 北野旦 少佐:1936年12月1日 -
  13. 山本祐二 少佐:1938年6月1日 -
  14. 鈴木保厚 少佐:1938年11月10日 -
  15. 萩尾力 少佐:1939年11月15日 -
  16. 柳瀬善雄 少佐:1941年4月15日 -
  17. 富田敏彦 少佐:1942年10月30日 -
  18. 魚野泰弘 大尉:1943年10月20日 -

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第878号、昭和4年12月2日。
  2. ^ 『官報』第1682号、昭和7年8月8日。

参考文献[編集]

  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝』(光人社、1993年) ISBN 4-7698-0386-9
  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第10巻 駆逐艦Ⅰ』(光人社、1990年) ISBN 4-7698-0460-1
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』(光人社、2005年) ISBN 4-7698-1246-9