江風 (白露型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
江風
艦歴
発注 マル2計画
起工 1935年4月25日
進水 1936年11月1日
就役 1937年4月30日
その後 1943年8月6日戦没
除籍 1943年10月15日
要目(計画時)
排水量 基準:1,685トン
全長 111m
全幅 9.9m
吃水 3.5m
主缶 ロ号艦本式缶3基
主機 艦本式オール・ギアードタービン2基2軸 42,000hp
速力 34ノット
航続距離 18ktで4,000浬
乗員 226名
兵装 50口径12.7cm連装砲 2基4門
50口径12.7cm単装砲 1基1門
13mm連装機銃 2基[1]
61cm4連装魚雷発射管 2基8門
(魚雷16本)
爆雷投射機2基
爆雷×16

江風(かわかぜ/かはかぜ)は、日本海軍駆逐艦白露型の9番艦(改白露型3番艦)である。この名を持つ日本海軍の艦船としては浦風型駆逐艦江風」、江風型駆逐艦「江風」に続いて3隻目。

艦歴[編集]

藤永田造船所で1935年4月25日に起工し、1937年4月30日に竣工した。

1937年8月から「海風」「山風」「涼風」と共に第24駆逐隊を編成し、1940年11月、第2艦隊・第4水雷戦隊(司令官西村祥治少将:旗艦/那珂)に編入され太平洋戦争を迎えた。南方部隊に属しレガスピー上陸作戦、ラモン湾上陸作戦に従事。1942年(昭和17年)1月から蘭印部隊に属しタラカン攻略作戦、バリックパパン攻略作戦、マカッサル攻略作戦、スラバヤ沖海戦パナイ島攻略作戦に参加した。4月10日、第24駆逐隊は第1水雷戦隊(司令官大森仙太郎少将:旗艦/阿武隈)に編入される[2]。6月のミッドウェー海戦では主力部隊の護衛に従事した。6月23日、姉妹艦「山風」が勝浦市沖で米潜水艦「ノーチラス」に撃沈され、第24駆逐隊は3隻編制となる。7月14日、24駆は第二水雷戦隊(司令官田中頼三少将:旗艦/神通)に編入される[3]

8月11日、横須賀を出港し空母「千歳」をトラックまで護衛した。ガダルカナル島近海に進出、「江風」は第15駆逐隊「陽炎」と警戒任務を交代し、ルンガ泊地へ突入。8月22日、米駆逐艦3隻(ブルー、ヘルム、ヘンリー)と交戦、「ブルー」を雷撃で撃沈した。24日深夜、駆逐艦5隻(睦月弥生磯風陽炎、江風)の戦力でガダルカナル島米軍ヘンダーソン飛行場を10分間砲撃。任務後、北上して一木師団第二梯団輸送船団(ぼすとん丸、大福丸、金龍丸)と合流する。25日午前6時、護衛の軽巡洋艦「神通」、24駆(海風涼風)、哨戒艇4隻(1号(旧島風)2号(旧灘風)、34号、35号)と合流し陣形変更中、急降下爆撃機SBDドーントレスB-17型爆撃機の空襲を受け駆逐艦「睦月」、輸送船「金龍丸」が沈没、「神通」が炎上して戦闘不能となる。「神通」「涼風」がトラックへ退避、生存者を救助した「弥生」「哨戒艇1号」「哨戒艇2号」がラバウルへ退避した。田中少将は旗艦を「陽炎」に変更した。26日夕刻、「陽炎」「海風」は先行してショートランド泊地へ向かい、「江風」と輸送船団は「磯風」指揮下でショートランド泊地に到着した。

以後、駆逐艦による高速輸送作戦『鼠輸送』に従事。10月26日南太平洋海戦、11月30日ルンガ沖夜戦に参加した。

1943年(昭和18年)1月、コロンバンガラ島輸送作戦に3回、ガダルカナル島撤収作戦(ケ号作戦)に2回出動した。第三次ケ号作戦では、空襲を受け中破した「磯風」を「江風」が曳航して戦場から生還させている。2月9日、ラバウルへ回航中、ショートランド付近で「東運丸」と衝突し浸水が生じたため、第15駆逐隊「黒潮」に曳航されラバウルで応急修理を受け、さらに佐世保で修理を行った。その後、給糧艦伊良湖」、「愛国丸」をトラックまで護衛、6月5日からナウル輸送。17日、「神通」と「江風」は第二航空戦隊(空母隼鷹飛鷹)要員のルオット輸送に従事した。6月末、重巡「鳥海」を護衛中、軸受故障によりトラックに引き返した。7月13日、二水戦「神通」はコロンバンガラ島沖海戦で沈没、司令官伊崎俊二少将と共に第二水雷戦隊司令部も全滅した。そこで第四水雷戦隊が解隊され、同隊戦力(司令官高間完少将:旗艦/長良、第27駆逐隊《時雨白露有明夕暮》、五月雨等)がそのまま第二水雷戦隊に転用された。

8月よりツルブ輸送に従事した。8月6日、第三水雷戦隊旗艦「川内」、駆逐艦4隻(指揮官杉浦嘉十大佐/第4駆逐隊司令官:萩風、江風、時雨)はラバウルを出撃。「川内」がブイン輸送に向かい、輸送隊3隻(萩風、嵐、江風)・警戒隊「時雨」がコロンバンガラ島へ向かう。

21時30分、米軍第31.2任務群の駆逐艦6隻(ダンラップクレイヴンモーリーラングスタレットスタック)はレーダーで「江風」以下4隻を探知。先制魚雷攻撃を敢行した。「江風」は「スタレット」(USS Sterett, DD-407)、「スタック」(USS Stack, DD-406)からの雷撃を受け沈没、柳瀬艦長以下169名が戦死した。「萩風」、「嵐」も一方的に撃沈される。「時雨」はかろうじて雷撃を回避、魚雷8本を発射して反撃したが戦果をあげるに至らず、戦場を離脱していった。輸送作戦は完全に失敗し、輸送隊3隻が分乗していた増援部隊940名のうち820名が戦死したとされる。

10月15日、「江風」は白露型駆逐艦[4] 第24駆逐隊[5]、 帝国駆逐艦籍[6]、 それぞれから除籍された。

公試成績[編集]

時期 排水量 出力 速力 実施日 実施場所 備考
新造時 42,960shp 34.75kt 全力
同上 47,001shp 35.88kt 過負荷全力

歴代艦長[編集]

艤装員長[編集]

  1. 山田雄二 中佐:1936年12月1日 -

艦長[編集]

  1. 山田雄二 中佐:1937年4月30日 -
  2. 楢原省吾 少佐:1938年7月30日 -
  3. 吉田正義 少佐:1938年12月15日 -
  4. 横井稔 少佐:1939年5月20日 -
  5. 吉川潔 少佐:1939年11月15日 -
  6. 若林一雄 少佐:1940年11月15日 -
  7. 柳瀬善雄 少佐:1942年11月28日 - 1943年8月6日戦死

脚注[編集]

  1. ^ 『写真 日本の軍艦 第11巻 駆逐艦II』による。福田啓二編『軍艦基本計画資料』、国本康文「「利根」型の搭載機銃」によると25mm連装機銃2基を搭載した。
  2. ^ #昭和17年3月~1水戦日誌(4)pp.4-5『(2)第二段作戦第一期兵力部署(四月十日以後) 警戒部隊第一水雷戦隊/第一水雷戦隊司令官/阿武隈、第六駆逐隊、第二十一駆逐隊、第二十四駆逐隊』-『4月10日 第二段作戦第一期兵力部署発令セラレ當隊(第27駆逐隊、第24駆逐隊欠)警戒部隊ニ、第24駆逐隊ハ南方部隊ニ編入セラル(但内地帰投迄C作戦編制ノママ)浦風合同』
  3. ^ #昭和17年5月~2水戦日誌(2)pp.53-54『(五)24dg(山風缺)7月14日附當隊ニ編入セラレ7月18日湊町沖着當隊ニ合同 自7月18日至7月31日 湊町沖又ハ木更津沖ニ在リテ対潜掃蕩作戦竝ニ主要艦船護衛任務ニ従事』-『(ロ)七月中ノ2sd艦隊区分』
  4. ^ #内令昭和18年10月(3)p.46『内令第二千百四十四號 艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス 昭和十八年十月十五日海軍大臣嶋田繁太郎|駆逐艦、一等卯月型ノ項中「、三日月」ヲ、同初雪型ノ項中「初雪、」ヲ、同初春型ノ項中「、有明、夕暮」ヲ、同白露型ノ項中「、江風」ヲ、同不知火型ノ項中「、嵐、萩風」ヲ、同夕雲型ノ項中「、清波」ヲ削ル|潜水艦、一等伊百六十八型ノ項中「伊號第百六十八、」ヲ削ル』
  5. ^ #内令昭和18年10月(4)p.8『内令第二千百五十九號 駆逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十八年十月十五日海軍大臣嶋田繁太郎|第四駆逐隊ノ項中「嵐、萩風、」ヲ、第十一駆逐隊ノ項中「初雪、」ヲ、第二十四駆逐隊ノ項中「江風、」ヲ、第二十七駆逐隊ノ項中「有明、夕暮」ヲ、第三十駆逐隊ノ項中「三日月、」ヲ、第三十一駆逐隊ノ項中「、清波」ヲ削ル』
  6. ^ #内令昭和18年10月(4)pp.9-10『内令第二千百六十一號 横須賀鎮守府在籍:駆逐艦 嵐、駆逐艦 萩風|呉鎮守府隻:駆逐艦 初雪|佐世保鎮守府在籍:駆逐艦 三日月、駆逐艦 有明、駆逐艦 夕暮、駆逐艦 江風|舞鶴鎮守府籍:駆逐艦 清波|右帝国駆逐艦籍ヨリ除カル|呉鎮守府籍 伊号第百六十八潜水艦 右帝国潜水艦籍ヨリ除カル|昭和十八年十月十五日 海軍大臣嶋田繁太郎』

参考文献[編集]

  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • Ref.C08030080500 『昭和17年3月1日~昭和17年5月31日 第1水雷戦隊戦時日誌(4)』。
    • Ref.C08030080600 『昭和17年3月1日~昭和17年5月31日 第1水雷戦隊戦時日誌(5)』。
    • Ref.C08030095000 『昭和17年5月1日~昭和17年8月7日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。
    • Ref.C12070181300 『昭和18年9~10月 内令4巻/昭和18年10月(3)』。
    • Ref.C12070181400 『昭和18年9~10月 内令4巻/昭和18年10月(4)』。