江風 (白露型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
江風
艦歴
発注 マル2計画
起工 1935年4月25日
進水 1936年11月1日
就役 1937年4月30日
その後 1943年8月6日戦没
除籍 1943年10月15日
要目(計画時)
排水量 基準:1,685トン
全長 111m
全幅 9.9m
吃水 3.5m
主缶 ロ号艦本式缶3基
主機 艦本式オール・ギアードタービン2基2軸 42,000hp
速力 34ノット
航続距離 18ktで4,000浬
乗員 226名
兵装 50口径12.7cm連装砲 2基4門
50口径12.7cm単装砲 1基1門
13mm連装機銃 2基[1]
61cm4連装魚雷発射管 2基8門
(魚雷16本)
爆雷投射機2基
爆雷×16

江風(かわかぜ/かはかぜ)は、日本海軍駆逐艦白露型の9番艦(改白露型3番艦)である。この名を持つ日本海軍の艦船としては浦風型駆逐艦江風」、江風型駆逐艦「江風」に続いて3隻目。

艦歴[編集]

藤永田造船所で1935年4月25日に起工し、1937年4月30日に竣工した。

1937年8月から「海風」「山風」「涼風」と共に第24駆逐隊を編成し、1940年11月、第2艦隊第4水雷戦隊に編入され太平洋戦争を迎えた。南方部隊に属しレガスピー上陸作戦、ラモン湾上陸作戦に従事。1942年1月から蘭印部隊に属しタラカン攻略作戦、バリックパパン攻略作戦、マカッサル攻略作戦、スラバヤ沖海戦パナイ島攻略作戦に参加した。6月のミッドウェー海戦では主力部隊の護衛に従事した。8月11日、横須賀を出港し空母「千歳」をトラックまで護衛、17日からガダルカナル島輸送作戦に10回従事。この間、8月22日に米駆逐艦ブルーを雷撃で撃沈している。10月26日南太平洋海戦、11月30日ルンガ沖夜戦に参加した。

1943年1月、コロンバンガラ島輸送作戦に3回、ガダルカナル島撤収作戦に2回出動同した。2月9日、ラバウルへ回航中、ショートランド付近で「東運丸」と衝突し浸水が生じたため、「黒潮」に曳航されラバウルで応急修理を受け、さらに佐世保で修理を行った。その後、給糧艦伊良湖」、「愛国丸」をトラックまで護衛、6月5日からナウル輸送、ルオット輸送などに従事した。6月末、重巡「鳥海」を護衛中、軸受故障によりトラックに引き返した。

1943年8月よりツルブ輸送に従事し、6日、コロンバンガラ輸送の途中、ベラ湾夜戦において米駆逐艦隊と交戦し、「スタレット」(USS Sterett, DD-407)、「スタック」(USS Stack, DD-406)からの雷撃を受け沈没、柳瀬艦長以下169名が戦死した。

公試成績[編集]

時期 排水量 出力 速力 実施日 実施場所 備考
新造時 42,960shp 34.75kt 全力
同上 47,001shp 35.88kt 過負荷全力

歴代艦長[編集]

艤装員長[編集]

  1. 山田雄二 中佐:1936年12月1日 -

艦長[編集]

  1. 山田雄二 中佐:1937年4月30日 -
  2. 楢原省吾 少佐:1938年7月30日 -
  3. 吉田正義 少佐:1938年12月15日 -
  4. 横井稔 少佐:1939年5月20日 -
  5. 吉川潔 少佐:1939年11月15日 -
  6. 若林一雄 少佐:1940年11月15日 -
  7. 柳瀬善雄 少佐:1942年11月28日 - 1943年8月6日戦死

脚注[編集]

  1. ^ 『写真 日本の軍艦 第11巻 駆逐艦II』による。福田啓二編『軍艦基本計画資料』、国本康文「「利根」型の搭載機銃」によると25mm連装機銃2基を搭載した。

参考文献[編集]