50口径三年式12.7センチ砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Sagiri.jpg
五〇口径三年式一二糎七砲
使用勢力 大日本帝国海軍
採用年
口径 127mm
砲身長 (50口径)
砲身重量 4.205トン
尾栓形式 階段状断隔螺式
初速 910m/秒
最大射程 18,445m(仰角44度)
最大射高
命数 550発
発射速度 10発/分(平射時)
俯仰角 砲架による
俯仰速度 12度/秒
旋回角
旋回速度 6度/秒
動力 電動油圧
砲室重量 25.4トン(A型連装)
約32トン(B型連装)
要員
使用弾
弾丸重量 23.5kg
炸薬重量
装薬重量 7.67kg(7.28kgとも)
製造数
備考

50口径三年式12.7センチ砲(50こうけいさんねんしき12.7せんちほう)とは、日本海軍の小艦艇用艦載砲。荒天時や交戦時の微砕片よけに対応するため、駆逐艦搭載砲としては初めて標準で全周囲に防盾を施した砲である。吹雪型駆逐艦を筆頭に日本海軍の駆逐艦の多くに採用された。

概要[編集]

この砲は本来平射砲であり水平射撃時には初速910m/秒、10発/分の性能を持つ優秀な砲である。そのため、従来通りの艦隊戦(夜戦)を考えた場合は比較的優位性を保つことができるが、時代は対空戦を意識し始めており、仰角を上げたとはいえ対空戦を主眼に置いていないことから時代遅れであった。結果、この砲を搭載した吹雪型駆逐艦以降、秋月型以前の従来型の艦隊型駆逐艦全体もまた、時代のニーズに取り残された感が否めない。

各型[編集]

連装砲架[編集]

A型
各タイプの元になった砲で、吹雪型駆逐艦Ⅰ型(及び改Ⅰ型)に搭載された。仰角が40度の平射砲であり、常に2門の砲が同時可動する。砲室は3.2mmの鋼板製。弾片防御の機能はなかったが波浪に影響されず操作できる点で画期的であった。砲室重量は24.5トン。
B型
吹雪型Ⅱ型、Ⅲ型と初春型の一部、改装前の千鳥型水雷艇に搭載された。特徴は、左右の砲が独立に可動するよう改良され、仰角の引き上げの実施(40度→75度)が実施されたことである。ただし、仰角を引き上げても専用の高射管制装置は搭載されず、更には弾頭部と装薬が別のままであり装填時は水平に戻す必要があった。そのため毎分4発(ちなみに長10cm高角砲は19発/分、12.7cm高角砲は14発/分)と高射時の発射速度が遅く、米英の同世代の駆逐艦が搭載する両用砲のような対空戦闘は事実上不可能だった。また重量増大(約32トン)のためトップヘビーを引き起こす要因の一つとなった。友鶴事件での性能改善工事で盾が改修(もしくは交換)され形状は次に述べるC型に近いものになった。
B型改1
仰角55度。初春型駆逐艦の有明、夕暮に搭載。
C型
B型砲を平射専用に戻した砲(75度→55度)。白露型駆逐艦朝潮型陽炎型に搭載された。砲室重量は明らかでないがA型とB型の中間程度と思われる。
※ C型砲架搭載は夕立(白露型)以降とする資料もある。
D型
夕雲型島風(丙型)に採用された砲で、再度仰角を75度まで引き上げたが、装填機構の改善は見られなかった。

単装砲架[編集]

A型
B型連装砲架に当たる単装砲架。仰角75度。砲室重量約17トン、仰角75度。改装前の千鳥型水雷艇に搭載。
A型改1
仰角75度。初春型駆逐艦に搭載。白露白露型駆逐艦)には仰角55度とした本型が搭載された。
B型
仰角55度。白露を除く白露型駆逐艦に搭載された。

参考文献[編集]

  • 雑誌『』編集部『写真 日本の軍艦 第10巻 駆逐艦Ⅰ』(光人社、1990年) ISBN 4-7698-0460-1
  • 雑誌『丸』編集部『写真 日本の軍艦 第11巻 駆逐艦Ⅱ』(光人社、1990年)
  • 雑誌『丸』編集部『軍艦メカ4 日本の駆逐艦』(光人社、1991年)
  • 森恒英著『軍艦メカニズム図鑑 日本の駆逐艦』(グランプリ出版 1995年)
  • 雑誌『TAMIYA NEWS』別冊『軍艦雑記帳』第4刷(株式会社 田宮模型 1991年)

関連項目[編集]