文月 (睦月型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Fumizuki II.jpg
艦歴
建造所 藤永田造船所
起工 1924年10月20日
進水 1926年2月16日
就役 1926年7月3日(第二十九号駆逐艦)
喪失 1944年2月18日
除籍 1944年3月31日
要目(計画)
排水量 基準:1,315トン、常備:1,445トン
全長 102.72m
全幅 9.16m
吃水 2.96m
機関 ロ号艦本式缶4基
艦本式タービン2基
2軸、38,500馬力
速力 37.25ノット
航続距離 14ノットで4,000海里
燃料 重油450トン
乗員 154名
兵装(新造時) 45口径12cm単装砲 4基4門
7.7mm単装機銃 ×2
61cm3連装魚雷発射管 2基6門
(八年式魚雷12本)
爆雷18個
機雷もしくは掃海具1式

文月(ふみづき)は日本海軍駆逐艦睦月型駆逐艦の7番艦である。艦名は旧暦7月のこと。同名艦にロシアからの戦利艦である山彦型駆逐艦の「文月」がある為、こちらは「文月 (2代)」や「文月II」などとも表記される。

艦歴[編集]

1923年(大正12年)度計画艦。藤永田造船所で建造され1926年7月3日に竣工、佐世保鎮守府に所属した。当初は「第二十九号駆逐艦」という艦名であり、一等駆逐艦に類別された。1928年8月1日に「文月」と改名された。

太平洋戦争では、フィリピン攻略戦、ジャワ島攻略戦、バタビア沖海戦などに参加する。バタビア沖海戦では、第5水雷戦隊内の第22駆逐隊に、同型駆逐艦である「皐月」「水無月」「長月」と共に所属した。その後はジャワ海方面で船団護衛に従事する。1942年(昭和17年)9月16日、内地、台湾間の船団護衛中に日本郵船勝鬨丸と衝突し大破、12月まで修理を行った。

1943年(昭和18年)1月31日からのガダルカナル島撤収作戦に参加、その後は輸送作戦に従事した。3月30日にフインシュにおいて敵機の攻撃を受けて損傷、佐世保海軍工廠で8月まで修理。修理完了後はラバウル方面で輸送作戦に従事した。

1944年(昭和19年)1月30日、ラバウルでの空襲で至近弾により浸水、修理のためトラックへ回航する。2月17日、トラックにおいてアメリカ軍空母艦載機の攻撃を受けた(トラック島空襲)。修理のため主機を分解した状態であったため急遽復旧させ、片舷12ノットの速力で回避運動をとっていた。しかし機械室に直撃弾を受け浸水し航行不能、その他至近弾も受けた。曳航して擱座することが試みられたが繰り返される空襲や浸水の増加により曳航できず、翌18日に沈没した。3月31日除籍。

現在、「文月」は月曜島(ウドット島)の北、水深37mの海底に沈んでいる。一番煙突と艦橋は倒壊してしまっており、艦橋部分で船体が分断され、艦首側は左舷方向に傾き、艦尾側は正立している。

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』255-257頁による。

艤装員長[編集]

  1. 吉田健介 中佐:1926年2月20日 -

艦長[編集]

  1. 吉田健介 中佐:1926年7月3日 - 1926年12月1日
  2. 山口実 中佐:1926年12月1日 -
  3. 中田操 中佐:1927年12月1日 - 1928年12月10日
  4. (兼)古木百蔵 少佐:不詳 - 1929年11月30日[1]
  5. 勝野実 少佐:1929年11月30日[1] -
  6. (兼)平井泰次 少佐:1931年7月16日 -[2]
  7. 阿部俊雄 少佐:1931年12月1日 -
  8. 山田雄二 少佐:1933年11月15日 - ※1934年5月15日まで「長月」艦長兼務
  9. 田中正雄 少佐:1935年10月15日 -
  10. 大島一太郎 少佐:1937年11月15日 -
  11. 鵜沢聡衛 少佐:1938年5月20日 -
  12. 本倉正義 少佐:1938年10月1日 -
  13. 山下正倫 少佐:1939年11月15日 -
  14. 中俣勇 少佐:1940年1月6日 - ※9月1日から「長月」艦長兼務
  15. 荒井靖夫 少佐:1940年10月15日 -
  16. 富岡忠雄 大尉:1941年9月10日 -
  17. 海老原太郎 大尉:1942年1月30日 -
  18. 長倉義春 少佐:1943年11月1日 -

脚注[編集]

  1. ^ a b 『官報』第878号、昭和4年12月2日。
  2. ^ 『日本海軍人事手帳(?)』による

参考文献[編集]

  • 海軍歴史保存会『日本海軍史 第7巻』(第一法規出版、1995年)
  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第10巻 駆逐艦I』(光人社、1990年) ISBN 4-7698-0460-1
  • 日本造船学会『昭和造船史 第1巻』(原書房、1981年、第3刷)ISBN 4-562-00302-2
  • 佐藤和正『艦長たちの太平洋戦争 正篇』(光人社、1983年) ISBN 4-7698-0207-2
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。
  • 『日本海軍人事手帳(?)』