鴻型水雷艇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鴻型水雷艇
Kiji 1937.jpg
1937年7月31日に撮影された「雉」
艦級概観
艦種 水雷艇
艦名 鳥の名
前級 千鳥型水雷艇
次級 -
要目(竣工時)
排水量 基準:840英トン
公試:960トン
全長 88.50m
全幅 8.18m
吃水 2.76m
機関 ロ号艦本式缶2基
艦本式タービン2基
2軸、19,000馬力
速力 30.5ノット
航続距離 14ノットで4,000海里
燃料 重油:245トン
乗員 129名
兵装 45口径十一年式12cm単装砲3門
53cm3連装魚雷発射管1基3門
(六年式魚雷3本)
40mm機銃1挺(雉、鷺、鳩は毘式)
(雁は25mm機銃1挺)
11mm軽機銃1挺
同型艇 8隻

鴻型水雷艇(おおとりがたすいらいてい)は大日本帝国海軍水雷艇。同型艇8隻。

概要[編集]

前型の千鳥型水雷艇は計画当初は20隻の建造を予定しており、1931年(昭和6年)度のマル1計画では要求12隻中4隻の建造が認められた。続く1934年(昭和9年)度のマル2計画では16隻の水雷艇の建造が認められ、軍令部はこの水雷艇に同じ600トン以内に千鳥型を超えた更に過大な要求を行った。つまり速力34ノット(千鳥型は30ノット、以下同)、航続力16ノットで3,000海里(14ノットで3,000海里)、12.7cm砲4門(同3門)魚雷発射管61cm4門(同53cm4門)などである。基本計画番号F47として設計を開始したが友鶴事件の発生により要求を縮小、設計を大幅に改めF47Bとして再設計された。当初は条約制限外の600トン以下とする予定だったが基準排水量は840トンに増大していた。

千鳥型では度重なる改善工事で速力が27〜28ノットまで低下したため、本型では速力を30.5ノットに回復させることを目標とした。船体は新しい線図を用いており、千鳥型より全長で6.5m大きくなるなど一回り大きな船体となった。砲は改装後の千鳥型と同じ12cm砲3門だが、新たに十一年式12cm砲(通称M型砲)を採用した。この砲は仰角55度までの射撃が可能で(千鳥型搭載の通称G型砲は仰角33度)、これは上陸作戦での射撃を考慮したと言われている[1]。魚雷は新たに53cm3連装魚雷発射管を開発し1基搭載した。

本型の4隻を建造中に更に第四艦隊事件が発生した。1隻は既に進水していたが残りの3隻もとりあえず進水させ改装工事の計画が出来るまで暫く放置されていた。その後工事を再開、残る4隻も起工し1936年(昭和11年)10月から翌年9月までに8隻が竣工した。

本型は計画では16隻の建造を予定していたが、残りの艇を建造しても工事の遅延などにより無条約時代(1937年以後)の竣工になることが決定したため8隻で建造は打ち切られ、以後このクラスの水雷艇が建造されることはなかった。もし日本海軍がこれら水雷艇の建造を継続していれば、後の松型駆逐艦と同じ大量生産型の駆逐艦のプロトタイプと成り得た、と指摘する声もある[2]

戦歴[編集]

8隻は竣工後に第1水雷隊と第11水雷隊を編成した。本型は吃水が浅く、運動性もあり、また砲が強力だったため揚子江方面での作戦に適していると考えられた。そのため各艦にはあらかじめ江水濾過装置が備えられていた[3]。竣工後は中国方面での揚子江遡江作戦等の上陸作戦支援、掃海などに従事した。太平洋戦争では緒戦は香港攻略戦フィリピン攻略戦などを支援、その後は多くが各根拠地隊に所属となり各地で船団護衛や哨戒活動等に従事した。1943年に「鵲」が戦没したのを初めに翌年には5隻が戦没、終戦直前にも「雁」が潜水艦に撃沈され、終戦時に残っていたのは鴻型では「雉」のみだった。

機銃増備[編集]

大戦中の機銃増備の状況[4]

艦名 25mm機銃 13mm機銃 電探 調査日
3連装 連装 単装 連装 単装
鴻、鵯 3基 5挺 13号電探1基 1944年 8月20日
3基 5挺 - 1944年11月22日
雉、雁、鷺、鳩 3基 5挺 13号電探1基 1944年10月 1日

対潜兵装は「雉」等の場合、八一式爆雷投射機6基、九四式爆雷投射機1基、九三式水中聴音機1基、九四式探信儀1基(水流覆付)を装備した。

同型艦[編集]

鴻(おおとり)[編集]

1936年(昭和11年)10月10日竣工(舞鶴海軍工廠)。1944年(昭和19年)6月12日戦没(サイパン北方、航空機)。

鵯(ひよどり)[編集]

1936年(昭和11年)11月20日竣工(東京石川島造船所)。1944年(昭和19年)11月17日戦没(南シナ海、米潜ガンヌル)。
艤装員長
蘆田部一 大尉:1935年11月15日[5] -

隼(はやぶさ)[編集]

1936年(昭和11年)12月7日竣工(横浜船渠)。1944年(昭和19年)9月24日戦没(ミンドロ島南方、航空機)。

鵲(かささぎ)[編集]

1937年(昭和12年)1月15日竣工(大阪鉄工所桜島)。1943年(昭和18年)9月27日戦没(ニューブリテン島北西方、米潜ブルーフィッシュ)。1943年(昭和18年)8月29日から9月1日にかけて、ニューギニアにて当時海軍報道班員であった久生十蘭が乗艦しており、その記録を日記に残している[6]
水雷艇長
有本輝美智 少佐:1937年1月15日[7] -

雉(きじ)[編集]

1937年(昭和12年)7月31日竣工(三井造船玉)。スラバヤで終戦。復員輸送艦となる。1947年(昭和22年)10月ソ連に引き渡し。
艤装員長
中杉清治 少佐:1937年4月1日[8] -

雁(かり)[編集]

1937年(昭和12年)9月30日竣工(横浜船渠)。1945年(昭和20年)7月16日戦没(ジャワ海、米潜バヤ)。
艤装員長
広瀬弘 少佐:1937年4月1日[8] -

鷺(さぎ)[編集]

1937年(昭和12年)7月31日竣工(播磨造船所)。1944年(昭和19年)11月8日戦没(ルソン島西、米潜ガンヌル)。

鳩(はと)[編集]

1937年(昭和12年)8月7日竣工(東京石川島造船所)。1944年(昭和19年)10月16日戦没(香港南東、航空機)。

脚注[編集]

  1. ^ 『写真 日本の軍艦 第11巻』p221。
  2. ^ 東清二「図で見る『水雷艇』変遷史」『写真 日本の軍艦 第11巻』p222。
  3. ^ 『日本駆逐艦史』世界の艦船1月号増刊、海人社、2012年12月、p.150
  4. ^ 『日本補助艦艇物語』p368、石橋孝夫作成「あ号作戦後の補助艦艇兵装状況一覧表」による。
  5. ^ 『官報』第2663号、昭和10年11月16日。
  6. ^ 久生十蘭「久生十蘭『従軍日記』」p343-355
  7. ^ 『官報』第3009号、昭和12年1月16日。
  8. ^ a b 『官報』第3073号、昭和12年4月2日。

参考文献[編集]

  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第11巻 駆逐艦Ⅱ』光人社、1990年。 ISBN 4-7698-0461-X
  • 日本造船学会『昭和造船史 第1巻』原書房、1981年、第3刷。ISBN 4-562-00302-2
  • 福井静夫『福井静夫著作集第5巻 日本駆逐艦物語』光人社、1993年。ISBN 4-7698-0611-6
  • 福井静夫『福井静夫著作集第10巻 日本補助艦艇物語』光人社、1993年。ISBN 4-7698-0658-2
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 海軍軍戦備<1> 昭和十六年十一月まで』朝雲新聞社、1969年。