弥生 (睦月型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Yayoi II.jpg
艦歴
建造所 浦賀船渠
起工 1924年1月11日
進水 1925年7月11日
竣工 1926年8月28日(第二十三号駆逐艦)
喪失 1942年9月11日
除籍 1942年10月20日
要目(計画)
排水量 基準:1,315トン、常備:1,445トン
全長 102.72m
全幅 9.16m
吃水 2.92m
機関 ロ号艦本式缶4基
メトロポリタン・ヴィッカースタービン2基
2軸、38,500馬力
速力 37.25ノット
航続距離 14ノットで4,500海里
燃料 重油450トン
乗員 154名
兵装 45口径三年式12cm単装砲4門
留式7.7mm機銃2挺
61cm3連装魚雷発射管2基6門
(八年式魚雷12本)
爆雷投射器
爆雷12個

弥生(やよい)は日本海軍駆逐艦睦月型駆逐艦の3番艦である。艦名は旧暦3月のこと。艦名は初代神風型駆逐艦の「弥生」に続いて2代目。

なお艦名は旧字を使って「彌生」と表記する文献もあるが[1]、ここでは「弥生」と表記する。

艦歴[編集]

1923年(大正12年)度計画艦。浦賀船渠で建造され1926年(大正15年)8月28日に竣工、佐世保鎮守府に所属した。当初は「第二十三号駆逐艦」という艦名であり、一等駆逐艦に類別され、1928年(昭和3年)8月1日に「弥生」と改名された。

1937年(昭和12年)からの支那事変により中支、南支方面に進出する。また仏印進駐作戦に参加した。

太平洋戦争開戦時は第4艦隊第6水雷戦隊第30駆逐隊に所属し、第1次、第2次ウェーク島攻略作戦に参加。その後もラバウル方面、ブーゲンビル島モレスビーの各攻略作戦に参加した。1942年(昭和17年)7月9日に一旦佐世保港へ帰港するが、アメリカ軍ガダルカナル島上陸により8月15日に佐世保を出港、ソロモン方面へ進出する。第30駆逐隊の「睦月」「弥生」「望月」の3隻[2]は8月22日夜半[3]にガダルカナル島を約10分間砲撃、同島への艦砲射撃の第1号となった。25日の「睦月」の沈没で乗員を救助しラバウルへ帰還、その後も8月28日にラビ攻略作戦に参加、部隊を上陸させるなどソロモン・ニューギニア方面で活動した。

9月10日に「磯風」と共にラビ攻略部隊を撤収させるためラバウルを出港した。9月11日にラビの東にあるノルマンビー島の東方でB-17B-25約10機による空襲を12時ごろから受け、後部への爆弾命中により舵が故障、続いて航行不能となり16時ごろ沈没した。僚艦の「磯風」は空襲の回避運動のため「弥生」から離れてしまい乗員が救助が出来ず、本艦の生存者はカッターでノルマンビー島に上陸した。同島では飢餓に悩まされたが9月26日に「磯風」「望月」によって艦長以下83名が救助された。同年10月20日除籍。

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』250-252頁による。

艤装員長[編集]

  1. 和田省三 中佐:1925年11月10日 -

艦長[編集]

  1. 和田省三 中佐:1926年8月28日 -
  2. 杉本嘉多雄 少佐:1927年11月1日 -
  3. 原顕三郎 中佐:1928年3月1日 -
  4. 鈴木田幸造 少佐:1928年3月15日 - 12月10日
  5. 坂野民部 少佐:1929年11月15日 -
  6. 西岡茂泰 中佐:1930年8月1日 -
  7. 杉野修一 少佐:1933年11月15日 - 1934年10月22日
  8. 折田常雄 少佐:1935年4月25日 -
  9. 吉川潔 少佐:1937年11月15日 -
  10. 入江籌直 少佐:1938年9月15日 -
  11. 上杉義男 少佐:1938年12月15日 -
  12. (兼)作間英邇 少佐:1939年3月18日 -
  13. 安並正俊 少佐:1939年5月15日 -
  14. 広瀬弘 少佐:1939年10月15日 -
  15. 原口昇 少佐:1939年11月15日 -
  16. 杉谷永秀 少佐:1940年1月6日 -
  17. 石井励 少佐:1940年10月15日 -
  18. 肝付正明 少佐:1941年9月10日 -
  19. 梶本顗 少佐:1942年7月5日 -

脚注[編集]

  1. ^ 写真 日本の軍艦 第10巻 駆逐艦I』。
  2. ^ 『艦長たちの太平洋戦争 続編』p119による。『写真 日本の軍艦 第10巻 駆逐艦I』p55の望月行動年表によると「望月」この時はまだ佐世保にいる。
  3. ^ 写真 日本の軍艦 第10巻 駆逐艦I』p54による。『艦長たちの太平洋戦争 続編』p119では8月24日とされている。

参考文献[編集]

  • 海軍歴史保存会『日本海軍史 第7巻』(第一法規出版、1995年)
  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第10巻 駆逐艦I』(光人社、1990年) ISBN 4-7698-0460-1
  • 佐藤和正『艦長たちの太平洋戦争 続篇』(光人社、1984年) ISBN 4-7698-0231-5
  • 日本造船学会『昭和造船史 第1巻』(原書房、1981年、第3刷)ISBN 4-562-00302-2
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。