萩風 (駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Hagikaze.jpg
艦歴
計画 1939年度(マル4計画
起工 1939年5月23日
進水 1940年6月18日
就役 1941年3月31日竣工
その後 1943年8月6日戦没
除籍 1943年10月15日
性能諸元
排水量 基準:2,033トン
全長 118.5m
全幅 10.8m
吃水 3.8m
機関 ロ号艦本式缶3基
艦本式衝動タービン2基2軸
52,000馬力
速力 35.0ノット
航続距離 18ノットで5,000
乗員 239人
兵装 50口径三年式12.7センチ砲連装×3
25mm機銃連装×2
61cm魚雷発射管4連装×2
爆雷16個

萩風(はぎかぜ)は日本海軍駆逐艦陽炎型駆逐艦の第17番艦である。1943年ベラ湾夜戦で戦没。

艦歴[編集]

マル4計画、仮称第113号艦として浦賀船渠1939年(昭和14年)5月23日起工、1940年(昭和15年)6月18日進水、1941年(昭和16年)3月31日竣工。横須賀鎮守府籍。

太平洋戦争開戦時は「野分」、「」、「萩風」、「舞風」の4隻で第4駆逐隊を編成し南方部隊本隊に所属、南方作戦を支援する。また1942年(昭和17年)2月にスターリング湾を出発してジャワ機動作戦、ベンガル湾機動作戦に参加する。内地に帰還した後ミッドウェー海戦に参加し「加賀」の乗員を救助、魚雷で「赤城」の処分を行った。また直後のアリューシャン攻略作戦を支援するため北方海面に進出した。

米軍ガダルカナル島上陸後は陸軍一木支隊をガ島に輸送、8月18日に揚陸したが翌19日にツラギで爆撃を受け損傷。横須賀港に帰港し10月から翌1943年(昭和18年)1月まで浦賀船渠で修理に従事する。2月28日に横須賀を出港しトラックラバウル方面で輸送任務に従事する。

8月6日、コロンバンガラ島への輸送のためにラバウルを出港するが同夜、米駆逐艦の雷撃を受け魚雷1本が命中。輸送中の弾薬が誘爆し沈没した(ベラ湾夜戦)。乗員178名が戦死。僚艦「嵐」もこの時戦没した。同年10月15日除籍。

歴代艦長[編集]

艤装員長[編集]

  1. 井上良雄 中佐:1940年11月15日 -

艦長[編集]

  1. 井上良雄 中佐:1941年 3月31日 -
  2. 岩上次一 中佐:1942年 5月 5日 -
  3. 畑野健二 少佐:1942年 9月 8日 -
  4. 馬越正博 少佐:1943年 6月16日 -

参考文献[編集]

  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第11巻 駆逐艦II』光人社、1990年 ISBN 4-7698-0461-X
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年 ISBN 4-7698-1246-9

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]