衣笠 (重巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
青葉型
艦歴
発注 大正12年度艦艇補充計画
起工 1924年1月23日
進水 1926年10月24日
就役 1927年9月30日
その後 1942年11月14日戦没
除籍 1942年12月15日
性能諸元[1] (竣工時 → 改装後)
排水量 基準:8,300トン → 9,000トン
全長 185.17m
全幅 15.83m → 17.56m
吃水 5.71m → 5.66m
主缶 ロ号艦本式専焼缶10基、同混焼缶2基
→ ロ号艦本式専焼缶12基
主機 ブラウン・カーチス式タービン4基4軸 102,000hp
最大速力 36ノット → 33.43ノット
航続距離 7,000海里/14ノット → 8,000海里/14ノット
(計画値)
燃料 重油1,400トン 石炭:400トン
→ 重油:2,040トン
乗員 643名 → 657名
兵装(竣工時) 50口径20cm連装砲3基6門
45口径12cm単装高角砲4門
61cm連装魚雷発射管6基
八年式二号魚雷24本
留式7.7mm機銃2挺
兵装(改装後) 50口径20.3cm連装砲3基6門
45口径12cm単装高角砲4門
61cm4連装魚雷発射管2基
九三式魚雷16本
25mm連装機銃4基
13mm連装機銃2基
装甲 舷側76mm
水平32-35mm
主砲25mm
航空機 1機 → 2機
(カタパルト0 → 1基)

衣笠(きぬがさ)は、日本海軍重巡洋艦(一等巡洋艦)[2]青葉型重巡の2番艦。

艦名[編集]

「衣笠」という艦名は神奈川県衣笠山及び衣笠城に因んで名付けられた[3]。「衣笠」竣工直前の1927年(昭和2年)8月1日、田村重彦(衣笠)艤装委員長/初代艦長が軍務局長に対し「艦名は横須賀の衣笠山で良いのか」と問い合わせたところ、「御考察ノ通リ」という返答があった[4]。だが東京水交社編著『日本海軍艦船名考』(昭和3年発行)に「徳島県(阿波国)の麻植郡美馬郡にまたがる高越山(通称、阿波富士、衣笠山)に由来とする」との記載がある。阿波国衣笠山由来という説は当時から広まっていたようである[3]

艦歴[編集]

川崎重工業神戸造船所にて起工。

就役後は第5戦隊旗艦任務に就く。1928年には航空機用カタパルトを装備した初の日本海軍艦艇となった。呉鎮守府所属。1937年9月から近代化改修が始められ、改修作業は1940年10月に完了した。

姉妹艦「青葉」古鷹型重巡洋艦「古鷹」「加古」と共に重巡4隻の第6戦隊(司令官五藤存知少将)所属となる。太平洋戦争開戦後、グアム島攻略ウェーク島攻略に参加。

1942年(昭和17年)5月上旬には珊瑚海海戦に参加する。第6戦隊は空母「祥鳳」を護りきれず、米軍機動部隊艦載機の集中攻撃により「祥鳳」は撃沈された。

同年8月9日、「衣笠」は第一次ソロモン海戦に参加、勝利に貢献する。だが帰途において第6戦隊僚艦「加古」が潜水艦の雷撃により沈没する。8月25日、第二次ソロモン海戦で空襲を受けた第二水雷戦隊旗艦「神通」が中破、田中頼三司令官は第15駆逐隊「陽炎」に移乗してショートランド泊地へ移動した。28日、同地にて田中司令官は「衣笠」に移乗して将旗を掲げ、「衣笠」は第二水雷戦隊旗艦となった[5][6]。31日、田中司令官は駆逐艦「夕霧」に移乗するとトラック泊地へ向かった。 10月11日、第6戦隊(青葉、古鷹、衣笠)・第11駆逐隊(吹雪初雪)はヘンダーソン飛行場基地砲撃を実施すべくガダルカナル島へ向かった。だが待ち伏せていた米艦隊との交戦により第6戦隊旗艦「青葉」が大破して五藤司令官が戦死、駆逐艦「吹雪」および「青葉」を掩護した第6戦隊僚艦「古鷹」が沈没する(サボ島沖海戦)。10月14日、重巡洋艦「鳥海」「衣笠」はヘンダーソン基地艦砲射撃を実施、無事に帰投した。

11月10日、第6戦隊は解隊された[7]。13日、「衣笠」は第三次ソロモン海戦に参加。重巡「鳥海」、「衣笠」、軽巡洋艦「五十鈴」は、13日夜間にガダルカナル島ヘンダーソン基地を砲撃した第7戦隊(司令官西村祥治少将)の重巡「鈴谷」、「摩耶」、軽巡「天龍」、第10駆逐隊(夕雲巻雲風雲)、「朝潮」と合流する。14日日中、ヘンダーソン基地航空隊及び空母エンタープライズ」艦載機の攻撃を受け、「鳥海」「衣笠」「摩耶」「五十鈴」の各艦が損傷。特に「衣笠」は炎上[8]。航行不能となる被害を受け、ソロモン海域で沈没した。艦長の沢正雄大佐、副長宮崎房雄中佐を始めとする511名が戦死した。生存者は「巻雲」「風雲」に救助された。

12月15日、「古鷹」「夕立」「暁」「綾波」と共に「衣笠」の除籍が決定。「衣笠」は軍艦籍、一等青葉型より除籍された[9][10]。12月20日、第6戦隊も呉鎮守府籍より削除された[11]。第6戦隊に所属した重巡4隻(古鷹型2隻・青葉型2隻)のうち、所属部隊を幾度も変わった「青葉」のみ、大破着底状態で終戦を迎えた。

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』93-95頁、『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」に基づく。

艤装員長[編集]

  1. 田村重彦 大佐:1927年2月1日 -

艦長[編集]

  1. 田村重彦 大佐:1927年9月30日 - (1928年6月4日死去)
  2. 岩村兼言 大佐:1928年3月10日 - 12月10日
  3. 北川清 大佐:1928年12月10日 - 1929年11月1日
  4. 大田垣富三郎 大佐:1929年11月1日 - 1930年12月1日
  5. 染河啓三 大佐:1930年12月1日 - 1931年3月1日
  6. 渋谷荘司 大佐:1931年3月1日 - 1931年11月14日
  7. 大崎義雄 大佐:1931年11月14日 - 1932年12月1日
  8. 丹下薫二 大佐:1932年12月1日 - 1933年11月15日
  9. 坂本伊久太 大佐:1933年11月15日 - 1934年11月15日
  10. 武田盛治 大佐:1934年11月15日 - 1935年11月15日
  11. 畠山耕一郎 大佐:1935年11月15日 - 1937年4月1日
  12. 松永次郎 大佐:1937年4月1日 -
  13. 松山光治 大佐:1937年12月1日 -
  14. (兼)広瀬末人 大佐:1938年6月3日 -
  15. 佐藤勉 大佐:1938年6月15日 -
  16. 難波祐之 大佐:1939年11月15日 -
  17. 清田孝彦 大佐:1940年9月25日 -
  18. 沢正雄 大佐:1941年8月20日 - 1942年11月13日戦死

同型艦[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 性能諸元は主に青葉の値
  2. ^ #幕末以降帝国軍艦写真と史実p.122『艦種:一等巡洋艦』
  3. ^ a b #幕末以降帝国軍艦写真と史実p.122『艦名考:山名に採る、横須賀軍港の南に三浦一族の居城たりし衣笠城址あり、此丘の名に採れるものなり(別に阿波国麻植・美馬の二郷に跨る標高3,705尺の同名の山あり、之に採るとの説あり、附記す)。』
  4. ^ #軍艦衣笠艦名起原に関する件pp.1-2
  5. ^ #戦隊行動調書p.36『艦在所|神通→25←陽炎→28←衣笠→31←夕霧』
  6. ^ #昭和17年8月~二水戦日誌(1)pp.3-4『8月25日ニ神通ハ敵「グラマン」戦闘機四ノ爆撃ヲ受ケ損傷「トラック」ニ回航 同日陽炎ニ将旗ヲ移揚 28日「ショートランド」ニ於テ衣笠ニ31日夕霧ニ夫々将旗ヲ移揚31日増援部隊ノ指揮ヲ3sd司令官ニ引継グト共ニ夕霧「トラック」ニ向ケ「ショートランド」発』
  7. ^ #戦隊行動調書p.6『11.10 6S解隊 6S(衣笠欠)ハ呉鎮守府ヘ』
  8. ^ #昭和17年4月~七戦隊日誌(5)p.13『0638敵機衣笠五十鈴ニ対シ急降下爆撃(衣笠炎上)』
  9. ^ #内令昭和17年12月(3)pp.1-2『内令第二千二百八十八號 呉鎮守府在籍:軍艦衣笠 右帝国軍艦籍ヨリ除カル|横須賀鎮守府在籍:駆逐艦 暁、駆逐艦 夕立/呉鎮守府在籍:駆逐艦 綾波 右帝国駆逐艦籍ヨリ除カル(以下略)|昭和十七年十二月十五日 海軍大臣嶋田繁太郎』
  10. ^ #内令昭和17年12月(3)p.19『内令第二千三百十七號|艦艇類別等級表中左ノ通改正ス 昭和十七年十二月十五日 海軍大臣嶋田繁太郎|軍艦、巡洋艦一等青葉型ノ項中「、衣笠」ヲ削ル 駆逐艦、一等白雪型ノ項中「、綾波」、「、暁」ヲ、同白露型ノ項中「、夕立」ヲ削ル(以下略)』
  11. ^ #内令昭和17年12月(4)pp.8-9『内令第二千三百四十八號 昭和十六年内令第千二百二十六號中左ノ通改正ス|昭和十七年十二月二十日 海軍大臣嶋田繁太郎|(中略)呉鎮守府ノ項中「第六戦隊」ヲ削ル』

参考文献[編集]

  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • Ref.C04015583000「軍艦衣笠工事予定概括表訂正の件」
    • Ref.C04015649300 『軍艦衣笠艦名起原に関する件』。
    • Ref.C08051772000 『昭和16年~昭和20年 戦隊 水戦輸送戦隊 行動調書』。
    • Ref.C08030095600 『昭和17年8月1日~昭和17年8月31日 第2水雷戦隊戦時日誌(1)』。
    • Ref.C08030047600 『昭和17年4月1日~昭和18年8月31日 第7戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。
    • Ref.C12070166900 『昭和17年10月~12月内令4巻止/昭和17年12月(3)』。
    • Ref.C12070167000 『昭和17年10月~12月内令4巻止/昭和17年12月(4)』。
  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第6巻 重巡Ⅱ』(光人社、1989年) ISBN 4-7698-0456-3
  • 「歴史群像」編集部『歴史群像太平洋戦史シリーズVol.44 重巡古鷹・青葉型』(学習研究社、2005年) ISBN 4-05-603323-4
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9

関連項目[編集]