ラエ・サラモアへの空襲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラエ・サラモアへの空襲
Yorktown TBD Huon Gulf March 1942.jpg
ラエ沖で第十四掃海隊を爆撃する「ヨークタウン」所属のTBD「デヴァステイター」
戦争太平洋戦争
年月日1942年3月8日 - 3月13日(空襲は3月10日
場所:ラエおよびサラモア沖
結果:日本軍は作戦目的達成も、空襲により被害甚大
交戦勢力
日本の旗 大日本帝国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オーストラリアの旗 オーストラリア
指揮官
井上成美
梶岡定道
志摩清英
堀江正(日本陸軍
ウィルソン・ブラウン
フランク・J・フレッチャー
ジョン・グレゴリー・クレース(豪海軍)
戦力
軽巡洋艦1
駆逐艦6
敷設艦1
特設艦船8
輸送船2
[注釈 1]
空母2
巡洋艦8
駆逐艦14
航空機104
[注釈 2]
損害
特設艦船3、輸送船1沈没
軽巡洋艦1、駆逐艦2、敷設艦1、特設艦船2、輸送船1損傷
戦死・行方不明130名、負傷245名
航空機1
ニューギニアの戦い

ラエ・サラモアへの空襲(ラエ・サラモアへのくうしゅう)とは、太平洋戦争初期の1942年(昭和17年)3月10日にニューギニア島東部のラエおよびサラモアへの上陸および占領を行った日本軍に対して、本来はラバウル攻撃を企図していたアメリカ海軍機動部隊が奇襲を仕掛け、ラエとサラモア沖に展開していた日本軍艦船に大打撃を与えた戦闘である。6月5日のミッドウェー海戦以前において、アメリカ機動部隊の攻撃によって受けた被害としては最大のものであり、南東方面における作戦進行に遅れをもたらす結果となった。日本軍はその痛手にもかかわらずラエとサラモアの航空基地を確保し、ポートモレスビー作戦の支援にあたった。

本項では3月10日の空襲を軸に、ラエとサラモアの攻略が開始された3月8日から、ラエからの航空作戦が開始された3月13日までの間の出来事とその背景を中心として解説する。

背景[編集]

日本軍[編集]

ラエおよびサラモアは、開戦前の昭和16年9月に行われた図上演習の段階で航空基地の存在が知られていた[1]。しかし、第一段作戦でラバウルを占領しても[2]、外縁にあたるラエとサラモアを押さえておかないと南方および南西方面からの脅威にさらされるため[3]、南東方面を担当する第四艦隊は図上演習において、ラバウルに加えてラエおよびサラモアの占領を主張したが、採用されなかった[1]。その背景として、一つには連合艦隊が第四艦隊に命じた攻略命令が、具体的な攻略要地を記さない抽象的なものであり、連合艦隊先任参謀黒島亀人大佐は戦後の回想で「なにぶんそのころは同方面の兵要資料も信頼の置けるものはほとんどなく、はっきり計画を立てることができないので、おおよその腹案程度であったと思う」と証言している[4]。また、第一段作戦はあくまで南方作戦がメインで、南東方面は「裏街道」とみられていたこと[1]、南方作戦関連の現実的問題として兵力が十分ではなかったことがある。実際、南海支隊は、ラバウル攻略英語版が終わればパラオに移って南方作戦に加わる予定であった[5]

しかし、開戦が現実のものになることがほぼ確定した段階の11月15日に開かれた大本営政府連絡会議において戦争の早期終結に関する検討が行われ、そのうち対オーストラリア戦に関しては、いわゆる米豪遮断作戦で離間を狙う方針が決定した[6]。開戦後には、南方軍から大本営に対しても米豪遮断作戦の必要性が説かれるようになり、また南方作戦も予想よりはるかに上回る速さで進捗していたこともあって、1942年(昭和17年)1月4日に南海支隊のパラオ移動が取り消され、代わって南東方面攻略への準備が指示された[5]海軍側も開戦後に第二段作戦の検討に入り[5]、1月10日の図上演習では第四艦隊側から、「「ラバウル」ノミ奪ッテモ役ニ立タヌ」ゆえにラエおよびサラモアの占領が再度主張された[3]。またラバウル攻略の際の1月21日に第一航空艦隊にラエおよびサラモアを空襲させていた[7]。そして、ラバウル攻略後の1月29日にいたり、大本営は連合艦隊に対し、陸海軍共同でニューギニア、ソロモン諸島方面の攻略を指令[8]。ここで初めてラエおよびサラモアの占領がポートモレスビーおよびツラギ島とともに具体的な攻略目標として確定した[6]

アメリカ軍[編集]

真珠湾攻撃後、アメリカ軍の頼みの綱は空母潜水艦であり、「守勢にはほど遠い積極的な」防衛策で日本軍の進撃を妨害し、反撃のための時間稼ぎを行っていた[9]。その一環として1942年2月に一連のマーシャル・ギルバート諸島機動空襲が行われ、その効果はある程度あったと判定された[10]。一方で、オーストラリアとの交通路の確保維持と強化に全力を挙げ、同じ2月にハーバート・リアリー英語版中将を司令官とするANZAC部隊英語版を編成した[9]。しかし、機動空襲のあとも日本軍の進撃は止まる気配もなく、特に2月15日のシンガポール陥落のあとは、日本軍がラバウルを拠点にサモア諸島ニューカレドニアおよびニューヘブリディーズ諸島を攻略するのではないかという恐慌に陥り、太平洋艦隊司令長官チェスター・ニミッツ大将は、ウィルソン・ブラウン中将が率い、空母「レキシントン」(USS Lexington, CV-2) を基幹とする第11任務部隊をANZAC部隊に編入し、ブラウンの提言でラバウルに先制攻撃を加えようとしたが、その途上の2月20日に日本軍機の空襲に遭い、第11任務部隊は被害はなかったものの回避運動で燃料を浪費してしまったため攻撃を断念した(ニューギニア沖海戦[11][12]

ブラウンは一度はラバウル攻撃を断念したものの諦めてはいなかった。しかし、攻撃を再興するにあたっては条件を付けてきた。ブラウンはラバウル攻撃のためには空母は2隻必要であり、また燃料消費量の関係で随伴タンカーも2隻必要と進言[13]。この進言をニミッツが認め、 すでにフィジーおよびサモア方面を行動中のフランク・J・フレッチャー少将率いる、空母「ヨークタウン」 (USS Yorktown, CV-5) を基幹とする第17任務部隊英語版を第11任務部隊に合流させることとなった[13][14]。第11任務部隊と第17任務部隊は3月6日にニューヘブリティーズ諸島近海で合流し、一路ラバウルを目指した[13]。また、この2つの任務部隊とは別にオーストラリア海軍ジョン・グレゴリー・クレース英語版少将率いる第44任務部隊がタンカー護衛のため派遣されることとなった[13]

参加兵力[編集]

日本軍[編集]

SR方面攻略部隊(第六水雷戦隊司令官・梶岡定道少将)[15][16]
  • 主隊(全作戦支援):軽巡洋艦夕張
  • 第一部隊(サラモア攻略):陸軍輸送船「横浜丸」、「ちゃいな丸」、駆逐艦追風」、「朝凪」、「夕凪」、南海支隊約2,000名
  • 第二部隊(ラエ攻略):敷設艦津軽」、駆逐艦「睦月」、「弥生」、特設巡洋艦「金剛丸」、特設敷設艦「天洋丸」、特設運送船「黄海丸」、陸戦隊560名、高射砲隊、設営隊800名
  • 航空部隊:特設水上機母艦「聖川丸」、駆逐艦「望月
  • 哨戒部隊(哨戒、掃海):第十四掃海隊(特設掃海艇「玉丸」、「第二玉丸」、「羽衣丸」、「第二号能代丸」)[17]
  • 付属隊(在ラバウル):特設巡洋艦「金龍丸
支援部隊(第六戦隊司令官・五藤存知少将)
  • 第六戦隊、第十八戦隊、第二十三駆逐隊、特設運送船(給油)「東邦丸
基地航空部隊(第二十四航空戦隊司令官・後藤英次中将)
  • 第二十四航空戦隊、駆逐艦「

アメリカ軍[編集]

第11任務部隊(ウィルソン・ブラウン中将)[18]
第17任務部隊(フランク・J・フレッチャー少将)[20]
第44任務部隊(ジョン・グレゴリー・クレース少将)[21]

日本側の作戦準備[編集]

当初の予定では、ラエおよびサラモアの攻略は3月3日に予定されていた[22]。具体的には、2月に入ってから進められていたニューブリテン島南端のガスマタおよびスルミの攻略戦[23]が終わった2月13日から準備が始まり、2月16日には作戦名を「SR作戦」と呼称して上陸日も3月3日に設定された[24]。敵情としては、航空活動は活発ではないが分散移動しており根絶が難しいこと、陸上部隊の状況はよくわからない、と判断される[24]。そして、ラエとサラモアを早急に占領したのちは、ただちに航空基地を設定してポートモレスビー方面への圧力とすることが作戦目的とされた[24]。SR攻略部隊指揮官は第六水雷戦隊司令官の梶岡定道少将が定められ、梶岡は2月20日に攻略部隊命令を発するも、まさに同じ2月20日に前述の第11任務部隊の接近があり、指揮下艦艇が第11任務部隊の迎撃に充てられたため、作戦は5日繰り下げられた[25]

第六水雷戦隊のうち、旗艦「夕張」は作戦支援[26]、第二十九駆逐隊(「追風」、「朝凪」、「夕凪」)は陸軍輸送船「横浜丸」(日本郵船、6,143トン)および「ちゃいな丸」(川崎汽船、5,869トン)を護衛してサラモアへ[27]、第三十駆逐隊のうち「睦月」と「弥生」は「津軽」艦長稲垣義龝大佐指揮の下で特設巡洋艦「金剛丸」(国際汽船、8,624トン)、特設敷設艦「天洋丸」(東洋汽船、6,843トン)および特設運送船「黄海丸」(嶋谷汽船、3,871トン)を護衛してラエに向かうこととなり、「望月」は特設水上機母艦「聖川丸」(川崎汽船、6,862トン)の護衛に回った[27]。「金剛丸」と「天洋丸」は、ラバウル警備隊から抽出された陸戦部隊560名と高射砲隊、ラエに配備される基地員800名や需品の輸送にもあたった[28]。なお、当初は攻略部隊に名を連ねていた特設巡洋艦「金龍丸」(国際汽船、9,309 トン)は、スルミ攻略戦で損傷したためラバウル待機となった[27][29]。「横浜丸」と「ちゃいな丸」に乗船する陸軍部隊は、南海支隊のうち堀江正陸軍少佐指揮の歩兵一個大隊、山砲一個中隊を主軸とした約2,000名で構成されていた[30]

戦闘の経過[編集]

ラエ・サラモアの攻略[編集]

攻略に先立ち、第二十四航空戦隊は連日のようにポートモレスビーほかニューギニア島東部各地の航空基地や珊瑚海に対して偵察と爆撃を繰り返したが、地上砲火以外に大した反撃はなかった[31]。第二十四航空戦隊による航空制圧が続く3月5日13時、前述のように、第11任務部隊の接近で作戦期日が5日繰り下げられたSR攻略部隊と支援部隊はラバウルを出撃し、敵襲もなくニューブリテン島南岸を西航したのち、おりからの豪雨を突いて3月8日1時に陸軍部隊がサラモア沖に、2時30分には海軍部隊がラエ沖に到着してそれぞれ上陸を開始し、7時過ぎまでにはラエおよびサラモアの航空基地、市街、電信施設を無血占領することに成功した[32]。双方の航空基地には爆破孔あったが、8日午後までには補修も終わり、いつでも使用可能な状態とした[33]。ところが、ラエ方面では荒天で大発動艇の大部分が座礁するなどアクシデントがあり、梶岡はウェーク島の戦いの経験から駆逐艦での大発動艇の引き下ろしを命じた[34]。また、これといった港湾施設もないラエでの荷役作業の終了見込みは「金剛丸」が10日、「天洋丸」が11日、「黄海丸」が12日とされた[33]。サラモア方面でも荒天で上空掩護に欠く有様で、梶岡は8日夜には戦闘機隊を至急ラエに派遣するよう打電した[35]。この上空掩護を欠く状況が、日本軍に大出血をもたらした。

なお、支援部隊も3月5日16時にラバウルを出撃し、ニューブリテン島南方を行動したのち上陸成功の報に接して反転し、ブカ島方面に移動した[36]

3月10日まで[編集]

日本軍のラエおよびサラモアへの来襲を、連合軍が黙って見ていることはなかった。3月に入ってから間もなくロッキード・ハドソン(ロッキード型)と思われる陸上機がラバウル、スルミ方面に空襲を仕掛けており[26]、上陸作戦当日の3月8日にも朝方から空襲を行った。海軍部隊がラエを占領して間もなく「ロッキード」型が飛来し[37]、10時過ぎと13時過ぎにもラエとサラモアに1機ずつ飛来[38]。10時過ぎに飛来した航空機は「横浜丸」に対して爆弾を複数発投下したが、船尾方向100メートルに落下して被害を与えなかった[39]。しかし、13時過ぎに来襲の航空機が同じく「横浜丸」に対して投弾し、前甲板へ命中弾1発と至近弾1発を与え、「横浜丸」では死傷者9名を出した[40]。「横浜丸」は18時前にも空襲を受けたが被害はなく、「夕張」から派遣された工作隊によって修理が行われた[33][41][42]。その他、「朝凪」も1回爆撃を受けたが被害はなかった[33]。梶岡が戦闘機隊の緊急派遣を要請した背景には、このように悪天候にもかかわらず空襲を受けたことがあった。しかし、要請に応じてスルミから飛び立った戦闘機隊はラエ上空の悪天候に悩まされ、また占領したばかりのラエの航空基地に置かれた標識を見落とし、スルミ経由でラバウルに帰投[43]。戦闘機隊派遣に関する電文も行き違いが生じて遅れて受信するなど、ラエ、サラモア上空は制空権のないまま3月10日を迎えた。

第11任務部隊と第17任務部隊は依然ラバウル攻撃を策して進撃していたが、日本軍のラエおよびサラモア上陸の報を聞いて、攻撃目標を急遽ラエとサラモアに切り替えることとなった[13][19]。しかしここで、一つの難問に直面する。ルイジアード諸島以北のソロモン海に進んで東方からラエとサラモアを攻撃しようとするとラバウルからの航空圏内に入り、かといってパプア湾に進んで南方から攻撃しようとした場合には、オーエンスタンレー山脈の状況が資料を欠いてわからないというデメリットがそれぞれ生じた[13]。そこでブラウンは航空機を派遣してオーエンスタンレー山脈の状況を調査させたところ、基本的には重装備の航空機では山脈を越すことが難しいものの一部には2,500メートル程度の標高の地点があり、しかも朝方には2時間程度晴れていることも分かったため、ブラウンはパプア湾に進んで3月10日早朝に南方から攻撃することに決めた[19][13]。攻撃に先立ち、ブラウンは自己の部隊から「アストリア」、「シカゴ」、「ルイビル」の重巡洋艦3隻と「アンダーソン」、「ハムマン」、「シムス」、「ヒューズ」の駆逐艦4隻を、タンカー護衛を担当するクレースの第44任務部隊に派遣して護衛を厚くした[19]

空襲[編集]

3月10日早朝、第11任務部隊と第17任務部隊は予定地点に到達し、「レキシントン」からはSBD「ドーントレス」30機、TBD「デヴァステイター」13機、「F4F「ワイルドキャット」8機の計51機が発進し、「ヨークタウン」からは「ドーントレス」30機、「デヴァステイター」12機、「ワイルドキャット」10機の計52機が発進して、総計103機の攻撃隊がラエとサラモアを目指した[19]。これとは別に、1機がオーエンスタンレー山脈の気象観測のため発進[13]。攻撃隊の装備は爆弾が主であったが、「レキシントン」攻撃隊の「デヴァステイター」13機のみは魚雷を搭載した[19][44]。攻撃目標は、「レキシントン」攻撃隊がサラモアを、「ヨークタウン」攻撃隊がラエをそれぞれ攻撃すると定められる[44]。攻撃隊は無事にオーエンスタンレー山脈を越え、一路ラエとサラモアの沖合にいる日本軍艦船に向けて突進した。

そのころ、ラエとサラモア沖に展開中のSR攻略部隊各艦船は依然として設営作業に協力していた。数日来降っていた雨もあがり、早朝に「ロッキード」型が飛来して「天洋丸」に対して投弾してきたが、偵察であると判断された[45][46]。ところが、7時50分にいたりSR攻略部隊の各艦船はオーエンスタンレー山脈を越えて飛来してきた「レキシントン」および「ヨークタウン」両攻撃隊の奇襲を受けた[47]。各艦船は対空砲火を撃ちあげたが貧弱であり、「聖川丸」も搭載の水上偵察機3機で撃退しようとしたが、103機対3機ではどうしようもなかった[48]。「横浜丸」支援でサラモア沖にあった「夕張」が真っ先に狙われ、銃爆撃に加えて雷撃を受けたが、雷撃に関しては腕が拙劣で発射距離も遠く、まったく問題にならなかった[49]。それでも「夕張」は機銃掃射で応急弾薬筺や魚雷格納筺から火災が発生し、電信機も被弾で故障して送信不能となった[50]。「夕張」が支援していた「横浜丸」は、4発の命中弾を受け8時30分に沈没[51]。以降、9時15分に第一波の攻撃が終わるまで「ちゃいな丸」、「朝凪」および「聖川丸」が被弾損傷した[52]。9時35分にはB-17の爆撃もあり、一連の攻撃は10時35分までにはほぼ終わった[53][54]。攻撃後の12時、ようやく零戦4機がラエ上空に到着したが、もはや「後の祭り」であった[55]

攻撃隊を収容した第11任務部隊と第17任務部隊は、攻撃隊員から再度の攻撃が要請されるもブラウンはこれを受け入れず、燃料補給のため第44任務部隊の方角をさして避退していった[56]

被害[編集]

沈没艦船は以下のとおり。

  • 「横浜丸」:4発の命中弾を受け沈没。戦死1[53][51]
  • 「天洋丸」:6番船倉その他に命中弾2発、ラエ海岸に擱座し総員退去。3月11日に水柱を吹き上げ、煙突より後方沈没。戦死9、重軽傷23[53][57][58]
  • 「金剛丸」:命中弾2発で機械室浸水、後部船倉で火災発生、搭載の高射砲2基破壊、3月10日16時30分に沈没。戦死12、重軽傷16[53][59]
  • 「第二玉丸」:多大な銃爆撃を浴びバエン湾に避退、艦橋大破、舵機破損など被害甚大。応急修理を試みるも排水不能により3月12日18時5分沈没。戦死5、重傷10[53][60][61]

沈没以外で人的および物的被害のあった艦船は以下のとおり。

  • 「夕張」:被弾、至近弾5発により一時火災発生。戦死13、重軽傷49[53][62]
  • 「追風」:重軽傷2[53]
  • 「朝凪」:9時50分に前甲板に1発命中、至近弾2発、缶損傷で最大速度26ノット。戦死18、重軽傷47[53][63]
  • 「夕凪」:左舷中部に命中弾1発、缶破裂により航行困難、最大速力21ノット。戦死29、重軽傷38[53][64][65]
  • 「津軽」:命中弾1発、至近弾4発により破孔多数、煙突と舵機損傷。。戦死11、重軽傷13[53][66]
  • 「黄海丸」:船体前後部に命中弾各1発、航行可能。戦死7、重軽傷30[53][67]
  • 「聖川丸」:左舷側に至近弾1発、破孔により機械故障。最大速力10ノット。戦死1、重軽傷9[53][68]
  • 「玉丸」:重軽傷6[53]
  • 「ちゃいな丸」:命中弾1発、小破[53]

ラエおよびサラモア沖に展開していたSR攻略部隊艦船18隻中、人的および物的の被害がなかったのは「望月」、「睦月」、「弥生」、「第二号能代丸」(日本水産、216トン)および「羽衣丸」(日本水産、234トン)の5隻のみで、残る13隻のうち沈没・擱座は4隻を数え、その他も大なり小なりの被害を受けた。残存艦船のうち「朝凪」、「望月」と「聖川丸」は3月12日午前[69]、「第二玉丸」(西大洋漁業、264トン)が沈没した第十四掃海隊は3月13日9時[70]、「追風」と「黄海丸」(嶋谷汽船、3,871トン)は3月14日午後[71]、そして「ちゃいな丸」を護衛した「夕張」は3月14日夜[72]にそれぞれラバウルに帰投した。人的被害は戦死130、重軽傷245の計375名に達し、そのうち陸軍関係は戦死1、重軽傷8であった[73]。日本側は11機の撃墜を報じたが[74]、実際には攻撃隊は1機しか失わなかった[13]。陸上戦は日本側の勝利であったが、海空戦は贔屓目に見てもアメリカ海軍の完勝であった。

ブカ島方面を行動中の支援部隊は、ラエおよびサラモアへの敵襲の報を受けても何らアクションを起こさず、ブカ島方面での掃討作戦をおこなったのち、3月11日にラバウルに帰投した[75]

戦闘の後[編集]

零戦隊の進出[編集]

日本側は、3月18日まで第11任務部隊および第17任務部隊の索敵を行ったものの、攻撃後即座にパプア湾を離れた両任務部隊を3月10日午後に発見した程度でその後は手掛かりを失った[76]。ラエへの航空基地の前進は、同時にポートモレスビーをはじめとする連合軍側航空基地とオーエンスタンレー山脈を挟んで直接対峙することも意味していた[77]。ラエおよびサラモアには3月11日以降も爆撃が繰り返され[78][79]、SR攻略部隊の援護ができなかった零戦隊は、遅ればせながら3月11日から12日にかけて17機がラエに進出[80]。3月13日には陸上攻撃機隊もラエに進出し、この日からポートモレスビー攻撃および本格的な哨戒を開始した[80]

敵基地と至近になったことで損害も多く、3月22日にはロッキード・ハドソンとB-17、ホーカー ハリケーンの攻撃により零戦2機未帰還、5機焼失、7機被弾修理不能という大被害を受けた[81]。4月4日には、第二十五航空戦隊がラエに進出していた第四海軍航空隊に対して航空機の分散配備などを指示した直後に戦闘機隊の銃撃を受け、戦闘機2機炎上、戦闘機8機と陸攻9機が被弾するという被害も受けているる[82]。以降、ラエとサラモアは1943年(昭和18年)3月からの連合軍の反攻により9月11日(サラモア)および9月16日(ラエ)に奪回されるまで日本軍の拠点として機能した。

もっとも、零戦隊をポートモレスビー攻撃に備えてラエに集中させたことは、ラバウルの防空が手薄になることにもつながり、ラバウルへの空襲に対しては旧式の九六式艦上戦闘機で対抗せざるを得なかった[83]

戦訓[編集]

ラエとサラモアを確保してラバウルの外郭の一角を押さえるという目的は一応達成したものの、空襲による痛手は大きく、4月中に予定されていたツラギ島およびポートモレスビーの攻略は、部隊再編のため1か月の延期を余儀なくされた[75]。一作戦で生じた被害としては開戦以来最大とも評されるが、蘭印作戦の華々しい戦果の陰に完全に隠れてしまった[49]。大被害の原因について梶岡は、「津軽」が属していた第十九戦隊司令官の志摩清英少将に対して「本作戦に際しては敵機動部隊の出現を極度に警戒していたが、ついに戦闘機進出遅延のため、この惨害を受けた」と述べた[49]。また、「津軽」艦長の稲垣はオーストラリア北東方面に機動部隊を張り付けて強力な攻撃を継続すべき」という趣旨の意見具申を行い、志摩も日記に、オーストラリア北東方面に機動部隊を進出させて圧力をかける必要性を記している[84]。志摩はまた、3月22日のラエへの空襲に関して「この状況を継続しあらば、結局航空消耗戦を継続するに過ぎず」とも日記に記したが[81]、その後のポートモレスビーをめぐる戦況は、志摩の予言が当たることとなった。

ウェーク島の戦いに続いて苦杯を舐めることとなった第六水雷戦隊は、戦訓として志摩や稲垣と同じく支援部隊に機動部隊を起用することを挙げたほか[85]、彼我の状況に応じて要領を修正することの必要性[86]、日本海軍に伝わる旧習は尊重すべきだが、尊い犠牲を購って手に入れた戦訓を積極的に取り入れること[87]、そして対空兵装の強化[88]などを戦訓として取り上げた。もっとも、第六水雷戦隊が挙げたこれらの戦訓を日本海軍がどの程度重視し実行に移したかは、ここでは問わない。

ラエおよびサラモアへの奇襲を成功させたブラウンにはニミッツから賞詞が送られ[89]、これまでの戦功で海軍殊勲章英語版を受章した[90]。しかし、攻撃から1か月後の4月10日に第11任務部隊を去り、以降は陸上勤務となった[91]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 支援部隊、基地航空部隊、陸上部隊および基地要員は含まず。
  2. ^ 第44任務部隊の一部は含まず。

出典[編集]

  1. ^ a b c #戦史49 p.103
  2. ^ #戦史49 pp.103-104
  3. ^ a b #木俣軽巡 p.151
  4. ^ #戦史49 p.104
  5. ^ a b c #戦史49 p.106
  6. ^ a b #戦史49 p.105
  7. ^ #木俣空母 p.126
  8. ^ #戦史49 pp104-105
  9. ^ a b #ニミッツ、ポッター p.41
  10. ^ #ニミッツ、ポッター pp.41-42
  11. ^ #ニミッツ、ポッター p.42
  12. ^ #阿部
  13. ^ a b c d e f g h i #戦史49 p.128
  14. ^ #石橋 pp.243-244
  15. ^ #戦史49 p.108, pp.110-112, p.116
  16. ^ #六水戦 p.38
  17. ^ #南洋部隊 (4) p.45
  18. ^ Task Force 11” (チェコ語). Naval War in Pacific 1941 - 1945. valka.cz. 2012年12月11日閲覧。
  19. ^ a b c d e f g h i j k l #HyperWar
  20. ^ Task Force 17” (チェコ語). Naval War in Pacific 1941 - 1945. valka.cz. 2012年12月11日閲覧。
  21. ^ Task Force 44” (チェコ語). Naval War in Pacific 1941 - 1945. valka.cz. 2012年12月11日閲覧。
  22. ^ #戦史49 p.108
  23. ^ #木俣軽巡 pp.149-150
  24. ^ a b c #戦史49 p.107
  25. ^ #戦史49 p.109
  26. ^ a b #戦史49 p.110
  27. ^ a b c #戦史49 p.111
  28. ^ #戦史49 p.112,114
  29. ^ #木俣軽巡 p.150
  30. ^ #戦史49 pp.116-117
  31. ^ #戦史49 pp.114-118
  32. ^ #戦史49 p.118
  33. ^ a b c d #戦史49 p.120
  34. ^ #南洋部隊 (2) pp.39-42
  35. ^ #戦史49 pp.118-120
  36. ^ #戦史49 p.118
  37. ^ #南洋部隊 (2) p.39
  38. ^ #南洋部隊 (2) p.44,46
  39. ^ #南洋部隊 (2) p.45
  40. ^ #南洋部隊 (2) pp.46-47
  41. ^ #南洋部隊 (2) pp.49-50
  42. ^ #南洋部隊 (3) pp.1-2
  43. ^ #戦史49 p.122
  44. ^ a b #木俣軽巡 p.152
  45. ^ #戦史49 p.123
  46. ^ #南洋部隊 (3) pp.18-19
  47. ^ #南洋部隊 (3) p.20
  48. ^ #戦史49 pp.123-125
  49. ^ a b c #戦史49 p.125
  50. ^ #南洋部隊 (3) pp.19-21
  51. ^ a b #南洋部隊 (3) p.22
  52. ^ #南洋部隊 (3) pp.23-24
  53. ^ a b c d e f g h i j k l m n #戦史49 p.124
  54. ^ #南洋部隊 (3) p.25,29
  55. ^ #南洋部隊 (3) p.33
  56. ^ #戦史49 pp.128-129
  57. ^ #南洋部隊 (3) p.34,54
  58. ^ #南洋部隊 (4) p.2
  59. ^ #南洋部隊 (3) pp.35-36, p.43,49
  60. ^ #南洋部隊 (3) p.33,37,47
  61. ^ #南洋部隊 (4) p.10,14
  62. ^ #南洋部隊 (3) pp.21-25
  63. ^ #南洋部隊 (3) p.28
  64. ^ #南洋部隊 (3) pp.29-31, p.39
  65. ^ #南洋部隊 (4) p.17
  66. ^ #南洋部隊 (3) p.39, pp.44-45, p.53
  67. ^ #南洋部隊 (3) pp.35-36
  68. ^ #南洋部隊 (3) p.24, pp.27-28, p.30,42,44,51
  69. ^ #南洋部隊 (4) pp.7-8
  70. ^ #南洋部隊 (4) p.18
  71. ^ #南洋部隊 (4) p.26
  72. ^ #南洋部隊 (4) p.28
  73. ^ #南洋部隊 (4) p.44-45
  74. ^ #南洋部隊 (4) p.21, pp.39-40
  75. ^ a b #戦史49 p.130
  76. ^ #戦史49 pp.126-127
  77. ^ #戦史49 pp.135
  78. ^ #南洋部隊 (3) p.52
  79. ^ #南洋部隊 (3) p.9
  80. ^ a b #戦史49 p.136
  81. ^ a b #戦史49 p.137
  82. ^ #戦史49 p.153
  83. ^ #戦史49 p.154
  84. ^ #戦史49 p.125,137
  85. ^ #南洋部隊 (8) pp.44-45
  86. ^ #南洋部隊 (8) pp.48-49
  87. ^ #南洋部隊 (8) pp.50-51
  88. ^ #南洋部隊 (8) pp.56-59
  89. ^ #戦史49 p.129
  90. ^ Military Times. “Wilson Brown, Jr.”. Military Times Hall of Valor. 2012年12月11日閲覧。
  91. ^ Kent G. Budge. “Brown, Wilson, Jr.”. The Pacific War Online Encyclopedia. 2012年12月11日閲覧。

参考文献[編集]

サイト[編集]

印刷物[編集]

  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • Ref.C08030757600 『軍艦津軽戦闘詳報 第十四号 SR作戦自昭和十七年二月二十日至昭和十七年三月十七日』。
    • Ref.C08030757700 『軍艦津軽戦闘詳報 第十四号 SR作戦自昭和十七年二月二十日至昭和十七年三月十七日』。
    • Ref.C08030757800 『軍艦津軽戦闘詳報 第十四号 SR作戦自昭和十七年二月二十日至昭和十七年三月十七日』。
    • Ref.C08030757900 『軍艦津軽戦闘詳報 第十四号 SR作戦自昭和十七年二月二十日至昭和十七年三月十七日』。
    • Ref.C08030647500 『昭和十七年三月二十日 軍艦聖川丸戦闘詳報 第六号』。
    • Ref.C08030122800 『自昭和十七年三月一日至同年三月三十一日 第六水雷戦隊戦時日誌』。
    • Ref.C08030122900 『昭和十七年三月十七日 南洋部隊「SR」方面攻略部隊戦闘詳報』。
    • Ref.C08030123000 『昭和十七年三月十七日 南洋部隊「SR」方面攻略部隊戦闘詳報』。
    • Ref.C08030123100 『昭和十七年三月十七日 南洋部隊「SR」方面攻略部隊戦闘詳報』。
    • Ref.C08030123200 『昭和十七年三月十七日 南洋部隊「SR」方面攻略部隊戦闘詳報』。
    • Ref.C08030123300 『昭和十七年三月十七日 南洋部隊「SR」方面攻略部隊戦闘詳報』。
    • Ref.C08030123400 『昭和十七年三月十七日 南洋部隊「SR」方面攻略部隊戦闘詳報』。
    • Ref.C08030123500 『昭和十七年三月十七日 南洋部隊「SR」方面攻略部隊戦闘詳報』。
    • Ref.C08030123600 『昭和十七年三月十七日 南洋部隊「SR」方面攻略部隊戦闘詳報』。
  • 財団法人海上労働協会(編) 『復刻版 日本商船隊戦時遭難史』 財団法人海上労働協会/成山堂書店、2007年(原著1962年)。ISBN 978-4-425-30336-6
  • 防衛研究所戦史室編 『戦史叢書49 南東方面海軍作戦(3) ガ島奪回作戦開始まで朝雲新聞社1971年
  • 木俣滋郎 『日本空母戦史』 図書出版社、1977年
  • 鈴木範樹「機動部隊R作戦を支援」 『写真・太平洋戦争(1)』 雑誌「」編集部(編)、光人社、1989年、178-179頁。ISBN 4-7698-0413-X
  • 佐藤和正「中部・南部太平洋方面攻略作戦」 『写真・太平洋戦争(1)』 雑誌「丸」編集部(編)、光人社、1989年、206-213頁。ISBN 4-7698-0413-X
  • 阿部安雄「米機動部隊ラバウル空襲ならず」 『写真・太平洋戦争(1)』 雑誌「丸」編集部(編)、光人社、1989年、240-241頁。ISBN 4-7698-0413-X
  • 石橋孝夫「米空母機動部隊の反撃」 『写真・太平洋戦争(1)』 雑誌「丸」編集部(編)、光人社、1989年、242-244頁。ISBN 4-7698-0413-X
  • C.W.ニミッツ・E.B.ポッター 『ニミッツの太平洋海戦史』 実松譲、冨永謙吾(共訳)、恒文社、1992年ISBN 4-7704-0757-2
  • 木俣滋郎 『日本水雷戦史』 図書出版社、1986年
  • 駒宮真七郎 『戦時輸送船団史』 出版協同社、1987年ISBN 4-87970-047-9
  • 木俣滋郎 『日本軽巡戦史』 図書出版社、1989年
  • 林寛司(作表)、戦前船舶研究会(資料提供)「特設艦船原簿/日本海軍徴用船舶原簿」、『戦前船舶』第104号、戦前船舶研究会、2004年、 92-240頁。

関連項目[編集]