天龍 (軽巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
天龍
天龍
艦歴
建造者 横須賀海軍工廠
運用者  大日本帝国海軍
発注 1915年度計画
起工 1917年5月17日
進水 1918年3月11日
就役 1919年11月20日
その後 1942年12月18日戦没
除籍 1943年2月1日
主要諸元
艦種 軽巡洋艦
艦級 天龍型
排水量 基準:3,230トン
全長 142.65 m
全幅 12.34 m
吃水 3.96 m
機関 ロ号艦本式缶専焼8基、同混焼缶2基
ブラウン・カーチス式オールギアードタービン3基3軸
機関出力 51,000 SHP
速力 33 ノット
燃料 重油:920トン、石炭:150トン
航続距離 5,000 海里 / 14 ノット時
乗員 327名
兵装 建造時
50口径三年式14cm砲4門
40口径8cm高角砲1門
53cm3連装魚雷発射管2基
昭和16年開戦時
50口径三年式14cm砲4門
40口径8cm高角砲1門
53cm3連装魚雷発射管2基
93式13ミリ連装機銃2基
三年式6.5ミリ機銃2基
山之内式5センチ礼砲2基
81式爆雷投射機2基
爆雷投下台4個載2基
手動1個載2基
95式爆雷18個
機雷敷設用軌道2本
装甲 機関部舷側:63mm
水平:16-25mm
司令塔:51mm
テンプレートを表示

天龍(てんりゅう/てんりう)は、日本海軍軽巡洋艦天龍型の1番艦。艦名は、遠州灘に注ぐ天竜川にちなんで名づけられた。

概要[編集]

第一次世界大戦直後(1919年11月20日)に竣工した小型軽巡洋艦で、人力装填の単装主砲と魚雷発射管が主兵装。主に夜戦に際して駆逐艦を率いて敵主力艦に雷撃を行う水雷戦隊の旗艦としての役割を期待された。太平洋戦争ではウェーキ島攻略戦第一次ソロモン海戦等に参加した。

1942年12月18日、マダン上陸作戦の支援中に米潜水艦アルバコア (USS Albacore, SS-218) の雷撃で沈没した。

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』129-131頁、『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。階級は就任時のもの。

艤装員長[編集]

  1. 角田貫三 中佐:1918年2月16日[1] - 7月20日[2]
  2. (兼)角田貫三 中佐:1918年7月20日[2][3] -

艦長[編集]

  1. 角田貫三 中佐:1918年7月20日[2] - 1920年11月20日
  2. (心得)村瀬貞次郎 中佐:1920年11月20日 - 1920年12月1日[4]
  3. 村瀬貞次郎 大佐:1920年12月1日 - 1921年12月1日
  4. 横尾敬義 大佐:1921年12月1日 - 1922年5月29日
  5. 河村達蔵 大佐:1922年5月29日 - 1922年12月1日
  6. 松下元 大佐:1922年12月1日 - 1923年10月15日
  7. (心得)小栗信一 中佐:1923年10月15日 - 12月1日
  8. 小栗信一 大佐:1923年12月1日 - 1924年12月1日
  9. 瀧田吉郎 大佐:1924年12月1日 - 1925年10月20日
  10. 木田新平 大佐:1925年10月20日 - 1925年12月1日
  11. 毛内効 大佐:1925年12月1日 - 1926年11月1日
  12. 山口清七 大佐:1926年11月1日 - 1927年11月15日
  13. 菊野茂 大佐:1927年11月15日 - 1928年12月10日
  14. 沢本頼雄 大佐:1928年12月10日 - 1929年8月20日
  15. 高橋伊望 中佐:1929年8月20日 - 1929年11月1日
  16. 蜂屋義尾 大佐:1929年11月1日 - 1930年12月1日[5]
  17. 斑目健介 大佐:1930年12月1日 - 1932年11月15日
  18. 田結穣 大佐:1932年11月15日 - 1933年11月1日
  19. 金沢正夫 大佐:1933年11月1日 - 1934年5月25日
  20. 井沢徹 大佐:1934年5月25日 - 11月15日
  21. 春日末章 大佐:1934年11月15日 - 1935年11月21日
  22. 鎌田道章 大佐:1935年11月21日 - 1936年2月15日
  23. 工藤久八 大佐:1936年2月15日 - 1936年11月10日
  24. 宇垣完爾 大佐:1936年11月10日 -
  25. 阿部孝壮 大佐:1937年8月2日 -
  26. 山崎貞直 大佐:1938年12月15日 -
  27. 鹿目善輔 大佐:1939年11月15日 -
  28. 高橋雄次 大佐:1940年10月15日 -
  29. 後藤光太郎 大佐:1941年8月28日 -
  30. 浅野新平 大佐:1942年6月5日 -
  31. 上田光治 大佐:1942年12月5日 -

同型艦[編集]

画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第1661号、大正7年2月18日。
  2. ^ a b c 『官報』第1791号、大正7年7月22日。
  3. ^ 『官報』第1792号、大正7年7月23日。『官報』第1791号で「艤装員長」の「長」が漏れていたことの訂正あり。
  4. ^ 『官報』第2501号、大正9年12月2日。
  5. ^ 『官報』第1179号、昭和5年12月2日。

参考文献[編集]

  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第8巻 軽巡Ⅰ』(光人社、1990年) ISBN 4-7698-0458-X
  • 歴史群像太平洋戦争シリーズ51 真実の艦艇史2 ISBN 9784056040838
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9
  • 官報

関連項目[編集]