四〇口径三年式八糎高角砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
四〇口径三年式八糎高角砲
GuadJapanese3inch.gif
種類 艦砲/高射砲
原開発国 日本の旗 日本
運用史
配備期間 1916年2月〜1945年
配備先  大日本帝国海軍
関連戦争・紛争 太平洋戦争
諸元
重量 2.6トン

砲弾重量 9.43kg
口径 76.2mm口径 / 40口径長
仰角 -5°/+75°
俯仰速度: 7°/s
旋回角 旋回速度: 11°/s
動力 人力
発射速度 13発/分
初速 670m/s
最大射程 10,800 m
最大射高 6,800 m

四〇口径三年式八糎高角砲(40こうけいさんねんしき8せんちこうかくほう)は、日本海軍の開発した高角砲。通称8センチ高角砲

概要[編集]

靖国神社に展示されている四〇口径三年式八糎高角砲

元は「四〇口径四一式八糎平射砲」を75度まで仰角を増した三吋大仰角砲(3インチだいぎょうかくほう)として1916年(大正5年)2月に正式化されたもの。その後四〇口径八糎高角砲と改称し、更に1922年(大正11年)3月に四〇口径三年式八糎高角砲と改称された。

操作は人力で行い、閉鎖機は斜鎖式尾栓だった。

大正期の代表的高角砲として5500トン型軽巡洋艦扶桑型戦艦伊勢型戦艦、空母鳳翔などに搭載された。昭和期に入り徐々に他の対空兵装に置き換わっていき、太平洋戦争時には旧式砲となっていた。しかし砲艦などの小艦艇や特設艦船などにはまだ搭載されていた。また南方各地の防空砲としても使用されている。

形式[編集]

単装砲架[編集]

形式不明
盾無しと盾有りの二種類ある。

搭載艦船[編集]

など

参考文献[編集]

  • 長谷川藤一『軍艦メカニズム図鑑-日本の航空母艦』グランプリ出版、1997年 ISBN 4-87687-184-1
  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第8巻 軽巡Ⅰ』光人社、1990年 ISBN 4-7698-0458-X
  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第9巻 軽巡Ⅱ』光人社、1990年 ISBN 4-7698-0459-8

関連項目[編集]