朝雲 (駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Asagumo-1.jpg
艦歴
計画: マル2計画
起工: 1936年12月23日
進水: 1937年11月5日
就役: 1938年3月31日
その後: 1944年10月25日戦没
除籍: 1945年1月10日
性能諸元
排水量 基準:約2,000t、公試:2,400t
全長 118.00m
全幅 10.386m
吃水 3.71m(平均)
機関 オール・ギアードタービン2基2軸
艦本式ロ号重油専焼缶3基
52,009hp(公試)
最大速力 34.70kt(公試)
航続距離 18ktで5,190浬
燃料 重油580t
乗員 230名
武装(新造時) 50口径12.7cm連装砲 3基6門
25mm機銃 Ⅱ×2
(または13mm機銃 Ⅱ×2)
61cm4連装魚雷発射管 2基8門
(九〇式魚雷16本)
九一式爆雷×36

朝雲(あさぐも)は、日本海軍駆逐艦朝潮型の5番艦である。

艦歴[編集]

神戸川崎造船所1936年(昭和11年)12月に起工、1938年(昭和13年)3月に竣工し、同時に第41駆逐隊に編入された。

1938年12月15日、第三予備艦となり横須賀海軍工廠蒸気タービン機関の改造工事を実施した(臨機調事件)。1939年11月15日、所属の第41駆逐隊が第9駆逐隊となった。1940年11月15日、第9駆逐隊は第2艦隊第4水雷戦隊に編入された。

太平洋戦争開戦時には、同型艦「山雲」「夏雲」「峯雲」と共に第9駆逐隊に属し、ビガンリンガエン湾上陸作戦を支援した。1942年(昭和12年)1月よりタラカンバリクパパン等の攻略作戦に加わり、2月にマカッサル攻略作戦に協力、スラバヤ沖海戦に参加し損傷を受け浦賀で修理を行い、6月のミッドウェー海戦では攻略部隊に属していた。6月14日、北方部隊に編入されたが、7月には再び南方に派遣され、8月24日第二次ソロモン海戦に参加、9月20日からガダルカナル島輸送に9回従事した。11月、第三次ソロモン海戦に参加し、戦艦「霧島」の乗員618名を救助しトラックに帰投、入渠整備を受け空母「冲鷹」を護衛し横須賀に回航した。

1943年(昭和18年)2月、ガダルカナル島撤収作戦に2回参加し、さらにウェワク輸送船団を護衛した。3月3日、ラエ輸送中にビスマルク海海戦が起こり、クレチン岬南東沖でアメリカオーストラリア軍機の空襲を受け、輸送船が全て撃沈され485名を救助しカビエンに帰投した。次いでコロンバンガラ島輸送に2回参加し、4月13日、横須賀に帰投し第5艦隊第1水雷戦隊に編入され、5月21日にアッツ島に向かうが、予定を変更し幌筵島方面の掃海に従事した。7月29日、キスカ島撤退作戦に加わり、以降10月末まで千島方面海域で対潜哨戒、船団護衛に当たった。

1943年11月1日、第3艦隊第10戦隊第10駆逐隊に編入され、横須賀で整備を行った後、内地からリンガ泊地間を第1航空戦隊、戦艦「大和」などを護衛し、1944年(昭和19年)3月15日にリンガ泊地に到着した。5月30日、渾作戦に従事し、6月のマリアナ沖海戦には機動部隊本隊に加わり、24日柱島泊地に帰投した。10月25日、レイテ沖海戦では西村艦隊に属してスリガオ海峡に突入、米艦艇の攻撃により沈没。約200名が戦死し、翌年1月10日に除籍された。

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』314-315頁による。

艤装員長[編集]

  1. 森可久 中佐:1937年12月1日 -

艦長[編集]

  1. 森可久 中佐:1938年3月31日 -
  2. 柳川正男 少佐:1938年8月1日 -
  3. 脇田喜一郎 中佐:1939年10月10日 -
  4. 有近六次 中佐:1940年11月15日 -
  5. 岩橋透 中佐:1941年8月20日 -
  6. 柴山一雄 中佐:1943年6月10日 -

参考文献[編集]

  • 雑誌「丸」編集部『ハンディ版 日本海軍艦艇写真集17 駆逐艦 初春型・白露型・朝潮型・陽炎型・夕雲型・島風』光人社、1997年。
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9

関連項目[編集]