古鷹 (重巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
古鷹
艦歴
発注 1922年6月
起工 1922年12月5日
進水 1925年2月25日
就役 1926年3月31日
その後 1942年10月12日米艦隊の砲撃により沈没
除籍 1942年11月10日
要目(新造時 → 改装後)[1]
排水量 基準:7,950トン → 8,700トン
公試:9,544トン → 10,630トン
全長 185.166m
全幅 16.55m → 16.926m
吃水 5.56m → 5.61m
主缶 艦本式缶重油専焼10基、同混焼2基 → 艦本式重油専焼缶10基
主機 三菱パーソンズ式オールギアードタービン4基4軸
102,000馬力 → 103,340馬力(公試成績)
速力 34.6ノット(公試成績)
→ 32.95ノット(公試成績)
航続距離 14ノットで7,000海里
燃料 重油:1,400トン、石炭:400トン
→ 重油:1,858トン
乗員 627名 → 639名
兵装
(竣工時)
50口径20cm単装砲6門
40口径8cm単装高角砲4門
61cm連装魚雷発射管6基12門
八年式魚雷24本
兵装
(改装後)
50口径20.3cm連装砲3基6門
45口径12cm単装高角砲4門
61cm4連装魚雷発射管2基8門
九三式魚雷16本
装甲 舷側76mm
水平32-35mm
主砲25mm
航空機 1機 → 2機
(カタパルト0 → 1基)

古鷹(ふるたか)は、日本海軍古鷹型重巡洋艦1番艦。艦名は江田島海軍兵学校そばにある古鷹山による。

概要[編集]

列強の15cm砲搭載軽巡洋艦を凌駕する巡洋艦として、20cm砲6門を搭載し相応の防御力を有した8,000トン級巡洋艦として1923年度の計画で建造された(起工は1922年暮)。その背景には、日本海軍の巡洋艦の主力である5,500t型巡洋艦が仮想敵であるアメリカ海軍オマハ級軽巡洋艦に比べ大きく劣っていた事が挙げられる。

設計者は八八艦隊計画で有名な平賀譲造船官。平賀が先に設計した、実験艦としての性格が強かった「夕張」を拡大・改良したものである。

単装の20cm砲(8inchではなく20cm)を前甲板と後甲板の中心線上に3基ずつ並べ、煙突を巨大化し、航行性を高めるために波型の甲板を採用した事に特徴がある。なお、この砲は準砲塔式とも言える人力装填のものを採用しており、竣工時の古鷹型巡洋艦ではこの人力装填による給弾の遅れが問題となった。

同型の「加古」と共に1936~39年の改装で主砲を20.3cm連装砲3基に変更し、艦橋装置の近代化や、水雷兵装の新式化が行われている。砲撃力、速力、水雷戦闘能力共に太平洋戦争開戦時の水準を満たした強力な中型巡洋艦となった。

上記の通り当初はオマハ型を凌駕する巡洋艦として計画された。ワシントン海軍軍縮条約では巡洋艦は排水量10,000t以下、砲口径5inch以上8inch以下と定義付けられたが、保有制限はなかった。その為、当初の計画では14cm砲搭載の予定を20cm単装砲6基6門に変更された。その後、ロンドン海軍軍縮条約によって排水量に関わりなく重巡洋艦とされて保有制限を受けたため、搭載砲塔が条約上限の20.3cm(8inch)連装砲に換装された。

艦歴[編集]

昭和16年11月

三菱造船長崎造船所(現・三菱重工長崎造船所)で建造された。1922年に起工し、1926年に竣工した。

太平洋戦争緒戦[編集]

1941年(昭和16年)12月8日、第六戦隊(司令官五藤存知少将:青葉衣笠加古、古鷹)はグアム島攻略作戦を支援した。続いてウェーク島の戦いに参加した。ウェーク島攻略部隊第一陣は第六水雷戦隊(司令官梶岡定道少将:旗艦「夕張」)・第十八戦隊(司令官丸茂邦則少将)軽巡2隻(天龍龍田)を基幹に上陸作戦を行おうとしたが、駆逐艦「疾風如月」を撃沈されて撃退されていたのである。第六戦隊は、第二航空戦隊(司令官山口多聞少将:蒼龍飛龍)、第八戦隊(利根筑摩)、第17駆逐隊(谷風浦風)と共に増援部隊を編制、ウェーク島の占領を支援した。

1942年(昭和17年)5月上旬、「古鷹」はMO攻略部隊に所属し、珊瑚海海戦に参加した。MO攻略部隊の主戦力は第六戦隊(青葉、衣笠、古鷹、加古)、空母「祥鳳」、 駆逐艦「」で編制されていた。5月7日、MO攻略部隊は米軍第17任務部隊(司令官フランク・J・フレッチャー少将)の空母2隻(ヨークタウンレキシントン)から発進した攻撃隊の空襲を受ける。第六戦隊は「祥鳳」を中心に輪形陣を組んでいたものの、このシステムに慣れておらず、効果的な迎撃は望めなかった[2]。集中攻撃を受けた「祥鳳」は沈没。また退避命令が出たため「青葉」以下第六戦隊は「祥鳳」脱出者の救助を中断し、沈没現場を離れた[3]。のちに「漣」が沈没現場に戻って約200名を救助した[4]。20時40分、第六戦隊第2小隊(衣笠、古鷹)はMO機動部隊に編入される[5]。「古鷹、衣笠」は第六戦隊第1小隊(青葉、加古)と分離し、第五航空戦隊の空母2隻(瑞鶴翔鶴)、第五戦隊(妙高羽黒)、護衛駆逐艦(有明夕暮白露時雨)との合流地点へ向かった。 5月8日朝、「古鷹、衣笠」はMO機動部隊に合流する[6]。だが「第六戦隊ハ航空戦隊ノ後方五キロニ続行セヨ」以外の指示がなく、また空母を中心とした輪形陣を組まなかったため、各艦は単独で米軍機動部隊艦載機の空襲に対処する事になった[7]。「古鷹、衣笠」は「翔鶴」の後方約8000m地点を航行中、空襲を受けることになる[8]。MO機動部隊攻撃隊は「レキシントン」を撃沈し「ヨークタウン」に損傷を与えたが、一方で「翔鶴」が大破。「古鷹、衣笠、夕暮、潮」は戦場を離脱する「翔鶴」を一時的に護衛した[9]。6月上旬、日本本土に戻る。

ガダルカナル島の戦い[編集]

同年8月7日、米軍はウォッチタワー作戦を発動し、ガダルカナル島の戦いがはじまった。8日-9日の第一次ソロモン海戦で「古鷹」以下第六戦隊は第8艦隊(司令長官三川軍一中将:旗艦「鳥海)に所属し、「鳥海、青葉、加古、衣笠、古鷹、天龍、夕張、夕凪」で挺身艦隊を編制。連合国軍重巡四隻を共同で撃沈している。その帰途、姉妹艦「加古」が米潜水艦S-44」の魚雷攻撃を受け沈没した。8月24-25日第二次ソロモン海戦前後における第六戦隊は、「青葉、古鷹」と「鳥海、衣笠、磯風」に分離して別行動をとる。「青葉、古鷹」は輸送船団(第二水雷戦隊基幹)掩護のためにガダルカナル島北方海域に出動したが、被弾炎上する空母「龍驤」を視認したのみで、戦局には関与しなかった。

10月11日-12日、五藤司令官が率いる挺身砲撃隊(第六戦隊《青葉、古鷹、衣笠》、第11駆逐隊《初雪吹雪》)はガダルカナル島ヘンダーソン飛行場砲撃に向かった[10]。同日、トラック泊地から第三戦隊司令官栗田健男中将ひきいる第ニ次挺身攻撃隊(戦艦《金剛榛名》、 第二水雷戦隊《軽巡五十鈴、第15駆逐隊、第24駆逐隊、第31駆逐隊》)および第二航空戦隊(隼鷹飛鷹)もヘンダーソン基地艦砲射撃のため出撃する[11]

だが、第六戦隊はノーマン・スコット少将ひきいる米艦隊(重巡洋艦2、軽巡洋艦2、駆逐艦5)に丁字戦法によって迎撃される(サボ島沖海戦[12]。艦隊旗艦であった「青葉」は左舷前方に出現した米艦隊を輸送隊(水上機母艦2隻《日進千歳》、秋月、綾波、白雪、叢雲、朝雲、夏雲、朝雲)と誤認、敵艦隊と気づいた時には砲撃されており、初弾が青葉艦橋を貫通して五藤司令官を含む司令部・艦首脳部を戦傷死させた[12]。大破した「青葉」は『我青葉……』を連送し、面舵に変針しつつ煙幕を張って避退した[12]。「青葉」の後方を進んでいた「古鷹」は吊光弾を投下されて仰天[12]。最初は取舵をとったものの「青葉」の行動を見て面舵に転舵、「青葉」に続行した[12]。だが煙幕に入りきれなかった「古鷹」は米艦隊の攻撃により魚雷が誘爆して大火災となり、射撃目標となる[12]。三番砲塔旋回不能、魚雷発射管破壊、機関室砲弾貫通、左舷傾斜5度、機械故障と損害が累加し、ついに航行不能となった[12]。「古鷹」の主砲発射弾数は40発以下だっが、第二斉射以後で敵3番艦(米巡洋艦「ボイシ」)に損害を与えたという[12]。「衣笠、初雪」は取舵を維持したまま戦場を離脱、軽巡「ボイシ」、重巡「ソルトレイクシティー」と砲撃戦を行って損傷を与え、また米駆逐艦の同士討ちが生じた。「吹雪」は米艦隊に距離1500mまで接近、集中砲火をあびて轟沈した。

「青葉、衣笠、初雪」その後「古鷹」はしばらく海上に浮かんでいたが、軍艦旗をおろしたのち艦尾より沈没[12]。午前0時28分。艦長以下、生存者は駆逐艦「初雪」[13]に救助された。また本夜戦および撤退戦において「古鷹」以外にも駆逐艦3隻(吹雪、夏雲叢雲)が撃沈された。また損害を受けた米艦隊もガダルカナル島海域から撤退し、この間隙をついて第二次挺身隊(金剛、榛名)による10月13日ガダルカナル島飛行場砲撃が実施された[14]

「古鷹」型巡洋艦の設計計画当時は船体強度を維持するために船体中心線上に隔壁を設置することが多かった。「古鷹」も船体軽量化と強度の確保の面から船体中央に隔壁が設置されていた。太平洋戦争開始直前の時期には砲力や大威力の魚雷の出現により、片舷にのみ浸水し大傾斜により復原できなくなる可能性が指摘されていたが改修されることなく戦争に突入した。「古鷹」の沈没は一説にはこの片舷浸水による大傾斜が原因になったとされる。10月16日時点での戦死33名(内士官2)、行方不明者225名(内士官16)、救助518名(内士官34)[12]。なお、生存者の一部は米軍に救助された後にニュージーランドの収容所に送られ、そこでフェザーストン事件に遭遇している。

公試成績[編集]

状態 排水量 出力 速力 実施日 実施場所 備考
改装後 10,630t 32.95kt 1939年(昭和14年)6月9日 宿毛湾外標柱間

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』87-89頁、『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」に基づく。

艤装員長[編集]

  1. 塩沢幸一 大佐:1925年5月15日 -

艦長[編集]

  1. 塩沢幸一 大佐:1926年3月31日 - 1926年12月1日
  2. 菊井信義 大佐:1926年12月1日 - 1927年11月15日
  3. 有馬寛 大佐:1927年11月15日 - 1928年12月10日[15]
  4. 大西次郎 大佐:1928年12月10日[15] - 1929年11月30日
  5. 田尻敏郎 大佐:1929年11月30日 - 1930年12月1日
  6. 町田進一郎 大佐:1930年12月1日 - 1931年12月1日
  7. 神山忠 大佐:1931年12月1日 - 1932年12月1日
  8. 高山忠三 大佐:1932年12月1日 - 1933年11月15日
  9. 斎藤二朗 大佐:1933年11月15日 - 1934年11月15日
  10. 角田覚治 大佐:1934年11月15日 - 1935年11月15日
  11. 水野準一 大佐:1935年11月15日 - 1936年12月1日
  12. 大塚幹 大佐:1936年12月1日 -
  13. 友成佐市郎 大佐:1937年12月1日 -
  14. 岡村政夫 大佐:1938年4月20日 -
  15. 伊藤皎 大佐:1938年12月15日 -
  16. 白石万隆 大佐:1939年11月15日 -
  17. 中川浩 大佐:1940年10月19日 -
  18. 荒木伝 大佐:1941年11月28日 -

同型艦[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 要目は主に加古の値。古鷹の値は改装後の公試排水量、機関出力、速力。
  2. ^ #暁の珊瑚海(文庫)210頁
  3. ^ #暁の珊瑚海(文庫)221-222頁
  4. ^ #戦史叢書南東方面海軍作戦(1)285頁
  5. ^ #戦史叢書南東方面海軍作戦(1)298頁
  6. ^ #戦史叢書南東方面海軍作戦(1)305頁
  7. ^ #暁の珊瑚海(文庫)382-383頁
  8. ^ #戦史叢書南東方面海軍作戦(1)314頁
  9. ^ #戦史叢書南東方面海軍作戦(1)318頁
  10. ^ #戦藻録(1968)202-203頁『十月十二日月曜日 晴 サボ島沖海戦。ガ島飛行場に對し巡戦を以てする夜間主砲砲撃』
  11. ^ #戦藻録(1968)202頁『十月十一日 日曜日 晴 艦隊トラック出撃』
  12. ^ a b c d e f g h i j #戦藻録(1968)208-210頁『十月十六日金曜日 曇 サボ島沖夜戦青葉古鷹實戦失敗談。』
  13. ^ 『戦藻録』では白雲と誤認しているが、実際は初雪である。
  14. ^ #戦藻録(1968)204頁
  15. ^ a b 『官報』第587号、昭和3年12月11日。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 宇垣纏著、成瀬恭発行人 『戦藻録 明治百年史叢書』 原書房、1968年1月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書 南東方面海軍作戦(1) ガ島奪還作戦開始まで』 朝雲新聞社、1971年9月。
  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝』光人社、1993年。 ISBN 4-7698-0386-9
  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第6巻 重巡Ⅱ』光人社、1989年。 ISBN 4-7698-0456-3
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • [歴史群像]編集部『歴史群像太平洋戦史シリーズVol.44 重巡古鷹・青葉型』学習研究社、2005年。 ISBN 4-05-603323-4
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9
  • 森史朗 『暁の珊瑚海』 文春文庫、2009年11月。ISBN 978-4-16-777315-1