曙 (吹雪型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Akebono II.jpg
艦歴
発注 昭和2年度艦艇補充計画
起工 1929年10月25日
進水 1930年11月7日
就役 1931年7月31日
その後 1944年11月13日戦没
除籍 1945年1月10日
性能諸元(計画時)
排水量 基準:1,680t 公試:1,980t
全長 118m (水線長:115.3m)
全幅 10.36m
吃水 3.2m
機関 ロ号艦本式缶4基
艦本式タービン2基2軸 50,000hp
速力 38.0ノット
航続距離 14ktで5,000浬
乗員 219名(もしくは220名)
兵装 50口径12.7cm連装砲 3基6門
13mm単装機銃 2挺
61cm3連装魚雷発射管 3基

(あけぼの)は日本海軍駆逐艦吹雪型(特型)の18番艦(特II型の8番艦)である。この名を持つ日本海軍の艦船としては雷型駆逐艦「曙」に続いて2隻目。

艦歴[編集]

初期[編集]

「曙」は大阪市藤永田造船所で建造された。1930年11月7日に進水、1931年7月31日に就役し[1]、一等駆逐艦に類別され、第2艦隊第7駆逐隊に編入された。

1932年(昭和7年)、第一次上海事変において長江水域の作戦に参加した。

1935年(昭和10年)9月26日の第四艦隊事件では、艦尾が歪み亀裂が生じる被害を受けた。

日中戦争に際しては1937年(昭和12年)以降、上海杭州湾上陸作戦、仏印の作戦に参加した。

第二次世界大戦[編集]

1941年(昭和16年)12月の真珠湾攻撃の際、第7駆逐隊は第一航空艦隊第一航空戦隊に配属されたが、航続力不足のため攻撃部隊には参加せず、日本近海の哨戒を行っていた。

1942年1月13日、空母「飛龍」「蒼龍」を護衛して呉を出港し、1月31日、アンボン上陸作戦を支援した。2月6日、マカッサル攻略作戦に第11航空戦隊直衛として参加した。

スラバヤ沖海戦の3月1日昼戦にて、臨検しようとしていたオランダ病院船と誤認して英重巡「エクセター」に接近し攻撃を受けた。「曙」は救援を求めるが、第三艦隊は「曙」に対し、敵艦隊を誘致・拘束するよう命じた。燃料も尽きかけていた「曙」は逃走し、僚艦により「エクセター」ほか2隻は撃沈された[2]。3月末に修理のため横須賀海軍工廠へ帰投した。

4月末、重巡洋艦「妙高」「羽黒」を護衛してトラック諸島へ向かい[3]ポートモレスビー攻略作戦に従事した。5月8日の珊瑚海海戦では、高木武雄少将率いるMO機動部隊の一員として参戦した。「曙」が空母「翔鶴」の、「」が「瑞鶴」の直衛を行っていたが、米空母「ヨークタウン」の攻撃隊に発見され、攻撃を受けた。「瑞鶴」はスコールの下に入って難を逃れ、「曙」が護衛していた「翔鶴」に攻撃が集中することとなり、米攻撃隊が「敵空母撃沈」と2度も誤報するほどの被害(実際には大破)を出した。5月末、「瑞鶴」を護衛して呉海軍工廠へ帰投した。

6月のミッドウェー海戦では、アラスカダッチハーバーの米海軍基地を攻撃する北方部隊の一員として参戦し、その後、横須賀へ帰投した。

その後、各種南方進攻作戦や北方・南方での海上護衛・輸送作戦に従事した。

1944年(昭和19年)1月1日、「曙」は第5艦隊に配属された。1月14日、パラオ諸島東方で姉妹艦「」が雷撃を受け沈没し、「曙」はその生存者89名の救助を行った。1月25日、修理と改修のため横須賀へ帰投し、大湊警備府に配属されて10月まで北方海域の哨戒を行った。

10月24日、志摩艦隊の一員としてレイテ沖海戦に参戦した。10月25日、スリガオ海峡海戦で大破し撤退中の航巡「最上」を護衛するが、途中で米軍の空襲を受けて「最上」は航行不能となり、「曙」が生存者約700名を救助した後に雷撃処分を行った[4]

10月31日、上海から到着した陸軍第一師団をオルモックへ輸送するためマニラを出港した(第二次多号作戦)。11月1日にオルモックに到着した。揚陸がほぼ完了した翌11月2日、敵の空襲を受け能登丸が爆撃を受け沈没したが、輸送作戦はほぼ成功し、11月4日、マニラへ帰投した。

11月5日、マニラ湾一帯を米軍が空襲し、停泊中の「曙」は直撃弾2発を受けて炎上、航行不能となった。11月13日、米航空母艦艦載機がマニラ湾を再び空襲し、「曙」はキャヴィテ桟橋(北緯14度35分 東経120度55分 / 北緯14.583度 東経120.917度 / 14.583; 120.917座標: 北緯14度35分 東経120度55分 / 北緯14.583度 東経120.917度 / 14.583; 120.917)で直撃弾1発・至近弾10数発を受けて大破着底した。乗員48人が戦死し、43人が負傷した[5]

1945年(昭和20年)1月10日、「曙」は除籍された[6]。戦後、艦体は浮揚・解体された。

歴代艦長[編集]

艤装員長[編集]

  • 板垣盛 少佐:1931年2月1日 -

艦長[編集]

  • 板垣盛 少佐:1931年7月31日 - 1934年11月1日 同日より予備艦
  • (兼)中川浩 中佐:1934年11月1日 -[7]
  • 河西虎三 中佐:1934年11月15日 -
  • 天谷嘉重 少佐:1936年12月1日 -
  • 高橋亀四郎 中佐:1938年12月15日 -
  • 清水逸郎 少佐:1939年11月15日 -
  • 中川実 少佐:1941年7月25日 -
  • 花見弘平 少佐:1942年10月20日 -
  • 犬塚家孝 少佐:1943年8月18日 -
  • 余田四郎 少佐:1944年10月16日 -

その他の役職[編集]

航海長[編集]

  • 堀部史朗 少佐:1942年10月20日 -

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Nishidah, Hiroshi (2002年). “Fubuki class 1st class destroyers”. Materials of the Imperial Japanese Navy. 2013年10月24日閲覧。
  2. ^ Brown. Warship Losses of World War II
  3. ^ Morison. Coral Sea, Midway and Submarine Actions, May 1942-August 1942.
  4. ^ Morison. Leyte, June 1944-January 1945,
  5. ^ D’Albas. Death of a Navy: Japanese Naval Action in World War II.
  6. ^ Nishidah, Hiroshi (2002年). “Fubuki class destroyers”. Materials of the Imperial Japanese Navy. 2013年10月24日閲覧。
  7. ^ 『日本海軍人事手帳(?)』による。

関連項目[編集]