電 (吹雪型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese destroyer Inazuma 1937.jpg
艦歴
建造者 藤永田造船所
運用者  大日本帝国海軍
発注 昭和2年度艦艇補充計画
起工 1930年3月7日
進水 1932年2月25日
就役 1932年11月15日
その後 1944年5月14日戦没
除籍 1944年6月10日
主要諸元
艦種 駆逐艦
艦級 吹雪型
排水量 基準:1,680t 公試:1,980t
全長 118m (水線長:115.3m)
全幅 10.36m
吃水 3.2m
機関 ロ号艦本式缶3基
艦本式タービン2基2軸
機関出力 50,000hp
速力 38.0ノット
航続距離 14ktで5,000浬
乗員 219名
兵装 建造時
50口径12.7cm連装砲 3基6門
13mm単装機銃 2挺
61cm3連装魚雷発射管 3基
最終時(推定)[1][2]
50口径12.7cm連装砲 2基4門
25mm連装機銃 3基
25mm単装機銃 2基
61cm3連装魚雷発射管 3基
九四式投射機 1基
その他 特記を除き建造時の要目
テンプレートを表示

(いなづま)は、日本海軍駆逐艦吹雪型(特型)の24番艦(III型の4番艦)である。この名を持つ日本海軍の艦船としては雷型駆逐艦「電」に続いて2隻目。ロンドン海軍軍縮条約により、駆逐艦は「1500トンを超える艦は、合計排水量の16パーセントまで」という制限が設けられ特型の増産が不可能となり、本艦をもって建造が打ち切られた。

スラバヤ沖海戦では、撃沈された敵乗組員376名を救助したことで知られている(詳細は後述。工藤俊作の項目も参照)。

艦歴[編集]

「電」は藤永田造船所で1930年(昭和5年)3月7日起工し、1932年(昭和7年)11月15日に竣工した。

1934年(昭和9年)6月29日、済州島南方で演習中に僚艦「深雪」に衝突、「電」は艦首部を喪失し「深雪」は沈没した。軽巡洋艦「那珂」に曳航され、後進で佐世保に帰投、修理はで約3か月間かけて行われた。修理後、1934年11月からは「暁」、「響」および「雷」と共に第六駆逐隊を編成し、1940年(昭和15年)11月、第一艦隊第一水雷戦隊に編入。間もなく11月から1941年8月まで石川島造船所で特定修理が行われ、九三式探信儀と九一式方位盤を装備した[3]。その他、二番煙突後方に1基装備されていた13ミリ連装機銃[4]九六式二十五粍高角機銃への換装も計画されていたが、供給問題により換装は実施されず、のちのガダルカナル島の戦いの時期まで13ミリ連装機銃が唯一の対空兵装であった[5]。この状態で太平洋戦争を迎えた。

1941年 - 1942年[編集]

「電」は12月4日から香港攻略戦に参加。次いで1942年(昭和17年)1月9日からはメナド攻略戦に参加するが、1月20日、ダバオ湾口付近で特設運送船(給糧)「仙台丸」(日本水産、472トン)[6][7][8]と衝突し、翌21日に工作艦明石」に横付けし応急修理、さらに1月29日に馬公市に回航され、1月30日から2月17日まで馬公工作部で修理を実施した[9]。修理後は高雄市に回航され、2月21日に重巡洋艦妙高」を護衛のため高雄市を出撃、3月1日にスラバヤ沖海戦に参加[9]。海戦後、撃沈されたイギリス重巡洋艦「エクセター」の乗組員376名を救助した。間もなく日本に向かい、3月26日に呉に帰投後4月3日に横須賀に回航、4月15日あるいは23日から5月18日まで三菱横浜船渠で修理ののち、横須賀でも5月20日まで修理が行われた[10]。この5月20日に北方部隊所属となったあと、先に整備と修理を終えた「暁」、「響」および「雷」の後を追う形で5月22日に横須賀を出港して陸奥湾に向かった[11]

北方海域での「電」はまず、第五艦隊細萱戊子郎中将)旗艦重巡洋艦「那智」、空母龍驤」などの本隊[12]、水上機部隊および輸送部隊の護衛に任じ[13]、7月10日から15日の間は、キスカ島攻略に従事した特設運送船「あるぜんちな丸」(大阪商船、12,755トン)をキスカ島から横須賀まで護衛した[14]。7月31日まで停泊ののち、7月5日にアメリカ潜水艦「グロウラー」 (USS Growler, SS-215') の攻撃で大破した「」の救援にあたっていた「雷」の任務を継承するため横須賀を出港[15]、8月3日に幌筵島片岡湾に到着して「霞」の救援を開始する[16]。8月5日に「霞」を曳航して片岡湾を出発し、8月9日に石狩湾に到着して特設運送船(給油)「富士山丸」(飯野商事、9,527トン)に「霞」を託したのち幌筵島に戻り[17]、同じく「グロウラー」の攻撃で大破した「不知火」救援のためキスカ島に向かった[18]。8月15日から20日まで「不知火」の曳航にあたり[19]、その後は大湊方面で活動した[20]。しかし、ガダルカナル島の戦いが緊迫化するに伴って、8月28日付で第三艦隊南雲忠一中将)配属となり、南方へ回ることとなった[21][22]。これに伴い、8月29日に「暁」および「雷」とともに大湊を出港して呉に向かった[23]

呉に回航後、「電」は瀬戸内海西部で第二航空戦隊角田覚治少将)の空母「飛鷹」および「隼鷹」と訓練を実施。10月4日、「磯波」とともに「飛鷹」、「隼鷹」を護衛して呉を出撃し[24]、10月9日にトラックに到着[25]。10月下旬には、ガダルカナル島攻撃支援のため出動中に故障した「飛鷹」の支援にあたり、また船団護衛任務に従事した[26][27]。11月9日、ガダルカナル島ヘンダーソン飛行場砲撃に向かう挺身攻撃隊に属しトラックを出撃[28]。11月13日未明の第三次ソロモン海戦・第一夜戦では「暁」、「雷」に続く三番艦として行動したが、沈没した「暁」や大破した「雷」と違ってさしたる被害もなく戦場を離脱[29]。11月15日未明の第二夜戦も切り抜けて11月18日にトラックに帰投した[30]。しかし、2日後の11月20日にはトラックを出港してラバウルに進出し、東部ニューギニアへの輸送作戦に従事することとなった[30]。11月24日の第3回ブナへの輸送作戦を皮切りにマダンウェワクへの輸送作戦を繰り返すが[30][31]、12月2日にブナ近郊バザブアへの輸送作戦を実施した際に爆撃を受けて損傷、ラバウルに下がったのち、1943年(昭和18年)1月4日にガダルカナル島への鼠輸送の途次に爆撃を受け至近弾で損傷した「涼風」の護衛にあたった[32]。2日後の1月4日、重巡洋艦「鈴谷」の護衛を兼ねてラバウルを出港して日本に向かい、1月12日に横須賀に帰投[33]。1月17日から2月5日まで修理が行われ、艦橋前に13ミリ連装機銃1基が装備されたのはこの修理の時とも推定されている[33][注釈 1]

1943年 - 1944年[編集]

1943年1月30日、「電」は北方部隊に編入され、挺身輸送部隊に属する[34]。2月から3月中旬までは幌筵島周辺で行動し[35]、2月20日には第一水雷戦隊旗艦の軽巡洋艦「阿武隈」とともに特設巡洋艦粟田丸」(日本郵船、7,397トン)を護衛し、キスカ島への輸送作戦を成功させる[36]。3月23日には、第五艦隊主力と共に特設巡洋艦「浅香丸」(日本郵船、7,398トン)と陸軍輸送船「崎戸丸」(日本郵船、9,245トン)を護衛して幌筵島を出撃してキスカ島に向かう[36]。第五艦隊は3月27日に「ソック」チャールズ・マクモリス少将のアメリカ艦隊と遭遇してアッツ島沖海戦が生起するが、海戦の直前に「浅香丸」と「崎戸丸」を護衛して北西方向に針路を変え、海戦自体には参加しなかった[37][38]。その後は北方海域を離れて4月16日に横須賀に帰投し、30日まで整備が行われた[38]。この間の4月1日、第六駆逐隊は新編成の第十一水雷戦隊(木村進少将)に編入される[39]。4月15日以降は内南洋部隊に転属して日本本土とトラック間の船団護衛任務に従事することとなった[40]。5月5日にトラックに進出する練習巡洋艦「香取」の護衛が内南洋部隊での初任務であり、以降12月までの間、「雷」とローテーションを組んで横須賀とトラック間の船団護衛任務で7往復[27]、平均して1か月あたり1往復と4分の1回のペースで船団護衛任務に明け暮れた[41]。任務の合間を縫って10月6日から24日まで横須賀海軍工廠で修理を受ける[41]。11月に入って護衛任務に戻り、12月には陸軍部隊をトラックからクサイ島まで輸送[27]。12月27日に「響」とともに「飛鷹」と「龍鳳」を護衛してトラックを出港し、年改まった1944年(昭和19年)1月2日に呉に到着した[41][42]

1944年1月6日、「電」は「響」および「薄雲」とともにマニラへの航空機輸送任務を行う空母「海鷹」と「神鷹」の護衛のため佐伯を出港するが、「神鷹」の機関不調により輸送作戦は一時中止となった[43]。12日に「神鷹」と「薄雲」を外して再度佐伯を出撃し、1月16日にマニラに到着[44]。以後シンガポールタラカン島パラオを経て2月11日にトラックに到着し、2日後の13日にトラックを出港して19日に呉に帰投した[44][45]。2月23日からは空母「千代田」による輸送作戦の護衛にあたり、特設運送船(給油)「国洋丸」(国洋汽船、10,026トン)を加えて3月1日に横須賀を発ち、サイパン島グアム、パラオ、バリクパパンと寄港[44][45]。その途中の3月18日には、タウィタウィ近海でアメリカ潜水艦「ガンネル」 (USS Gunnel, SS-253) に発見されるが、「ガンネル」は9,000ヤードより距離を縮めることができず、「電」は「響」と共同で16発の爆雷を投下して「ガンネル」を追い払った[46][47][48]。バリクパパンで燃料補給ののち、東進してパラオに向かう途中の3月22日に再び「ガンネル」に発見されるも、11,000ヤード離れて15ノットで航行されては、「ガンネル」にとっては手の尽くしようもなかった[48][49][50]。3月27日にパラオを出港して再度バリクパパンに向かい、給油ののちダバオに向かった[50]。その後は4月4日にダバオを出港して4月10日に呉に帰投[50]。「響」とともに呉海軍工廠で4月10日から30日まで修理を行うが、この時に二番砲塔を撤去したものと推定され、25ミリ単装機銃2基が増備された[44][51]。また、この修理までに25ミリ連装機銃2基の装備も行われた[2]

最期[編集]

修理を終えたあとの5月3日、「電」は同じく修理を行った「響」とともにヒ61船団に加入し、六連島沖を出撃[52][53]。5月9日にマニラに到着後、船団加入船のうち3隻の特設運送船(給油)、「日栄丸」(日東汽船、10,021トン)と「建川丸」(川崎汽船、10,090トン)、「あづさ丸」(石原汽船、10,022トン)は第一機動艦隊小沢治三郎中将)への補給任務のためマニラでヒ61船団から分離し、「響」とともに護衛にあたることとなった[44][52][54]。5月11日にマニラを出港してバリクパパンに向かう[53]。3日後の5月14日未明、北緯05度03分 東経119度36分 / 北緯5.050度 東経119.600度 / 5.050; 119.600シブツ海峡英語版で哨戒中のアメリカ潜水艦「ボーンフィッシュ」(USS Bonefish, SS-223)は、距離7,000ヤードのかなたに3隻のタンカーを発見し、戦闘配置を令する[55]。護衛を「2隻の「響」クラス駆逐艦」と正確に判断した「ボーンフィッシュ」は、3番目のタンカーを目標に魚雷を6本発射する用意を整えたが、5本目までは発射できたものの6本目の魚雷は発射管の故障で発射できなかった[56]

そのころ、「電」は「響」と位置を交代したばかりであった[57]。そこに「ボーンフィッシュ」からの魚雷が接近した。魚雷は中部と後部に1本ずつ命中し、艦は右舷側に45度に倒れて後部は二つ折れとなり、間もなく沈没した[58]。「電」乗員のうち常盤駆逐艦長以下169名が戦死したが[57]、121名は「響」に救助された[59]。生存者の中には第六駆逐隊関係者も含まれ、第六駆逐隊の軍医長であり1952年(昭和27年)に「アリチアミン[注釈 2]を発見した藤原元典もその一人である[60]。6月10日除籍[27]

一方、攻撃した「ボーンフィッシュ」はタンカーを撃沈したと判断、「「玄洋丸」型タンカー1隻撃沈」と報告し[61]、当時の戦果認定でも報告通り「「玄洋丸」型タンカー1隻撃沈」の戦果が認定された[62]。「ボーンフィッシュ」のこの時の戦果がタンカー撃沈ではなく「電」撃沈であると認定されたのは戦争終結後の1946年のことであった[63]。なお、「ボーンフィッシュ」は1945年(昭和20年)6月19日に富山湾で撃沈された。

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』293-294頁による。

艤装員長[編集]

  1. 平塚四郎 中佐:1932年3月1日 -

艦長[編集]

  1. 平塚四郎 中佐:1932年11月15日 - 1934年11月1日
  2. 有賀幸作 少佐:1934年11月1日 - 1935年10月15日
  3. 渋谷紫郎 中佐:1935年10月15日 - 1936年12月1日
  4. 山田勇助 少佐:1936年12月1日 -
  5. 宮坂義登 中佐:1937年12月1日 -
  6. 古川文次 少佐:1938年11月1日 -
  7. 勝見基 少佐:1939年2月20日 -
  8. 竹内一 少佐:1941年9月15日 -
  9. 寺内正道 少佐:1942年11月6日 -
  10. 常盤貞蔵 少佐:1943年11月20日 - 1944年5月14日戦死

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ほかに「装備していない」と「25ミリ連装機銃を装備」という証言が並立している(#田村 (4) p.81)
  2. ^ のち、武田薬品工業が「アリナミン」シリーズとして商品化

出典[編集]

  1. ^ #田村 (1) p.58
  2. ^ a b #田村 (7) pp.105-107
  3. ^ #田村 (1) p.52
  4. ^ #田村 (1) pp.55-56
  5. ^ #田村 (1) p.52,55
  6. ^ #日本船名録 pp.47-48
  7. ^ #戦時遭難史 p.60
  8. ^ #特設原簿 p.108,180
  9. ^ a b #田村 (2) p.64
  10. ^ #田村 (2) p.64,67
  11. ^ #田村 (2) p.67
  12. ^ #木俣水雷 p.150
  13. ^ #一水戦1707 p.78
  14. ^ #一水戦1707 pp.6-8
  15. ^ #一水戦1707 p.89
  16. ^ #一水戦1708 p.52
  17. ^ #一水戦1708 pp.52-53
  18. ^ #一水戦1708 p.54
  19. ^ #一水戦1708 pp.55-56
  20. ^ #一水戦1708 p.50
  21. ^ #一水戦1708 p.6
  22. ^ #木俣水雷 p.154
  23. ^ #一水戦1708 p.58
  24. ^ #呉防戦1710 p.13
  25. ^ #木俣空母 p.356
  26. ^ #木俣空母 p.365
  27. ^ a b c d #日本の軍艦10 p.258
  28. ^ #木俣水雷 pp.219-220
  29. ^ #木俣水雷 p.220
  30. ^ a b c #田村 (3) p.74
  31. ^ #木俣水雷 p.270,272
  32. ^ #田村 (5) p.86
  33. ^ a b #田村 (4) p.81
  34. ^ #一水戦1801 pp.7-8, p.41
  35. ^ #一水戦1802 pp.41-42
  36. ^ a b #木俣水雷 p.158
  37. ^ #木俣水雷 p.161
  38. ^ a b #田村 (6) p.95
  39. ^ #田村 (6) p.96
  40. ^ #田村 (6) p.96,101
  41. ^ a b c #田村 (6) p.101
  42. ^ #木俣空母 p.565
  43. ^ #田村 (8) p.140
  44. ^ a b c d e #田村 (8) p.141
  45. ^ a b #木俣空母 p.591
  46. ^ #SS-253, USS GUNNEL p.97,106
  47. ^ #木俣空母 pp.587-588
  48. ^ a b #Blair p.582
  49. ^ #SS-253, USS GUNNEL p.98,106
  50. ^ a b c #木俣空母 p.588
  51. ^ #田村 (7) pp.105-106
  52. ^ a b #駒宮 (1987) p.170
  53. ^ a b #日栄丸1905 p.3
  54. ^ #日栄丸1905 p.3,8
  55. ^ #SS-223, USS BONEFISH, Part 1 p.175
  56. ^ #SS-223, USS BONEFISH, Part 1 pp.175-176, p.206
  57. ^ a b #田村 (8) p.142
  58. ^ #響の栄光 p.242,247,251
  59. ^ #響の栄光 p.250,257
  60. ^ #響の栄光 pp.238-247, p.257
  61. ^ #SS-223, USS BONEFISH, Part 1 p.204
  62. ^ #SS-223, USS BONEFISH, Part 1 p.214
  63. ^ #SS-223, USS BONEFISH, Part 1 p.216

参考文献[編集]

  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • Ref.C08050062800 『昭和十七年度 日本船名録』。
    • Ref.C08030081500 『自昭和十七年七月一日至昭和十七年七月三十一日 第一水雷戦隊戦時日誌』。
    • Ref.C08030082000 『自昭和十七年八月一日至昭和十七年八月三十一日 第一水雷戦隊戦時日誌』。
    • Ref.C08030366700 『自昭和十七年十月一日至昭和十七年十月三十一日 呉防備戦隊戦時日誌』。
    • Ref.C08030083300 『自昭和十八年一月一日至昭和十八年一月三十一日 第一水雷戦隊戦時日誌』。
    • Ref.C08030083400 『自昭和十八年二月一日至昭和十八年二月二十八日 第一水雷戦隊戦時日誌』。
    • Ref.C08030083700 『自昭和十八年三月一日至昭和十八年三月三十一日 第一水雷戦隊戦時日誌』。
    • Ref.C08030685100 『自昭和十九年五月一日至昭和十九年五月三十一日 特設運送船(給油船)日栄丸戦時日誌』。
  • (issuu) SS-253, USS GUNNEL. Historic Naval Ships Association. http://issuu.com/hnsa/docs/ss-253_gunnel?mode=a_p. 
  • (issuu) SS-223, USS BONEFISH, Part 1. Historic Naval Ships Association. http://issuu.com/hnsa/docs/ss-223_bonefish_part1?mode=a_p. 
  • 財団法人海上労働協会(編) 『復刻版 日本商船隊戦時遭難史』 財団法人海上労働協会/成山堂書店、2007年(原著1962年)。ISBN 978-4-425-30336-6
  • Blair,Jr, Clay (1975). Silent Victory The U.S.Submarine War Against Japan. Philadelphia and New York: J. B. Lippincott Company. ISBN 0-397-00753-1. 
  • 木俣滋郎 『日本空母戦史』 図書出版社、1977年
  • ひびき会(編) 『不沈艦 響の栄光』 ひびき会、1978年
  • 木俣滋郎 『日本水雷戦史』 図書出版社、1986年
  • 駒宮真七郎 『戦時輸送船団史』 出版協同社、1987年ISBN 4-87970-047-9
  • 落合康夫「特型駆逐艦(朧、曙、漣、潮、暁、響、雷、電)行動年表」 『写真 日本の軍艦10 駆逐艦I』 雑誌「」編集部(編)、光人社、1990年ISBN 4-7698-0460-1
  • 木俣滋郎 『日本軽巡戦史』 図書出版社、1989年
  • 野間恒 『商船が語る太平洋戦争 商船三井戦時船史』 野間恒(私家版)、2004年
  • 林寛司(作表)、戦前船舶研究会(資料提供)「特設艦船原簿/日本海軍徴用船舶原簿」、『戦前船舶』第104号、戦前船舶研究会、2004年、 92-240頁。
  • 田村俊夫「特型23隻の開戦時の兵装」 『歴史群像 太平洋戦史シリーズ70 完全版 特型駆逐艦』 学習研究社2010年、52-61頁。ISBN 978-4-05-606020-1
  • 田村俊夫「昭和16年~17年の特型(1)」 『歴史群像 太平洋戦史シリーズ70 完全版 特型駆逐艦』 学習研究社、2010年、62-67頁。ISBN 978-4-05-606020-1
  • 田村俊夫「昭和16年~17年の特型 (2)」 『歴史群像 太平洋戦史シリーズ70 完全版 特型駆逐艦』 学習研究社、2010年、68-75頁。ISBN 978-4-05-606020-1
  • 田村俊夫「特型の最初の戦時機銃増備」 『歴史群像 太平洋戦史シリーズ70 完全版 特型駆逐艦』 学習研究社、2010年、76-85頁。ISBN 978-4-05-606020-1
  • 田村俊夫「昭和18年の特型の戦いと修理」 『歴史群像 太平洋戦史シリーズ70 完全版 特型駆逐艦』 学習研究社、2010年、86-94頁。ISBN 978-4-05-606020-1
  • 田村俊夫「北方海域での戦いと兵装改正」 『歴史群像 太平洋戦史シリーズ70 完全版 特型駆逐艦』 学習研究社、2010年、95-101頁。ISBN 978-4-05-606020-1
  • 田村俊夫「『2098号訓令』工事の実施艦 (1)」」 『歴史群像 太平洋戦史シリーズ70 完全版 特型駆逐艦』 学習研究社、2010年、102-119頁。ISBN 978-4-05-606020-1
  • 田村俊夫「昭和19年の特型 (2)」 『歴史群像 太平洋戦史シリーズ70 完全版 特型駆逐艦』 学習研究社、2010年、140-146頁。ISBN 978-4-05-606020-1
  • 橋本衛『特型駆逐艦「雷」海戦記 - 一砲術員の見た戦場の実相』 光人社NF文庫、1999年。 ISBN 4769822553
  • 惠隆之介『敵兵を救助せよ! - 英国兵422名を救助した駆逐艦「雷」工藤艦長』草思社。2006年。 ISBN 4794214995
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9

座標: 北緯05度03分 東経119度36分 / 北緯5.050度 東経119.600度 / 5.050; 119.600