子日 (初春型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Nenohi-1.jpg
艦歴
発注 マル1計画
起工 1931年12月15日
進水 1932年12月22日
就役 1933年9月30日
その後 1942年7月5日戦没
除籍 1942年7月31日
性能諸元(竣工時)
排水量 基準:1,400t
公試:1,680t
全長 109.5m
全幅 10.0m
吃水 3.5m
主缶 ロ号艦本式缶3基
主機 オール・ギアードタービン2基2軸 42,000hp
最大速 36.5ノット
兵員 205名
兵装 50口径12.7cm連装砲 2基4門
50口径12.7cm単装砲 1基1門
毘式四十粍機銃 2基
61cm3連装魚雷発射管 3基9門
(八年式魚雷18本)

子日(ねのひ)は、大日本帝国海軍駆逐艦初春型の2番艦である。この名を持つ日本海軍の艦船としては神風型駆逐艦 (初代)「子日」に続いて2隻目。

艦歴[編集]

浦賀船渠1931年(昭和6年)12月15日に起工され、1933年(昭和8年)9月30日竣工した。

1939年(昭和14年)、第二遣支艦隊第15戦隊に編入、翌年7月、北部仏印ハノイに入港し、仏印監視団の西原機関の無線局となり、さらにハイフォンに移動し9月までその役割を担った。

太平洋戦争開戦時には、第1水雷戦隊第21駆逐隊に所属し、内海西部で対潜掃蕩に従事した。

1942年(昭和17年)1月、輸送船団を護衛しダバオに入港し、2月にバリ島攻略作戦に参加。同年5月、北方部隊に編入し、アッツ攻略作戦に参加。その後、アッツ島湾外の哨戒活動を行っていたが、7月5日、アガッツ島ドッグ岬沖において米潜「トライトン」の雷撃により沈没。188名が戦死し、駆逐艦「」に36名が救助された。

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』295-296頁による。

艤装員長[編集]

  1. 植田弘之介 中佐:1933年5月20日 -

艦長[編集]

  1. 植田弘之介 中佐:1933年9月30日 - 1935年11月9日
  2. 長井純隆 少佐:1935年11月9日 -
  3. (兼)丸安金兎 中佐:不詳 - 1936年12月1日[1]
  4. 岡本次郎 少佐:1936年12月1日 -
  5. 新谷喜一 少佐:1938年12月15日 -
  6. 杉岡幸七 少佐:1939年10月10日 -
  7. 松本作次 少佐:1940年7月10日 -
  8. 千本木十三四 少佐:1940年11月15日 -
  9. 寺内三郎 少佐:1942年4月20日 - 7月5日戦死

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第2976号、昭和11年12月2日。

参考文献[編集]

  • 雑誌「丸」編集部『ハンディ版 日本海軍艦艇写真集17 駆逐艦 初春型・白露型・朝潮型・陽炎型・夕雲型・島風』光人社、1997年。
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9