朧 (吹雪型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Oboro-destroyer.jpg
艦歴
発注 昭和2年度艦艇補充計画
起工 1929年11月29日
進水 1930年11月8日
就役 1931年10月31日
その後 1942年10月17日戦没
除籍 1942年11月15日
性能諸元(計画時)
排水量 基準:1,680t 公試:1,980t
全長 118m (水線長:115.3m)
全幅 10.36m
吃水 3.2m
機関 ロ号艦本式缶4基
艦本式タービン2基2軸 50,000hp
速力 38.0ノット
航続距離 14ktで5,000浬
乗員 219名(もしくは220名)
兵装 50口径12.7cm連装砲 3基6門
13mm単装機銃 2挺
61cm3連装魚雷発射管 3基

(おぼろ)は日本海軍駆逐艦吹雪型(特型)の17番艦(特II型の7番艦)である。この名を持つ日本海軍の艦船としては、雷型駆逐艦「朧」に続いて2隻目。

艦歴[編集]

初期[編集]

「朧」は佐世保海軍工廠で建造された。1930年11月8日に進水、1931年10月31日に就役し、一等駆逐艦に類別され、第2艦隊第20駆逐隊に編入された。

1932年(昭和7年)、第一次上海事変において長江水域の作戦に参加した。

1935年(昭和10年)9月26日の第四艦隊事件では、艦首が屈曲する被害を受けた。

日中戦争に際しては1937年(昭和12年)以降、上海杭州湾上陸作戦、仏印の作戦に参加した。

第二次世界大戦[編集]

1941年(昭和16年)9月1日に、新編成された第五航空戦隊の所属となった。それまでの所属は第一航空戦隊第七駆逐隊であったが、これ以降は第七駆逐隊に加わることはなかった。 太平洋戦争緒戦では、1941年(昭和16年)11月下旬に横須賀鎮守府から小笠原諸島母島へ出航し、12月8日の開戦同日のグアムの戦いのための上陸作戦を掩護した[1]

同年12月中旬から1942年(昭和17年)3月にかけてはクェゼリン、4月中旬から8月末にかけては横須賀を拠点として近海の哨戒を行い、また、横須賀から大湊警備府馬公警備府への輸送の護衛を行った。

1942年10月11日、キスカ島への輸送作戦のため横須賀を出航した。10月17日、キスカ島の北西30海里の北緯52度17分 東経178度08分 / 北緯52.283度 東経178.133度 / 52.283; 178.133座標: 北緯52度17分 東経178度08分 / 北緯52.283度 東経178.133度 / 52.283; 178.133の地点でアメリカ陸軍航空軍B-26爆撃機の爆撃を受けた。輸送中の弾薬が爆弾に直撃されて爆発し、「朧」は沈没した。山名寛雄艦長を含む17人の生存者は、同攻撃により大破した駆逐艦「初春」により救助された[2][3]。同年11月15日に除籍された[4]

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』283-284頁による。

艤装員長[編集]

  • 伊藤皎 少佐:1931年4月1日 -

艦長[編集]

  • 伊藤皎 中佐:1931年10月31日 - 1934年6月1日
  • 新美和貴 中佐:1934年6月1日 - 10月22日
  • 中川浩 中佐:1934年10月22日 - 1935年10月15日[5]
  • (兼)森可久 中佐:1935年10月15日[5] - 11月15日[6]
  • 村上暢之助 中佐:1935年11月15日 - 1936年12月1日
  • 白浜政七 少佐:1936年12月1日 -
  • 荒木伝 中佐:1937年12月1日 -
  • 山田雄二 中佐:1938年8月10日 -
  • 古川文次 中佐:1939年1月25日 -
  • 赤沢次寿雄 中佐:1939年11月15日 -
  • 高須賀修 少佐:1940年10月15日 -
  • 山名寛雄 少佐:1942年4月13日 -

脚注[編集]

  1. ^ Nevitt, Allyn D. (1997年). “CombinedFleet.com IJN Oboro: Tabular Record of Movement”. Long Lancers. Combinedfleet.com. 2013年10月24日閲覧。
  2. ^ D’Albas. Death of a Navy: Japanese Naval Action in World War II.
  3. ^ Brown. Warship Losses of World War II
  4. ^ Nishidah, Hiroshi (2002年). “Fubuki class destroyers”. Materials of the Imperial Japanese Navy. 2013年10月24日閲覧。
  5. ^ a b 『官報』第2638号、昭和10年10月16日。
  6. ^ 『官報』第2663号、昭和10年11月16日。

参考文献[編集]

  • 雑誌「丸」編集部『ハンディ版 日本海軍艦艇写真集16 駆逐艦 吹雪型[特型]』光人社、1997年。
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9
  • 海軍歴史保存会編『日本海軍史』第7巻、発売:第一法規出版、1995年。
  • D'Albas, Andrieu (1965). Death of a Navy: Japanese Naval Action in World War II. Devin-Adair Pub. ISBN 0-8159-5302-X. 
  • Brown, David (1990). Warship Losses of World War Two. Naval Institute Press. ISBN 1-55750-914-X. 
  • Howarth, Stephen (1983). The Fighting Ships of the Rising Sun: The Drama of the Imperial Japanese Navy, 1895–1945. Atheneum. ISBN 0-689-11402-8. 
  • Jentsura, Hansgeorg (1976). Warships of the Imperial Japanese Navy, 1869–1945. US Naval Institute Press. ISBN 0-87021-893-X. 
  • Nelson, Andrew N. (1967). Japanese–English Character Dictionary. Tuttle. ISBN 0-8048-0408-7. 
  • Watts, Anthony J (1967). Japanese Warships of World War II. Doubleday. ASIN B000KEV3J8. 
  • Whitley, M J (2000). Destroyers of World War Two: An International Encyclopedia. London: Arms and Armour Press. ISBN 1-85409-521-8. 

外部リンク[編集]