初霜 (初春型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
InsertCaptionHere
艦歴
発注 マル1計画
起工 1933年1月31日
進水 1933年11月4日
就役 1934年9月27日
その後 1945年7月30日戦没
除籍 1945年9月30日
性能諸元(計画時)
排水量 基準:1,400t
公試:1,680t
全長 109.5m
全幅 10.0m
吃水 3.5m
主缶 ロ号艦本式缶3基
主機 オール・ギアードタービン2基2軸 42,000hp
最大速 36.5ノット
兵員 205名
兵装 50口径12.7cm連装砲 2基4門
50口径12.7cm単装砲 1基1門
40mm単装機銃 2基
61cm3連装魚雷発射管 3基9門
(八年式魚雷18本)

初霜(はつしも)は、大日本帝国海軍駆逐艦初春型の4番艦である。この名を持つ日本海軍の艦船としては神風型駆逐艦 (初代)「初霜」に続いて2隻目。

艦歴[編集]

浦賀船渠1933年(昭和8年)1月31日に起工した。建造途中で同型艦「初春」の復元性能不良が判明し、改善工事を施して1934年(昭和9年)9月27日竣工した。

太平洋戦争開戦時には、第1水雷戦隊第21駆逐隊に所属し、内海西部で対潜掃蕩に従事した。1942年(昭和17年)、ケンダリー攻略作戦、マカッサル攻略作戦、バリ島攻略作戦、アリューシャン作戦などに参加。1943年(昭和18年)3月、アッツ島沖海戦に参加後、第5艦隊第1水雷戦隊に編入され、内地と千島間の船団護衛に従事。7月にキスカ島撤退作戦に加わり、7月26日、濃霧により「若葉」と触衝したが、行動に支障はなかった。幌筵で応急修理後、千島方面の船団護衛に従事した。

1944年(昭和19年)1月より空母「雲鷹」「千歳」「瑞鳳」「龍鳳」などの護衛に従事し、6月のマリアナ沖海戦に参加後、船団護衛の任務を実施した。10月には第1水雷戦隊の志摩艦隊に属し、台湾からマニラへの輸送任務に就き、マニラから志摩艦隊本隊へ合流するためスルー海を南下中の10月24日、米艦載機の攻撃を受け損傷した。沈没した僚艦「若葉」の生存者を「初春」とともに救助してマニラに送り届け、本隊を追って26日にブスアンガ島コロン泊地に入港した。マニラ湾のカビテ軍港で修理した後、第二次多号作戦に参加。その後、シンガポールに回航し、北号作戦に参加して「伊勢」「日向」を護衛して内地に帰投した。

1945年(昭和20年)4月、戦艦「大和」とともに沖縄水上特攻作戦に参加し、坊ノ岬沖海戦では沈没した「矢矧」「浜風」の生存者を救助し帰投した。6月に宮津湾で砲術学校練習艦となるが、7月30日に米機の攻撃を受け、対空戦闘中に触雷し大破。沈没を逃れるため海岸に強引に擱座し、終戦後解体されている。なお、『戦艦大和ノ最期』では初霜が「大和」の乗員の救助に当たったとされ、その際に「軍刀で生存者の手首を切った」という記述が存在するが、このとき初霜は矢矧の救助を行っているため大和の救助には参加しておらず、記述に矛盾が生じている。

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』296-298頁による。

艤装員長[編集]

  1. 松原博 少佐:1934年2月1日 -

艦長[編集]

  1. 松原博 少佐:1934年9月27日 -
  2. 宮坂義登 少佐:1934年11月15日 -
  3. 山田雄二 少佐:1935年10月15日 -
  4. 鈴木正金 少佐:1936年12月1日 -
  5. 塚本守太郎 少佐:1937年12月1日 -
  6. 本倉正義 少佐:1939年10月15日 -
  7. 浜中脩一 少佐:1940年8月30日 -
  8. 古浜智 少佐:1941年9月10日 -
  9. 入戸野焉生 少佐:1942年11月27日 -
  10. 瀧川孝司 少佐:1943年11月1日 -
  11. 酒匂雅三 少佐:1944年8月25日 -

参考文献[編集]

  • 雑誌「丸」編集部『ハンディ版 日本海軍艦艇写真集17 駆逐艦 初春型・白露型・朝潮型・陽炎型・夕雲型・島風』光人社、1997年。
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9

外部リンク[編集]

  • 墨田区の山田記念病院に初霜の錨が保存・展示されている。当時「初霜」の軍医だった病院創立者の山田正明が、解体後に引き取ったものである。