不知火 (陽炎型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Shiranuhi.jpg
艦歴
計画 マル3計画
起工 1937年8月30日
進水 1938年6月28日
就役 1939年12月20日
その後 1944年10月27日戦没
除籍 1944年12月10日
性能諸元
排水量 基準:2,033トン
全長 118.5メートル
全幅 10.8メートル
吃水 3.8メートル 
主缶 ロ号艦本式缶3基
52,000馬力
主機 艦本式衝動タービン2基2軸
最大速 35.5ノット
航続距離 5,000/18ノット
兵員 239人
兵装
(竣工時)
50口径12.7cm連装砲×3
25mm連装機関砲(機銃)×2
61cm魚雷発射管4連装×2
対潜水艦用爆雷16個 他

不知火(しらぬい、しらぬひ)は、日本海軍駆逐艦陽炎型の2番艦である。この名を持つ日本海軍の艦船としては東雲型駆逐艦「不知火」に続いて2隻目。1番艦「陽炎」沈没以降、陽炎型は「不知火型駆逐艦」として登録された。

艦歴[編集]

「不知火」は浦賀船渠1937年8月に起工、1939年12月に竣工し、呉鎮守府在籍。同時に第18駆逐隊に編入され、11月15日、第2艦隊第2水雷戦隊に編入された。

太平洋戦争開戦時には、同型艦「陽炎」、朝潮型」「」と共に第18駆逐隊に属し、南雲機動部隊の警戒隊として行動した。警戒隊指揮官(旗艦)は第1水雷戦隊司令官大森仙太郎少将(第1水雷戦隊旗艦「阿武隈)。陽炎型姉妹艦4隻(谷風浦風浜風磯風)で編制された第1水雷戦隊・第17駆逐隊も警戒隊に所属して18駆と行動を共にした。1941年(昭和16年)11月26日、ハワイ攻撃機動部隊の護衛艦として17駆・18駆各艦と単冠湾を出港、ハワイ作戦(真珠湾攻撃)に参加した。

1942年(昭和17年)1月5日、第18駆逐隊(司令艦/不知火、霞、陽炎、霰)は呉を出発[1]。機動部隊とラバウル攻撃に従事、以後、2月には第2航空戦隊ポートダウィン攻撃、ジャワ南方機動作戦に参加した。3月1日、南雲機動部隊はオランダ商船「モッドヨカード」(8020トン)と遭遇[2]。「不知火」は国籍を示さぬ「モッドヨカード」に対し砲撃を開始[3]。「磯風」、27駆2小隊(有明夕暮)と共同してオランダ商船を撃沈した[4]。なお機動部隊護衛艦の砲撃に対し大森1水戦司令官や草鹿龍之介機動部隊参謀長は「射撃距離が遠すぎる。弾薬を節約せよ」と苦言を呈している[5]。4月のセイロン沖海戦を終えると、「不知火」は日本本土に戻り、呉で入渠修理を行った。4月20日をもって各隊は元所属部隊指揮下に戻り、第18駆逐隊も警戒隊(第1水雷戦隊)から第2水雷戦隊に復帰した。

5月にサイパンに進出、6月のミッドウェー海戦に攻略隊の護衛として参加した。6月28日、「陽炎」を除く第18駆逐隊3隻(霰、霞、不知火)はアリューシャン方面作戦に参加するため第五艦隊(司令長官細萱戊子郎中将:旗艦「那智」)の指揮下に入り、横須賀から水上機母艦「千代田」、「あるぜんちな丸」の護衛としてキスカに向かった[6]。7月5日、キスカ島沖で濃霧のため仮泊中に米潜水艦「グロウラー」(USS Growler, SS-215)の雷撃を受け、「不知火」は艦橋付近を切断する大損傷を受けた。また「グロウラー」の雷撃により18駆僚艦「」が沈没、「」も大破航行不能、これにより18駆司令官宮坂義登大佐は責任を取って自決した。8月15日附で第18駆逐隊は解隊し[7]、8月31日特別役務駆逐艦[8][9]。なお無傷で残存していた「陽炎」は第2水雷戦隊・第15駆逐隊に編入されている(7月20日附)。「不知火」は9月3日から翌年11月15日まで舞鶴工廠で修理を実施した。

1943年(昭和18年)5月8日、コロンバンガラ島への輸送作戦に従事していた第2水雷戦隊・第15駆逐隊の陽炎型3隻(司令艦:親潮黒潮陽炎)が米軍の機雷により沈没、一挙に全滅する[10]。3隻と第15駆逐隊は6月20日に除籍されたが、その際に「陽炎型駆逐艦」の名称も「不知火型駆逐艦」に改定された[11]

10月15日、呉鎮守府第四予備艦だった「不知火」は第一予備艦に改定[12]。 11月15日、「不知火」は新編された第九艦隊(司令長官遠藤喜一中将)に加入した[13]。11月、12月は内地にあって訓練に従事[14]1944年(昭和19年)1月5日以降、ウェワク輸送に従事する[15]。3月1日、「不知火」は第五艦隊(司令長官志摩清英中将:旗艦「那智」)所属、第1水雷戦隊(司令官木村昌福少将:旗艦「阿武隈」)・第9駆逐隊(司令官井上良雄大佐)に編入された[16]。編入後の第9駆逐隊は司令駆逐艦「霞」、「薄雲」、「白雲」、「不知火」で編制。だが3月16日に米潜水艦「トートグ」に「白雲」が撃沈され、4隻は一同に揃うことなく3隻体制となる[17]。3月31日をもって第9駆逐隊は第18駆逐隊に改称された[18]。「不知火」と「霞」は再び「第18駆逐隊」として活動する事になる。

南方方面での輸送任務を終えた「不知火」は呉工廠で探信儀装備工事を実施し、4月以降は大湊、千島方面の護衛活動を行った。6月、米軍はマリアナ諸島に来襲しサイパンの戦いが始まる。これに対し神重徳連合艦隊参謀は、戦艦「山城」と第五艦隊を用いたサイパン島殴り込み作戦を立案していた。連合艦隊の命令により各部隊は横須賀に集結、「不知火」は6月21日に入港した[19]。機銃およびレーダーを整備[20]。だが6月19-20日のマリアナ沖海戦で日本海軍は大敗し、空母機動部隊は壊滅する。殴り込み作戦は実施前に中止された。6月27日、「不知火」「霞」は輸送船団の対潜哨戒任務に投入される[21]。その後、「不知火」「霞」は第21戦隊1小隊(那智、足柄)と共に大湊へ移動した[22]。7月7日、「薄雲」が米潜水艦「スケート」に撃沈され、第18駆逐隊は「不知火」、「霞」の2隻となる。以降、硫黄島輸送に従事。8月12日、「木曾」「多摩」「霞」と共に父島への輸送に当たった。10月25日、レイテ沖海戦において志摩艦隊に属し、西村艦隊に続行してスリガオ海峡に突入。だが先行した西村艦隊は「最上」(25日昼間沈没)、「時雨」を除いて全滅しており、「不知火」達はスリガオ海峡で真っ二つになって炎上する戦艦「扶桑」を視認しただけだった。戦場離脱中、空襲を受けた志摩艦隊・軽巡「阿武隈」が沈没した。「不知火」はコロン湾に帰投。27日、レイテ沖海戦で損傷した「鬼怒」の救助に向かったが発見できず、帰途に米空母艦載機の攻撃によりフィリピン諸島シブヤン海にて沈没、荒艦長以下全員が戦死した。「霞」は第7駆逐隊に編入され、第18駆逐隊は再び解隊された。

12月10日、不知火型[23]、帝国駆逐艦籍[24]より除籍。

歴代艦長[編集]

艦長[編集]

  1. 中村謙治 中佐:1939年12月20日 -
  2. 赤沢次寿雄 中佐:1940年10月15日 -
  3. 安並正俊 中佐:1943年10月5日 -
  4. 荒悌三郎 少佐:1943年11月1日 - 1944年10月27日戦死

進水記念絵葉書

脚注[編集]

  1. ^ #昭和17年1月~1水戦日誌(1)p.3『1月5日警戒隊(谷風、浦風、磯風欠)「トラック」ニ向ケ呉発』-p.56『麾下艦船部隊ノ行動』
  2. ^ #昭和17年3月~1水戦日誌(1)p.13『1日有明駆逐艦長→1日1730機動部隊指揮官警戒隊指揮官/一.捕虜船長機関長外計28名|二.状況左ノ通(イ)国籍「オランダ」船名「モッドヨカード」頓数8082頓、武装三吋高角砲1門機銃2基(以下略)』
  3. ^ #昭和17年3月~1水戦日誌(1)p.12『1日不知火駆逐艦長→1日1250機動部隊・警戒隊/只今ノ商船ハ七千頓級ニシテ国籍ヲ示サズ我之ヲ撃沈ス』
  4. ^ #昭和17年3月~1水戦日誌(1)p.5『3月1日第18駆逐隊1小隊、第27駆逐隊2小隊及磯風「ジャバ」南方海面ニ於テ蘭国武装商船(モッドヨカード號)ヲ砲撃撃沈ス』
  5. ^ #昭和17年3月~1水戦日誌(1)p.15『1日警戒隊指揮官/先ノ商船ニ対スル砲戦ニ於テ弾薬ノ消耗著シク大ナルモノ又射距離過大ナルモノアリ、目標ト状況トニ応ジ艦長ハ砲戦指揮上特ニ考慮ヲ要ス』-p.16『2日機動部隊参謀長→2日1730各駆逐艦司令/今後相当ノ強敵ニ遭遇スル算多ク且ツ弾薬ノ補充困難ナル現状ニ鑑ミ会敵ニ際シテハ適時射的ノ短縮砲火ノ管制等ニ依リ極力射撃効果ノ発揚並ニ弾薬ノ節約ヲ計ラレタシ』
  6. ^ #昭和17年5月~2水戦日誌(2)p.52『自7月1日至7月4日18dg(陽炎缺)ハ5F長官ノ指揮下ニ入リ千代田あるぜんちな丸護衛任務ニ従事7月5日「キスカ」警泊中遭難』
  7. ^ #内令昭和17年8月分(2)p.40『内令第千五百三十號 駆逐隊編制中左ノ通改正セラル 昭和十七年八月十五日海軍大臣嶋田繁太郎 第十八駆逐隊ノ項ヲ削ル』
  8. ^ #内令昭和17年8月分(3)pp.28-29『内令第千五百八十三号 昭和十六年内令第千四百十七号中左ノ通改正ス 昭和十七年八月二十五日海軍大臣嶋田繁太郎(中略)第十八駆逐隊ノ項ヲ削リ薄雲ノ項ニ「霞 一」「不知火 一」ヲ加フ(後略)』
  9. ^ #内令昭和17年8月分(4)pp.14-15『内令第千六百二十六號 呉鎮守府予備駆逐艦:駆逐艦 霞|駆逐艦 不知火|右特別役務駆逐艦ト定ム 昭和十七年八月三十一日 海軍大臣嶋田繁太郎』
  10. ^ #昭和18年1月~2水戦日誌(6)p.3『第一経過概要 一.一般(ロ)第十五駆逐隊 外南洋部隊増援部隊ニ属シ「コロンバンガラ」輸送ニ従事中八日触雷(推定)三艦共沈没』
  11. ^ #内令昭和18年6月(4)p.44『内令第千二百二十六號 艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス 昭和十八年六月二十日海軍大臣嶋田繁太郎|駆逐艦、一等ノ部中「陽炎型」ヲ「不知火型」ニ改メ同項中「陽炎、」「、黒潮、親潮」ヲ削ル』
  12. ^ #内令昭和18年10月(4)p.10-11『内令第二千百六十二號 第四十五號駆潜艇 右本籍ヲ横須賀鎮守府ト定メラル|横須賀鎮守府在籍 第四十五号駆潜艇 右警備駆潜艇ト定メラル|呉鎮守府第四予備駆逐艦 駆逐艦不知火 右第一予備駆逐艦ト定ム|昭和十八年十月十五日 海軍大臣嶋田繁太郎』
  13. ^ #昭和18年11月~第9艦隊日誌pp.14-15『(三)麾下艦船部隊ノ行動所在』
  14. ^ #昭和18年11月~第9艦隊日誌p.26『(四)麾下艦船部隊ノ行動所在』
  15. ^ #昭和18年11月~第9艦隊日誌p.46『(四)麾下艦船部隊ノ行動所在』
  16. ^ #昭和18年9月~1水戦日誌(5)p.8『1日第9駆逐隊ニ編入セラレタル不知火ハ5日パラオ発高雄ニ回航同地ヨリ船団ヲ護衛シ15日発門司経由ニテ22日呉着爾後同地ニ在リテ北方作戦準備中』
  17. ^ #昭和18年9月~1水戦日誌(5)p.7『(2)第9駆逐隊(不知火欠)第21駆逐隊ハ北方部隊指揮官直接指揮下ニ月頭来千島方面作戦輸送ニ従事シアリタル處16日2335白雲釧路南東海面ニテ被雷沈没セリ』
  18. ^ #昭和18年9月~1水戦日誌(5)p.6『(1)31日附九駆ヲ十八駆ト改称同隊ヨリ白雲ヲ除カル』
  19. ^ #昭和19年4月~1水戦日誌(3)pp.9-10『此ヨリ曩15日「マリアナ」方面戦勢ニ鑑ミ部隊転用ニ関シ意見具申スル折アリタルガ17日連合艦隊電鈴作第176号ニ依リ第五艦隊及第31駆逐隊ハ横須賀ニ集結「マリアナ」方面作戦準備ニ當ラシメラルルコトトナリ第7駆ハ帝洋丸ヲ護衛シ19日0900阿武隈18駆(霞欠)ハ21戦隊ト共ニ同日1000夫々大湊出撃21日横須賀着、霞及21駆ハ護衛任務ヲ打切リ又ハ終了シ大湊ヲ経テ単独回航夫々22日及24日横須賀着』
  20. ^ #昭和19年4月~1水戦日誌(3)p.10『各艦入港直後ヨリ機銃増備工事竝ニ電探整備ニ着手1両日ヲ以テ完了セリ。機銃増備状況左ノ通(増備後ノ全数)阿武隈 25mm機銃28門、13mm機銃10門|不知火 同23門、同5門|霞 同24門、同4門|薄雲 同23門、同4門|曙 同22門、同10門|潮 同22門、同6門|(5)25日 21駆北方部隊ヨリ除カル』
  21. ^ #昭和19年4月~1水戦日誌(3)p.11『(6)27日連合艦隊電令作第209号ニ依リ18駆ノ2艦伊号輸送第二輸送隊(21駆、能登丸、其ノ他)往航時東京湾乃至青ヶ島間対潜前路哨戒ニ任ズルコトトナリ不知火、霞ヲ之ニ指定ス』
  22. ^ #昭和19年4月~1水戦日誌(3)pp.11-12『同日更ニ連合艦隊電令作第210号ニ依リ第五艦隊ノ大部ハ原配備ニ復スルコトトナリ(中略)18駆(薄雲欠)ハ前述任務終了後21戦隊1小隊ト共ニ29日東京湾発大湊ニ進出中ナリ』
  23. ^ #内令昭和19年12月(2)p.12『内令第一三三三號 艦艇類別等級表中左ノ通改正ス 昭和十九年十二月十日海軍大臣 駆逐艦、一等初雪形ノ項中「浦波、」ヲ、同初春型ノ項中「、若葉」ヲ、同不知火型ノ項中「不知火、」ヲ、同夕雲型ノ項中「、藤波」ヲ、同秋月型ノ項中「秋月、」「、初月」ヲ削ル』
  24. ^ #内令昭和19年12月(2)p.18『内令第一三四〇號 呉鎮守府在籍:駆逐艦浦波、駆逐艦不知火|佐世保鎮守府在籍:駆逐艦若葉、駆逐艦秋月、駆逐艦初月|舞鶴鎮守府在籍:駆逐艦藤波|右帝国駆逐艦籍ヨリ除カル(中略) 昭和十九年十二月十日 海軍大臣』

参考文献[編集]

  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • Ref.C08030079500 『昭和17年1月1日~昭和17年2月28日 第1水雷戦隊戦時日誌(1)』。
    • Ref.C08030080200 『昭和17年3月1日~昭和17年5月31日 第1水雷戦隊戦時日誌(1)』。
    • Ref.C08030094900 『昭和17年5月1日~昭和17年8月7日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。
    • Ref.C08030095000 『昭和17年5月1日~昭和17年8月7日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。
    • Ref.C08030095100 『昭和17年5月1日~昭和17年8月7日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。
    • Ref.C08030095200 『昭和17年5月1日~昭和17年8月7日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。
    • Ref.C08030100700 『昭和18年1月1日~昭和18年5月31日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(6)』。
    • Ref.C08030023500 『昭和18年11月15日~昭和19年1月31日 第9艦隊戦時日誌』。
    • Ref.C08030086000 『昭和18年9月1日~昭和19年3月31日 第1水雷戦隊戦時日誌(5)』。
    • Ref.C08030086100 『昭和18年9月1日~昭和19年3月31日 第1水雷戦隊戦時日誌(6)』。
    • Ref.C08030086600 『昭和19年4月1日~昭和19年8月31日 第1水雷戦隊戦時日誌(3)』。
    • Ref.C12070164500 『昭和17年7月~9月 内令 3巻/昭和17年8月分(2)』。
    • Ref.C12070164600 『昭和17年7月~9月 内令 3巻/昭和17年8月分(3)』。
    • Ref.C12070164700 『昭和17年7月~9月 内令 3巻/昭和17年8月分(4)』。
    • Ref.C12070178200 『昭和18年5~6月 内令2巻/昭和18年6月(4)』。
    • Ref.C12070176200 『昭和18年1月~4月 内令1巻/内令昭和18年4月(1)』。
    • Ref.C12070498200 『昭和19年9月~12月 秘海軍公報 号外/12月(2)』。
  • 雑誌「丸」編集部『ハンディ版 日本海軍艦艇写真集17 駆逐艦 初春型・白露型・朝潮型・陽炎型・夕雲型・島風』光人社、1997年。