カムラン湾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯11度53分36秒 東経109度10分12.6秒

カムラン湾の位置
ソ連軍カムラン基地(1985)

カムラン湾(カムランわん、ベトナム語: Vịnh Cam Ranh英語: Cam Ranh Bay)はベトナム中南部カインホア省にあるであり、南シナ海に面した良港である。位置東経109度、北緯12度。

概要[編集]

フランス植民地であった頃から、軍事拠点として用いられることが多かった。日露戦争中には、バルチック艦隊が寄航し、太平洋戦争中には日本海軍も使用している。第一次インドシナ戦争後はアメリカ軍が進出し、空軍基地も併設された。ベトナム戦争中はアメリカ海軍およびアメリカ空軍の拠点となっている。1975年に北ベトナムが占領してからは、共産圏の基地となり、ソビエト連邦が1979年より25年間の基地の租借を申し入れ、2002年までソビエト(ソビエト崩壊後はロシア太平洋艦隊の一部を初めとする部隊が駐留していた。冷戦終了後は、南シナ海の対岸にある駐フィリピン・アメリカ軍のスービック海軍基地が閉鎖されるなどして、カムラン湾の戦略的重要度は低下していた。

2002年ロシア軍の撤退後、アメリカ軍はカムラン湾への艦船訪問をベトナム政府に打診し、2011年に実現した。一方でロシア側も補給地点の作業再開を提案している[1]。また、空軍基地は2003年に改修されて民間空港となっている。

2012年6月3日アメリカ国防長官レオン・パネッタがカムラン湾に停泊中の海軍補給艦兵士らを前に演説し、アメリカとベトナムの関係が順調であることを強調しつつ、海洋への進出を進める中華人民共和国を牽制(けんせい)した[2]

脚注[編集]

  1. ^ ロシアの声」日本語課"カムラン湾にロシア海軍基地復活か"<ウェブ魚拓>2010年10月8日(2012年6月3日閲覧。)
  2. ^ 日本放送協会"米国防長官 ベトナムで中国けん制"<ウェブ魚拓>2012年6月3日(2012年6月3日閲覧。)

関連項目[編集]