夏潮 (駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
艦歴
計画 1937年度(マル3計画
起工 1937年12月9日
進水 1939年2月23日
就役 1940年8月31日[1]竣工
その後 1942年2月9日戦没
除籍 1942年2月28日
性能諸元
排水量 基準:2,033トン
全長 118.5m
全幅 10.8m
吃水 3.8m
機関 ロ号艦本式缶3基
艦本式衝動タービン2基2軸
52,000馬力
速力 35.5ノット
航続距離 18ノットで5,000
乗員 239人
兵装 50口径三年式12.7センチ砲連装×3
25mm機銃連装×2
61cm魚雷発射管4連装×2
爆雷16個

駆逐艦 夏潮(なつしお/なつしほ)は、日本海軍駆逐艦陽炎型駆逐艦の6番艦である。1942年2月、マカッサル沖で戦没。艦名は海上自衛隊のなつしお型潜水艦「なつしお」、はるしお型「なつしお」に継承された。

艦歴[編集]

藤永田造船所1937年(昭和12年)12月9日起工、1939年(昭和14年)2月23日進水、1940年(昭和15年)8月31日[1]に竣工、呉鎮守府籍。

太平洋戦争開戦時には、陽炎型姉妹艦「黒潮」、「親潮」、「早潮」、「夏潮」の4艦で第15駆逐隊(司令官佐藤寅治郎大佐)を編制し、第二水雷戦隊(司令官田中頼三少将:旗艦「神通」)に所属していた。1941年12月、ダバオホロ攻略作戦に参加した。1942年1月、メナド攻略作戦に参加し、以降ケンダリー攻略作戦、アンボン攻略作戦に参加。2月1日の時点で、第15駆逐隊は司令艦/第1小隊1番艦「夏潮」、2番艦「黒潮」、第2小隊3番艦「親潮」、4番艦「早潮」という編制であった[2]

マカッサル攻略作戦中の2月8日22時15分[3]、輸送船団後尾にいた「夏潮」はスラウェシ島のマカッサル沖南緯5度36分9秒 東経119度6分6秒 / 南緯5.60250度 東経119.10167度 / -5.60250; 119.10167で米潜「S37」(USS S-37,SS-142)の雷撃を受ける。艦中央部に命中して航行不能となり左に2度傾斜したが、この時点では沈没せず、「黒潮」の曳航でスラウェシ島ケンダリに退避する事になった[4]。2月9日7時15分、「親潮」より緊急電が発信される[5]。「夏潮」は中央部で前後に分断され、8時43分に沈没した[6]。沈没時点の戦死者は8名、重傷者6名[7]。尚、乗員の計らいにより沈没前に予め投下器に装填中の爆雷全てを起爆深度30m設定し、船体水没後水中にて「夏潮」は自爆したという。第15駆逐隊司令艦は「夏潮」から「親潮」に変更された[8]

駆逐艦「夏潮」は2月28日、 第15駆逐隊[9]、 帝国駆逐艦籍[10] 一等陽炎型[11]、 それぞれから除籍された。

歴代艦長[編集]

艤装員長[編集]

  1. 野間口兼知 中佐:1940年5月1日 -

艦長[編集]

  1. 野間口兼知 中佐:1940年8月31日 -
  2. 長井純隆 中佐:1941年10月20日 -

脚注[編集]

  1. ^ a b 『艦長たちの軍艦史』による。『写真 日本の軍艦 第11巻 駆逐艦II』では1940年8月21日竣工となっている。
  2. ^ #昭和17年2月二水戦日誌(1)p.6『(二)2月中ノ2sd艦隊區分 (一)二月一日現在』
  3. ^ #昭和17年2月二水戦日誌(3)p.11『第15駆逐隊司令→8日2350第二水雷戦隊司令官・第一根拠地部隊司令官(蘭印部隊)/2215夏汐雷撃ヲ受ケ3缶前部機械室浸水今ノ処沈没ノ憂キナキモ行動不能、位置(5°-36.9′S・119°-6.6′E)2225』
  4. ^ #昭和17年2月二水戦日誌(3)pp.14-15『第15駆逐隊司令/夏潮2215(5°26.9′S・119°-6.6′E)ニ於テ輸送船団ノ後尾ニ続行泊地進入時、機械室附近ニ雷撃ヲ受ク 当時「スコール」アリテ視界狭小敵潜ト認ムルモ確認セルモノナシ|損害状況 機械室大破浸水3缶室浸水後部発射管吹飛バサレ目下2缶室補強実施中 艦傾斜左2°前後ノ吃水差特ニ大ナラズ。遮防終了次第黒潮ヲシテ曳航親潮ヲシテ護衛ノ上「ケンダリー」ニ回航ス。行方不明者 浅井機関兵曹長以下下士官2、兵5(機械室当直員)其ノ他重傷者6』
  5. ^ #昭和17年2月二水戦日誌(3)p.13『第15駆逐隊司令/夏潮沈没ノ虞アリ0715』
  6. ^ #昭和17年2月二水戦日誌(3)p.14『第15駆逐隊司令/夏潮ハ黒潮曳航親潮護衛ノ下ニ曳航状況調査中、中部ヨリ切断沈没、人員重要物件ヲ親汐、黒潮ニ収容セリ。誠ニ恐懼ニ堪ヘズ地点ニユト35〇八四三』
  7. ^ #昭和17年2月二水戦日誌(3)p.16『第一根拠地隊司令官/夏潮2月8日2215位置南緯5度36.9分東経119度6.6分ニ於テ輸送船団護衛中敵潜水艦ノ雷撃ヲ受ケ9日0843沈没、戦死者准士官1、下士官兵7、重傷者6、9日1300』
  8. ^ #昭和17年2月二水戦日誌(3)p.16『第15駆逐隊司令/司令駆逐艦ヲ夏汐ヨリ親潮ニ変更セリ』
  9. ^ #内令昭和17年2月(4)p.18『内令第三百六十六號 駆逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十七年二月二十八日 海軍大臣嶋田繁太郎|第十五駆逐隊ノ項中「、夏潮」ヲ削ル』
  10. ^ #内令昭和17年2月(4)p.18『内令第三百六十七號 呉鎮守府在籍:駆逐艦 夏潮 右帝国駆逐艦籍ヨリ除カル|昭和十七年二月二十八日 海軍大臣嶋田繁太郎』
  11. ^ #内令昭和17年2月(4)p.19『内令第三百六十九號 艦艇類別等級別表左ノ通改正ス 昭和十七年二月二十八日 海軍大臣嶋田繁太郎|駆逐艦、一等陽炎型ノ項中「夏潮、」ヲ削ル』

参考文献[編集]

  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • Ref.C12070161100 『昭和17年1月~3月 内令1巻/昭和17年2月(4)』。
    • Ref.C08030092400 『昭和17年2月1日~昭和17年2月28日 第2水雷戦隊戦時日誌(1)』。
    • Ref.C08030092500 『昭和17年2月1日~昭和17年2月28日 第2水雷戦隊戦時日誌(2)』。
    • Ref.C08030092600 『昭和17年2月1日~昭和17年2月28日 第2水雷戦隊戦時日誌(3)』。

関連項目[編集]