夏潮 (駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
艦歴
計画 1937年度(マル3計画
起工 1937年12月9日
進水 1939年2月23日
就役 1940年8月31日[1]竣工
その後 1942年2月9日戦没
除籍 1942年2月28日
性能諸元
排水量 基準:2,033トン
全長 118.5m
全幅 10.8m
吃水 3.8m
機関 ロ号艦本式缶3基
艦本式衝動タービン2基2軸
52,000馬力
速力 35.5ノット
航続距離 18ノットで5,000
乗員 239人
兵装 50口径三年式12.7センチ砲連装×3
25mm機銃連装×2
61cm魚雷発射管4連装×2
爆雷16個

夏潮(なつしお/なつしほ)は、日本海軍駆逐艦陽炎型駆逐艦の6番艦である。1942年2月、マカッサル沖で戦没。

艦歴[編集]

藤永田造船所1937年(昭和12年)12月9日起工、1939年(昭和14年)2月23日進水、1940年(昭和15年)8月31日[1]に竣工、呉鎮守府籍。

太平洋戦争開戦時には、「黒潮」「親潮」「早潮」「夏潮」の4艦で第2水雷戦隊第15駆逐隊に所属。1941年12月、ダバオホロ攻略作戦に参加した。1942年1月、メナド攻略作戦に参加し、以降ケンダリー攻略作戦、アンボン攻略作戦に参加。

マカッサル攻略作戦中の2月8日、マカッサル沖で米潜「S37」(USS S-37,SS-142)の雷撃を受け艦後部に命中、航行不能となる。黒潮の曳航でケンダリーを目指したが翌2月9日に浸水により沈没。 尚、乗員の計らいにより沈没前に予め投下器に装填中の爆雷全てを起爆深度30m設定し、船体水没後水中にて夏潮は自爆した。10名戦死。2月28日除籍。

歴代艦長[編集]

艤装員長[編集]

  1. 野間口兼知 中佐:1940年5月1日 -

艦長[編集]

  1. 野間口兼知 中佐:1940年8月31日 -
  2. 長井純隆 中佐:1941年10月20日 -

脚注[編集]

  1. ^ a b 『艦長たちの軍艦史』による。『写真 日本の軍艦 第11巻 駆逐艦II』では1940年8月21日竣工となっている。

参考文献[編集]