漣 (吹雪型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Sazanami II.jpg
艦歴
発注 昭和2年度艦艇補充計画
起工 1930年2月21日
進水 1931年6月6日
就役 1932年5月19日
その後 1944年1月14日戦没
除籍 1944年3月10日
性能諸元(計画時)
排水量 基準:1,680t 公試:1,980t
全長 118m (水線長:115.3m)
全幅 10.36m
吃水 3.2m
機関 ロ号艦本式缶4基
艦本式タービン2基2軸 50,000hp
速力 38.0ノット
航続距離 14ktで5,000浬
乗員 219名(もしくは220名)
兵装 50口径12.7cm連装砲 3基6門
13mm単装機銃 2挺
61cm3連装魚雷発射管 3基

(さざなみ)は日本海軍駆逐艦一等駆逐艦吹雪型(初雪型)の19番艦(特II型の9番艦)である。この名を持つ日本海軍の艦船としては、雷型駆逐艦「漣」に続いて2隻目。戦後、海上自衛隊たかなみ型護衛艦さざなみ」が就役した。

艦歴[編集]

初期[編集]

舞鶴工作部で建造[1]された。1930年(昭和5年)2月21日に起工[1][2]。同日、舞鶴工作部では姉妹艦「」の建造も始まっている[3]。1931年(昭和6年)6月4日[1]もしくは6月6日に進水[2]。1932年(昭和7年)5月19日に就役[1][2]。一等駆逐艦に類別され、第二艦隊・第7駆逐隊に編入された。なお「漣」と同造船所・同日起工の「響」の竣工は「漣」から約1年遅れ、1933年(昭和8年)3月31日であった[3]

日中戦争に際して「漣」は、1937年(昭和12年)以降、上海杭州湾上陸作戦、仏印の作戦に参加した。1940年(昭和15年)10月11日、第7駆逐隊のうち「漣」のみ紀元二千六百年特別観艦式に参加した。

第二次世界大戦[編集]

太平洋戦争では、開戦劈頭、真珠湾攻撃に呼応して駆逐艦「」(第7駆逐隊司令艦)と共にミッドウェー島への砲撃を敢行した[4]。11月27日に館山湾を出撃して東進、南雲機動部隊真珠湾を攻撃してから十数時間後の12月8日午後6時40分、ミッドウェー島への砲撃を開始する[5]。20分ほど砲撃を行って退避したが、この時空母「レキシントン」は同島まであと1日の距離であった[6]。また米潜水艦「アルゴノート」と遭遇したが、第7駆逐隊は気付かなかった。12月23日に日本へ帰着。

1942年1月、アンボン上陸作戦において空母「飛龍」「蒼龍」の護衛を行った。また、蘭印侵攻作戦において、重巡洋艦「那智」「羽黒」の護衛を行った。スラバヤ沖海戦後の3月2日、前日に沈没した英重巡「エクセター」の生存者を捜索していた「漣」と「潮」は米潜水艦「パーチ」を発見し、雷撃を行った[7]。3月末に修理のために横須賀海軍工廠へ帰投した。

4月末、空母「祥鳳」を護衛してトラック諸島へ向かい、ポートモレスビー攻略作戦に従事した。5月7-8日の珊瑚海海戦では、五藤存知少将/第六戦隊司令官が指揮するMO攻略部隊主隊(祥鳳、第六戦隊《青葉衣笠加古古鷹》、漣)として参戦した[8]。5月7日、空母「祥鳳」は米軍機動部隊(レキシントン・ヨークタウン)艦載機の攻撃で9時35分に撃沈される[9]。護衛の第六戦隊(青葉、衣笠、加古、古鷹)および「漣」は、五藤司令官(旗艦「青葉」)の判断により、第二次空襲を避けるため、いったん「祥鳳」沈没現場を離れた[10]。12時以降、「漣」は反転して祥鳳沈没現場に向かう[11]。15時30分頃到着した「漣」は[12]、最終的に203名を救助して戦場を離脱した[13]。その後、「漣」と駆逐艦「夕暮」、第15駆逐隊(黒潮親潮早潮)は5月8日の空襲で損傷した空母「翔鶴」を護衛して内地へ向かう事になった[14]。「漣」は途中で「翔鶴」と分離、サイパンを経由して横須賀へ帰投した。

5月20日附で第7駆逐隊(潮、、漣)は、第四航空戦隊(龍驤隼鷹)、第一水雷戦隊(旗艦「阿武隈」、第6駆逐隊《響、暁、雷、電》、第21駆逐隊《若葉、初霜、子日、初春》)、第四戦隊第2小隊(摩耶、高雄)と共に北方部隊に編入される[15]。第7駆逐隊3隻は第二機動部隊に所属し、四航戦(龍驤、隼鷹)、重巡洋艦2隻(摩耶高雄)、補給船「帝洋丸」と行動を共にした[16]。6月のミッドウェー作戦では、アラスカダッチハーバーの米海軍基地を攻撃する北方部隊の一員として参戦。その後、横須賀へ帰投した。

7月29日、第7駆逐隊(潮、漣)は特設航空母艦「八幡丸」(のちに「雲鷹」と改名)の航空機輸送を護衛、サイパンを経由して8月9日にウルシーへ到着、13日に呉へ帰投した[17]。8月から9月にかけてはソロモン諸島での鼠輸送に従事した[18]。8月17日、戦艦「大和」(山本五十六連合艦隊司令長官座乗中)、特設空母「春日丸(大鷹)」、7駆(漣、潮、曙)は桂島泊地を出撃し、トラック泊地に到着へ向かった[19]。27日、航空機輸送のため「春日丸」と「曙」は艦隊から分離、ラバウルへ向かった[20]。28日、トラック泊地を目前にして「大和」は米潜水艦「フライングフィッシュ」に雷撃される[21]。護衛の「潮」「漣」は爆雷攻撃を実施して「フライングフィッシュ」を撃退した[21]。10月上旬、損傷し呉海軍工廠へ修理を受けに行く空母「大鷹」を護衛し、11月には修理が完了してラバウルへ戻る「大鷹」を護衛した。以後、輸送任務や特設航空母艦の護衛任務に従事した。

1943年(昭和18年)3月上旬、日本陸軍の三式戦闘機「飛燕」部隊のラバウル進出が決定する[22]。重巡「鳥海」、駆逐艦4隻(漣、響、黒潮親潮)は三式戦闘機を積載した空母2隻(冲鷹、大鷹)を護衛して4月4日横須賀を出発、10日にトラックへ到着した[22]。6月24日、「漣」と「卯月」は、「神光丸」に曳航される秋月型駆逐艦秋月」を護衛してサイパンを出発、7月5日に長崎へ到着した[23]。7月19日、「漣」と「大波」(駆逐艦長吉川潔中佐)は特設給兵船2隻(日威丸、日朗丸)を護衛して内地を出発、28日にトラックへ到着した[24]。 同年8月17日の第一次ベララベラ海戦では、「漣」に第三水雷戦隊司令官伊集院松治大佐が座乗。第17駆逐隊(浜風磯風)、第27駆逐隊「時雨」と共に米軍駆逐艦隊と交戦した。8月中、「漣」は「浜風」「磯風」「時雨」と行動を共にし、各方面の輸送作戦に従事した。

11月30日、空母3隻(瑞鳳/旗艦、雲鷹冲鷹)、重巡洋艦摩耶」、第7駆逐隊(曙 潮、漣)、第17駆逐隊「浦風」はトラックを出発して内地へ向かう[25][26]。12月3日朝、空母「冲鷹」は米潜水艦「セイルフィッシュ」の雷撃で航行不能となり、14日朝に沈没する[26]。「浦風」は副長以下約130名、「漣」は運用長以下約30名を救助したが、冲鷹乗組員便乗者ふくめ約1250名が戦死した[26]。12月5日、横須賀に入港する[26]

1944年(昭和19年)1月1日、第7駆逐隊は第5艦隊に配属された。1月12日、パラオからトラックへ向かう輸送船団の護衛に参加するため、ラバウルを出港した。1月12日以降、「漣」「曙」は、第二水雷戦隊の駆逐艦「早波」、「島風」と合同し、油槽船「日本丸」、「建洋丸」、「国洋丸」を護衛することになった[27]。だが船団は米潜水艦「スキャンプ」、「ガードフィッシュ」、「アルバコア」で構成されたウルフパックに襲撃される。1月14日[28]、「漣」はヤップ島の南東300海里の北緯05度15分 東経141度15分 / 北緯5.250度 東経141.250度 / 5.250; 141.250座標: 北緯05度15分 東経141度15分 / 北緯5.250度 東経141.250度 / 5.250; 141.250の地点で「アルバゴア」(USS Albacore, SS-218) の雷撃を受け沈没した。菅明次艦長を含む153人が死亡し、89人の生存者は姉妹艦の「」により救助された。また160名が死亡し、生存者は80名とする文献もある[29]。「漣」沈没後、「日本丸」は「スキャンプ」に、「健洋丸」は「ガードフィッシュ」に、それぞれ撃沈された[30][31]。「島風」「早波」が爆雷攻撃を行う一方、無事だった「国洋丸」は「曙」およびトラックから駆け付けた第27駆逐隊「春雨」に護衛されて退避[32]、その後「島風」はパラオへ向かい[33]、「曙」「春雨」「早波」「国洋丸」はトラック泊地に到着した[34]

同年3月10日、駆逐艦「漣」は 初雪型駆逐艦[35]、 第7駆逐隊[36]、 帝国駆逐艦籍[37] のそれぞれから除籍された。

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』286-287頁による。

艤装員長[編集]

  • 稲垣義龝 少佐:1931年12月1日 -

艦長[編集]

  • 稲垣義龝 少佐:1932年5月19日 - 11月15日
  • 佐藤慶蔵 中佐:1932年11月15日 -
  • 崎山釈夫 少佐:1933年9月30日 - 1935年11月15日
  • 小田為清 中佐:1935年11月15日 - 1936年12月1日
  • 宮坂義登 中佐:1936年12月1日 -
  • 小山猛夫 中佐:1937年12月1日 - 1938年9月10日 同日より予備艦
  • (兼)川島良雄 少佐:1938年9月10日 -
  • 天谷嘉重 中佐:1938年12月15日 -
  • 井上良雄 中佐:1939年11月1日 -
  • 角田千代吉 少佐:1940年11月1日 -
  • 上井宏 少佐:1941年9月10日 -
  • 菅明次 少佐:1942年7月20日 - 1944年1月14日

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 第二次大戦駆逐艦総覧 2000, p. 192.
  2. ^ a b c #昭和12年12月1日現在艦船要目公表範囲p.4『漣|一等駆逐艦|(艦要目略)|舞鶴工作部|5-2-21|6-6-6|7-5-19|(艦装備略)』
  3. ^ a b #昭和12年12月1日現在艦船要目公表範囲p.4『響|一等駆逐艦|(艦要目略)|舞鶴工作部|5-2-21|7-6-16|8-3-31|(艦装備略)』
  4. ^ #随所作主35頁
  5. ^ #随所作主38頁
  6. ^ #随所作主39頁
  7. ^ Brown. Warship Losses of World War II
  8. ^ #戦史叢書南東方面海軍作戦(1)268頁
  9. ^ #戦史叢書南東方面海軍作戦(1)283頁
  10. ^ #戦史叢書南東方面海軍作戦(1)284頁
  11. ^ #第6戦隊日誌(4)p.25『1215漣ヲ分離シ速ニ祥鳳沈没位置(デボイ子ノ59度52.5浬)ニ急行急行生存者救助ニ当ラシム』
  12. ^ #第6戦隊日誌(4)p.27『1930漣ハ1530現場着日没迄ニ祥鳳艦副長以下百名ヲ救助シ更ニ救助続行中ト報ズ』
  13. ^ #戦史叢書南東方面海軍作戦(1)285頁
  14. ^ #五航戦日誌昭和17年5月p.6『5月9日翔鶴ハ避退ノ途次主力部隊ニ編入呉回航ヲ命ゼラレ夕暮漣及第15駆逐隊ノ警戒下ニ5月17日1830呉着修理整備ニ従事ス』
  15. ^ #第5艦隊日誌AL作戦(1)pp.43-44『(一)麾下(指揮下)艦船部隊ノ行動』
  16. ^ #第5艦隊日誌AL作戦(1)p.35『五.軍隊区分 一.第一軍隊区分(攻略作戦概成迄)|主隊-指揮官:直率、兵力:那智、2D/21dg、主要任務:全作戦支援|第二機動部隊-4Sf司令官、4Sf、2D/4S、7dg、(帝洋丸)、AOE・AOI・AOB空襲・敵艦隊補足撃滅』
  17. ^ #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)103頁「その他の航路の護衛」
  18. ^ D’Albas. Death of a Navy: Japanese Naval Action in World War II.
  19. ^ #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)83頁
  20. ^ #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)140頁
  21. ^ a b #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)155頁『米潜に襲撃された「大和」』
  22. ^ a b #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)322頁『三式戦闘機(陸軍)の輸送』
  23. ^ #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)299頁『「満潮、秋月」損傷して内地回航』
  24. ^ #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)373頁
  25. ^ #ラバウル空襲時摩耶被害(2)p.33『一.各部隊指揮官ハ左ノ隊艦ヲシテ11月30日頃「PT」発「NAA」ニ回航セシムベシ 瑞鳳・冲鷹・雲鷹・摩耶・七駆・浦風|二.瑞鳳艦長ハ回航中右部隊ヲ指揮スベシ』
  26. ^ a b c d #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)529頁『米潜水艦の跳梁と「冲鷹」の被雷沈没』
  27. ^ #昭和18年12月~2水戦日誌(3)p.15『島風(略)11日32dg(早波)ト共ニ日本丸船団護衛ノ為「パラオ」発/12日船団ニ会合14日同船被雷撃(略)16日命ニ依リ「パラオ」帰着』
  28. ^ #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)533頁
  29. ^ 『駆逐艦漣 乗員と遺族の手記』 151項
  30. ^ #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)533頁
  31. ^ #昭和18年12月~2水戦日誌(3)ppp.10-11『(3)32dg(早波) (略)11日日本丸船団護衛ノ為「パラオ」発12日合同護衛中14日1252北緯05度02分 東経140度50分 / 北緯5.033度 東経140.833度 / 5.033; 140.833ニ於テ日本丸雷撃ヲ受ケ沈没敵潜攻撃効果不明ナルモ攻撃後探知音ヲ聞カズ 同日1645頃北緯05度22分 東経141度32分 / 北緯5.367度 東経141.533度 / 5.367; 141.533ニ於テ健洋丸雷撃ヲ受ケ沈没、曙ヲシテ国洋丸ヲ芸セシメ早波ハ引続キ掃蕩ヲ実施』
  32. ^ #昭和18年12月~2水戦日誌(3)p.13『(4)27dg(時雨、春雨)(略)12日春雨ハ日本丸船団護衛ノ為「トラック」発14日北緯05度44分 東経148度46分 / 北緯5.733度 東経148.767度 / 5.733; 148.767ニ於テ敵潜探知攻撃スルモ効果不明/16日国洋丸ニ合同護衛ノ上17日「トラック」着』
  33. ^ #昭和18年12月~2水戦日誌(3)p.80『16日島風1100「パラオ」着』
  34. ^ #昭和18年12月~2水戦日誌(3)p.11『15日早朝掃蕩ヲ止メ船団ニ向フ16日国洋丸曙春雨ニ合同』
  35. ^ #内令昭和19年3月(1)p.18『内令第四百十三號 艦艇類別等級表中左ノ通改正ス 昭和十九年三月十日 海軍大臣嶋田繁太郎|軍艦、巡洋艦二等球磨型ノ項中「球磨」ヲ削ル|駆逐艦、一等初雪型ノ項中「、漣」ヲ、同白露型ノ項中「、涼風」ヲ削ル』
  36. ^ #内令昭和19年3月(1)p.19『内令第四百十八號 駆逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十九年三月十日 海軍大臣嶋田繁太郎|第七駆逐隊ノ項中「、漣」ヲ削ル|第二十四駆逐隊ノ項中「涼風、」ヲ削ル』
  37. ^ #内令昭和19年3月(1)p.20『内令第四百二十號 呉鎮守府在籍 軍艦 球磨 右帝国軍艦籍ヨリ除カル|横須賀鎮守府在籍:駆逐艦 漣、佐世保鎮守府在籍:駆逐艦 涼風 右帝国駆逐艦籍ヨリ除カル|昭和十九年三月十日 海軍大臣嶋田繁太郎』

参考文献[編集]

  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • Ref.C13071974300 『昭和12年12月1日現在10版内令提要追録第3号原稿/巻1追録/第6類機密保護』。
    • Ref.C12070196200 『昭和19年1月~7月内令/昭和19年3月(1)』。
    • Ref.C08030045600 『昭和16年12月1日~昭和17年10月12日 第6戦隊戦時日誌(4)』。
    • Ref.C13120038500 『第5航空戦隊戦時日誌(作戦及一般之部))昭和17年5月/1.経過』。
    • Ref.C08030019000 『昭和16年12月1日~昭和19年6月30日 第5艦隊戦時日誌 AL作戦(1)』。
    • Ref.C08030019100 『昭和16年12月1日~昭和19年6月30日 第5艦隊戦時日誌 AL作戦(2)』。
    • Ref.C08030749200 『昭和18年11月5日ラバウル港内対空戦闘時の摩耶の被害及び応急処置(2)』。
    • Ref.C08030102000 『昭和18年12月1日~昭和19年2月29日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書 南東方面海軍作戦(1) ガ島奪還作戦開始まで』 朝雲新聞社、1971年9月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書62 中部太平洋方面海軍作戦(2) 昭和十七年六月以降』 朝雲新聞社、1973年2月。
  • さざなみ会編『駆逐艦漣 乗員と遺族の手記』一進社 1980年。
  • 海軍歴史保存会編『日本海軍史』第7巻、発売:第一法規出版、1995年。
  • 雑誌「丸」編集部『ハンディ版 日本海軍艦艇写真集16 駆逐艦 吹雪型[特型]』光人社、1997年。
  • 外山三郎 『随所作主 "配置"に生きる人生論』 近代文芸社、1998年3月。ISBN 4-8903-9-961-5 1941年9月「漣」航海長。
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9
  • D'Albas, Andrieu (1965). Death of a Navy: Japanese Naval Action in World War II. Devin-Adair Pub. ISBN 0-8159-5302-X. 
  • Brown, David (1990). Warship Losses of World War Two. Naval Institute Press. ISBN 1-55750-914-X. 
  • Howarth, Stephen (1983). The Fighting Ships of the Rising Sun: The Drama of the Imperial Japanese Navy, 1895–1945. Atheneum. ISBN 0-689-11402-8. 
  • Jentsura, Hansgeorg (1976). Warships of the Imperial Japanese Navy, 1869–1945. US Naval Institute Press. ISBN 0-87021-893-X. 
  • Nelson, Andrew N. (1967). Japanese–English Character Dictionary. Tuttle. ISBN 0-8048-0408-7. 
  • Watts, Anthony J (1967). Japanese Warships of World War II. Doubleday. ASIN B000KEV3J8. 
  • Whitley, M J (2000-4) [1988]. Destroyers of World War Two: An International Encyclopedia. London: Arms and Armour Press. ISBN 1-85409-521-8. 
  • M.J.ホイットレー 『第二次大戦駆逐艦総覧 (Destroyers of World War Two: An International Encyclopedia)』 岩重多四郎訳、大日本絵画、東京、2000年2月(原著1988年)。ISBN 4-499-22710-0

外部リンク[編集]