白露型駆逐艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
白露型駆逐艦
Kawakaze-1.jpg
艦級概観
艦種 駆逐艦
前級 初春型駆逐艦
次級 朝潮型駆逐艦
性能諸元
排水量 基準:1,685トン
全長 111m
全幅 9.9m
吃水 3.5m
主缶 ロ号艦本式缶3基
主機 艦本式タービン2基2軸 42,000hp
最大速力 34ノット
航続距離 18ktで4,000浬
燃料 重油:540トン
乗員 226名
兵装 50口径12.7cm連装砲 2基4門
50口径12.7cm単装砲 1基1門
40mm単装機銃 2挺[1]
(改白露型は13mm連装機銃2基[1]
61cm4連装魚雷発射管 2基8射線
(九〇式魚雷16本、のちに九三式魚雷搭載)
爆雷×16

白露型駆逐艦(しらつゆかたくちくかん)は大日本帝国海軍駆逐艦初春型駆逐艦の準同型艦ともいえる艦級であった。

概要[編集]

当初「マル1計画」で12隻の建造予定であった初春型は過剰な武装のため重心が上昇し、建造は6隻で打ち切られた。そして設計をF45Dと変更、武装を練り直した改良型として建造されたのが「白露型」であった。

主砲配置は改装後の初春型と同じであるが、仰角を55度に戻したC型が採用されている。魚雷は、6門では少ないとされ海軍初の四連装魚雷発射管を2基装備し8射線を確保した。竣工時には九〇式空気魚雷を搭載していたが、開戦前に九三式酸素魚雷搭載に改造したといわれている。また、改装という形であった初春型とは異なり、設計段階で発生した第四艦隊事件の結果を取り入れ、安定性と船体強度に留意した構造になった本型は、初春型より強度が上がっている。しかし、結局この排水量で満足する性能を持った駆逐艦建造は不可能と判断した海軍は10隻で本型の建造を中止し、より大型の朝潮型駆逐艦の建造に着手することとなる。

なお、初春・白露両型は、共に規定排水量をオーバーしているが、このことは諸外国には伏せられていた。

改白露型[編集]

第二次軍備補充計画(通称「マル2計画」)で計画された海風以降の4艦は第四艦隊事件の影響で設計が若干改められ、改白露型もしくは海風型と呼ばれることもある。変更は主に船体構造であった。外観の特徴としては艦橋形状が変更され、朝潮型陽炎型と同一形状となった。

対空用に採用した40mm機銃2挺は、改白露型では13mm連装機銃2基に改められている[1]。また25mm連装機銃2基を搭載したとする文献もある[2]

また第二次軍備補充計画では改白露型を14隻建造の予定であったが軍縮条約脱退もあり4隻で打ち切り、残りは設計を改め朝潮型として完成した。

兵装[編集]

主砲[編集]

12.7cm連装砲C型2基、同単装B型1基を装備した。これらは最大仰角55度だった。なお白露は単装砲にA型改1を仰角55度に変更したものを搭載した。また夕立の連装砲は写真よりB型改2であることが判明している。

大戦後半になり機銃増備のため単装砲は撤去された。

魚雷[編集]

日本海軍の駆逐艦で初めて4連装発射管を装備する。当初魚雷は九〇式魚雷だったが開戦までに九三式魚雷に変更した。魚雷本数は昭和18年以降は12本(何時から12本となったかは不明)となっている。

機銃[編集]

上述したとおり竣工時は40mm機銃2挺もしくは13mm連装2基だった[1]が、大戦中に25mm3連装2基と交換された。その他に艦橋前に25mm連装1基、主砲1基を撤去し25mm3連装機銃1基を装備してあ号作戦時には合計25mm3連装3基、同連装1基となった(白露の例)。残存していた時雨と五月雨にはその後さらに単装機銃が装備され、時雨ではそのために搭載艇の一部を降ろしている。

その他[編集]

電探(レーダー)は1943年以降、前マストに22号を装備した。その後13号も装備したものと思われる[1]。「あ号作戦後の兵装増備の状況調査」[3]によると、時雨、五月雨は昭和19年後半の時点で前マストトップに13号電探を搭載した。

水中探信儀は1940年の時点で装備されているが竣工時からの装備かどうかは不明。水中聴音機は開戦後の装備のようである。爆雷は大戦中に36個に増備した。

同型艦[編集]

白露 [II](しらつゆ)
竣工1936年8月20日(佐世保工廠) 戦没1944年6月15日
時雨 [II](しぐれ)
竣工1936年9月7日(浦賀船渠) 戦没1945年1月24日
村雨 [II](むらさめ)
竣工1937年1月7日(藤永田造船所) 戦没1943年3月5日
夕立 [II](ゆうだち/ゆふだち)
竣工1937年1月7日(佐世保工廠) 戦没1942年11月13日
春雨 [II](はるさめ)
竣工1937年8月26日(舞鶴工作部) 戦没1944年6月8日
五月雨(さみだれ)
竣工1937年1月29日(浦賀船渠) 戦没1944年8月26日
海風 [II](うみかぜ)
竣工1937年5月31日(舞鶴工作部) 戦没1944年2月1日
山風 [II](やまかぜ)
竣工1937年6月30日(浦賀船渠) 戦没1942年6月23日
江風[III](かわかぜ/かはかぜ)
竣工1937年4月30日(藤永田造船所) 戦没1943年8月6日
涼風[4](すずかぜ)
竣工1937年8月31日(浦賀船渠) 戦没1944年1月25日

駆逐隊の変遷[編集]

初期2隻は後期初春型2隻と駆逐隊を組み、残りの8隻はそれぞれ4隻で駆逐隊を編成した。

第九駆逐隊→第二七駆逐隊[編集]

横須賀鎮守府籍の白露時雨と初春型の有明夕暮で編成。1934年(昭和9年)3月1日で解隊した楢型駆逐艦4隻からなる先代に続く四代目の第九駆逐隊である。1938年(昭和13年)12月15日付で佐世保鎮守府の樅型駆逐艦からなる先代第二七駆逐隊が舞鶴要港部第三四駆逐隊に転出し、入れ替わりに佐世保に転籍したため、三代目の第二七駆逐隊となる。所属部隊と所属駆逐艦の変遷は以下のとおり。各艦の戦歴は各艦の項目を参照。

1935年(昭和10年)4月1日:夕暮の竣工を機に編成。翌年9月7日に時雨が竣工し編成完結。
1935年(昭和10年)11月15日:第一艦隊第一水雷戦隊
1938年(昭和13年)12月15日:佐世保鎮守府に転籍、第二七駆逐隊に改称。佐世保鎮守府予備艦。
1939年(昭和14年)11月15日:第一艦隊第一水雷戦隊。
1942年(昭和17年)7月14日:第二艦隊第四水雷戦隊に転籍。
1943年(昭和18年)7月20日:夕暮戦没、10月15日除籍。
1943年(昭和18年)7月28日:有明戦没、10月15日除籍。
1943年(昭和18年)11月30日:7月1日に解隊した第二駆逐隊より春雨五月雨を編入。
1944年(昭和19年)6月8日:春雨戦没、8月10日除籍。
1944年(昭和19年)6月15日:白露戦没、8月10日除籍。
1944年(昭和19年)7月20日:四水戦解散、第二艦隊第二水雷戦隊に転籍。
1944年(昭和19年)8月26日:五月雨戦没により解隊、10月10日除籍。
(1945年(昭和20年)1月24日:時雨戦没、3月10日除籍。)

第二駆逐隊[編集]

横須賀鎮守府籍の村雨夕立春雨五月雨で編成。1935年(昭和10年)4月10日に解隊した峯風型駆逐艦4隻からなる先代に続く四代目の第二駆逐隊である。

1937年(昭和12年)12月1日:編成。第一艦隊第一水雷戦隊。
1940年(昭和15年)11月15日:第二艦隊第四水雷戦隊に転籍。
1942年(昭和17年)11月13日:夕立戦没、12月15日除籍。
1943年(昭和18年)3月5日:村雨戦没、4月1日除籍。
1943年(昭和18年)7月1日:解隊。春雨は損傷修理のため予備艦、五月雨は一水戦附属へ。
(1943年(昭和18年)11月30日:春雨修理完了、五月雨とともに第二七駆逐隊に転出。以後は上記第二七駆逐隊の項に譲る。)

第二四駆逐隊[編集]

佐世保鎮守府籍の海風山風江風涼風で編成。1937年(昭和12年)5月31日に解隊した楢型駆逐艦4隻からなる先代に続く二代目の第二四駆逐隊である。

1937年(昭和12年)5月31日:編成。
1938年(昭和13年)12月15日:第一艦隊第一水雷戦隊。
1940年(昭和15年)11月15日:第二艦隊第四水雷戦隊に転籍。
1942年(昭和17年)6月23日:山風戦没、8月20日除籍。
1942年(昭和17年)7月14日:第二艦隊第二水雷戦隊に転籍。
1943年(昭和18年)8月6日:江風戦没、10月15日除籍。
1943年(昭和18年)11月14日:3月3日に解隊した第八駆逐隊より満潮を編入。
1944年(昭和19年)1月25日:涼風戦没、3月10日除籍。
1944年(昭和19年)2月1日:海風戦没、3月31日除籍。
1944年(昭和19年)2月10日:解隊。
(1944年(昭和19年)3月31日:満潮は第四駆逐隊に転出。以後は第四駆逐隊の項に譲る。)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『写真 日本の軍艦 第11巻 駆逐艦II』による。
  2. ^ 『軍艦基本計画資料』によると白露型は25mm連装機銃2基。ただし時期は不明。また「「利根」型の搭載機銃」によると海風以下の4隻は25mm連装機銃2基を搭載した。
  3. ^ 『日本駆逐艦物語』p270,280。
  4. ^ 海軍大臣達「6月」第18画像 (昭和10年6月20日付 海軍大臣達第70号)。命名に係る本令達で用いられている漢字はであってではない。

参考文献[編集]