夕雲 (駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
艦歴
計画 1939年度(マル4計画
起工 1940年6月12日
進水 1941年3月16日
就役 1941年12月5日竣工
その後 1943年10月6日戦没
除籍 1943年12月1日
性能諸元
排水量 基準:2,077t
公試:2,520t
全長 119.3m
全幅 10.8m
吃水 3.76m
主缶 ロ号艦本式缶3基
主機 艦本式タービン2基2軸 52,000hp
最大速力 35.0kt
航続距離 18ktで5,000浬
燃料 重油:600トン
乗員 225名
武装(新造時) 50口径12.7cm連装砲 3基6門
25mm機銃 Ⅱ×2
61cm4連装魚雷発射管 2基8門
(九三式魚雷16本)
爆雷×18乃至36

夕雲(ゆうぐも/ゆふぐも)は[1]日本海軍駆逐艦一等夕雲型の1番艦である。

艦歴[編集]

駆逐艦「夕雲」は1939年度(マル4計画)仮称第116号艦として建造を認められる。1939年(昭和15年)6月12日、舞鶴海軍工廠にて起工[2]1941年(昭和16年)2月5日、正式に「夕雲」と命名され[1]、一等夕雲型駆逐艦「夕雲」として登録される[3]。3月16日進水[2]。同日附で横須賀鎮守府[4]。12月5日に竣工[2]。同日附で横須賀鎮守府部隊の警備駆逐艦となる[5]

12月8日の真珠湾攻撃および太平洋戦争開戦を経て、12月14日付で海面防備部隊に編入され[6]東京湾外、伊豆諸島方面で対潜哨戒活動に従事する。1942年(昭和17年)3月14日、この日に竣工した夕雲型「巻雲」とともに第十駆逐隊(阿部俊雄大佐・海軍兵学校46期)を編成[7]。3月28日、第十駆逐隊に夕雲型「風雲」が編入される[8]。4月10日、戦隊改編により第一航空艦隊南雲忠一中将・海兵36期)の直衛に任ずる部隊として第十戦隊(木村進少将・海兵40期)が編成され、第十駆逐隊も第十戦隊に編入された。4月15日、一等陽炎型19番艦秋雲」が第十駆逐隊に編入され、定数4隻(夕雲、巻雲、風雲、秋雲)となる[9]。 これまでの第一水雷戦隊(大森仙太郎少将・海兵41期)に代わって南雲機動部隊の直衛に就く第十戦隊は、旗艦「長良」以下、第十駆逐隊《第1小隊:(1)風雲、(2)夕雲、第2小隊:(3)巻雲、(4)秋雲》、第十七駆逐隊《第1小隊:(1)谷風、(2)浦風、第2小隊:(3)浜風、(4)磯風》、第七駆逐隊《第1小隊:(1)潮、(2)漣、第2小隊:(3)曙》が所属していた[10]。だが第七駆逐隊は機動部隊から外されており、実際の機動部隊警戒隊(指揮官:第十戦隊司令官)は「長良」以下第四駆逐隊(有賀幸作司令:嵐、野分、萩風、舞風)、第十駆逐隊、第十七駆逐隊という編制である[11]。第十戦隊は6月5日のミッドウェー海戦が初陣となった。だが海戦は惨敗。第十駆逐隊は最後まで戦闘力を維持していた空母「飛龍」の直衛および被弾後の救援活動に従事した。海戦後、6月13日にに帰投した[12]

7月14日、臨時編成の第一航空艦隊が解散して第三艦隊が編成され、南雲中将が司令官となった。この間の8月7日、ガダルカナル島にアメリカ軍が上陸してガダルカナル島の戦いが始まった。8月16日、第三艦隊は柱島泊地を出撃してトラック諸島に向かうが、アメリカ機動部隊が出現した事によりソロモン諸島東方海域に急行した[13]。8月24日の第二次ソロモン海戦でも空母の直衛を務めた。10月26日の南太平洋海戦では前衛部隊に配される。南太平洋海戦の後、11月3日に第十駆逐隊は第二水雷戦隊田中頼三少将・海兵41期)、第七戦隊(西村祥治少将・海兵39期)とともに外南洋部隊に加勢された[14]。11月10日のガダルカナル島への鼠輸送では、92名の傷病兵を収容してショートランドに帰投した[15]第三次ソロモン海戦では第七戦隊、重巡洋艦摩耶」「鳥海」「衣笠」からなる支援隊の直衛に就く[16]。間を置かずブナとゴナの戦いに加わり、12月までブナ地区への兵員揚陸を行った。12月16日からはウェワク攻略作戦に参加した。

1943年(昭和18年)に入り、ガダルカナル島からの撤退作戦である「ケ号作戦」に参加。2月1日の第一次作戦では、エスペランス岬へ接近する途中で触雷し航行不能となった「巻雲」の全乗員を収容した上で雷撃処分を行った。2月4日の第二次作戦でも輸送隊に加わり、2月7日の第三次作戦ではラッセル諸島からの撤退作戦を行った。作戦終了後はパラオに回航され[17]第四十一師団阿部平輔中将)をウェワクへ輸送する丙三号輸送作戦に従事し[17]、3月にはウェワクとマダンの間にあるハンサへ第二十師団青木重誠中将)の将兵を輸送する輸送船団の護衛を行った[17]。その後はラバウルを経てショートランドへ再進出し、3月31日から4月1日にかけてコロンバンガラ島への緊急輸送を二度にわたって実施[17]。4月10日にはニューブリテン島ツルブへの輸送作戦を行う[18]。5月9日に横須賀に帰投し、整備と訓練の後に北方に向かい、幌筵島に到着した6月13日付で第一水雷戦隊(木村昌福少将・海兵41期)に加勢する[19]。7月に行われたキスカ島撤退作戦には途中反転の第一次作戦、成功した第二次作戦ともに収容駆逐隊として参加。撤退作戦を終えた後は8月3日付で機動部隊に復帰し、横須賀を経て再び南方へと向かった[20]

9月20日、第三水雷戦隊(伊集院松治大佐・海兵43期)の指揮下に入り[21]、間もなくコロンバンガラ島からの撤退作戦である「セ号作戦」に参加した。9月28日夜と10月2日夜に二度にわたって行われた作戦では夜襲部隊として敵艦隊の出現に備えたが、何事も無くラバウルに帰投することができた。戦いは間を置かず続けられ、ベララベラ島からの撤退作戦が行われる。10月6日未明にラバウルを出撃し、ブーゲンビル島南方海域で欺瞞航路をとった後、ベララベラ島近海に向かった。6日夜、フランク・R・ウォーカー英語版大佐率いる第42駆逐群[22]の先制攻撃を受けて第二次ベララベラ海戦が始まった。伊集院司令官は夜襲隊(秋雲《旗艦》、風雲夕雲磯風時雨五月雨)を率いて米水雷戦隊と交戦する。「夕雲」は戦隊旗艦「秋雲」、「磯風」、「風雲」に続く四番艦として行動していたが、第42駆逐群の先制攻撃にいち早く応戦し、20時56分に魚雷を発射すると同時に砲撃を開始[23]。「秋雲」と「風雲」も1分遅れで砲撃を開始するも[23]、「夕雲」は第42駆逐群からの集中砲火を一身に浴びて火災が発生した。しかし、その第42駆逐群もシャヴァリア (USS Chevalier, DD-451) に魚雷が命中して陣形は乱れ始め、シャヴァリアには後続のオバノン英語版 (USS O'Bannon, DD-450) が追突する始末だった。それでも攻撃を続行し、21時5分に魚雷の命中を受けて21時10分に沈没していった。

駆逐艦長大迫東中佐を初めとして乗員の大半は戦死したが、海戦の最中に「風雲」が何名か救助し、アメリカ魚雷艇に78名が救助された[24]。しかし、捕虜となった水兵の一人が米兵から機関短銃を奪い取って銃撃戦となり、巻き込まれた日本兵8名が死亡している。その他、機関長以下25名は、やはり海戦で沈没したシャヴァリアのものと思しき無人のカッターを分捕った[25]。やがて米軍魚雷艇が出現して乗り移るよう指示されたものの、猛烈な拒否行動を示したため魚雷艇は逃げ去り、1日半経ってからブーゲンビル島ブインに到着した[25]。一方で、米軍魚雷艇は降伏を拒否されたのち、夕雲生存者分の食糧と飲料水を魚雷艇からボートへ分け与えると、反転し去っていったという[26]種子島洋二第一輸送隊隊長(元村雨駆逐艦長)は、死闘の続くソロモン海で「はじめて聞いたすがすがしい話」と述べている[26]第八艦隊司令長官鮫島具重中将(海兵37期)はブインの桟橋に赴いてカッターを出迎え、機関長以下25名の行動を称えた[27]

第十駆逐隊は「巻雲」「夕雲」の喪失により「秋雲」「風雲」の2隻編制となったため、10月31日附で朝潮型駆逐艦朝雲」を編入した[28]。 駆逐艦「夕雲」は12月1日附で 夕雲型駆逐艦[29]、 第十駆逐隊[30]、 帝国駆逐艦籍[31]のそれぞれから除籍された。

歴代艦長[編集]

艤装員長[編集]

  1. 仙波繁雄 中佐:1941年7月31日 -

艦長[編集]

  1. 仙波繁雄 中佐:1941年12月5日 -
  2. 大迫東 中佐:1943年3月25日 - 10月6日戦死

脚注[編集]

  1. ^ a b #達昭和16年2月(1)pp.3-4『達第二十四號 昭和十五年度ニ於テ建造ニ着手ノ一等駆逐艦二隻、一等潜水艦一隻、駆潜艇一隻及運送艦一隻ニ左ノ通命名ス|昭和十六年二月五日 海軍大臣及川古志郎|株式會社藤永田造船所ニ於テ建造 一等駆逐艦 舞風(マヒカゼ)|舞鶴海軍工廠ニ於テ建造 一等駆逐艦 夕雲(ユフグモ)|川崎重工業株式會社ニ於テ建造 伊號第十一潜水艦|株式會社石川島造船所ニ於テ建造 第十七號駆潜艇|川崎重工業株式會社ニ於テ建造 運送艦 伊良湖(イラコ)』
  2. ^ a b c #内令昭和17年5月(2)p.22『艦名:夕雲|艦種:一等駆逐艦|(性能略)|製造所:舞鶴工廠|起工年月日15-6-12|進水年月日16-3-16|竣工年月日16-12-5|(兵装略)』
  3. ^ #内令昭和16年2月p.18『内令第百三十三號 艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス 昭和十六年二月五日海軍大臣及川古志郎|駆逐艦、一等陽炎型ノ項中「萩風」ノ下ニ「、舞風」ヲ加ヘ同項ノ次ニ左ノ一項ヲ加フ||夕雲型|夕雲|| 潜水艦、一等伊九型ノ項中「伊號第十」ノ下ニ「、伊號第十一」ヲ加フ|駆潜艇第十三號型ノ項中「第十六號」ノ下ニ「、第十七號」ヲ加フ』
  4. ^ #内令昭和16年3月(1)p.44『内令第二百二十號|駆逐艦 夕雲 右本籍ヲ横須賀鎮守府ト定メラル|昭和十六年三月十六日 海軍大臣及川古志郎』
  5. ^ #内令昭和16年12月(1)p.35『内令第千五百九十七號|横須賀鎮守府在籍 駆逐艦夕雲 右警備駆逐艦ト定メラル|昭和十六年十二月五日海軍大臣嶋田繁太郎』
  6. ^ 『横須賀鎮守府戦時日誌』C08030313800, pp.1
  7. ^ #内令昭和17年3月(2)pp.20-21『内令第四百四十五號 駆逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十七年三月十四日 海軍大臣嶋田繁太郎|第九駆逐隊ノ項ノ次ニ左ノ一項ヲ加フ |第十駆逐隊|夕雲、巻雲|』
  8. ^ #内令昭和17年3月(4)p.42『内令第五百二十三號 駆逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十七年三月二十八日 海軍大臣嶋田繁太郎|第十駆逐隊ノ項中「巻雲」ノ下ニ「、風雲」ヲ加フ|』
  9. ^ #内令昭和17年4月(4)p.3『内令第六百五十號 駆逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十七年四月十五日 海軍大臣嶋田繁太郎|第十駆逐隊ノ項中「夕雲」ノ上ニ「秋雲、」ヲ加フ』
  10. ^ #ミッドウエー海戦戦闘詳報(1)p.8『第十戦隊戦時日誌(一)艦隊区分』
  11. ^ #ミッドウエー海戦戦闘詳報(1)p.9『(二)軍隊区分(イ)五月二十日附機動部隊兵力部署』
  12. ^ 木俣『日本水雷戦史』148ページ
  13. ^ 『第十一戦隊戦時日誌』C08030051400, pp.21
  14. ^ 『第二水雷戦隊戦時日誌』C08030098800, pp.10
  15. ^ 『第二水雷戦隊戦時日誌』C08030098800, pp.15
  16. ^ 『第七戦隊戦時日誌』pp.8,9,13
  17. ^ a b c d 『栄光の駆逐艦 秋雲』40ページ
  18. ^ 『栄光の駆逐艦 秋雲』41ページ
  19. ^ 『第一水雷戦隊戦時日誌』C08030084400, pp.8
  20. ^ 『栄光の駆逐艦 秋雲』47ページ
  21. ^ 『第三水雷戦隊戦時日誌』C08030106000, pp.43
  22. ^ 木俣『日本水雷戦史』365ページ
  23. ^ a b 『栄光の駆逐艦 秋雲』50ページ
  24. ^ 木俣『日本水雷戦史』367ページ
  25. ^ a b 『栄光の駆逐艦 秋雲』50ページ、木俣『日本水雷戦史』369ページ
  26. ^ a b #ソロモン海セ号作戦223-224頁
  27. ^ 木俣『日本水雷戦史』369ページ
  28. ^ #内令昭和18年10月(5)p.38『内令第二千二百四十五號 駆逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十八年十月三十一日 海軍大臣嶋田繁太郎|第九駆逐隊ノ項中「朝雲、」ヲ削ル|第十駆逐隊ノ項中「風雲」ノ下ニ「、朝雲」ヲ加フ|第二十四駆逐隊ノ項中「涼風」ノ下ニ「、満潮」ヲ加フ|第六十一駆逐隊ノ項中「若月」ノ下ニ「、秋月」ヲ加フ』
  29. ^ #内令昭和18年12月(1)p.1『内令第二千五百五十五號 艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス|昭和十八年十二月一日海軍大臣嶋田繁太郎|駆逐艦、一等夕雲型ノ項中「夕雲、」ヲ削ル(以下略)』
  30. ^ #内令昭和18年12月(1)p.2『内令第二千五百五十六號 駆逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十八年十二月一日海軍大臣嶋田繁太郎|第十駆逐隊ノ項中「夕雲、」ヲ削ル』
  31. ^ #内令昭和18年12月(1)p.7『内令第二千五百六十號|横須賀鎮守府在籍 駆逐艦 夕雲 右帝国駆逐艦籍ヨリ除カル(以下略)|昭和十八年十二月一日海軍大臣嶋田繁太郎|第十駆逐隊ノ項中「夕雲、」ヲ削ル』

参考文献[編集]

  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • 横須賀鎮守府司令部『自昭和十六年十二月一日至昭和十六年十二月三十一日 横須賀鎮守府戦時日誌』(昭和16年12月1日~昭和16年12月31日 横須賀鎮守府戦時日誌(2)(5)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030316100, C08030313800
    • 横須賀鎮守府司令部『自昭和十七年三月一日至昭和十七年三月三十一日 横須賀鎮守府戦時日誌』(昭和17年3月1日~昭和17年3月31日 横須賀鎮守府戦時日誌(3)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030316000
    • 第十一戦隊司令部『自昭和十七年八月一日至同年八月三十一日 第十一戦隊戦時日誌』(昭和17年7月14日~昭和17年11月30日 第11戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030051400
    • 第二水雷戦隊司令部『自昭和十七年十一月一日至昭和十七年十一月三十日 第二水雷戦隊戦時日誌』(昭和17年11月1日~昭和17年11月15日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030098800
    • 第七戦隊司令部『自昭和十七年十一月一日至同十一月三十日 第七戦隊戦時日誌』(昭和17年4月1日~昭和18年8月31日 第7戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030047600
    • 第一水雷戦隊司令部『自昭和十八年六月一日至昭和十八年六月三十日 第一水雷戦隊戦時日誌』(昭和18年6月1日~昭和18年7月31日 第1水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030084400
    • 第一水雷戦隊司令部『自昭和十八年七月一日至昭和十八年七月三十一日 第一水雷戦隊戦時日誌』(昭和18年6月1日~昭和18年7月31日 第1水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030084500
    • 第三水雷戦隊司令部『自昭和十八年九月一日至昭和十八年九月三十日 第三水雷戦隊戦時日誌』(昭和18年7月1日~昭和18年12月2日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030106000
    • 第三水雷戦隊司令部『自昭和十八年十月一日至昭和十八年十月三十一日 第三水雷戦隊戦時日誌』(昭和18年7月1日~昭和18年12月2日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030106100
    • Ref.C13072003500 『昭和16年12月31日現在10版内令提要追録第10号原稿巻2.3/巻3追録/第13類艦船(1)』。
    • Ref.C12070108700 『昭和16年1月~6月達/達昭和16年2月(1)』。
    • Ref.C12070149700 『昭和16年1月~4月内令1巻/昭和16年2月』。
    • Ref.C12070149800 『昭和16年1月~4月内令1巻/昭和16年3月(1)』。
    • Ref.C12070154600 『昭和16年11月~12月内令4巻/昭和16年12月(1)』。
    • Ref.C12070161300 『昭和17年1月~3月内令1巻/昭和17年3月(2)』。
    • Ref.C12070161400 『昭和17年1月~3月内令1巻/昭和17年3月(3)』。
    • Ref.C12070162400 『昭和17年4月~6月内令2巻/昭和17年4月(4)』。
    • Ref.C12070162800 『昭和17年4月~6月内令2巻/昭和17年5月(2)』。
    • Ref.C12070181500 『昭和18年9月~10月内令4巻/昭和18年10月(5)』。
    • Ref.C12070182600 『昭和18年11月~12月内令5巻/昭和18年12月(1)』。
    • Ref.C08030040400 『昭和17年6月1日~昭和17年6月30日ミッドウエー海戦戦時日誌戦闘詳報(1)』。
    • Ref.C08030023800 『昭和17年5月27日~昭和17年6月9日 機動部隊 第1航空艦隊戦闘詳報 ミッドウェー作戦(1)』。
    • Ref.C08030023900 『昭和17年5月27日~昭和17年6月9日 機動部隊 第1航空艦隊戦闘詳報 ミッドウェー作戦(2)』。
    • Ref.C08030024000 『昭和17年5月27日~昭和17年6月9日 機動部隊 第1航空艦隊戦闘詳報 ミッドウェー作戦(3)』。
    • Ref.C08030024100 『昭和17年5月27日~昭和17年6月9日 機動部隊 第1航空艦隊戦闘詳報 ミッドウェー作戦(4)』。
  • 木俣滋郎『日本水雷戦史』図書出版社、1986年
  • 駆逐艦秋雲会『栄光の駆逐艦 秋雲』駆逐艦秋雲会、1986年
  • 雑誌『』編集部『ハンディ版 日本海軍艦艇写真集17 駆逐艦 初春型・白露型・朝潮型・陽炎型・夕雲型・島風』光人社、1997年。
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9
  • 海軍歴史保存会編『日本海軍史』第7巻、発売:第一法規出版、1995年。
  • 種子島洋二 『ソロモン海「セ」号作戦―コロンバンガラ島奇蹟の撤収』 光人社、2003年9月。ISBN 4-7698-2394-0

関連項目[編集]