有明 (初春型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Ariake II.jpg
艦歴
発注 マル1計画
起工 1933年1月14日
進水 1934年9月23日
就役 1935年3月25日
その後 1943年7月28日戦没
除籍 1943年10月15日
性能諸元(計画時)
排水量 基準:1,400t
公試:1,680t
全長 109.5m
全幅 10.6m
吃水 3.5m
主缶 ロ号艦本式缶3基
主機 オール・ギアードタービン2基2軸 42,000hp
最大速 35.0ノット
兵員 205名
兵装 50口径12.7cm連装砲 2基4門
50口径12.7cm単装砲 1基1門
40mm単装機銃 2基
61cm3連装魚雷発射管 3基9門
(八年式魚雷18本)

有明(ありあけ)は、日本海軍駆逐艦初春型の5番艦(改初春型1番艦)である。この名を持つ日本海軍の艦船としては春雨型駆逐艦「有明」に続いて2隻目。

艦歴[編集]

神戸川崎造船所1933年(昭和8年)1月14日に起工した。建造初期の段階で同型艦「初春」の復元性能不良が判明し、設計を改めたため、本艦と同型艦「夕暮」は「改初春型」とも呼ばれる。1935年(昭和10年)3月25日に竣工した。

太平洋戦争開戦時には第1艦隊第1水雷戦隊第27駆逐隊(時雨、白露、夕暮、有明)に属し、柱島泊地に所在していた。1942年(昭和17年)1月下旬からアンボン攻略作戦、ポートダーウィン攻撃、インド洋機動作戦、5月の珊瑚海海戦に加わり、6月のミッドウェー海戦では空母「鳳翔」の護衛として参加。7月14日、第2艦隊第4水雷戦隊に編入された。8月22日、ナウル島を砲撃し、25日に陸戦隊を揚陸した。10月1日、ラバウルに進出、ガダルカナル島輸送作戦に6回従事した。陽炎型駆逐艦夕雲型駆逐艦で構成された第二水雷戦隊に一時編入された時には、田中頼三二水戦司令官から「夕暮と有明は他艦に比べて速度が出ないので苦労が増えた」と評価されている[1]。12月20日にムンダ輸送作戦に従事し、その後の26日「卯月」救援作業中に爆撃を受け中破、佐世保で修理を行った。

1943年(昭和18年)2月以降、内地~トラックラバウル間の護衛任務を行った。7月12-13日、コロンバンガラ島沖海戦伊崎俊二少将以下第二水雷戦隊司令部は旗艦「神通」と共に全滅する。そこで解隊された第4水雷戦隊の司令官高間完少将・司令部並びに旗艦「長良」以下所属兵力がそのまま第二水雷戦隊に転用され、第27駆逐隊(司令艦時雨)も7月20日をもって同水雷戦隊所属となる[2]

沈没[編集]

7月23日、第27駆逐隊第1小隊1番艦「時雨」・2番艦「有明」はトラック泊地を出港、ラバウルに向う[3]。「有明」は機関部の故障により最大発揮速力28ノットであった[4]。25日ラバウル到着後、1番艦「時雨」はブイン輸送任務従事のため、同日中にラバウルを出港していった[5]

残された2番艦「有明」は、第30駆逐隊司令艦「三日月」指揮下に入り、ニューブリテン島ツルブへの輸送作戦に従事する。 27日午前10時、「三日月」「有明」はラバウルを出撃、陸戦隊及び物資を搭載してツルブへ向かうが、26ノットで航行中の同日午後11時にグロスター岬近海でリーフに2隻とも坐礁する[6]。 「有明」は28日午前0時45分に離礁に成功するも、左舷推進軸は屈曲し、最大発揮速力6ノットという被害を受けていた[7]。 だが「三日月」の被害は更に深刻で、左舷推進軸は使用不能、右舷スクリューは離礁作業中に脱落、完全に行動不能となっていた[7]。第30駆逐隊司令官は「三日月」から「有明」に物資人員を移乗、「有明」は3時30分に単艦でツルブに向かい同地で陸兵510名、軍需品25トンを揚陸、その後10時30分「三日月」座礁現場に戻った[6]。しかし「有明」の最大発揮速力6ノットでは曳航不能であり、13時30分をもって作業を打ち切り、「有明」はラバウルに向かう[6]。だが間もなくB-25爆撃機複数機の空襲を受け、「有明」の一番主砲右舷・三番主砲後部、右舷缶室、左舷機械室水線附近に爆弾各1発が命中、左舷に傾斜して14時40分に沈没した[7]。損傷の激しい「三日月」も放棄命令が出され、両艦乗組員(三日月170名、有明179名)は救援のため来着した駆逐艦「秋風」に移乗[7]。「有明」駆逐艦長を含む63名が戦死或いは行方不明になったと記録されている[7]。沈没地点南緯5度21分 東経148度27.5分 / 南緯5.350度 東経148.4583度 / -5.350; 148.4583[8]

「有明」沈没に先立つ7月20日、第7戦隊(司令官西村祥治少将・旗艦熊野鈴谷)・第3水雷戦隊(川内雪風等)と共にコロンバンガラ輸送作戦に従事していた第27駆逐隊(第2小隊4番艦)「夕暮」が米軍機の空襲により沈没[9]。開戦以来太平洋を奔走してきた第27駆逐隊は僅か一週間で「夕暮」「有明」の2隻を喪失して、「時雨」「白露」の2隻となってしまった[10]

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』299-300頁による。

艤装員長[編集]

  1. 天野重隆 少佐:1934年11月1日 -

艦長[編集]

  1. 天野重隆 少佐:1935年3月25日 - 1936年12月1日
  2. 榎尾義男 少佐:1936年12月1日 -
  3. 磯久研磨 少佐:1937年12月1日 -
  4. 古閑孫太郎 少佐:1938年6月14日 -
  5. 緒方友兄 少佐:1939年3月20日 -
  6. 吉井五郎 少佐:1939年11月15日 -
  7. 吉田正一 少佐:1940年10月15日 -
  8. 川橋秋文 少佐:1943年7月15日 - 7月28日戦死

脚注[編集]

  1. ^ #昭和17年12月外南洋部隊詳報(4)p.17『有明及夕暮ヲ一時當部隊ニ編入セラレタルモ速力出デザル為特別ノ取扱ヲ要セリ、同時ニ行動スベキ各艦ノ運動力ハ成可ク齋一ナルヲ可トス』
  2. ^ #昭和18年6月~2水戦日誌(1)pp.26-27
  3. ^ #昭和18年6月~2水戦日誌(1)p.30『23日両艦[時雨、有明]共魚雷準備其ノ他戦備ヲ完了 1600「トラック」発「ラボール」ニ回航ス』
  4. ^ #昭和18年6月~2水戦日誌(1)p.30『但シ有明ハ2号重噴ポンプ破損ノタメ最大速力28節ナリ』
  5. ^ #昭和18年6月~2水戦日誌(1)pp.79-80『25日二.27dg(時雨有明)「ラボール」着 三.27dg(時雨)「ラボール」発/27dg(時雨)「レカタ」ニ向ケ陸兵輸送』-『27日一.27dg(時雨)0010「レカタ」着 2330「ブイン」着 三.有明1000「ラボール」発』-『28日三.27dg(時雨)0030「ブイン」発1600「ラボール」着』
  6. ^ a b c #昭和18年6月~2水戦日誌(1)pp.56-59『30日0927将旗30dg→各隊/30dg機密第29215番電 「ツルブ」作戦輸送戦闘概報 30dg(三日月)有明ヲ率ヰ1000「ラボール」発0030「ココボ」ニ於テ陸兵ヲ搭載ノ上「ツルブ」ニ輸送作戦中2300針路263度速力26節ニテ「グロスター」岬ノ49度5浬「リーフ」ニ両艦トモ坐礁セリ 一.予定ノ作戦困難ノ為揚搭点ヲ坐礁位ニ変更セントセシモ0045有明離礁セルヲ以テ三日月搭乗中ノ陸戦隊生存者ヲ同艦ニ移シ0330発「ツルブ」ニ向カハシム。0600着-0740揚搭(陸兵510名物件25頓)ヲ終了セリ。三日月ハ極力離洲ノ手段ヲ講ジタルモ成功セズ、有明1030三日月附近ニ来着同艦ニテ曳航離礁ヲ試ミタルモ低潮時スル迄坐礁ニ依ル損傷ニ依リ出シ得ル最大速力6節ノ為遂ニ功ヲ奏セズ、1330作業ヲ打切リ有明ニ「ラボール」ニ帰投ヲ命ゼリ。 二.1350敵B-25約20機来襲之ト交戦1410撃退セルモ両艦共ニ被害アリ。有明命中弾ニ依リ1440遂ニ沈没セリ。該位置南緯5度21分東経48度27.5分。三.戦果 撃墜5(内1不確実)』
  7. ^ a b c d e #昭和18年6月~2水戦日誌(1)pp.56-59『四.被害 (イ)人員 三日月:戦死7(内准士官以上2)重傷者12(2)軽傷者25(1)未収容者85、有明:戦死?重傷者12(3)軽傷18未収容(戦死行方不明含)63(4)  (ロ)船体兵器機関(一)坐礁ニ依ルモノ|三日月:第2第3兵員室下諸倉庫浸水左舷推進軸屈曲使用不能 右舷推進器屈曲使用中0311脱落セリ|有明:左舷後部坐礁、左舷推進軸屈曲振動大、右舷後進不能最大速力6節  (二)交戦ニ依ルモノ|三日月:機械室右舷水線附近命中弾1、破孔1、横4.5米縦1.5米 浸水船体屈曲中小破孔各部ニ亘リ無数、通信不能|有明:一番砲右舷三番砲後部三缶室右舷及機械室左舷水線附近ニ爆弾各1命中航行通信不能左舷ニ傾斜沈没セリ。  五.処置|三日月坐礁後燃料糧食ノ大部等対空戦闘ニ関係ナキ重量物投棄、右舷機前後進一杯使用セルモ成功セズ、推進軸脱落後両舷トモ損ヒ離礁ノ見込ナク秋風ノ来着ヲ待チ離礁作業ヲ行フ事ニ準備シ居リタル処前記爆撃被害(以下13符字不明)搬出可能眼鏡、機銃々身ト共ニ総員退去秋風に移乗セリ「処分済」収容人数 三日月170名 有明179名』
  8. ^ #昭和18年6月~2水戦日誌(1)p.30『25日両艦「ラボール」着爾後同方面作戦行動中ナリシガ有明ハ30dg(三日月)ト共ニ27日1000「ラボール」出撃「ツルブ」輸送作戦中同日2300「グロスター」岬ノ49度9浬ノ地点ニテ両艦共座礁 28日0045有明離礁 三日月搭載ノ陸兵ヲ移載0400「ツルブ」ニ同航 0600着0700発 三日月坐礁地点ニ向ヒ救難作業中1350敵B-25約30機来襲之ト交戦命中弾ニ依リ遂ニ沈没ス 沈没概位南緯5度21分東経148度27.5分戦果撃墜5機(内1不確実)』
  9. ^ #昭和18年6月~2水戦日誌(1)p.31
  10. ^ #昭和18年6月~2水戦日誌(1)p.33

参考文献[編集]

  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • Ref.C08030099800 『昭和17年11月29日~昭和17年12月28日外南洋部隊増援部隊戦闘詳報戦時日誌(4)』。
    • Ref.C08030101000 『昭和18年6月14日~昭和18年11月11日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。
  • 雑誌「丸」編集部『ハンディ版 日本海軍艦艇写真集17 駆逐艦 初春型・白露型・朝潮型・陽炎型・夕雲型・島風』光人社、1997年。
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9

関連項目[編集]