バナバ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バナバ島の地図(旧オーシャン島)
バナバ島の衛星画像(NASA

バナバ島(Banaba Island)またはオーシャン島(Ocean Island)は太平洋にある隆起した珊瑚の島。

ギルバート諸島の西、ナウルの東およそ300kmに位置し、キリバス共和国に属する。面積は5km²、最高地点は81mでキリバス共和国で最も高い地点でもある。

ナウル島およびマカテア島と並び、太平洋の三大リン鉱石生産地であった。

人口は335人(2012年)で、ミクロネシア系の民族が住む。

歴史[編集]

1900年イギリスの会社がリン鉱石を発見し、掘削が始まる。

1942年8月26日から第二次世界大戦終結の1945年まで大日本帝国の統治下にあった。

その後、イギリス当局はバナバ島の住人を英領フィジー諸島ランビ島に移住させ、リン鉱石の掘削を始める。

1979年にリン鉱石が枯渇し採掘が終了してから、徐々に住人は帰島した。

人口 (国勢調査)
1995 2005 2010
Antereen (Tabiang) 16 108 83
Umwa (Ooma, Uma) 269 135 155
Tabewa (Tapiwa, Tabwewa) 54 58 57
Buakonikai - - -
バナバ島 339 301 295

行政[編集]

バナバ島はキリバス共和国に属しているが、地方行政はキリバス共和国の地方自治法に基づき設置されたバナバ島役場 (Banaba Island Council)とフィジー共和国のランビ島に本部を置くランビ指導者評議会(Rabi Council of Leaders)が共同で行っている。

外部リンク[編集]