夕立 (白露型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Yudachi-2.jpg
艦歴
発注 マル1計画
起工 1934年10月16日
進水 1936年6月21日
就役 1937年1月7日
その後 1942年11月13日戦没
除籍 1942年12月15日
要目(計画時)
排水量 基準:1,685トン
全長 111m
全幅 9.9m
吃水 3.5m
主缶 ロ号艦本式缶3基
主機 艦本式オール・ギアードタービン2基2軸 42,000hp
速力 34ノット
航続距離 18ktで4,000浬
乗員 226名
兵装 50口径12.7cm連装砲 2基4門
50口径12.7cm単装砲 1基1門
40mm単装機銃 2基
61cm4連装魚雷発射管 2基8門
(魚雷16本)
爆雷投射機2基
爆雷×16

夕立(ゆうだち/ゆふだち)は、日本海軍駆逐艦白露型の4番艦である。この名を持つ日本海軍の艦船としては神風型駆逐艦 (初代)「夕立」に続いて2隻目。

艦歴[編集]

佐世保工廠1934年(昭和9年)10月16日に起工し、1937年(昭和12年)1月7日に竣工した。

1940年(昭和15年)11月、第2艦隊第4水雷戦隊に編入され、太平洋戦争開戦時には「村雨」「春雨」「五月雨」と共に第2駆逐隊を編成していた。1941年(昭和16年)12月より比島ビガン攻略作戦、リンガエン湾上陸作戦、タラカン上陸作戦、バリックパパン攻略作戦、スラバヤ沖海戦に参加した。1942年(昭和17年)3月には比島保定作戦、マニラ湾封鎖作戦に加わり、6月のミッドウェー海戦では攻略部隊に属して出撃した。さらに、インド洋通商破壊戦、ガダルカナル島輸送作戦(いわゆる鼠輸送、6回従事)に参加した。

第三次ソロモン海戦において、米艦隊内に単艦で突入し多大の戦果を挙げたが、敵艦隊の攻撃により11月13日に沈没し、生存者は「五月雨」と「」に移乗した。

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』305-306頁による。

艤装員長[編集]

  1. 中原義一郎 少佐:1936年7月15日 - 1936年11月1日

艦長[編集]

  1. 中原義一郎 少佐:1936年11月1日 - 12月1日[1]
  2. 沢村成二 少佐:1936年12月1日[1] -
  3. 由川周吉 少佐:1937年12月1日 -
  4. 岡三知夫 少佐:1938年8月1日 -
  5. 有本輝美智 少佐:1939年11月15日 -
  6. 石井汞 少佐:1941年4月10日 -
  7. 吉川潔 中佐:1942年5月25日 - 12月20日

脚注[編集]

  1. ^ a b 『官報』第2976号、昭和11年12月2日。

参考文献[編集]

  • 雑誌「丸」編集部『ハンディ版 日本海軍艦艇写真集17 駆逐艦 初春型・白露型・朝潮型・陽炎型・夕雲型・島風』光人社、1997年。
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9