瑞鶴 (空母)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯19度20分 東経125度51分 / 北緯19.333度 東経125.850度 / 19.333; 125.850

瑞鶴(1941年9月25日)
艦歴
計画 1937年 (マル3計画)
起工 1938年5月25日
進水 1939年11月27日
竣工 1941年9月25日
その後 1944年10月25日沈没
位置 北緯19度20分 東経125度51分 / 北緯19.333度 東経125.850度 / 19.333; 125.850
除籍 1945年8月26日
性能諸元
排水量 基準:25,675t
公試:29,800t
満載:32,105t
全長 257.5m
水線幅 26.0m
平均吃水 8.87m (公試状態)
飛行甲板 長さ:242.2m x 幅:29.0m
主缶 ロ号艦本式専焼缶8基
主機 艦本式タービン4基4軸 160,000hp
速力 34.2kt (34.0ktの資料もある)
航続距離 18ノットで9,700海里
乗員 竣工時:1,660名 最終時:1,712名
兵装
(新造時)
40口径12.7cm連装高角砲8基
25mm3連装機銃12基
兵装
(最終時)
40口径12.7cm連装高角砲8基
25mm3連装機銃20基
25mm単装機銃36挺(推定)
12cm28連装噴進砲8基
搭載機 常用72機、補用12機
1941年12月常用機
零式艦上戦闘機:18機
九九式艦上爆撃機27機
九七式艦上攻撃機:27機
搭載機
(最終時)
零戦:28機
零戦戦闘爆撃機型:16機
彗星艦上爆撃機:11機
天山艦上攻撃機:14機
着艦識別文字

瑞鶴ずいかく)は日本海軍航空母艦翔鶴型航空母艦の2番艦。太平洋戦争中、真珠湾攻撃珊瑚海海戦第二次ソロモン海戦南太平洋海戦などで活躍したが1944年(昭和19年)10月25日エンガノ岬沖海戦で沈没した。瑞鶴はマリアナ沖海戦まで一発も被弾しなかった幸運艦であった。

艦名の「瑞」はめでたいという意味。「」は日本において長寿の象徴とされており、縁起の良い鳥獣の一種である。

艦歴[編集]

新造時の瑞鶴

瑞鶴は1938年(昭和13年)5月25日川崎重工業神戸造船所にて起工。1939年(昭和14年)9月14日、高松宮が神戸艦船工場を訪れ、瑞鶴の工期を半年繰り上がらないかと発言[1]。それを受けた会議の結果3ヶ月の工期短縮が決定され、この結果として瑞鶴は真珠湾攻撃への参加が可能となった[2]1939年(昭和14年)11月27日進水1941年(昭和16年)8月、呉海軍工廠での作業のため台風接近の中神戸から呉に向かう途中暴風雨にあい、その際舷窓の閉め忘れにより浸水するという出来事があった[3]1941年(昭和16年)9月25日に就役。姉妹艦の「翔鶴」とともに第五航空戦隊原忠一少将)を編成した。

姉妹艦翔鶴と区別するために、甲板前部に「ス」と書かれていた。ただし最終状態の時には、書かれていない。

真珠湾攻撃[編集]

1941年(昭和16年)、第五航空戦隊南雲忠一中将指揮下の第一航空艦隊(南雲機動部隊)に属し、真珠湾攻撃に参加した。 艦上攻撃機隊48機が宇佐基地艦上爆撃機隊54機が大分基地艦上戦闘機隊36機は、佐世保基地を基地として[4]、離発着訓練や錦江湾志布志湾佐伯湾での訓練を行った。

11月16日、瑞鶴は呉基地で燃料や弾薬、食料などを搭載して、それまで出港前に副長から凡その目的地と寄港地を説明されるのが常だったのに今回はそれが無いまま出港し、途中で自艦の搭載機部隊を各陸上基地から離陸させて着艦収容すると佐伯湾に錨泊した[5]。佐伯湾にはハワイ作戦に参加するほとんどの24隻の艦船が集まっており、翌17日午後に山本五十六連合艦隊司令長官の視察を受けた。 各艦船は機動部隊としての行動をごまかすため、11月18日に時間をずらしてバラバラに佐伯湾を離れ、第五航空戦隊は豊後水道を他艦とは逆に北上して別府湾で停止した。 そして日付が19日になった午前0時に再び動き出して豊後水道を戻り、本州東海の太平洋を北上していった。

赤城 (空母)では佐伯湾を出た翌日の航行途中で全飛行搭乗員へハワイ作戦が訓示されたが、瑞鶴では呉出港以来、何も説明が無いまま11月22日千島列島択捉島単冠湾へ入った[6]。単冠湾には佐伯湾で見た艦船の他に比叡 (戦艦)なども集っており、全乗組員に副長からハワイ作戦について知らされたのは、翌23日加賀 (空母)が到着した後だった。 各艦打ち合わせと兵器整備の後、11月26日南雲機動部隊は単冠湾を出港し艦列を連ね、一路ハワイ真珠湾へと向かった。

12月8日、瑞鶴は他の5隻の空母と共に真珠湾に対し2波にわたる攻撃を行った。 瑞鶴からは計58機が出撃し未帰還機ゼロという幸運なスタートを切った。当初は新顔だったと言うことで、「翔鶴」共々艦隊からお荷物扱いもされ、攻撃の際も難しい魚雷攻撃ではなく、水平爆撃が主体だった。

瑞鶴からの真珠湾攻撃参加機
第一次攻撃隊
九九式艦爆25機=指揮官:分隊長坂本明大尉零戦6機=指揮官:分隊長佐藤正夫大尉
第二次攻撃隊
九七式艦攻27機=指揮官:飛行隊長嶋崎重和少佐(第二次攻撃隊指揮官)

しかし真珠湾攻撃作戦から帰投すると、1942年(昭和17年)1月1日付で瑞鶴搭載の常用機定数は翔鶴ともども艦上爆撃機艦上攻撃機が各27機から18機に削減されて「蒼龍」、「飛龍」と同じとなり、投射重量は当初の3分の2となった。

ラバウル攻略、セイロン沖海戦[編集]

開戦して開けて1942年(昭和17年)1月20日ラバウルを攻略作戦に翔鶴と共に参加し、連合軍基地を空襲した。この時は主立った抵抗も受けず、占領することに成功する。

21日にはニューギニア島ラエを攻撃した。4月、セイロン沖海戦に参加。

珊瑚海海戦[編集]

1942年(昭和17年)5月、MO作戦においてMO機動部隊に編入されポートモレスビー攻略作戦の支援に当たり、8日米第17任務部隊と交戦した(珊瑚海海戦)。瑞鶴は米軍機の攻撃時スコールに身を隠したため損害は受けなかったが、多数の艦載機と搭乗員を失い、その再編のため日本本土へ戻った。そのためミッドウェー海戦には参加できなかったが、1942年(昭和17年)6月末にはアリューシャン攻略部隊の支援として大湊から北太平洋方面に進出した[7]

ミッドウェー海戦で「赤城」など正規空母4隻を失ってからは、「翔鶴」とともに第三艦隊として再編された機動部隊の主力空母となった。またミッドウェー海戦の戦訓から、搭載機の編制も艦戦27、艦爆27、艦攻18に改められ、艦首尾に25mm機銃の銃座を設置[8]した。

南太平洋海戦[編集]

ブインからサボ海峡を航行する空母を始めとする連合軍艦隊への出撃に向かう瑞鶴航空隊(1943年4月7日

1942年(昭和17年)8月、アメリカ軍ガダルカナル島上陸に呼応して「翔鶴」、「龍驤」らと共に南東方面へ進出。24日第61任務部隊と交戦した(第二次ソロモン海戦)。10月26日には再度米機動部隊と交戦し、他艦と共同で「ホーネット」を撃沈した(南太平洋海戦)。1943年(昭和18年)2月には、ガダルカナル島からの撤退を支援した。この時期に「瑞鶴」は21号電探を装備、艦橋周辺などに機銃を追加[9]した。

1943年(昭和18年)後半はトラック島に碇泊、9月17日に瑞鶴は他の艦艇と共に訓練のためトラック島を出港した。翌18日、米機動部隊ギルバート諸島タラワマキンを空襲したため瑞鶴以下の日本艦隊はこの米艦隊攻撃に向かったが会敵できず23日にトラック島に帰投した。10月5日6日今度はウェーク島を米機動部隊が空襲。17日日本艦隊はトラック島を出撃したがこの時も会敵できずに終わった。

また、4月のい号作戦、11月のろ号作戦で艦載機をラバウルへ進出させた。

マリアナ沖海戦[編集]

1944年(昭和19年)3月、日本海軍は第一機動艦隊を編成、瑞鶴は姉妹艦「翔鶴」や新造艦の「大鳳」らとともにシンガポール方面に進出して訓練を行っていた。5月、あ号作戦準備のためタウイタウイを経てギマラスに移動し、6月19日20日マリアナ沖海戦に参加。19日は米機動部隊を攻撃するも搭載していた艦載機を多数失い、「翔鶴」と「大鳳」は潜水艦からの雷撃で沈没した。20日には米機動部隊からの空襲で爆弾1発が飛行甲板に命中[10]、艦橋を小破した状態で日本本土に帰還した。

レイテ沖海戦[編集]

7月14日、「瑞鶴」は呉工廠に入渠した。マリアナ沖海戦での損傷復旧とともに戦訓からガソリンタンクの防御強化や艦内の不燃化対策がより徹底され[11]、船体や甲板には空母以外の艦船にみせかけるための迷彩塗装を施した。武装は対空噴進砲(対空ロケットランチャー)8基[12]を新設、このほかにも25mm単装機銃や13号電探、水中聴音器が追加装備された[13][14]。8月の出渠後は第一航空戦隊から第三航空戦隊に編入、「瑞鳳」、「千歳」、「千代田」らと瀬戸内海で訓練に入り、9月には後述する映画撮影にも協力した[15]

10月20日、小沢治三郎中将が指揮する囮部隊の旗艦として本土を離れ、フィリピン北東へ進出。10月24日午前11時30分、「瑞鶴」から零戦16機、爆装零戦16機、彗星2機、天山1機(彗星と天山は誘導・戦果確認)が発進し[16]、他空母と合計した攻撃隊は米機動部隊攻撃に向かった[17]。この攻撃から帰還した機は、わずか3機であった[18]。また故障で零戦6機、爆装零戦5機が着艦した[19]。25日朝、米第38任務部隊の空襲を受ける。

25日の小沢艦隊は、空母「瑞鶴」、軽空母「瑞鳳」、戦艦「伊勢」、軽巡洋艦「大淀」、駆逐艦4隻の第1群と、軽空母「千歳」、軽空母「千代田」、戦艦「日向」、軽巡洋艦「多摩」、軽巡洋艦「五十鈴」、駆逐艦4隻からなる第2群に分かれていた[20]。「瑞鶴」は9機の零戦を発進させ、直掩とした[17]。また午前6時13分、爆装零戦5機、彗星1機、天山4機が発進した[21]。午前8時20分から米軍機約130機による第一波攻撃を受ける。8時35分、甲板中央部に爆弾1発が命中した[22]。2分後に魚雷一本が左舷に命中し、機械室が浸水、艦載機発着艦不能となる。また送風装置の故障により機関部温度が急上昇し在室不能となり、この結果2軸運転となった[23]。艦橋の舵取り装置も故障し、直接操舵となるが、修理により8時45分復旧する[23]。火災も鎮火した。

第二波の攻撃までは約1時間の時間があり、その間も「瑞鶴」は囮の役目を果たすべく北上を継続した。8時48分、送受信不能になり[23]、「瑞鶴」は軽巡洋艦「大淀」に無線代行を依頼した[24]。その後復旧し、アメリカ軍の誘致に成功したことが発信されるが、その通信が栗田艦隊には届くことは無かった。9時44分、小沢は旗艦施設の整った「大淀」に旗艦を変更すべく準備を進めさせたが、その前に米軍第二波攻撃隊が接近したため、「大淀」は「瑞鶴」から離れていった[25]

第二波の攻撃では、至近弾のみで被害は少なかった[26]。10時54分、小沢は「大淀」に旗艦を移した[27]。この頃、上空直掩機9機が燃料切れで不時着した[28]。13時頃から始まった第三波攻撃では、小沢艦隊の他の空母が既に大破・沈没したこともあって、攻撃は「瑞鶴」に集中した。速力低下を来たしたことが致命傷に繋がり、左舷に4本、右舷2本の魚雷を受けた[29]。また爆弾も5-7発命中し、揮発油タンクなどに引火して火災が発生。「処置の手段なし」という状態となる[30]。対空火器は爆撃によって破壊されるか、動力を絶たれて使用不能となった[31]。辛うじて残った右舷の高角砲が最期まで射撃を継続していたが、砲身が過加熱して焼けるなどして迎撃継続が困難となり、最終的に傾斜が増して旋回不能になり沈黙した[32]

13時30分、貝塚艦長は「総員飛行甲板」を命じ、13時55-58分頃「軍艦旗降下」に至る[33][30]。総員退艦が発令された後、瑞鶴は左に傾斜してゆき、14時14分、艦尾から沈没した[30]。「大淀」は14時20分と記録している[34]。沈没時にはアメリカ軍の攻撃は終了しており、総員退艦時に撮影された飛行甲板での写真は有名である。

小沢艦隊は「瑞鶴」沈没後も空襲を受けたため、生存者の漂流は長時間に及んだ[35]。最終的に、士官49名、下士官兵794名が戦死した[36][37]。慰霊碑(航空母艦瑞鶴之碑)は奈良県橿原市橿原公苑内にあり、川崎重工が再現した三角マストのレプリカが傍らに立っている[38]

真珠湾攻撃に参加した日本の空母6隻のうち、最後まで残ったのが本艦である。正規空母として設計、建造され、機動部隊として作戦に参加できた最後の空母でもあった。瑞鶴の喪失を含め、空母戦力の大半を失ったことにより、これ以降、空母戦力を組織的に運用、作戦できる隻数、艦載機、乗員の確保が困難になり、事実上、日本海軍の機動部隊は壊滅した。これは、当然、日本海軍が組織的に艦隊運用できる能力を失ったことを意味した。アメリカにとっては、真珠湾攻撃に参加した最後の空母を沈めたことにより、真珠湾の最後の仇討を成功させたと言われる。

歴代艦長[編集]

最終時の瑞鶴の迷彩図案

艤装員長[編集]

  • 横川市平 大佐:1940年11月15日 - 1941年9月25日

艦長[編集]

  • 横川市平 大佐:1941年9月25日 -
  • 野元為輝 大佐:1942年6月5日 -
  • 菊池朝三 大佐:1943年6月20日 -
  • 貝塚武男 大佐:1943年12月18日 - 1944年10月25日

同型艦[編集]

瑞鶴が登場する作品[編集]

「雷撃隊出動」での瑞鶴
  • 雷撃隊出動」 1944年(昭和19年)東宝作品。レイテ沖海戦の約1ヶ月前である1944年(昭和19年)9月23日に、瀬戸内海西部で訓練中の実物の瑞鶴艦上などで撮影が行なわれた。なお、本編中で九七式艦攻が発艦する場面、甲板上で待機している零戦や発艦する天山艦攻を艦橋上部から撮影した場面は、天山艦攻の発艦を飛行甲板の左舷寄りや機内から撮影した場面と異なり船体や飛行甲板に迷彩が施されていない状態であることから、別の時期に撮影した映像を編集したものと考えられる。
  • 日本ニュース第232号「比島沖海戦」 1944年(昭和19年)日本映画社。やや不鮮明ながら、迷彩を施した最終時の姿が確認できるほか、対空戦闘シーンや発艦シーンもある。なお、発艦シーンは右舷側から撮影されているが、この海戦を撮影し帰還した山根重視(「大淀」に乗艦)、竹内広一(「瑞鳳」に乗艦。沈没後救助)両カメラマンの乗艦した艦船は、いずれも瑞鶴の左舷側に位置していたことから、右舷側から撮影した映像はおそらく演習時に撮影されたものではないかと考えられる。上記の「雷撃隊出動」とほぼ同時期に撮影された可能性が高い。
  • 「日本海軍艦艇集【下】」2005年(平成17年)コニービデオ発売。ASIN:B000A6K8AG。過去にVHSで発売されていたもののDVD再発売版。日本海軍が撮影したフィルムのうち未公開のものを集めて解説を加えたもの。南太平洋海戦における瑞鶴が撮影されている。なおこのビデオ内の零戦発艦シーン4秒が、JRA2012年(平成24年)年に放映したテレビCM「近代競馬150周年〈60秒バージョン〉」内にて使用されている。
  • 連合艦隊司令長官 山本五十六1968年(昭和43年)東宝作品。主人公の1人でもある木村少尉(後大尉)の乗艦。ガダルカナルを巡る攻防戦の前フリで模型が登場する。
  • 連合艦隊1981年(昭和56年)東宝作品。艦橋や飛行甲板、対空機銃などが、神奈川県茅ヶ崎市の柳島海岸に実物大セットで再現された他、自走操船航行可能なミニチュア模型が特撮シーンの撮影に使用された。
  • 野村泰治 『落日の残像 最後の母艦航空隊』 光人社、1989年6月。ISBN 4-7698-0443-1 野村(海軍中尉)は第六五三航空隊一六六飛行隊。「瑞鶴」の沈没を体験した。『落日の残像』は野村の体験を元にした小説である。『雷撃隊出動』の撮影時、女優が来ないので搭乗員が落胆したり、佐官服を着ていた主演男優に士官や下士官兵が敬礼したというエピソードが記載されている[39]

参考文献[編集]

  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • Ref.C08030582100「昭和19年10月20日~昭和19年10月25日 軍艦瑞鶴捷1号作戦戦闘詳報(1)」
    • Ref.C08030582200「昭和19年10月20日~昭和19年10月25日 軍艦瑞鶴捷1号作戦戦闘詳報(2)」
    • Ref.C08030038200「昭和19年10月1日~昭和19年11月5日 捷号作戦戦時日誌(3)軍艦瑞鶴・軍艦日向」
    • Ref.C08030576900「昭和19年10月25日 軍艦伊勢捷1号作戦戦闘詳報(1)」
    • Ref.C08030577500「昭和19年10月20日~昭和19年10月28日 軍艦大淀捷1号作戦戦闘詳報」
  • 小林昌信ほか『証言・昭和の戦争 戦艦「大和」檣頭下に死す』(光人社、1995) ISBN 4-7698-2087-9
    • 渡辺義雄『ああ「瑞鶴」飛行隊帰投せず」(瑞鶴戦闘機整備科員)
  • 森史朗、『勇者の海 空母瑞鶴の生涯』、光人社、2008年、ISBN 978-4-7698-1377-4
  • 歴史群像 太平洋戦史シリーズvol.13『翔鶴型空母』学習研究社、1996年 ISBN 4-05-601426-4
  • 丸スペシャルNo131『戦時中の日本空母Ⅲ』潮書房、1988年
  • 丸スペシャル特別増刊号『写真と図で見る軍艦メカ3 全特集 日本の空母』潮書房、1981年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 勇者の海、35ページ
  2. ^ 勇者の海、43-44ページ
  3. ^ 勇者の海、58-68ページ
  4. ^ 面白いほどよくわかる太平洋戦争 日本文芸社 p.37
  5. ^ 勇者の海、164、168-170ページ
  6. ^ 勇者の海、172、188、197ページ
  7. ^ 歴史群像 太平洋戦史シリーズvol.13『翔鶴型空母』折込行動年表
  8. ^ 丸スペシャル特別増刊号『写真と図で見る軍艦メカ3 全特集 日本の空母』112-113頁
  9. ^ 丸スペシャル特別増刊号『写真と図で見る軍艦メカ3 全特集 日本の空母』11頁、112-113頁
  10. ^ 歴史群像 太平洋戦史シリーズvol.13『翔鶴型空母』133頁
  11. ^ 丸スペシャルNo131『戦時中の日本空母Ⅲ』40-42頁
  12. ^ 「軍艦瑞鶴捷1号作戦戦闘詳報(1)」pp.3
  13. ^ 歴史群像 太平洋戦史シリーズvol.13『翔鶴型空母』折込要目表
  14. ^ 丸スペシャル特別増刊号『写真と図で見る軍艦メカ3 全特集 日本の空母』11頁、35頁、112-113頁
  15. ^ 歴史群像 太平洋戦史シリーズvol.13『翔鶴型空母』折込行動年表
  16. ^ 「軍艦瑞鶴捷1号作戦戦闘詳報(1)」pp.14
  17. ^ a b 小林昌信『戦艦「大和」檣頭下に死す』265頁
  18. ^ 「軍艦大淀捷1号作戦戦闘詳報」pp.30
  19. ^ 「軍艦瑞鶴捷1号作戦戦闘詳報(1)」pp.22
  20. ^ 「軍艦伊勢捷1号作戦戦闘詳報(1)」pp.6
  21. ^ 「軍艦瑞鶴捷1号作戦戦闘詳報(1)」pp.16
  22. ^ 小林昌信『戦艦「大和」檣頭下に死す』266頁
  23. ^ a b c 「軍艦瑞鶴捷1号作戦戦闘詳報(1)」pp.18
  24. ^ 「軍艦大淀捷1号作戦戦闘詳報」pp.15
  25. ^ 「軍艦大淀捷1号作戦戦闘詳報」pp.15-16
  26. ^ 小林昌信『戦艦「大和」檣頭下に死す』267頁
  27. ^ 「軍艦大淀捷1号作戦戦闘詳報」pp.17
  28. ^ 「軍艦瑞鶴捷1号作戦戦闘詳報(1)」pp.19
  29. ^ 「軍艦瑞鶴捷1号作戦戦闘詳報(1)」pp.60-61
  30. ^ a b c 「軍艦瑞鶴捷1号作戦戦闘詳報(1)」pp.21
  31. ^ 「軍艦瑞鶴捷1号作戦戦闘詳報(1)」pp.44
  32. ^ 小林昌信『戦艦「大和」檣頭下に死す』267-268頁
  33. ^ 小林昌信『戦艦「大和」檣頭下に死す』269頁
  34. ^ 「軍艦大淀捷1号作戦戦闘詳報」pp.19
  35. ^ 小林昌信『戦艦「大和」檣頭下に死す』270-272頁
  36. ^ 「捷号作戦戦時日誌(3)軍艦瑞鶴・軍艦日向」pp.13
  37. ^ 「軍艦瑞鶴捷1号作戦戦闘詳報(2)」pp.21
  38. ^ 橿原神宮・航空母艦「瑞鶴」三角マスト”. 2010年2月2日閲覧。
  39. ^ #野村残像91頁

関連項目[編集]