タラワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯1度25分 東経173度02分 / 北緯1.417度 東経173.033度 / 1.417; 173.033

タラワ
Tarawa
Bonriki International Airport2.jpg
ボンリキ国際空港
位置
タラワの位置の位置図
タラワの位置
タラワの位置の位置図
タラワの位置
行政
キリバスの旗 キリバス
 行政区 ギルバート諸島
 地区 タラワ
衛星写真(1998年)
太平洋戦争時の日本軍の防空陣地跡

タラワ英語: Tarawa)は、キリバス共和国首都であり、中部太平洋にある環礁の名称。日米では太平洋戦争中の激戦地として知られる。

概要[編集]

バイリキ島、ボンリキ島、ベシオ島、アンボ島、ビケニベウ島など計24の島々から成り、うち8島は無人島である。以前はイギリスギルバート諸島の首府であった。 住民の大半はミクロネシア人である。1990年時点での人口は約2万8千人で、ボンリキ島が最大の面積・人口を誇り、タラワ環礁唯一の国際空港ボンリキ国際空港)がある。

バイリキ島はタラワ環礁内では比較的小さな島だが、キリバス共和国およびタラワ環礁の政治の中心地であり、実質的な首都機能を果たす。ただしキリバス共和国議会はアンボ島にあるほか、いくつかの行政官庁はベシオ島やビケニベウ島に分かれて設置されており、いわゆる一極集中型の首都ではない。

ベシオ島はタラワ環礁の経済の中心地で、主要な港湾を抱えることから、コプラ真珠を輸出している。この島はかつて、日米間で戦闘が行われた激戦の島でもある。

行政[編集]

タラワ環礁は大きく南タラワベシオ北タラワという3つの行政区に分けられる。南タラワはバイリキ島からタナエア島にかけての地域であり、テイナイナノ都市評議会(TUC)という機構が管轄する、キリバス共和国の実質的な首都かつタラワ環礁の政治的中心である。ベシオは経済の中心ベシオ島を区域とし、ベシオ町評議会(BTC)が管轄する。そして残りの地域が北タラワに分類される。

歴史[編集]

太平洋戦争中の激戦地として知られ、1943年11月20日より開始されたタラワの戦いでは、この島を要塞化した日本軍アメリカ軍との間で壮絶な戦いが繰り広げられた。 現在も、日本軍関連の施設がベシオ島のいたる所に残っており、戦没者の慰霊碑もある。

交通[編集]

タラワには鉄道はなく、主な交通手段はバスである。また、停留所もなく、通りかかったバスに手を上げて停車してもらい、乗車する方式をとっている。

ベシオとバイリキの間の交通手段はかつては浅瀬を干潮時に歩いて渡っていたが、近年連絡路コーズウェイが完成したため、現在は自動車による交通も可能となった。なお、バイリキからベシオへ入る場合は有料であるが、逆にベシオからバイリキへ行く場合は無料である。