自由連合 (国家間関係)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

自由連合(じゆうれんごう)は、外交防衛などの権限を他国に委ねた国家間の関係。委ねるとは言え、連合国同士は対等な関係であり、帝国主義時代の保護国宗主国の関係とは異なる。

自由連合を結んでいる国々[編集]

アメリカ合衆国(米国) - パラオマーシャル諸島ミクロネシア連邦
軍事的な自由連合が形成されており、国防はアメリカ軍が担う。パラオ・マーシャル諸島・ミクロネシア連邦はクック諸島・ニウエと比べるとより独立した国家とみなされているものの外交権限の一部を米国が期限付きで有しており、軍事・外交権を他国に委ねた状態が独立国と呼べるか議論がある。
ニュージーランド - クック諸島ニウエ
クック諸島は32か国と欧州連合、ニウエは2か国と外交関係を持つものの(2014年11月現在)、多くの国は国家として承認しておらず「ニュージーランド領」として扱う。また、クック諸島とニウエの住民はニュージーランドの市民権を持つため国家の三要素の内「人民」を充たさず、両地域の独立国としての性格は曖昧である(ニュージーランド王国も参照)。

関連項目[編集]