キングストン (ノーフォーク島)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

キングストンKingston)は南太平洋に浮かぶオーストラリアノーフォーク島の首都である。

イギリスによるオーストラリアのニューサウスウェールズ州シドニー)の入植してすぐ、1788年アーサー・フィリップ総監の命令により、フィリップ・ギドリー・キング中尉が9人の男性と6人の女性の22人(うち15人が囚人)の移民の入植者を引き連れて、軍艦サプライ号でノーフォーク島へ入植に出発し、彼らは、ノーフォーク島のシドニー湾と呼ばれる場所に到着した。そして、その場所にキングストンを建設した。入植当初は流刑植民地として、大勢の重罪人をノーフォーク島へ移送していたが、1856年に194人のバウンティ号の反乱者の子孫がピトケアン島からノーフォーク島に住み着き現在その子孫の住民がほとんどである。

キングストンの集落地には流刑植民地時代の名残りとして、刑務所や囚人のバラックや、歴史的建造物の跡地など現在でも残っている。 

外部リンク[編集]