南太平洋大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
南太平洋大学
USP Suva Fiji Campus.jpg
創立 1968年
学校種別 公立大学
所在地 フィジー
(メインキャンパス)スバ
ウェブサイト www.usp.ac.fj
テンプレートを表示

南太平洋大学(University of the South Pacific)は、オセアニアの12の小規模島嶼国家群が共同で設立した公立大学である。本部及びメインキャンパスであるラウカラ・キャンパスはフィジーの首都スバに置かれているが、法学部はバヌアツの首都ポートビラにあるエマルス・キャンパスに、農学部はサモアの首都アピアにあるアラフア・キャンパスに置かれている。

設置の経緯[編集]

南太平洋に点在する旧イギリス領諸島諸国は人口が数万人程度しかない小規模国家がほとんどで、経済的にも余裕がなく、単独での高等教育機関設立は不可能であった。そこで1968年に各国政府が共同出資して南太平洋大学が設立された。本部は加盟諸国中最も人口・経済力的に大きな国家であるフィジーの首都スバに置かれることになった。2011年現在、加盟国はクック諸島フィジーキリバスナウルニウエサモアソロモン諸島トケラウ諸島トンガツバルバヌアツ、それに1991年に加盟したマーシャル諸島の12カ国である。学生数は遠隔地教育や定時制、公開講座を含めれば19000人にのぼる[1]

特徴[編集]

南太平洋大学の特徴として、遠隔地教育の充実があげられる。すべての加盟各国には地域キャンパスと呼ばれる小規模なサテライトキャンパスが置かれ、本校からの通信授業を受けている。開始当初は教材送付やサマースクールの開催などのほか[2]、短波や国際商業電話回線などによる音声での通信教育であったが、老朽化のため1998年日本オーストラリアニュージーランドの3国共同で援助が実施され、衛星による専用回線の使用とともに映像の送受信機能が付加され、遠隔地教育の質が向上した[3]2010年には学生の半数以上は遠隔地教育を受けている学生であった。

学部[編集]

  • 人文学・法学・教育学群
    • 教育学部
    • 法学部
    • 言語学・人文学・メディア学部
    • 社会科学部
    • オセアニア芸術・文化・太平洋地域研究センター
  • 商学・経済学群
    • 商科大学院
    • 会計学・財政学部
    • 国土管理・開発学部
    • 経済学部
    • 行政学・開発学・国際関係学部
    • 公共管理学部
    • 観光マネジメント学部
    • 農学・食品工学部
  • 自然科学・工学・環境学群
    • 地理学・地球科学・環境学部
    • 海洋学部
    • 生物学・化学部
    • 計算科学・情報科学・数学部
    • 工学・物理学部
    • 応用科学研究所

[4]

地域キャンパス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「南太平洋を知るための58章 メラネシア ポリネシア」p272-273 吉岡正徳・石森大知編著 明石書店 2010年9月25日初版第1刷
  2. ^ 「オセアニアを知る事典」平凡社 p291 1990年8月21日初版第1刷
  3. ^ 外務省: [ODA 広報・資料 ODA個別評価報告書 南太平洋大学通信体系改善計画(フィジー及びサモア)]
  4. ^ 「南太平洋を知るための58章 メラネシア ポリネシア」p273 吉岡正徳・石森大知編著 明石書店 2010年9月25日初版第1刷、Faculties at USP

外部リンク[編集]