ホニアラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホニアラ
Honiara
Honiara general view.jpg
上空から見たホニアラ
位置
ホニアラの位置の位置図
ホニアラの位置
座標 : 南緯9度26分 東経159度57分 / 南緯9.433度 東経159.950度 / -9.433; 159.950
行政
ソロモン諸島の旗 ソロモン諸島
  首都地域
ホニアラ
市長 アンドリュー・ムア
人口
人口 (2003現在)
  域 54,600人
その他
等時帯 UTC+11

ホニアラ英語: Honiara)は、ソロモン諸島首都であり、分割統治されているが、ガダルカナル州の州都でもある。1999年の人口は49,107人、2003年は54,600人であった。

ホニアラは、ガダルカナル島に位置する。第二次世界大戦前までは、ツラギ島が首都であった。

ホニアラは実際は誤って付けられた名称である。英国人植民地主義者たちは、北部ガダルカナルの言語での旧来の地域名「Nagoniara」を発音することが困難であった。「Nagoniara」は、『風の前面』を意味する。

地理と気候[編集]

ホニアラはガダルカナル島の北海岸に位置し、ポイント・クルスに港を有している。 気候は熱帯性で、日中の平均気温は約28℃、水温は26~29℃である。顕著な雨季は11月から4月の間である。年間平均降水量は約2,000mmで、ソロモン諸島全体の平均である3,000mmよりいくぶん少なめである。

経済と産業[編集]

街から10km離れた場所にホニアラ国際空港がある。産業としてはいくつかの飲料、クッキー工場がある。主要な輸出品は材木、ココナツ、コプラ及び魚である。最も重要な貿易相手国はマレーシア日本台湾である。

観光[編集]

ホニアラはソロモン諸島のツーリズムの拠点である。国の観光事務所である「ソロモン諸島ビジタービュロー (The Solomon Islands Visitors Bureau )」は、ホニアラの主要通りである、メンダナ通りに位置している。ホニアラから様々な州に向かうフェリーが出航する港がある。

交通[編集]

ホニアラ国際空港にはブリスベン、ナンディ、ポートモレスビーからの国際直行便が乗り入れている。