ソロモン諸島の行政区画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソロモン諸島の行政区画

ソロモン諸島の行政区画について解説する。ソロモン諸島の地方行政区画は首都地域および9個の州(Province)で構成されている。諸島であるため、首都地域を除き各州は複数の島で構成されている。

かつてのイギリス領時は12地域(districts)で構成されていた。第二次世界大戦後に行政府所在地がツラギからホニアラに移動し、4地域(中央、東部、西部、マラライタ)に再編された。

これを引き継ぎ、1978年の独立時も4州で構成された。1981年に7州になり、1983年には首都地域が分離されている。1995年にチョイスル州が西部州から分離し、レンネル・ベローナ州が中央州より分離し、9州となった。

# 州名 行政府所在地 面積
(km²)
人口
1999年国勢調査
人口密度
(人/km² )
1 中央州 (Central Province) ツラギ 615 21,577 35.1
2 チョイスル州 (Choiseul Province) タロ島 3,837 20,008 5.2
3 ガダルカナル州 (Guadalcanal Province) 1) ホニアラ 5,336 60,275 11.3
4 イサベル州 (Isabel Province) ブアラ 4,136 20,421 4.9
5 マキラ・ウラワ州 (Makira-Ulawa Province) キラキラ 3,188 31,006 9.7
6 マライタ州 (Malaita Province) アウキ 4,225 122,620 29.0
7 レンネル・ベローナ州(Rennell and Bellona Province) ティゴア 671 2,377 3.5
8 テモツ州 (Temotu Province) ラタ 895 18,912 21.1
9 西部州 (Western Province) ギゾ 5,475 62,739 11.5
首都地域 ホニアラ 22 49,107 2232.1
  ソロモン諸島 ホニアラ 28,400 409,042 14.4
1) 首都地域含まない

関連項目[編集]